※13ページ目※


1ページ 2ページ 3ページ 4ページ 5ページ 6ページ 7ページ 8ページその1 8ページその2 9ページ 10ページその1 10ページその2 11ページ 12ページ 14ページ

 

自分が過去に新聞に記載された内の数種類の事件

 

◎自分が10代の時に、日本最強最悪マンモス校港定時制高校リーダー時代に、港定時制高校の行事で、横浜スタジアムに全校生徒で東京ヤクルトスワローズVS横浜ベイスターズ観戦時に、自分と同級生で、同じ年の、兄弟分の、地元港北区の、当時、日本一浜連ZERO大倉山篠原支部の、後に、日本トップクラス稲◯会当時トップクラス二次団体名門三代目林一家村◯組幹部(林一家本部部屋住を一年間全う経験)や、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統二代目臥龍会井〇組や、日本一ヤクザ右翼最強好健会最高顧問となる、頭脳明晰でイケイケで性格も最高のT氏が、バックネット裏を通りレフト側外野席のヤクルト応援団の席に行き、わざと「ベイスターズ頑張れー!」と応援し挑発して仕掛けたことが原因で、ヤクルト不良応援団が、ライト側港軍団観客席に大挙して乗り込んできて、港定時制不良軍団多数VSヤクルト不良応援団多数と観客席で乱闘事件となり(この時の自分は、折りたたみ式傘の柄の部分で、相手の顔面と頭部を連続殴打で負傷を負わせたが、攻撃を止めずに続けていたら、一個上の先輩であり、クラスメート友人で、仲良しだった、喧嘩も強い、長身アウトローの、元、浜連本牧党のK氏に止められた。)

下記の複数の新聞掲載は、この港軍団圧勝で、新聞に載った後の、数年後の記事。

 

 

被害者男性二名


 

 

 

 

 


赤い枠の中が自分 

 

 

 

  

 

 

 44歳の時に、16歳の美女から、惚れられてしまい、自宅に住み着かれたゆえの、色恋のもつれから、事件となった、
世界一モテモテの僕タン。

 

この新聞以外の、自分の過去の10代からの、犯罪逮捕歴や、前歴、前科は、10代の臟物故買や、30歳過ぎの傷害&公務執行妨害(横浜西口派出所警察官相手)や、

33歳の暴力行為(保険屋相手)や、30代凶器携帯違反や、44歳児童福祉法違反(16歳交際女性相手)、交通前歴、前科です。

 

  

 

 

 

 

 

(山根ブログより抜粋)
何と!例の自分の件が、天下のNHKテレビや読売新聞各社や、ネット・Yahoo!やニューストップ記事、各ネット掲示板など大ニュースに!
何と何と!例の、自分が今回の一連の事件で、とった行動が、全国で波紋を呼び、社会現象が
起きてしまっています!
 
被害者がネットに容疑者の写真公開
5月28日 16時58分
神奈川県警の鶴見警察署で、軽乗用車を盗まれた被害者の男性が、警察から話を聞かれた際に、
容疑者の少年の顔写真などの捜査資料を撮影し、インターネットのブログに一時、公開していたことが分かりました。
警察によりますと、公開されていたのは、ことし3月に横浜市中区で軽乗用車を盗んだとして、おととい逮捕された19歳の少年の顔写真などです。
警察によりますと、被害者の40代の男性は、少年の逮捕前の今月24日に鶴見警察署で話を聞かれましたが、
その際、机の上に置かれていた少年の顔写真などの捜査資料を警察官が目を離した隙に撮影し、インターネットのブログに公開したということです。
翌日になって気付いた警察官からの要請で画像は削除されましたが、それまでおよそ1日にわたって
目の部分が隠された少年の顔写真などがインターネットに公開されていたということです。
ブログには少年の名前の一部も書き込まれていたということで、警察は、担当した警察官から事情を聞くなどして問題がなかったか調べています。
鶴見警察署の伊東博志副署長は「事実関係を調査のうえ、今後とも情報管理に努めてまいります」とコメントしています。
 

※私が、例の未成年から、軽自動車を盗まれてしまい、被害者として憤慨憤激し、班長の調書の最中に、
隙を見て、デジカメにより、撮影してしまい、未成年の、フルネームと写真を、自身のブログにアップしてしまった、事につきましては、深く反省をしております!
 
今回は、私のとった、軽率な行動により、関係者各位の、鶴見警察担当班長、担当N氏、鑑識方、
私が昔から、お世話になってる、I刑事、並びに神奈川県警本部には、多大なるご迷惑を
お掛けしてしまった事に、つきましては、深くお詫びを申し上げます!
 
幾ら、警察の仕事だからとは言え、折角容疑者として、身柄を逮捕して頂いたのにも、
関わらず【犯人逮捕】という現実に、舞い上がってしまい、先走ったと、後悔しています!
まさかこんなに、大きな騒ぎになるとは、思ってもいませんでした!
 
しかし、私のこの「後悔」と言うのは、自分が仕出かした、行動自体に、反省や後悔をしてるのでは、ありません!
逮捕して下さった、警察に対して、迷惑をかけて、恩をアダで、返してしまったと言う後悔です!
私が、容疑者の写真を撮影したのは、班長は一切知らなかった事ですし、
私が、ノートパソコンの、盾をうまく利用して、班長の目盗んで、一瞬の隙をついて、
撮影をしたモノですので、班長は一切関係なく、責任は一切ありません!
私が、巻き込んでしまっただけです!
 
最初から、この行動に、対して、当然後先の事も、多少は考えてやったつもりですので、
容疑者の、配慮もして、目の棒線も入れてます!
しかし、私は、正直、幾ら相手が未成年だからと言って、顔写真公開や名前も、事件によっては
マスコミ各位が、公表してる場合もありますし、幾ら捜査中や逮捕前だったからと言って、
車からは、私サイドの人間達以外、その人間の指紋しか出なかったので
事前に、指紋捜査で、発覚した容疑者が、窃盗常習犯と聞いてましたので、
多数の窃盗前歴があるのであれば、100%その未成年が犯人と断定してる訳です!
窃盗常習犯と言うことで、再犯の恐れもあるし、自分の犯した罪の重さを、実感させる目的と、
逃走出来ないように、指名手配前の包囲網を張っただけですので、これが罪に問われるとは、思っていませんし、
そもそも、私は、元々、被害者の立場なのですから、ある程度この位は、
許されなくては、理不尽だと思っていますから!
あくまでも、悪いのは、私の自動車が、ハザード四灯と鍵がついた自動車を、
車道から、堂々大胆不敵に、そのまま盗んで、乗って行って、廃車同然にしてる容疑者が、元凶ですから!
こんな事が、あったからって、容疑者に対する、心境は今だに、変わっておりません!
 
今は、相手の出方次第で、示談にするのか、どうするのか検討中でございます!
容疑者が、開き直って、私を告訴するなら、法的に真っ向から、対立し、裁判で争う所存でございます!
金銭を要求したのも、示談交渉ですし、私は、逃げも隠れもしませんし、
自分がとった行動が、間違ってるのであれば、
罪に問われ、責任を問われる事でしょう!その時は、腹をくくるしかありませんが、
厳重注意で、罪にはならないと思います!向こうの方が不利ですので!
警察に迷惑をかけたこと、世間を騒がしてしまった事に関しましては、申し訳ございませんでした!
鶴見警察は、何の落ち度もなかった事だけは、事実ですので、ご理解の程、
よろしくお願い申しあげます!
 
しかし、今回も、嫉妬に狂った、例のアンチ共のヤカラが、各機関に、嫌がらせで、必死に通報と言う
暇な事をやった結果が、こうなったが、不幸中の幸いで、雨降って地固まるで、棚からぼた餅で、
俺は、全国区で有名になったかな?(爆笑)
次は、例の件で、アンチ達のフルネームや画像を、載せられる日を、楽しみにしてるぜ(爆笑)
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 

 

※これらの他、逮捕されていない自分の悪行、犯罪の数々※
※これらの他、逮捕されていない自分の悪行、犯罪の数々※

 
◎小学生の時、校内暴力の嵐で、気に入らない事があると 同級生達を苛めて泣かしたり、何人も多数の同級生に、
ヘッドロックをかけ、ぶっ倒した拍子に、相手の全身を床に激しく叩き付けたり、殴ったりしていた。
やられて傷付けられた相手と親が、自分の家に事情を聞きに来たりもした。(後年、小、中学同級生だった友人のN氏が中学時に
「山根ちゃんは小学生の時は 喧嘩ばかりしてたよなー」と証言。
例の、自分の四歳下の、永田中学歴代史上最高、日本トップクラスの、長身絶世美少女の元タレントで、CMなど出演の
私もちょっとした知り合いだったが、その彼女の実姉が、私の小・中学の同級生で、仲良しだった。
実姉の、長身絶世美人K氏は「小学生の山根君は凶暴だった」との証言の彼女。(暴行、傷害)
◎小学生の時、兄弟喧嘩で、実弟と一緒に風呂に入っている時、殴り合いの喧嘩になり、
こっちは無傷で、弟の鼻を鼻骨骨折させて、鼻血を出させてしまった。相手が実弟だったため、深く反省している。(傷害)
 ◎自分が30歳過ぎの頃に、修羅の青春記の自伝本を、企画出版(出版費用を、出版社が負担してくれる出版)
して下さる、出版社の、ゴーストライター(全体の約30%執筆協力)のK氏が、
家族も取材したいと言うので、鎌倉で家族インタビューした時に、弟が証言し、
小、中学生の頃、自分が家庭内暴力の嵐で、母と弟に、暴力を振るったり、暴れたりが凄くて、
当時、弟が母と二人で、外に避難していた事もあると証言していた。これも相手が身内なので反省している。(暴行)
自分が20歳位の頃から、今は、兄弟親子仲良しで、自分は母や弟に対し、一切その様な素振りや言動は無く、
逆に、弟から怒鳴られたり、怒られたりする事もある(笑)
◎小学生時、近所のスーパーマーケットでの万引きの嵐。(窃盗)
◎小学生の時、近所の商店街にタコ焼きを屋台で、販売しに来ていた、的屋の不良がいた。
いつも大体二人組で、兄貴分と舎弟で、二人共40代位だった。その二人組とは、自分は、以前から顔見知りの二人だったが、
ある日、自分の小学生の女の同級生二人(一人は、後文に出て来るカンニング事件のK氏)が、その屋台の近くに立ち
話してたので、自分は、格好つけて、その的屋二人組を、近くまで行って「バーカバーカ!ホラ!かかって来いよ!」と
笑いながら、オチョクっていたが、最初は、さすがに相手は、当時ヤクザ同様の的屋で40代二人組であり、
幾ら突っ張っていた小学生の自分でも、小学生一人は相手にしてなかったが、さすがに、自分が、営業中に
シツコク上等切って、宣戦布告していた為に、舎弟の方に捕まり、屋台まで、自分の体を持ち上げ、連れ込まれて、
頭を何度もゲンコツを食らってしまったが(笑)最後は和解し、兄貴分の方が「ホラ食え」とタコ焼きを数個食べさせてくれたと言う逸話もある。(営業妨害)
◎中学生の時、気に入らない奴の家に放火しようとライターで玄関辺りを点火してると、家主が出てきて逃げた。(放火未遂)
◎中学生の時、横浜トップクラスアウトロー中学の、本牧の大鳥中学から転校して来た、
当時身長約180cmで、横幅も広い大柄な同級生I氏を、少林寺拳法技で苛め、暴行。
後年、そのI氏が自分と再会した20代当時、体が、身長約190cm近くになっており、日本トップクラス任侠組織稲〇会武闘派杉〇一家岩〇組組員となっており、
性格も最高で、今は仲良しだが
 「俺は山根さんに中学の時に、少林寺でよく苛められた」と言っていた証言。(暴行)
16歳(誕生日が、12月27日の遅生まれの為、17歳の年代)の頃に、港定時にバスや単車で通っていたがある日、バスの中で
目つきの悪い不良が自分にメンチを切っていた(ガンをつける)ので、
自分は問答無用で顔面にワンパンを入れた。(暴行)
◎16歳の日本最強最悪日本一マンモス校港定時制高校の時、自分と同級生で、同じ年の、兄弟分の、当時、浜連ZERO大倉山篠原支部
後に、日本トップクラス稲◯会当時トップクラス二次団体名門三代目林一家村◯組や、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統二代目臥龍会井〇組や、
日本一ヤクザ右翼最強好健会最高顧問となる、頭脳明晰でイケイケで性格も最高のT氏と、
自分と同じ年の地元が栄区の、大柄で、柔道の有段者で、後に好健会副会長兼日本一ヤクザ右翼最強山根会副会長となる喧嘩強くイケイケで、性格も良かったK氏と、
一歳下の地元が保土ヶ谷の、元、保土ヶ谷蛍死蝶で、自分の弟分だった後輩の喧嘩強くイケイケで、性格も良かったS氏一人の四人で
横浜西口に繰り出し、 数人の暴走族や、不良グループを見つけては声をかけ、仲良くなり、東口の人気のない所へ連れて行き、
急に態度を豹変させ、自分が「金を出すか、ボコボコにされるか、どっちか選べ」と
脅迫し金品を強奪し、拒否した者は皆で暴行を加えた。自分達は、相手が不良以外の一般人には、
絶対に相手にしなかった。何故なら、弱いもの苛めは好まないし、何より、不良の方が訴えられる可能性が少なかったからだ。
自分達はこれを不良狩りと称し、毎日しょっちゅうやっていた。
(本来自分の一歳下の、地元が日吉の、性格も良かった男前の後輩メンバーY氏が、
もう一人居たが「こんな悪い人達にはもう付いていけない」と脱落していった。)(脅迫、集団強盗致傷)
◎同じメンバーで、同じく不良を見つけては、メンバーの誰かしらが「お前俺とタイマン張れ」と
 タイマンを仕掛けて戦い勝利を得ていた。時には不良とすれ違いざまに喧嘩になり、メンバーのK氏が
 相手のサングラスを取ってそれを折り、折った部分で顔面に刺し、顔からシャワーのように出血、流血した。(暴行、傷害)
◎16歳の港定時の頃、廊下を歩いていると、当時担任の先生だったT氏が「おお、居た居た。見つけた!探してたんだよ。
今、お前の所に、警察が二人来てるから、とりあえずどっかに隠れてろ」と、かばってくれたが、普通の教員や、全日制高校であれば、
その時点で許されないと思うが、T氏には感謝した。自分は「何で来てるか知らないけど、とりあえず行ってみますよ」と言って、
職員室に行くと、この学校で一番うるさい教員のO氏が、警察に「学校に警察の制服で、来ないで下さい」と言っていて、
自分に対しても冷ややかな目で、ひんしゅくを買っていた。警察が来た理由は、結局自分が一歳下の、後輩の生徒F氏から
窃盗車だと分かっていながら、五千円で250㏄の(通称:ゴキブリ)という単車を買った罪になり、警察署へ連れて行かれたが、警察が、
自分もF氏も正直に話せば、前歴は付くが、学生パイで留置所も無しと言うので、正直に話し、自分もF氏も助かった(贓物故買)
そしてある日、体育館で全校生徒の集まりの時、例の教員O氏が、自分が集団の端っこに
居て、ラインの枠から、はみ出ただけで怒鳴ってきたので、
自分も「やかましい!この野郎!誰に言ってんだ!」と怒鳴り返した。こんな具合にこのO氏とはあまり相性が良くなかったが、
ある日体育担当の、O氏の授業の出席日数や単位が、足らなくなり、その年に体育単位を落としそうになった時、
O氏が自分に「反省文を書け」と言ってきて、何の事だか分からなかったが、今までのO氏に対する詫びや、
乱れた学校生活の反省を書いたら、体育単位がクリアされていたのである。普段は誰に対しても口うるさく、
厳しい先生だったが、土壇場で困った生徒を救ってくれる、情のある先生だった。
◎17歳の頃に中学時代の同級生と偶然会い、そいつが中学の時は真面目だったのに、高校生となってから、
急に格好が不良になり、派手になり、高校デビューで生意気な態度をとってきたので
後日そいつを呼び出し、各分野有名人日本一多数輩出中学永田中学から同級生で、
日本一暴走族グループ横浜連合日本一チーム淋姦強姦永田一家のメンバーの、
N氏の家に連れて行き、自分と淋姦強姦同じ年のメンバー二人の、親友の、最強の同志達の、
N氏とD氏と、尊敬する、一歳上の淋姦強姦の総長O氏四人で、
そいつを監禁し、皆で、殴る蹴るの暴行のリンチを加え、悲鳴を上げ泣いていた。そして金銭を要求した。
その後、当時の、主犯の自分の、母親の所に、I氏の親から、クレームの電話がかかってきて、
何とか謝罪して、警察沙汰にはならずに、手打ちとなった。
(監禁、集団暴行、恐喝)
◎淋姦強姦のそのメンバーで、中学時の卒業アルバムを持ち出し、同級生だった気に入らない人間達数人を
ピックアップし、それぞれに電話をかけ、脅かして、エロビデオを法外な金額で売りつけていた。(集団恐喝)
◎17歳位の時、自分が淋姦強姦のメンバーN氏から、大量のシンナーを購入し売りさばいた。(毒劇物取締法違反)
◎17歳の頃、横浜トップクラスアウトロー中学、蒔田中学出身不良の、
性格も最高で、腕っ節も強い、同じ年のW氏は、淋姦永田一家に、私との関係で、所属していて、
後に、好健会本部長補佐となるのだが、
永田同級生の、後に好健会本部長兼山根会本部長になる、喧嘩も強く、性格も最高のK氏も淋姦永田一家だったが、
この三人で18歳の、暴走族現役の時に、W氏の単車運転で、三ケツで浜連の集会に参加して
朝比奈に到着すると、当時、浜連内で、内輪大抗争をしてた時期で、
遠くの方で芹が谷、上永谷、岡村 vs鶴見が、鉄パイプなどで、大喧嘩していた。
大喧嘩と言うか、多勢に無勢の、一方的だったのだが、
その日は、後に仲良しとなる、鶴見側の、私の知人の、s41死天王I氏が、
3人の所を、40人にジャッキや鉄パイプなどで襲われて、頭蓋骨陥没骨折と顎粉砕の、長期入院の重症となった。
自分は面識はないのだが、自分の弟分や先輩の仲良しの、イケイケで悪の、
芹が谷尾伝s42のF氏は、この抗争の、その時期に、対立相手側から、日本刀で襲われたが、
手のひらで受け止めて「何だよ!模造刀じゃねーかよ?」とのセリフを、言ってたの事で、その気合に感銘を受けた。
するとしばらくすると、パトカーがそーと、自分達の前に現れて捕まえられそうになったので、
自分達は必死に単車から降りて逃げて、最終的には何処かで三人は合流は出来たのだが、
W氏の単車を金沢警察に没収されてしまったので、三人で返してもらいに行くと、まず、W氏は警察達に袋叩きにされ、
自分達は単車の所に連れて行かれて、直官の集合官に三人の耳を無理矢理当てられて、 
アクセルを何回も吹かせられて、鼓膜が破れるかと思ったが、本来なら集団暴走行為で逮捕だが、
自分達から出頭したこと、それらの制裁を受けたことで無罪放免となった。(集団暴走行為) 
◎10代の淋姦強姦の時に、
伝説の邦画史上トップクラスヤンキー映画『ビーバップハイスクールパート6』での、
極東高校の生徒役で、出演してるU氏は、このサイトにも画像もあるが、
自分の一歳下の仲良しの後輩で、外見は、パンチパーマのヒゲで厳つく、
元全日本麗心愚連盟横浜連合横浜西口剣で、元、任侠右翼団体大日本国修会でした。
U氏は、イケイケで、自分やU氏が10代の頃に、横浜西口で大柄な男と、
殴り合いのタイマンを張っていたのだが、U氏が形勢不利になっていたので、
相手は二人だったので、自分が当時、普段から持ち歩いていた、刃物向けて、刺そうと思い、
突っ込んで行ったら、その男は、激しい形相で「わーーー!」と逃げて行ってしまった(笑)
現在は、横浜西口の、実家の鍵屋さんを継いで、そこの社長です!(殺人未遂)
◎10代の時、自分と、このホームページの港定時集合写真の、左側に立ち、ブルーのジャンパー姿で写っている、
港定時後輩の、自分の二歳下の、浜連羅漢寺尾支部で、当時日本トップクラス任侠組織稲◯会林一家中◯組組員だった、長身で男前のA氏と、
自分の三歳下の、地元が海老名の、当時暴走族の、自分と一緒だった、日本トップクラス任侠組織稲◯会当時トップクラス二次団体名門三代目林一家山◯組組員や、
好健会事務局長で一緒となる、元、プロボクサーの、長身で男前のY氏と
同じく自分の弟分だった、自分の一歳下の、地元が蒔田の男前のU氏の四人で、山下公園に車でゆっくり走行中、
 後ろからクラクションを鳴らしてきたので、一回道端にそれ、後ろからついていき
 人気の無い場所で皆でその車から四人を引きずり出し、殴る蹴るの暴行を加え金品を強奪した。(集団強盗致傷)
◎自分と、港定時の後輩二人と自分の不良の後輩一人の四人で、ノックアウト強盗を計画し夜道を歩いている男三人組を、
 まず最初に、自分の一歳下の保土ヶ谷の元、代紋違いの舎弟だった横浜任侠組織系組員F氏が飛び蹴りを入れ、皆で暴行を加え、
文字通り自分のメンバーの、後に好健会事務局長となるY氏のワンパンにより、一人はノックアウトされたが、
結局は逃げられてしまい、金品までは強奪できなかった。(集団暴行、強盗未遂)
◎10代の頃、港定時の弟分で、自分の三歳下の、地元が海老名の、当時暴走族の、自分と一緒だった、
日本トップクラス任侠組織稲◯会当時トップクラス二次団体名門三代目林一家山◯組組員や、好健会事務局長で一緒となる、
元、プロボクサーの、長身で男前のY氏と、二人で弘明寺を歩いていたら、こっちにメンチを切っている、
生意気な不良が居たので、自分が笑いながら、おちょくりながら、
そいつの顔面に二、三発パンチを当てながら、「オラ!オラ!」と掛け声を出しながら、寸止めをしたりして遊んだ。(暴行)
◎港定時のメンバー数名で、国道一号線保土ヶ谷狩場辺りを車で走っていたら、浜連以外の、暴走族二台が走っていたので、
例の自分の一歳下の、地元が保土ヶ谷の、元、保土ヶ谷蛍死蝶の弟分S氏が止めて、暴行を加えた。相手は湘南連合戸塚音の二人組で、
四歳下のK氏で、後日再会したので、同じ全日本麗心愚連盟だったので、謝っておいた。(暴行)
 ◎10代の時、港定時の一歳下の後輩の走り屋のT氏が、同じクラスメイトの、自分の一歳上の後に日本トップクラス稲◯会当時トップクラス二次団体名門三代目林一家村◯組となるT氏から、
苛められていて、そのS43の方のT氏が、S45のT氏をクラス全員で、シカトする様に手を回していたので、
自分に相談してきた。自分はS43のT氏も仲良しだったが、S45のT氏に「俺が横に付いていてあげるから、
ブッ飛ばしちゃって良いよ」と言って、二人でS43のT氏の所に行き、人気の無い階段へ連れて行き、自分が訳を話すと、
S43のT氏は根性が入っており、その場で地面にうずくまり、やられる体制になった。自分はS45T氏に
「やっていいよ」と言うと、S45T氏は発狂し、「テメー!この野郎!」とS43T氏をボコボコに殴る蹴るの暴行を加え、今まで苛められた
恨みを、これでもかと言う位、〆続け、血だらけになったが、しかしS43T氏は一切音もあげず、
泣きも入れず根性が入っていた。そろそろいいかと思った頃、自分は止めた。
後で自分はS45T氏から、非常に感謝されたが、自分は元々S43T氏とも仲良しだったのに、
その事が気の毒だと思い、彼が在学中に、覚せい剤で逮捕されたりして面会に行くなど、後々は何かとフォローした。(傷害教唆共同共謀正犯)
 ◎港定時の生徒で、自分と中学時同級生だった男が、他人に「山根は隼人高校時代、苛められていたから、俺が助けた」と、出鱈目悪口を吹いて、自分の耳に入ったため、
学校の裏、数人の生徒のギャラリーの前で、そいつの顔面を数発殴った。そいつの隣に居た自分も知ってる後輩が
止めに入ったので、そいつの事も飛び蹴りを入れた。そしてその同級生に
「こんな事が有ったからって、明日から学校に来なくなるなよ?また明日からちゃんと来いよ!」と言ったが、
残念ながら次の日からは、来ないで、学校を中退してしまった。(暴行)
◎20歳の頃の、壮絶な物語だが、
当時日本トップクラス任侠組織稲◯会
当時トップ二次団体名門林一家山◯組幹部の自分と、
組員五人と、堅気二人の計八人で、車二台で、
夏の夜に、江ノ島に遊びに行って、
自分ともう一人の二人が 、他の六人と、はぐれてしまった。
すると、横浜の磯子岡村の、元極道達が、人をリンチして血だらけにしている場面に
残りのメンバーが遭遇したので、そこで助けようと双方で喧嘩になり、
相手に刺青や、指の無い人間もいたので、
こっちの組員が、看板や兄貴分K氏の名前を出すと、
相手のリーダーは、K氏と同じ年で知り合いだったのだが、
生意気な態度で、引かなかったらしい。
相手のリーダーI氏は、元浜連トップクラス岡村蜘蛛の、
日本トップクラス稲◯会当時トップ二次団体
名門三代目林一家菊◯組内亀〇幹部だった、
横浜S43年代トップクラスアウトローである。
K氏も、元浜連トップクラス羅漢大口総本部総長で、
同じく、一緒だった、当時日本トップクラス任侠組織稲◯会
当時トップ二次団体名門林一家山◯組幹部の、
横浜S43年代トップクラスアウトローである。
相手側の方が、人数が多かった為に、
乱闘では、多勢に無勢で形勢不利になり、やられてしまった。
その状況では、仕方ないかもしれないが、こっち側が、逃げた組員もいたらしい。
その報復で、後日相手達を、自分と、自分の当時の兄貴分K氏と、やられた組員達とで
相手の地元の、溜まり場のコンビニなどに行って、襲撃しようと探したり、追い込み、
K氏が電話で、I氏を怒鳴って
「テメー!林一家舐めてんのか!この野郎!今から事務所に来いよ!」と
相手を事務所に呼び出し、すると20分程度で、S43I氏とS41
リーダー格二人が来て、
まず兄貴が、いきなり、I氏の鼻を、ワンパンでぶん殴り、
事務所の壁に、血しぶきが飛び散り、その兄貴や組員達5名で
凶器持参で、金属バットやゴルフクラブなどで、
メッタ打ちの袋叩きにし、長時間リンチをし、
鼻骨骨折や、顎骨粉砕など負傷し、 血だらけにて気絶させたのだ!
自分はこの時、組員に指揮をしていたり、止めていた。
S41K氏の方は、終始泣いてしまっていたが、それは仕方ないし、
誰でもそうなると思うが、
しかしその内の、リーダーI氏の方は、何と!
終始涼しい顔をしながら、音を上げず、
命乞いもせず、滅茶苦茶根性が入っていた。
そもそも二人とも、事務所に呼び出されて、
今は堅気で、バックレて逃げずに、ちゃんとやられる覚悟で、
来る事自体が、気合が入っているし、
しかも、帰りに自分が、事務所の五階から、
エレベーター下まで、二人を見送ったのだが、
あれだけやられたにも関わらず、
自分がI氏に「大丈夫ですか?」と声をかけると
I氏が、少し微笑んで「ええ!」と返事をし
I氏が、重症で動けなくなったK氏を、肩に担いで帰って行った事も驚いた。
このI氏には、気合と根性の、衝撃を受けたのだ。
ここの地元は、代々先輩たちからの、
ヤキも半端ではなく、盛んなので、慣れてたのだろうか
でも、その時のは、先輩が後輩に、ヤキを入れるなんて、
生易しい物ではなく、集団殺人未遂リンチだった訳だし、
それとも身体に、悪魔の粉でも、悪い物が入ってたのか、
いずれにせよ、自分が今までに、目の前で見た、
人が殺されそうになってる、制裁での
気合と、根性が、断トツで、一番入ってる、
横浜アウトロー有名人には、間違いはない!
しかも、小柄ではあったが、
当時から、この爽やかな、男前ルックスでの、
元イケイケ武闘派暴走族リーダー格の、
久里浜特等少年院出身、元名門ヤクザ幹部!
後で彼の、中学時代の写真を見たら、
厳ついパンチパーマの、サングラスで、白ラン!
ヤクザ時代は、背中刺青に、小指欠損!
敵ながらアッパレだったが
元を辿れば、同じ、元、日本一浜連の、同年代に近く、先輩で
元、名門林一家系組幹部などの、
同じ経歴も、爽やかルックスも、
色々と、勝手ながら、親近感も、親しみもあり、
同じ、横浜有名アウトローの、誇りでもあった訳なのである。
(監禁、集団殺人未遂共同共謀正犯)
◎21歳の堅気の頃、弟分だった黄金族S49総長M氏と、同じく弟分だった、岡村蜘蛛S46総長Y氏の浜連の後輩二人が、
相模原を走行中に、そこら近辺の巨大武闘派有名暴走族連合南関東CRS連合(厚木アーリーキャッツか相模スペクター)にやられた報復で、
浜連現役とOB約50人で凶器を集め、車数台の日や、全日本レーシング連盟集会の約100台の日などで、
そこの地元に合計二日間の二回に渡り、乗り込んだ時があった。こっちは、s47和田町剣総長で、
当時日本トップクラス任侠組織稲◯会遠藤組(現相模一家)佐〇組員だった、故人H氏など数人で車で行った。彼との初めての出会いは、地元の後輩である、
s47淋姦強姦永田一家総長、後に日本トップクラス任侠組織稲◯会杉浦一家
浅野組O氏が、当時関内にあった、横浜工業定時制に通っていて、そこで仲良くなった友達だと言うH氏が、
同じ学校の不良数名から、やられたと言う事で、O氏から相談を受け、相手の不良達と話をし、H氏を助けた縁で、以降弟分となった。
当時彼の親友には、長身でイケメンだったs47保土ヶ谷蛍死蝶総長であった故人A氏も、自分とも仲良しの後輩だった。
そのH氏含む、計4人で車で出てたその抗争集会中に、コンビニで邪魔して来た、刺青出してた
当時日本トップクラス任侠組織稲◯会堀〇一家系の、大和の任侠右翼団体日本青年睦会数名との掛け合いで、向こうが引いたりの日や、
別の日のその抗争集会中、こっちのメンバーは違うが車で3人で、
交通トラブルで、全日本レーシング連盟横須賀の元暴走族で、当時横浜任侠組織双愛会のs45有名人K達3名程(約100台の同じ集会に出てた日)とは
怒鳴り合いで、自分が「相模原やる前にテメーもやっちまうぞ!」と恫喝クン
ロクを入れて、向こうが引いたりのトラブルの発生した日もあった。
結局は、相手側のグループ本体には、カチ合わなかったが、一緒にいた後輩達が、相模原で走行中のヤンキー車を数台潰したりした。
しかし後年、そこの巨大武闘派有名暴走族連合南関東CRS連合の、相模スペクターの主力メンバーなどの、OB達とは仲良くなった。
まず、自分と同じ年の人間は、3人居て、一人は当時日本トップクラス任侠組織稲◯会小田原鉱城一家系組長まで上り詰めた、W氏と、
日本最大最強任侠組織五代目山口組小西一家堀政連合組員のT氏の二人は、
自分の永田の自宅に、遊びに来たこともある。
もう一人は、自分がまだ、保育園時代の葉山在住の保育園時代に、体育館から
落ちて、床に鼻をぶつけて、鼻骨骨折した件で(当時の記憶はなく、ママから聞いた)20代から、約10回も手術した内の一つの、
相模原の北里大学病院のベッドが隣同士で仲良くなったS氏がいる。
後は、イケメンで性格も最高の六歳年下のY氏や、相模スペクター総長は、
S52年代総長Y氏が、バイク屋の社長をやっていて、自分が30歳位の時に、
そのバイク屋の広告を見て、族車のGSX400F(ジーフォア)を購入した事がある。
対応は、さすがに客商売なので、礼儀正しく、しっかりしていた。
特に二歳下の性格も最高だった有名人H氏は、当時山下公園でナンパして付き合ってた、地元が川崎北部の絶世美人の彼女と、共通人物でもあり、仲良しだったが、
病気で亡くなってしまい、心からご冥福をお祈りいたします。(凶器準備集合罪、集団暴走行為、器物損壊、共同共謀正犯)
◎22歳の頃クレジットカードを契約・購入し紛失窃盗された事にデッチ上げ、
 警察に被害届を出し、約百万の枠を自分や仲間達で使った。今現在は時効となっている。(カード詐欺)
◎港定時からの自分の弟分だった、自分の一歳下の、元、保土ヶ谷蛍死蝶で、喧嘩の強いS氏がいて、港定時での例の不良狩りの時に活躍していた
メンバーであり、コイツは包丁を持った不良と素手でタイマンを張り勝った武勇伝を持つ不良だった。自分が23歳の時、自分が淋姦強姦のステッカーを作り
アチコチにサバイていた所、同じく自分の弟分だった、自分の五歳下の南戸塚ピエロの後輩にステッカーを付き合ってもらい、
集金日に電話すると「えっ?もうS君に渡しましたよ?山根君から集金を頼まれたからって」と、やられてしまった。
やりくられた横領である。自分は同じく自分の一歳下の保土ヶ谷の元、代紋違いの舎弟だった横浜任侠組織双愛会組員F氏と、同じく、自分の一歳下の元、
元、日本トップクラス任侠組織稲◯会一ノ瀬一家系組員で自分の舎弟だったH氏にその件を話すと、F氏が「マジですか?とんでもない野郎ですね!シメましょう」と言ってくれた。
この二人は自分に対して、大きな忠誠心を持っていてくれていて、自分も、不良の実力者の彼達の事は、大好きだった。しばらく柄をかわしていたS氏を、
自分の親友が捕まえてくれて、人気のない駐車場で弟分二人が殴る蹴るの暴行を加え始め、F氏が「ただじゃ済まさねーぞ!この野郎!」と、
これでもかという位に二人でガッチリヤキを入れ続けた。自分を裏切った制裁である。長時間リンチは続いた。しかし自分は一切手を出さなかった。
何故ならいつも一緒にいて、自分の事を師匠と呼び、慕ってくれて、16歳の時に、港定時制高校時代の、最高の親友の内の一人の 
同じ年の、地元旭区鶴ヶ峰の、親友のF氏と二人で、港定時制付近の横浜スタジアム前で、
三人組の絶世美人をナンパしたら、同じ年の、地元西区の絶世美人のA氏や、地元本牧の一歳下の絶世美人のE氏や、ハーフ美人だったのだが、
そのF氏からの「彼はジャニーズだったんだよ!」の紹介から、
僕タン「ちょっと、かじった程度だけどね!」
ハーフ美女が「「今でも、ジャニース系の顔してるじゃん」と、ホメてくれて、
自慢ではないが、以降、三人共に全員が「格好いい」「格好いい」と
自分のファンになってくれて、後日、港定時制山根グループと、その三人で皆で遊んだり、
その中でも、一番自分のファンになってくれてた、地元本牧の一歳下の
E氏とは、このS氏と二人で、呼び出して、生まれて初めて、3Pしたのも、この彼を交えてだったりなど、
何をやるのも一緒だった可愛い弟分だったからだ。しかしそれだけに裏切られたショックだった。
だからSから何も誰もケジメを取らず、放っとけば、S自身の為にもならないと思った。Sは気を失い気絶した。Sが目が覚めると、
逃げようとしたのでH氏が捕まえて「まだまだだ!コラー!」とシメた。そろそろいいかと二人を止めた。(集団暴行教唆)
◎25歳での日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体
山健一門系統二代目臥龍会井〇組現役組員の時、三重県の事務所泊まり当番で、
故人の大好きだった、地元大口の、横浜S36年代トップクラスアウトローのI叔父貴や、
組員達の計5人で、寝泊まりしていたら、夜中に起こされて、井〇組長親分の姐さんの店に、酔っ払いが、
小便をひっかけてると言うことで、皆で、柄を取りに行くということになり、ワゴン車で柄を取りに行き、
自分の兄弟分の、タメ年の、地元港北区の、最強最悪日本一マンモス校港高校定時制出身の、
元、浜連ZERO大倉山篠原支部の、元、名門林一家村上組の、道場部屋住み一年間卒業生の
臥龍会井上組&後に櫻井総業兼日本一ヤクザ右翼好健会最高顧問のT氏と、T氏と、
自分が仲良しだった、地元大口の、s37イケメンI氏(通称おじゅ)組員で、殴る蹴るの暴行を加え、
ワゴン車にサライ、車内では叔父貴I氏が、相手の顔面に蹴りを入れて、事務所に連れて行き、
今度は、井〇組長の命令で、自分も仲良しの、自分の当時西区の境の谷自宅にも、遊びに来たことがある、
地元埼玉の、s35元暴走族の、年上の組員の、M氏が殴ったのだが、この人は、外見はゴッツイのだが、根が優しいので、
リンチの時も、丸わかりの手加減して、思いっ切りは殴れず、躊躇してしまい、
親分から「Ⅿ!何やっとるんや?ちゃんと殴れや!」と、怒られてたが、結局、ぎこちない殴り方になり、
最後まで、手加減してたのだが、この様な状況では、ヤクザ的には失格なのだが、
人間的には合格なので、自分は、この被害者は、悪い奴だとは思ったが、酔っ払ってたし、姐さんの店とは、知らなった訳だから
もう事務所にさらう前に、結構、車中でもやられてたので、それで十分だとは思っていたからだ。
相手は、こっちが素性を訪ねると、当時は、日本最大最強任侠組織五代目山口組当時No.2二次団体弘道会の
看板を出して来たので、親分が、その弘道会の枝の組に、電話で在籍確認入れると、10年前に破門になってる
元、弘道会系組員であった。
(逮捕監禁、集団暴行共同共謀正犯)
この埼玉の組員が、増〇氏と言う、外見がゴッツイが、根が優しい、好きな、
当時の同僚の、臥龍会先輩組員であり、ある情報では、
彼が現在、特定指定危険暴力団、武闘派九州工藤会千葉支部の、長〇川組にいるらしく
少なくとも、増〇氏の、地元埼玉の兄弟分は、長谷川現役には、間違いないことは、確認は取れてる。
※増〇さん!
お元気ですか?
増〇さんの兄貴分だった、地元大口の、大好きだった、故人I叔父貴と、
自分も、当時お世話になってた、絶世美女の、千〇姐さんとの、間に産まれた、
あの、当時小さかった、娘さんが、現在は20歳になり(2022年10月に書いた文)
ルックスが、凄い絶世美女だそうです!
千〇姐さんが、凄い美女なのと、I叔父貴も、哀川翔氏に、雰囲気が似てるので、
そう言う子が、形成されるのでしょうね!
これは本邦初公開での、カミングアウト暴露Iとなるが、
当時の叔父貴は、当時ある件で、当時、鶴見や川崎方面の、某事務所を、
人間ごと、ダイナマイトで、吹っ飛ばす計画も立てて、
実行犯は、例のTに命令し、イケイケTも、無期懲役(下手をすれば死刑)も覚悟してたが、
結局、訳あって実行中止となった、あの過激でイケイケの、I叔父貴から
増〇さんの貴方は、自分の目の前含めて、暴力専門だった、あのI叔父貴から、
しょっちゅう、バチバチに、ヤキを入れられてが、
最後の方は、自分は知らないが、自分が知る限りでは、決っして、
組から更けて(バックれる)飛ぶことがなかった、
最後の方まで、I叔父貴に着いて行ってた、滅茶苦茶根性も入ってたよね!
当時から、自分の兄弟分であり、増〇さんも仲良しだった、例のTも、元気してまして
増〇さんの現状は、Tから聞いたのですが、Tも、懐かしがって、増〇さんの携帯電話に電話したら、
増〇さんの兄弟分の、長〇川組の方と繋がって、色々お話をしたそうです!
もし、増〇さんも、あの伝説の臥龍会の様な、イケイケ工〇会の、現在現役でしたら、
任侠道は、世間で逆風ですが、行く所まで、とことん行って、頑張ってよね?
自分が、人生史上横並びトップの経歴での、収穫だった、
当時一緒に、男を磨いた同僚だった、
増〇さんの、工〇会、もしくは堅気での、
今後益々の、ご発展、ご健勝、ご活躍を、陰ながら応援してます!
この記事も、例の如く、コックリさんの様に、何かに導かれるかの様に、手が動いてたので
「山根~!元気か?俺や、俺の舎弟だった、山根の兄貴だった、故人櫻井のことは、忘れないでくれよ?!
嫁の千〇や、娘のことも、記事にしといてくれよ~」と、聞こえる感じもした!
因みに、I叔父貴の、千〇姐さんの、前の、彼女である姐さんは、
当時、世の男性の股間を虜にした、AV業界を一世風靡した、歴代AV女優一番の大物有名女優の、
自分の一個上の、身長164センチの、絶世美女の桜木ルイ氏が、彼女だったのである!
◎25歳での日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統二代目臥龍会井〇組現役組員の時、三重県の事務所泊まり当番で、
叔父貴や組員達の計5人で寝泊まりしていたら、夜中に起こされて、井〇組長の姐さんの店に、酔っ払いが、
小便をひっかけてると言うことで、皆で柄を取りに行くということになり、ワゴン車で柄を取りに行き、自分の兄弟分と組員で殴る蹴るの暴行を加え、
ワゴン車にサライ、車内では叔父貴が相手の顔面に蹴りを入れて、事務所に連れて行き、組員が殴った。
相手は元、日本最大最強任侠組織五代目山口組当時No.2二次団体弘道会系組員であった。(逮捕監禁、集団暴行共同共謀正犯)
◎同じくここの組の時、自分とS兄貴とI叔父貴と姐さんと組員四人の計八人で高速道路を走行中、
I 叔父貴と姐さんの車が、一台の別の極道幹部のベンツに煽られ、事故をしそうになった為、その交通トラブルから
七人で降りて行き、まず自分がそのベンツの上に上がり車を潰し、その極道を皆で山奥にさらい、
皆で 殴る蹴るの暴行のリンチを加えた。当時日本トップクラス任侠組織稲◯会大野一家(現山瀬一家)系幹部兼大野総長ボディーガードで、
しかしこの極道も顔面を腫らしながら音を上げず、
命乞いもせず根性が入っていた為に ヤキが終わった後、自分は「根性入ってるよ」と声をかけた。
  • この件で上部団体である、当時山健一門の中でも、
    トップクラスにイケイケで、恐れられてた伝説臥〇会本部である、
    そこのU代行が、
    「しかし、Sと山根は無茶苦茶やりまんのう!」と言っていたらしい(笑)
    (器物損壊、逮捕監禁、集団暴行)
26歳の堅気の頃、各分野有名人多数輩出横浜大規模分譲団地の、自宅のベランダに住み着いてしまった鳩の糞公害と、
安眠妨害で、困り果てて、何度、様々な方法で、駆除しても、戻って来てしまい、悩んだ末、
元、関東歴代トップクラス少年野球チームエースピッチャー本領発揮で、小さな岩を、鳩めがけて思い切り投げつけて、 
見事命中的中し、方向感覚を失い、バタバタと飛びながら、自分の部屋に入ってきたところを、
網で捕まえ、殺虫剤など掛けて、ビニールゴミ袋に包んで縛って、ゴミコンテナに、捨てて殺してしまった。
可哀想な事をして、反省して後悔していたが、その鳩を殺さないと、自分が殺される思いだったので、正当防衛で、仕方なかった。(鳥獣保護法違反(鳩殺し)
◎26歳の堅気の頃、日本トップクラス任侠組織稲◯会当時トップクラス二次団体名門林一家山◯組組員の、後に好健会事務局長の、プロボクサーになるY氏、
地元が戸塚の元、戸塚中学番長で、横浜S49年代ステゴロ最強で
その代の横浜トップクラスアウトローの、後に好健会総隊長で、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統臥龍会井〇組に自分が入れて、
舎弟となる、T氏(彼の実兄が自分(山根)の一歳上にいて、元、浜連六角橋で、自分も仲良しだった。)、
と、自分の五歳下の地元が戸塚の、後に好健会行動隊長で後に魂龍会組織委員長となる、長身で男前のA氏の三人と、
自分の一歳下の後輩で地元が瀬谷の、元日本最大最強任侠組織五代目山口組益田組武田組幹部S氏と、その彼女と、
泉区の年下の不良の後輩などの計七人で、夏に三浦海岸へ海水浴に行った時、東京町田の四、五人グループに
喧嘩を売られたので、自分が相手の髪を掴んで「殺せー!殺しちゃえー!」と指示し、
後輩達が相手全員をぶちのめし、泣いてた者も居た。(脅迫、集団暴行)
町田と言えば、自分が日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体林一家系の山〇組幹部だった時には、
同じ一家の、硬派武闘派暴走族の元町田魅孵美人s46総長S氏とも仲良しだった。
後は、自分の知り合った後輩の町田のヤンキーが、巨大武闘派有名暴走族連合関東CRS連合の町田スペクターの
自分より年下の有名な総長S氏から、苛められていると相談を受けたので、S氏に電話をして、
苛めを止める様に圧力を掛け、話を付けて、S氏とも、お互い、お見知りおきとなった。
自分の16歳下の町田スペクターのリーダー格の、 町田の有名人M氏とも某留置所で一緒で仲良しだった
◎26歳の堅気の時、自分の泉区の後輩が自分に下手を打ったので、後に好健会のメンバーとなる自分の若い衆達に
見つけたら、さらうように頼んでいて、後輩達がその下手を打った後輩を見つけて
カップルで居る所を、さらってきてくれて、家に連れて来たのでその後輩の彼女とセックスをした。(逮捕監禁教唆、強姦)
◎27歳の好健会会長の時、自分の一歳下の後輩で、地元が瀬谷の元日本最大最強任侠組織五代目山口組益田組武田組幹部S氏が、覚せい剤絡みで下手を打った人間を
数人でカップルで居る所を自分の家にさらってきたので、その女を自分はセックスをした。(強姦)
◎27歳の好健会会長の時、自分と好健会のメンバーの若い衆四人の五人で、以前山下公園でトラブルになって、ブッチめて、
加賀町警察に逃げた、チーマー大人数の、リーダーの横浜西口のキャバクラの店長の 店に、恐喝しに行った帰り、店の外で偶然、
以前山下公園でトラブルになって、逃げた別グループの男数人とキャバクラの女二人が 居たので、その内の一人を、会のメンバー
一人が暴行を加え、相手全員を好健会全員の車にさらい、ブスの女一人は帰し、絶世美女の方は、会のメンバーの大和市の家に連れて行き、
「この女を悪い様にはしないからお前らは帰っていい」と男は全員解放し、女一人に「俺らにエッチをやらせろ。但しこの全員で
一人ずつお前と交渉してヤリたくない人間とはやらなくていいから。それなら強姦じゃないだろ?」と説得し、
結局自分と会の会長代行二人が順番に性行為をした。(集団逮捕監禁)
◎27歳の頃、自分と好健会のメンバー若い衆(地元海老名の自分の三歳下の、
元暴走族や、元日本トップクラス任侠組織稲◯会当時トップクラス二次団体名門林一家山◯組組員の、
後に好健会事務局長でプロボクサーとなる長身イケメンY氏、
自分の三歳下の、元、有名暴走族連合湘南連合大和ピエロで、当時好健会理事で、
日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統臥龍会井〇組に自分が入れて、
舎弟となる、後年故人のS氏、
自分の五歳下の、地元が泉区の当時好健会行動隊長で、彼は、2015年の山口組分裂する前からの、
日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランドNo.1二次団体三代目山健組宝満組系現役幹部から、
今は堅気の、I氏の三人と、四人で横浜西口に居た時、浜連以外の暴走族の
カップルが、自分達を笑いながら通り過ぎてった為、I氏がその暴走族に殴りかかり一対一のタイマンとなり、
殴り合ってる最中、I氏が刃物を取り出し、相手の腹や腰二箇所を刺した。
しかし女の前で格好つけたのもあるが、気合の入った暴走族で、刺されて血だらけになっているにもかかわらず
「畜生ー!テメーら絶対金取ってやるからな」と言ったのだ。自分達はその場から去って、四人で、緊急会議を開き、
刺された被害者が、もし死んでしまった場合の、身の振り方などを話し合った。
後日その暴走族の 先輩のOBである、このホームページに写真が出ている、自分の仲良しの後輩の、
自分の七歳下の地元が戸塚の、巨大武闘派有名暴走族連合神州連合創立者総長兼泉区領家一家極道総長の、
性格も最高で、カリスマ暴走族で、横浜S51年代トップクラスアウトローM氏と、
自分の仲良しの後輩で、五歳下の上飯田中学出身の
元、全日本麗心愚連盟有名暴走族連合湘南連合戸塚音で、
後に、日本最大最強任侠組織六代目山口組益〇組直参組長となり、水〇組最高幹部で(現、本部長)の
横浜S49年代トップクラスアウトローのケツ持ち極道I氏から電話が入り、因みにこのI氏は、性格も最高で、
私を慕ってくれて、しょっちゅう遊びに誘ってくれていた大好きな後輩である。
どうやら、カップルの方の女性の方が、有名人の俺を知ってたらしい。
M氏が「山根君達だったんですか、自分の後輩刺したの。自分達で犯人探してたんですよ」
自分「ごめんねーMちゃんの 後輩って知らなかったからさ。で、彼は今大丈夫なの?」
M氏「傷口は、えぐれちゃってて凄いですけど、 ピンピンして集会に出てるから大丈夫ですよ。
こいつの親も、警察に被害届を出すところだったんですけど、自分がうまく言っておきますから」
その刺されたツワモノの彼は、中学は南区平楽出身だが、族は、保土ヶ谷レーシング(神州連合の前身)だと言う。
そして最後に、自分達のやる事が危険だという意味で、M氏が笑いながら「危ない(笑)危ない(笑)」と言っていた(笑)
このM氏には、大きな借りが出来てしまった。(殺人未遂共同共謀正犯)
 ここの暴走族グループは、M氏の同じ年の地元が戸塚の親友K氏は、毎年大晦日からお正月に明ける時、年明け挨拶の連絡をくれていた。
そして、自分の八歳下の地元が日限山のこのチームの総長のA氏は、A氏と自分の共通人物とのトラブルに、A氏に仲介を頼まれて間に入ったり、
仲良しでした。因みにA氏は、背が高く、性格も最高で、横浜S52年代ステゴロ最強で、その代のトップクラスアウトローである。
◎27歳の時、自分と好健会のメンバー七人の計八人で、夜に藤沢駅にいる時、男二人が女二人をナンパしていたので
会最高顧問のT氏が若い衆一人に
「あそこでナンパしてるから、あそこ行って女ナンパしてきなよ」と言い、二人の男とトラブルになり、その内の一人が携帯で
人を呼んでいたので、自分は笑いながら「ほら、誰かケツ持ちを呼んでるよ。どんな人間が来るのか楽しみに待ってようよ」と皆に
言って待っていたら、稲〇会の、藤沢シマウチ名門堀井一家であろう、不良が乗ってるセルシオが現れ、到着し、
運転手と相手二人が、車のトランクから、武器を取り出してきたので、
自分が自分の三歳下の、元、全日本麗心愚連盟大和ピエロで、当時好健会理事で、
後に、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統臥龍会井〇組に自分が入れて、
舎弟となる、後年故人のS氏に、
「Sちゃん、ナイフナイフ!ナイフ出しちゃって」と言った瞬間、若い衆達が一斉に相手に飛び掛って行き袋叩きにし、S氏は
相手の発端になった、相手の内の一人の頭を、ナイフの逆側で何度か刺した。すると相手は、血だらけになりながら悲鳴を上げて逃げていった。
自分はセルシオの上に乗っかり車を潰した。そしてそのナンパされてた女二人を車にさらい、しばらく走ったが、
若い衆の一人が「このままじゃ警察がまずくないですかね?」と言うので、皆で現場に戻ると、
案の定パトカー数台警察大勢が来ていて「お前等傷害で逮捕するからな!」と言われたが自分は「あ?何でテメーが勝手に
そんな事決めんだこの野郎!一方的な話しか聞いてねーだろ!」と怒鳴ると、相手連中が警察の前だからと、
調子に乗って、勢い欲く突っかかって来たので自分は笑っていた。相手が、他のケツ持ちにも電話して「相手は右翼です」と会話していたが、自分達は、全く怯まなかった。
とりあえず双方お互いが、藤沢警察に連れて行かれる事に、警察に「ちょっとだけ時間をくれ」と皆を集め、打ち合わせをし、
自分は相手達が先に、トランクから凶器を取り出してきた事による、正当防衛と、デッチ上げの
喧嘩両成敗に持って行くことをひらめいて、こっちも傷を負った事にする為にS氏に軽い傷を自分で作らせて、
皆で警察に行き、 皆で説明し、正当防衛・喧嘩両成敗で全員解放となった。相手のケツ持ちも、
警察署にも来なかった。(器物損壊、集団暴行、殺人未遂教唆)
後年、別件で南警察に逮捕された、取調べの時の担当刑事に「前に藤沢でセルシオ潰したろ?情報入ってるけど、
アチコチで滅茶苦茶やってると、その内大変な事になるぞ」と忠告された(笑)
何と!後年、この最高の複数の一人の、舎弟だったが、病気で故人となって、この世を去ってしまったのだ!
彼との思い出も、一生忘れない!
◎27歳好健会会長の頃、自分と同じ年の、元浜連磯子音の、元、日本最大最強任侠組織五代目山口組益田組竹本組幹部系で、当時好健会の創立者兼会長代行N氏
(このホームページの山根会の顔写真一覧表に出ている、好健会会長代行とは違う)と、
自分の一歳上の言葉遣いが丁寧で、自分の好きな先輩の元、浜連、保土ヶ谷の
和田町剣の先輩のY氏(殺人前科のある)の三人で山下公園に行ったら、車に満載の
 不良グループが車に乗りながら自分達に喧嘩を売ってきたので、自分は金属バットでその車をボコボコに潰すと車は走って逃げて行った。(器物損壊)
因みに、和田町剣は自分の三歳下の総長で元、日本トップクラス任侠組織稲〇会遠藤組(現相模一家)佐藤組系組員だった故・H氏は、
自分の暴走族の舎弟で、自分の愛車バブⅢを売り譲った事もあったが、H氏は後年、
病気で亡くなってしまい、心からご冥福を祈る。後は和田町剣は、S45で現在、日本トップクラス任侠組織稲〇会相模一家広石組幹部O氏と、広石組幹部s48F氏、
広石組ではなかったが、S48の総長のA氏などとも、仲良しだった。
他の和田町剣のメンバー達とも仲良しだった。
因みに、ここの隣の西谷剣は、自分の二歳上の自分の好きなN氏が居て、
自分が好健会の若い衆達と希望が丘のパブスナックに飲みに行った時に、和田町の舎弟を連れていたN氏と偶然に再会し、
当時N氏は、自分が昔所属していた一家の、林一家北嶋組幹部だったが、店のホステスの女の子に
「暴走族の有名人だよ」と紹介してくれた人だった。N氏は一回、店内から出て行ったが、
再びN氏のベンツで、どこかの美人ホステスを連れて戻ってきて、
ダンディーで言葉使いも丁寧で、インテリヤクザの格好良い人だった。
そして西谷剣は、S46年代の総長N氏とも、自分は仲良しだった。
◎28歳の頃、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の頃に、自分と最高顧問T氏、副会長K氏、事務局長Y氏、で用事で金沢区に夜に行った帰りに、
朝比奈で暴走族の車満載の男女達がいたので、自分が、その女がほしくて、いきなり、さらおうと、車のドアを開けて、女強引にを引っ張って、
引きずり出そうとしていると、どこからともなく、その暴走族達のケツ持ちの刺青を入れた不良が来て、自分達に喧嘩を売って来たので、
自分が「テメー何処のもんだ!コラ!○○会か!コラ!」と!うなると、まずT氏が相手の顔面にチョーパン(頭突き)を入れ、K氏がワンパンを入れた。(逮捕監禁未遂、集団暴行)
◎30歳の頃の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の頃に、自分と同じ年の地元が小田原の、町田でデートクラブを経営していた、好健会顔写真の人物の会長代行M氏が、
好健会右翼新聞を作り、アチコチの企業や店に無差別に送り売りをやってたら、
南警察の右翼担当の刑事達が自分の自宅に来て、「Mがアチコチに新聞をまいてるから、
今回だけは、警告で済ましてやるから、会長の方から、言っておいてくれ」となった。(強要)
◎29歳の頃、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の頃、地元上大岡の、タメ年の、不良ではないが、
山根関内ホストクラブ「ナイルクレセント」時代の、店長である、右腕だったS氏が、
何を血迷ったのか、地元永田中出身のs46不良の、元暴力団系無線クラブの、好健会街宣行動隊長のT氏と、
元、浜連平楽虫昆の、年下の、山根会会長付きの、会長宅部屋住みの、専属運転手T氏の二人を、
(部屋住みT氏は、当時は訳あって、会長宅には別居だったが)
私に内緒で、そそのかして、当時、S氏が繋がりのあった、渋谷にある、ファッションヘルス店から
ご法度凌ぎの一環で、無人時間の、金庫の強奪を3人で計画し、何故か、店員滞在時に、決行でやってしまい、
犯人が、店員やケツ持ちヤクザの、渋谷の住〇会にバレて、失敗して、
専属運転手T氏が、連中に捕まり、向こうのアジトのマンションに、二週間監禁や暴行されてた、下手打ちの、壮絶な物語があったが
T氏は、当時リンチで〆られても、実行犯他二人の、名前や自宅や居場所などは、吐いたのだが、
誰にも、会のメンバーであることは、会には迷惑を掛けたくなかったのや、俺に怒られると言うことを危惧して
一切口は割らずに、二週間も連絡も取れずに、心配もしてたが、結局最終的には、T氏自身で、二週間もの、
過酷なリンチの、身体張っての、根性者の、制裁での話を付けた上で、
法的の方の、警察逮捕もないと言う、落とし前の、ケジメの詫びを、入れてきたなどの後に、
解放されてから、その事を、攫われてたT氏と、永田のT氏が、自分や執行部に、打ち明けてきたのだが、
この事件の、教唆指揮者の、S氏だけは堅気でもあったので、身柄をかわしており、連絡も取れず、
幾らS氏に、そそのかされたとは言え、それは常識でも、尚更組織人なら、断らないと、ならなかったので、
これは、筋も通ってない、一方的に、100%こっちが悪い案件だったので、
悪の巣窟の、隣町の蒔田中学出身の、タメ年の、淋姦強姦永田一家のメンバーにも入れた、
タメ年の、好健会本部長補佐の、執行部W氏から
その件で、まだ何もどっからも、ケジメも落とし前も付けてない、お咎めのない、
永田の方の、街宣行動隊長のT氏が「汚ねーケツを、持って来るんじゃねーよ!」と、恫喝されて、
別の日には、W氏にヤキも入れられて、ワンパンで気絶した。
で、本人達を反省させる為にも、平楽の、会長付T氏の方は、相手連中からは、攫われて、やられっぱなしではあるが、
住〇会やヘルス店への、報復や掛け合いは、やらなかった。
因みに、以降柄をかわして、トンズラしてズラかったS氏の方は、
ホスト時代には、歩合制での、少ない給料で、相当頑張って、活躍をしてくれたし、
元々、とにかく私に対しての、忠誠心や崇拝も半端ではなく、相当慕ってくれてたので、
教唆指揮者の、S氏実家も、窃盗被害者たち側からも、バレてるので、
報復などの、身の安全を、気を付けるようになどの、心配だったのもあるし、報告もあり、
平楽の、会長付T氏を連れて、港南区のS氏の実家に行って、
ご両親にもその話は、一応念の為に、一部始終して、勿論ビックリしてたし、動揺もして、
お母さんは、泣いてもいたが、
こちらにも、迷惑料とのことで、3万は貰ったが、以降は、もう自分は怒ってないので、
たまに、S氏が帰宅してるのか、電話もしてたが、当時は相変わらず、帰宅はしてないみたいだったが
もうこの件は、20年以上も経っており、会長付だった、T氏が代表して、みんなの身代わりになって、
相手に身体張って、リンチ長期制裁と言う、落とし前の、ケジメも付けて
永田の方のT氏も、ヤキの気絶でも、ケジメも付けて終わってるので、
色々な意味でも、時効なので、S氏は、俺の連絡先に、必ず連絡が欲しい。
(強盗)
◎30歳の頃、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の自分と、当時付き合ってた女と横浜西口にいる時に、トラブルになったチーマー風の連中を会の約十人でさらいに行った時、
 自分と若い衆一人が、たまたま席を外してた時に、残りの会の連中に二人組の不良が酔っ払って警棒で威圧をかけてきたので
 一人の若い衆がその警棒を取り上げ、相手の頭をバチバチにカチ割り、血だらけにすると一人は逃げてしまい、やられたそいつは
 「兄貴呼ぶぞ」と言ってきたので若い衆が「呼べ!早く呼べよ」と言いながら数人で〆て車も潰した。(傷害、集団暴行、器物損壊)
◎30歳過ぎの、好健会兼山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟の頃に、
地元が南区平楽で、自分よりかなり年下の、当時、日本最大任侠組織五代目山口組佐藤組系組員で、
当時、山根会会長専属運転手のT氏は、自分の自宅兼山根会事務所に部屋住みをしていた。
その若い衆T氏とキャバクラに行き、自分が気に行ってる女をその若い衆が気に行ってしまい、
事もあろうに、そいつが、その女を裏で口説いて、自分の悪口を言ったのだ。
この女は、プライベートのデートなどに誘ってくれていたりしていた、長身で絶世美人の女だった。
その女は「こんな事して、会長にバレたら、ただで済むと思ってんの?」と言ってくれたらしいのだ。
それが発覚した日に、その若い衆T氏と、普通に飲みに行く約束をして、当時自分が乗っていたシーマを「会長、自分が運転します」と言うので、
「今日はいいよ、ちょっと飲みに行こう」と言い、自分が運転し、某病院の近くまで行き、ドアを開けて逃げられないように壁に車をピタリとつけて若い衆の足を「舐めんじゃねー!」と
刃物で何回も突いたのだが、若い衆T氏は、何が何だか分からず「会長!どうしたんですか!!」と動揺して叫んでいたが、当時冬で、そいつはスウェットとジーパンを重ね履きしていたため、
刃が肉に届かず「自分の胸に聞いてみな。心当たりあるだろ。詳しい訳は、後で話すからケジメつけろ!」とズボンを脱がさせ、刺し切った。流血した。
若い衆T氏は、悲鳴を上げていたが、ちゃんとケジメをつけるために、足を差し出してきたんだから根性は入っていた。
そしてそこの病院に連れて行って、医者が傷口を縫うように勧めたが、本人が縫う事を拒否した。(傷害、下手をすれば殺人未遂)
◎当時付き合っていた、地元が本牧の彼女と揉め、凶器のキリで手首を刺した。
この彼女は、現在も付き合っているが、この子が18歳の時に、自分の刺青に影響されて、
背中一面に刺青を入れて、すぐに完成させた。彼女は自分(山根)のために、体を売り貢いでくれていた。(傷害)
◎自分が山根会の頃に自宅にいると、自分の二歳下の、元浜連の伊勢佐木町ロードランナー総長で、
10代では、少年院3回・鑑別所6回の、10代では、少年院3回・鑑別所6回の、10代逮捕歴刑量最大マックスの悪である、
横浜ベイスターズ私設応援団会長で、魂龍会行動隊長兼山根会行動隊長の、
横浜s46年代トップクラスアウトローの、キリッとした精悍な顔立ちのO氏と、
自分の五歳下の地元が六ッ川の元、日本最大最強任侠組織系組長実子(彼の父親とも、自分は仲良しだった)の
魂龍会行動隊副隊長兼山根会会長付のS氏で、
後に、日本最大最強任侠組織巨大ブランドNo.1二次団体一門系である、
五代目山〇組山〇一門二代目松〇組系事務局長となって、組の為に、身体を掛けて刑務所に飛ぶ、
6年間ものロングを務め上げて来た「ジギリ」を成し遂げた、根性者でもある!
現在は堅気の青年実業家。
彼の実父は元、日本最大最強任侠組織巨大ブランドNo.1二次団体である、
元、三代目山健組姫路村〇会舎弟頭であり、元、三代目山健組直参組長の大物親分でもあって、自分も仲良しだった。
その二人が来て、O氏が「兄貴、大変ですよ」と言っており、
そこには、当時、自分が付き合っていた、地元が藤沢の、絶世長身美女横浜西口キャバ嬢の女が、男と居たので、
家の中で訳を聞くと、この最高の舎弟の二人が、横浜西口にいる時に、自分の彼女とスカウトマンとが車に一緒にいたので、
S氏が男をシメて、二人をサラい連れてきてくれたのだ。 しかしよくよく女と男の話を聞くと、その男は、その自分の女を
キャバクラにスカウトした男で、女が店の仕事を上がり、家に帰る帰りの足として、その男を利用していただけであって、
浮気でも何でもなかったらしいので、舎弟の二人には、一万づつお礼を渡して家から返し、その男にも謝り、仲良くなり、
女だけ残して、家から返した。
因みに後年のO氏は、40歳位の堅気の時には、仲間少数と、歌舞伎町のキャバで、地元ヤクザ住吉会少数と喧嘩になり、
相手の前歯二本折って、店もグチャグチャにして、話し合いで、示談した武闘派でもある。
因みに、伊勢佐木町ロードランナーと言えば、O氏と同じ年のW氏も、自分の弟分みたいなモンだった。
(こういう場合でも、相手の男に訴えられた場合は、自分が若い衆に指示してなくても、使用者責任法により組織の長がパクられてしまう場合もある。暴行、逮捕監禁)
◎32歳位の、好健会兼山根会会長の頃に、自分は生涯交通違反が多く、10代での単車無免許運転や免停3回や、
無免許違反ばかりで、車の免許を取れるまで、30歳まで延期になってて、
それからの、大きい事故では、自分が、当時の愛車の、高級車シーマ走行中に、相手の車の側面に突っ込んで、
相手の運転手が内臓破裂になってしまったり、でもこれは、国道一号線狩場辺りで、相手が急に横から出て来て、相手が悪かったのだ!
こっちは、エアバックが開いてくれたので、命拾いしたのだ!
ここだけの話、自分が運転する車に、煽ってきたり、スピードを出して運転してたり、
生意気な走りをして走ってる車の連中の前に、ワザと出て行き、急ブレーキを踏んで、お釜を掘らせ、自分がムチ打ちになり、病院に通い、
金をたくさん儲け、それはたくさんやった(笑)しかしそれは、交通違反や、ルールの治安を良くするための、世直しの一貫でもあった(笑)(自動車運転過失傷害多数)
◎自分が40歳位の堅気の時に、人からの紹介で、地元が港南区笹下の、ある家族三人の両親と、当時30歳位の女に計35万を金利をつけてもらい貸したが、
 返済日に全員で携帯電話も一斉に一時止めて、バックれた。後から判明したことなのだが、何とその家族は寸借詐欺一家だったのだ。
 しかもその娘の弟は、浜連以外の元暴走族で、ある事件で懲役中の、とんでもない家族一家だった。
 港南区でエステ店を経営してる家族だったので、まずはバックれた夜中に、自宅と店に中傷脅迫ビラを貼った。すると店のオーナーだと言う、
  極道を母親が出してきてヤクザが「営業妨害だ」とクレームを出してきたが、自分は一歩も引かず、電話で口論になり、
 その相手が「山根さんと、揉めるつもりは無いです。」と言ってきて、折れてきたので、結局はそのヤクザとは、
 仲直りし和解したが、母親を怒鳴りつけガンガン脅かし、家族には相変わらず請求追い込み続けていたら、
 今度は娘が極道のお偉いさんに面倒を見てもらっていることを言ってきて、その人間が自分と話をするような圧力をかけてきたので、
 自分は一歩も引かず「そいつが間に入るならそいつに金を払わせろ」と言い、「俺をみんなで騙しやがって、金を借りて返すの当たりめーだろ!
 返さないテメーが悪いんだろ!何処の誰を知ってるのか、知らねーが、俺にはそんなの、関係ねーし、通用しねーぞ!」と
 娘をガンガン脅かしていたら「ならもう私を殺して下さい」と死ぬ気もないくせに、開き直ったりした。
 最終的には、自分の追い込みにより、母親が、自殺を二回して死ななかったが、
 全身打撲で重症で動けなくなった。それは母親本人からも、ある他人からも確認した。自分を騙した天罰であるから、
 良い気味だと思ったが、死に切れてないし、娘はピンビンしてるので、悔しかった。しかもこの親子は、
 母娘揃っての究極のブスで、代わりに体でという訳にもいかない親子であった(笑)そして最終的には娘が弁護士を出してきたが、
 その一家はアチコチのヤミ金から借りまくり、寸借詐欺を働いていたらしいので、弁護士にその件などを話をしたら、
 弁護士も動揺していて、「もし、それが本当なら、そんな家族では、内は引き受けることは出来ませんね」と言っていて、
 調査すると言っていたが、結局自分の方は、あまり追い込み過ぎると、元々こっちも違反なことをやっているので、パクられたくなかったので、
 母親の自殺でツーペーのチャラで、あきらめた。この家族は笹下出身で、現在港南台の団地に住んでおり、
 港南区でエステ店を経営している、この家族のイニシャルはKである。この詐欺一家には気を付けよ!
 そして、何と!自分に矢を向けて、自分が恨みを残した人間は自分で復讐した場合と、
 もう一つの不思議な現象が、必ず、不幸や災難が起きるのであるが、
 何と!調べた結果、後日この母親の方は死んだのである!万歳!
 (貸金業法違反、出資法違反、軽犯罪法違反(建物貼り紙)、脅迫、営業妨害、下手すれば殺人)
 

 
  
 ※武勇伝編※
  ◎17歳の時、港定時の自分の一歳下の、地元が鶴見生麦の生徒の走り屋のY氏が、Y氏の同じ年の、地元鶴見寛政の、不良生徒I氏に学校内で、
苛められてるので助けて欲しいと頼まれたので、自分はI氏の教室にいきなり乗り込んで行って、
「テメーか!Yを苛めてる野郎は!」と廊下に出すと、タイマンとなり、
「だから何だ!」と自分にワンパンを入れてきたので、自分が
発狂してI氏の顔面に攻撃し暴れ、「ぶっ殺してやるー!」と叫び、
I氏を上階の窓から落として殺そうと思い、I氏の体を窓際に持って行っている最中に、
「窓から落ちて死ね!この野郎!」と体を窓際に追いやっていると、
騒ぎを聞いた生徒のギャラリー達が、大勢出て来て、
一個上の先輩であり、クラスメート友人で、仲良しだった、喧嘩も強い、長身アウトローの、
元、浜連本牧党のK氏に、止められたが、自分は止まらず、
どうしても窓から落としたかったので、I氏の体を押しながら持ち上げていたら、
K氏に後ろから自分の体をI氏から離された。I氏は怯んで、
自分に握手を求めて来て謝ってきたので、自分も握手をして和解して、自分が勝った。
その後はY氏への苛めも無くなり、自分と性格も最高でイケイケだったI氏とは先輩後輩として、仲良しになった。
◎自分は12月27日生まれなので、同世代とは1年間の12か月の内、
9か月間は、何でも遅いハンディがあるので、族をスタートしたのは、
約1年間は遅いスタートだったが、不良デビューは、とっくの前の小学生からで一番早かった!
以前、ここに族の経歴の、年齢の時系列を書いてた書き方が、自分が遅い生まれな為に、
16、17、18歳と三種類記してた、年齢は、ややこしくかったが、同世代で言う、その年代のことであり、
自分の年齢だと、16歳なら、高校二年生の代、17歳なら高校三年生の代になってしまうので、
その様な書き方で、統一してたモノである為、誤解を招かない様に、ちゃんと明確にしていく。
総長には、自分はまだ17歳での(同世代は18歳の、高校三年生の代)になって、
淋姦強姦永田一家の二代目総会長になった。
当時の浜連は年齢層も高く、殆どのチームの人間はバックレ以外は、20歳くらいまでは現役で、18歳の代では引退はしてなかった。
任命してくれたのは、永田一家初代総会長で、現、日本トップクラス任侠組織稲◯会一ノ瀬一家総本部室長の、O氏に任命された。
尊敬してるイケイケで、性格も良いO氏である。港定時にO氏が、淋姦強姦永田一家の自分の一歳上の小尾氏と、
自分の二歳上の永田暴走族の男前のB氏と、三人で遊びに来た時の、帰りの車の中で、
O氏が「俺の次の代の頭はお前だ」と言われ、自分は嬉しかった。
小尾氏とB氏が、淋姦強姦永田一家二代目総長継承見届け人となった。
永田s44年代の、淋姦強姦永田一家二代目と言うのは、自分と永田中学s44年代の番格N氏が、
一緒に隼人高校に通っていたが、自分が数ヶ月で辞めてしまい、N氏もその後辞めたが、
皆で族をやり始めたのは、記憶が定かではないのだが、確か同世代が17歳の、高校二年生の代の、後半辺りからだった。
N氏の自宅が、O氏とN氏と自分の溜り場になっていたが、
D氏は、GPZ400の単車を持っていたが、最初の頃は一匹狼で、N氏の溜り場にはいなく、
後から自分が、D氏を連れて行って、淋姦強姦永田一家二代目の形が出来て来た。
しかし、自分らの最初の頃の同期は、N氏が中心とはなっていたが、正式には総長はいなかった。
N氏は、族にはあまり興味がなかったらしく、特に自分の単車も特攻服も持ってはいなかった。
一緒に恐喝などはやってたし、車で一緒に集会に行った事もあるし、N氏達が、人から奪い取った単車や、
個人所有の車などで、O氏や蒔田の女ヤンキー達と、湘南に遊びに行ったりした事もあるが、
特に一緒に、それ以外の暴走族活動をやってた訳ではなかった。
しかし顔付きは、地元アメリカの、自分達の6個下の、フロイド・メイウェザーそっくりで、世界一イカツく、
身長も173cm位の、喧嘩も、同じ位強く、自分には性格も良く、横浜s44年代トップクラスアウトローの、カリスマ性もあった。
それでD氏よりも先に、自分の方が先に、淋姦強姦永田一家に入っていたので、18歳の代になって、
O氏が自分を、淋姦強姦永田一家二代目総長に任命したのだと思う。
他に淋姦強姦永田一家二代目メンバーは、少数精鋭だったが、後に好健会本部長兼山根会本部長となる、
喧嘩も強く、性格も最高のK氏、小学生からの幼馴染のH氏、蒔田中学出身不良で、
後に好健会本部長補佐兼山根会本部長補佐となる男前のW氏がいる。
◎10代の頃、自分の今までのタイマンの数は約20人で、勝敗は勝利多数と引き分け少数。そして相手にダメージといえば
自分の拳のパンチで、口の中を切り出血したり、ある年上の人間は、自分の拳のパンチで顔面自体から出血した。
負けが小学生の時に一回だけ。 と言っても訳ありで、正確には負けではないのだが、言い訳になってしまうかも知れないが、
詳しくは、後文の、※自分が衝撃を受けて感銘を受けた人物編※欄に書いてある。
◎10代の淋姦強姦の頃、自分の一歳下の浜連剣希望が丘支部の総長であった、自分の弟分だった後輩T氏が、
浜連以外の、横浜地獄軍団瀬谷地獄族S46リーダー格の、有名人Y氏から単車を取り上げられてしまったという事で、
自分の兄弟分の、当時、浜連ZERO大倉山篠原支部で、後に極道や、好健会最高顧問となったT氏と、自分と同じ年の、
当時浜連希望が丘剣で後に、自分が入隊する右翼T社での自分の舎弟となり、後に好健会会長補佐で、
山根会会長補佐となる、柔道の達人のO氏とT氏の四人で、相手の家に単車を取り返しに行くと、そこにはビッとしたニグロパーマで、黒のスラックスを履いた、不良のY氏が現れた。
自分がまず淋姦強姦の名刺を渡し、T氏の単車を取り返し、更にその人間の所有する、ロケットカウルの単車を自分が買うと言う
約束をして、戦利品として、その単車も持って行き、結局金は払わなかったが、そのY氏とは、後年仲良しとなった。
このY氏は、10代で、元横浜任侠組織系組員となり、横浜s46年代トップクラスアウトローで、
現在は、設備屋社長で、ランボルギーニを乗り回している、実業家となった、瀬谷の有名人で性格も最高である。
その後、瀬谷地獄族とは、特にs46年代メンバー達とは、特に仲良しになり、s46年代総長であり、元横浜任侠組織系組員で、
横浜s46年代トップクラスアウトローの、性格も最高のイケメンS氏や、性格も最高の有名人I氏や、性格も最高のF氏や、
性格も最高のT氏など、皆、弟分の様になり、特にS氏や、I氏は、お互いの自宅にも、行き来したり、伝説の人気ヤンキー
レディース雑誌『ティーンズロード』に、私が誘って、一緒に出演したりなど深い関係であった。
このチームの他の、歴代のメンバー達も、みんな仲良しだった。
この希望が丘剣は、自分と同じ年は、総長I氏やT氏(私が、日本トップクラス任侠右翼団体T社時代の舎弟)や、
後は自分の一歳下の仲良しだった、後輩のN氏が、現在東京新宿任侠組織T会の、最高幹部になっている。
このチームの他の、歴代のメンバー達も、みんな仲良しだった。
◎10代の頃、港定時の横浜市の定時制高校体育大会にて、他校の生徒数人vs、港定時数人が喧嘩になり、
港定時数人が、他校の生徒数人をそれぞれがぶっ〆て、自分は、相手の顔面に平手のビンタを数発食らわせた。
◎港定時の一歳下の後輩の、戸塚の最強武闘家実業家で、性格も最高のイケメンJ・H氏の彼女が、
ある極道に山奥に連れて行かれ強姦されてしまったので
自分とその後輩と港定時の二歳下の後輩で集まり、当時暴走族だった自分が、その的屋系任侠組織極東会の極道に、電話を入れ
「俺の後輩の彼女を山奥に連れてって強姦しやがって、どうケジメ付けんだこの野郎!」と恫喝すると、
極道が「知らねーよ、関係ねーよ!お前は誰なんだよ?」
「俺はお前みたいな人間を成敗する正義の味方の不良なんだよ!」と脅かしていたら相手が電話を一回切り
三十分ほど話中になってしまい、再度電話をかけると男性が電話に出て「誰よ?」
と言ってきたので自分が「人にものを尋ねる時は、まずテメーから名乗れ!」と言ったら「警察だよ」と言うオチになってしまった。
◎18歳ぐらいの堅気の時、港定時の一歳下の後輩の女友達が、日本トップクラス任侠組織稲〇会トップクラス二次団体川崎山川一家高島組の、
準構成員と揉めて、家に乗り込まれ凶器でボコボコにされてしまった事から、
後輩が自分に相談してきて、その後輩と港定時の自分の二歳下の後輩の三人で相手に電話を掛けた。
自分が相手に恫喝し脅しを掛けると、相手が看板を出してきたので、自分も当時、山口組からオファーが来ており、その組に入る予定になっていたので
そこの看板を出し、相手の組に上等切って相手を呼び出して金を詰めさせたのだが、後でこの話は大事になり、
相手の組の連中が後輩の家にサライに行き後輩が捕まり、人質にとられた。そして自分の家にも追い込みが来たのだ。
当時堅気だった自分は、電話で呼び出され、相手は自分達に手は出さないと言ってはいるものの、そんな約束など当てにならない。
人間は約束を100%守ると言う保障など、何処にも無い。もし今出て行けば、自分も当然さらわれて相当な仕打ちが待っている。
下手をすれば殺されるかもしれない、しかし電話で相手の組織に上等切った時点でこうなる事は多少予想できた訳だし、
もし自分が仲間を見殺しにして逃げれば、男の世界で一生みっともない笑い者となってしまうと思った。警察に頼ることもみっともない。
知り合いの極道に間に入ってもらおうとも考えたが、やはり自分でやった事は、自分でケツを拭くのが一番で、他人に迷惑もかけたくはなかった。
この状況は、究極の選択である、芋を引いて逃げるか、警察に通報するか、極道に頼むか、自分で行くか、この四つの選択である。
結局自分は腹をくくり、一人で向かうことを決心した。人間覚悟を決めて腹をくくれば何て事は無いと自分に言い聞かせた。
指定された場所に行くと、大型高級車が止まっており、相手の連中に「車に乗れ」とさらわれた。そして後部座席の真ん中に乗せられ
逃げられないように塞がれた。車内では「お前らガムテープでぐるぐる巻きにして、コンクリート詰めにしてやるからな!」など脅かされたが
手は出されず事務所に連れて行かれた。高島組事務所には約十人程待ち構えていた。まず事務所にいたリーダーが自分の胸元の服から
体の中を覗き、刺青が入っているかどうかを確認していた。そして「お前は何処かの組織と関係あるのか?」と聞いてきたので、
自分が「関係ありません。」と答え、リーダーが「前は何処かに居たんか?」自分は以前に大行社に所属していたので、その事を答えると、
リーダーが「通りで、恐喝のやり方が慣れてると思ったわ。」と言った。
話し合いの最中に小さな灰皿で頭に一発食らって「勘弁して下さい!」と言って、血だらけになったが、
自分と揉めた当事者の相手が止めてくれた。他の組員からは「お前が一番年上なんだから、お前が一番悪いよ。」と言っていた。
金の話し合いになり、最終的には追い込まれてたもう一人の二歳下の後輩が、暴走族時代のチームの先輩の、極道幹部K氏と、そのK氏の暴走族の舎弟を連れて、
事務所に三人で来て、話し合いになり、金の動きも無く解決した。しかもK氏は、ケツを持ってくれたにも関わらず、
その上に、帰りに自分達三人に「これでみんなでタクシーで帰りな」と一万円を渡してくれたのだ。何と性格の良い男義あふれた極道なんだと感心した。
自分に灰皿を背負わせたリーダーが自分と後輩の為に「タクシー!」と遠くのタクシーを拾ってくれた。
この縁により自分がその解決してくれた極道と縁を持ち、後に、日本トップクラス稲◯会当時トップクラス二次団体名門三代目林一家山〇組の、
後にその、極道幹部K氏の舎弟となった。
K氏は、このホームページに写真も出ているが、元、浜連大口羅漢S43年代総長で、横浜S43年代トップクラスアウトローである。
そして、K氏と一緒に来た暴走族、浜連大口羅漢の舎弟の自分の二歳下のI氏も、正式にK氏の舎弟となり、I氏と同じ羅漢の
同じ年の総長S氏と、もう一人のS氏もK氏の舎弟となり、自分の三歳下のS氏も、K氏の舎弟となった。そこの羅漢の、自分の一歳下のS氏は、
自分より先にK氏の舎弟となっていて、自分は、その5人とも仲良しだった。因みに、大口羅漢の自分と同じ年のO氏は、自分が隼人高校の時、同じクラスの同級生だった。
そして大口羅漢S43年代の、K兄貴の同じ年のメンバーは、自分が段取りした、大口羅漢を、ティーンズロード撮影の時に、会話した錦台中学s43年代番長O氏やT氏、
大口の二歳上の、兄貴分格のH氏の、引越しの手伝い時に会った、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会稲〇一家アイオイ総業組員だったH氏がいて、
横浜任侠組織双愛会系幹部のS氏や、あだ名(ゲンバ)氏達とも、自分は知り合いだった。
羅漢の寺尾支部の、自分の二歳上の総長で、日本トップクラス任侠組織稲〇会稲川一家アイオイ総業系組員のA氏とも、自分は仲良しだった。
あと羅漢は、このホームページに写真が出ている、S42総長のK氏は、日本トップクラス任侠組織稲〇会横須賀一家系幹部で、同じくS42総長H氏は、林一家村上組幹部で、自分の叔父貴分である。
H氏の実姉も良い人で、パブスナックのママをやっていて、お店で遊ばせて頂いた事もある。
後は、大口は、自分の四歳上で、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体林一家村上組や、林一家中根組で、
自分と当時同じ一家で、後に、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統二代目臥龍会井〇組と、櫻井総業組長となった、
横浜s40年代ナンバー1トップアウトローで、自分の兄貴分となる、故人S氏がいる。そのS氏の兄貴分であり、
元、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体川崎山川一家森野組で、後に、井〇組となり、井〇組内伊〇組組長となる、自分がお世話になっていた、故人I氏もいる。
後は大口羅漢は、自分の六歳上の総長兼全日本麗心愚連盟総会長のT氏で、その後大手芸能プロダクションI軍団に所属し、神○正○氏のマネージャーであり、
松○聖○氏とも、仲良しだった。事務所を辞めた後、株式会社山根企画A(ア)運転代行副社長兼、          
同和団体の茨城支部長という肩書きも持っていたが、代行も同和団体も辞めたが、その後には今や山健と並ぶ、日本一弘道会麻生十番小松組の、小松親分側近となったのだ!今も自分の、兄弟分となっている。
自分は、羅漢の他のメンバー達とも、仲良しだった。隣の浜連子安蛍死蝶は、自分の三歳上の総長下の名前がS氏とも、自分は仲良しだった。
子安蛍死蝶は、自分の二歳下のM氏も、自分は仲良しだった。その隣の蛍死蝶大口支部は、S46年代総長M氏が、港定時の後輩で、自分も仲良しだった。
後は、子安は日本最大最強巨大ブランド二次団体一門系組員で一緒になる、大分年上K氏がいる。
◎10代の時に、当時堅気だった自分と同じ年の港定時の同級生で、兄弟分でもある、当時林一家だった、後に山根会最高顧問となるT氏一人と、後もう一人誰かがいたが、
三人で関内を歩いていたら、極道二人組がタクシーとのトラブルで、タクシー運転手を小突いていたので、自分達が助けようと、間に入って行ったが、
相手は、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家河〇組長と、ボディーガードであり、勢いよくつっかかってきて、 自分はボディーガードにチャカを見せられたが、
一歩も引かなかった。結局は極道同士の看板での話合いとなりタクシー運転手も救われ終わった。
◎20歳の頃に、山下公園でナンパした、仲良くしてた瀬谷区歴代一番の絶世美女と言っても
過言ではないs47A・K氏とは、お互いに好意があったが、訳あって、恋愛までは至らなかった、
友達以上恋人未満の、山根ガールズだったが、角松歴代ナンバー1曲である『メロディーフォーユー』の
舞台モデルとなってる。
ある日緑区で、見知らぬ人間に、強姦されたと言う事で、私に相談があり、
当時は、日本一マンモス校最強最悪港高校定時制リーダー在学中だったので、
港定時の最高の後輩達の、自分の一歳下の戸塚の最強武道家実業家で、性格も最高のイケメンJ・H氏と、
自分の二歳下の元浜連寺尾羅漢で、当時日本トップクラス稲〇会トップクラス二次団体林一家中〇組の、
長身イケメンA氏と、自分の一歳下の、蒔田の不良の、性格も最高のイケメンU氏と、
自分の三歳下の海老名の、元暴走族で、当時林一家武闘派山際組で、後に日本一ヤクザ右翼好健会事務局長で、
プロボクサーとなる、性格も最高の長身イケメンY氏の、最高の弟分や後輩達が、
報復に協力してくれて、皆と一緒に車で緑区に行き、犯人を探して、攫う段取りをしてて、緑区を徘徊してると、
少数の2台の暴走族が走ってた。
戸塚のJ・H氏と、寺尾のA氏が、その単車を襲い、襲撃すると、
十日市場ブラックエンペラーの暴走族だったが、二台は単車を捨てて、数人が逃げて行き、
こちらのメンバーは、単車を武器でバチバチに潰してる最中に、ケツ持ちの名門広島任侠組織共政会の、
中年や若いヤクザなどの約8名が、高級車で飛んで来て、こっちのメンバーと掛け合いになったが、
こっちは一歩も引かずに、山根ガールズA・K氏が、緑区の人間に強姦された話をし、戸塚のJ・H氏も、
当時、実父の実弟が、日本一五代目山〇組の、名門宅〇組長崎一〇会本部長の、お偉いさんだったし、
単車を潰してる時に、自分の時計のローレックスが壊れた事に因縁を付けて、J・H氏やA氏で、
逃げた十日市場ブラックエンペラーの暴走族から、金を恐喝して取ったと言う、
こっちの武勇伝もあり、結局山根ガールズのA・K氏を、強姦した男は見付からなかったが、
皆で力を合わせ活躍してくれた最高の同士達でもある!
先日、A・K氏が懐かしくなり、実家に電話したら、私の好きな仲良しの、性格も最高の後輩で、
全日本レーシング連盟湘南連合横浜地獄軍団s46元瀬谷地獄族の、イケイケF氏が、恐縮しながら
「実は今、Aとは、自分がお付き合いさせてもらってます」と言っており、二人共元気そうで嬉しかった!
何故なら、何処の馬の骨だかわからない男と、付き合われるより、仲良しのF氏と付き合ってれば、安心だし良かった!
2020年、念願のA氏と、約20年振りの、再会の、電話連絡を果たす事が出来て、すでにF氏とは、結婚していたが、
相変わらず明るくて、人柄も最高で、メチャ懐かしく、最高に嬉しかった!
因みに、当時の十日市場ブラックエンペラーは、浜連ではないが、武闘派チームであり、
大分年上の総長U氏と、s41年代総長T氏と、s45年代総長E氏は、その後の林一家時代に、一家が一緒になり、
全員松尾組幹部で、浜連ではなかった、岡津懲陣会のs41リーダー格で、我が山際組の若頭だった、
性格も最高だった故人M氏と、その三人とが兄弟分だったので、自分も周り兄弟分となり、三人とも性格も最高で、
有名人で、仲良しだった。
特にs45のE氏は、イケイケで長身イケメンで、現在は、山〇組に移籍である!
 ◎当時は堅気だった21歳位の時、自分と港高校の後輩メンバー三人の、このホームページに写真が出ている、
自分の一歳下の地元が戸塚の格闘家で、後に、横浜トップクラス青年実業家となる、男前のH氏と、このホームページの、雑誌の切り抜きで、
港定時特集で、白いパーカーで、下はGパン姿でパンチパーマで写っている、浜連上大岡グループS47年代リーダー格だった、男前のY氏と、
同じく雑誌の切抜きで、左から二番目のスーツ姿の、パンチパーマで写っている、自分の三歳下の、
地元が港南台の、後に林一家中〇組となる、自分の弟分だった、男前のK氏の四人で、福富町を車でゆっくり走っていたら、
日本トップクラス任侠組織稲〇会稲〇一家野毛山崎組の極道が居たので、
何気なく見ていたら、車に向かってきて、肩の部分の服をひっ掴まれて、怒鳴ってきたので、自分も負けじと、啖呵を切り口論になり、
H氏も自分に「さらっちゃいましょうよ」と言っていて、自分と相手が掴み合いの、とっ組み合いの喧嘩になり、こっちの刺青が見えたみたいで、向こうが引いて、謝ってきた。

◎21歳の堅気の時に、浜連武闘派洋光台ロードランナーvs浜連武闘派羅漢抗争が勃発した!
その自分より、年下の代の連中の抗争では、自分が、後に仲良しとなる、洋光台ロードランナー後輩達が、
山奥に攫ったり、〆たりなどで、強制で「羅漢は、洋光台ロードランナーに負けました!」と、録音を録らされて、
洋光台ロードランナーが勝利したのだが、その後、自分に、縁深い羅漢側から応援要請が来て、
浜連集会で、自分と、羅漢数人で、単車で、まだ当時は自分とは、仲良しは殆どいなかった、
洋光台ロードランナーを、自分達が探してて、当時、洋光台ロードランナーと、チーム同士で仲良しだった、
元、武闘派磯子音s46総長で、後に双愛会系組員となる、O氏や、磯子音s45総長U氏などを、自分達が見付けて、
集会中に捕まえて、自分が「お前ら、洋光台ロードランナーと仲良しだろ!例の抗争知ってるだろ!連れてこい!」など脅してたのだ!
すると、O氏はビビりながら、素直に敬語で、元、洋光台ロードランナーs44総長で、現在日本トップクラス稲〇会
相〇一家広〇組幹部の、横浜s44トップクラスアウトローの、大柄の、横浜アウトロー有名人H氏が、
その件で、先方と話し合いをすることになってる事を、主張してきた。磯子音は、元々仲良しが多かったので、お互いの共通人物の名前で、和解したし、
今はこの、O氏やU氏には、当時あまり関係ないのに、悪いことをしたと、遺恨はない。
その後、結局最終的には、羅漢側代表者vs洋光台ロードランナー側代表者での、話し合いになり、
例の、自分の兄貴分格の、柔道達人の、元大口羅漢s42総長で、当時稲川ナンバー1二次団体林一家系幹部の、横浜s42トップクラスアウトローの、
横浜アウトロー有名人、イケメンH氏と、元、武闘派鶴見死天王s42総長で、当時林一家系幹部の、横浜s42トップクラスアウトローA氏の二人に、
その、元、洋光台ロードランナーs44総長のH氏が、金を払い、手打ちとなったのだ。
H氏と自分の関係は、知人ではないが、H氏の、元彼女である、地元川崎北部の、絶世美女の彼女と、
後に、自分が付き合ってたシガラミもあり、その事を、その彼女が、H氏に、山根と付き合ってることを話を通したが、
H氏は、自分の事は、知っててくれて、別に悪くは言ってなかったので、自分は好感を持ってるのである。
H氏は後に、広〇組幹部時代に、新横浜の事務所前で、酒は入っていたが、
住〇会と揉めて、舎弟と刃物で殺した、殺人事件で、長期服役した武闘派でもある。
◎最高の複数の内の、地元の後輩に、各分野有名人日本一多数輩出中学永田中学の、淋姦強姦永田一家s48で、
元、稲川会当時ナンバー1二次団体名門林一家林組だったS氏がいたが、

各分野有名人日本一多数輩出中学永田中学から、山根兄弟とS兄弟で、哀川翔そっくりだった、
性格も最高の、不良同級生Sと仲良しで、実弟は、この四歳下のSである、実弟イケメンMと仲良しだった。
弟のM・S氏の方は、自分も仲良しだったが、中学生時代から、隣町六ッ川中学と、同期と喧嘩で、
包丁持って喧嘩したり、淋姦強姦の下手を打った後輩の、目の玉を、刃物で刺してしまったり、
後輩にはヤキだらけで、倒れてる所を自転車を投げつけたり、
淋姦強姦の永田、弘明寺、六ッ川の連中から、恐れられていて、
追い込まれ過ぎて、警察に助けを求めた後輩もいる。
俺的には、自分もそうだったし、不良現役なら、この様な、傍若無人の暴れん坊っぷりは、
淋姦強姦や、永田の株も上がるし、大好きなのだが
人間は、調子に乗り過ぎてしまうと、誰かに、何かに足元を、救われてしまうのであり、
最後は、悲惨な末路を辿ってしまった、例なのだが、
彼は後年、S氏の永田の地元の、直の先輩の、例の、偉大なる山根健一親衛隊様こと林(旧姓:榎本)政治さんの
当時、稲川会当時ナンバー1二次団体名門林一家林組となり、
気合入れて、胸にも、御大兄貴政治さんの「林政治」との、刺青の名前まで彫って、
活躍して頑張っていた、横浜S48年代トップクラスアウトローだったのだが、
当時は、外部からも、身内からの周囲からも、激しく恐れられてた、
おっかない、鬼の、イケイケキチガイだった、御大兄貴政治さんだった為に、
ヤクザ特有の、特にその組は、頻繁な激しい、ヤキや束縛などに、耐え切れずに、不義理噛まして、組から飛んでしまい、
御大兄貴政治組長指令の、組長自らと、林組による、連日による、怒涛の、追い込みからも、
四面楚歌の八方塞となり、とうとう最後は、惜しくも、自殺をしてしまったのだ・・・
これも、淋姦やヤクザ現役時代に、多数の人間に、やってきてしまったことによる、
カルマの法則となってしまい、切ない限りである。
心より、ご冥福を祈ります!
俺の事を、いつも慕ってくれてて、仲良しの後輩だった、イケメン誠ちゃん!元気だった?
自ら命を、経っちゃった場合は、霊界では、色々大変だと言うけど、
誠ちゃんは、当時は、状況が止むを得なく、仕方なかった選択だったと思うし、
それなら霊界での、あの世での待遇は、悪くはないはずだし、元気に楽しくやってるかな?
でもね、誠ちゃんね、ヤクザとはね、いつ自分が、敵を殺すか、時には、身内も殺さないとならない、
逆に、いつ自分が、敵に殺されるか、時には、身内からも、寝首かかれて、殺されることもある
元々そう言う世界なのよ!

「勝てば監獄負ければ地獄」
だから過酷な世界なんだから、誠ちゃんも、気合が入ってるから、きっとそれらも承知で、覚悟で漢磨いたんだから、
殉職だったら、本望じゃないかな?
誠ちゃんの兄貴でもあった、組長だった、御大政治さんはね
俺に衝撃的な言葉を、言ったことがあってさ!
あの人は、見事な抱き鯉入れてる上に、太ももに「林一家」って入れてるの、知ってると思うけど
昔、当時の俺も、林一家行事で、海に大人数で行った時に、
その文字見て、俺が感心した時に、こう言ってたから
「俺は生意気だからよー!いつ何処で、誰かに殺されても、いつでも身元がわかるように、これ入れたんだよ。」って、
絶句したよね。
やはり、伝説の血筋のサラブレットだし、気合のかけ方が、根本から違うし、
そこまでの捨て身の覚悟と、それと長期懲役も想定して、
色々な意味で、身体をかけてないと、駄目な世界な訳。
もう誠ちゃんが、この世を去ってから、約30年になるけど(この文章記載が2022年)
俺がいつもの様に、この様に、故人のブログ記事のアップとなり、
コックリさんの様に、何かにとり憑かれてるように、
記事書いてる場合は、いつもの通り、霊界から、故人の今回は
誠ちゃんが、俺を相変わらず、気にも止めててくれてて
「山根さん!僕のことは、忘れないでください」と「ブログ記事にも、出してください。」と
天国からの、叫びは聞こえるから!実弟の、康二も元気でやってるから!
また、お互い生まれ変わったら、必ずあの、俺たちの故郷の地の、
各分野有名人日本一多数輩出中学永田中学で、兄弟同士再会しよう!
それまでは、山根兄弟を、天国から見守っててね~!
浜連の、恐怖の淋姦強姦永田一家としても、株も上げてくれた漢!
各分野有名人日本一多数輩出中学永田アウトロー部門の英雄よ!安らかに眠れ!
  

※淋姦強姦の後輩達の記事。
 

◎20代の時に、上の新聞記事の事件の数年後、淋姦強姦六ツ川支部の六歳下のイケメンで性格も最高の後輩M氏が、
浜連集会で女をケツに乗せて走っていたら、戸部で待ち構えて張っていた、浜連と当時、反目対立グループであった、
川崎暴走族の現役や、OBや、ヤクザなどに大勢に、襲撃で捕まり、 さらわれて、川崎の埠頭にドラム缶に詰められて、
絶体絶命の、殺されそうに、海中に沈められそうになった。
その時に、Mがチーム名を聞かれて答えると「山根君の後輩?」と解放されたそうなのである。 
ここの対立チームは、元々自分の同じ年の、個人的には仲良しだった、日本トップクラス最大級暴走族グループ
関東CRS連合矢向アーリーキャッツリーダー格で、日本トップクラス東京任侠組織住〇会日野一家系新宿歌舞伎町任侠右翼
大日本朱光会の、イケイケで性格も最高のS氏と、その取り巻き(矢向や川崎丸子など)数人がいて、自分と同じ年の、
港定時のクラスメートで、元篠原ZEROで、後に同じ極道や、好健会や山根会最高顧問となる、
兄弟分T氏と一緒に、そのS氏から、日本一渋いセンスの、ロケットカウル日章旗のスーパーフォークⅢの単車を、
安く譲ってもらったりしていた。
この、さらわれたが、解放の話をMから聞いた瞬間、益々この対立グループには敵対意識が全くなくなった。
尚、ここのチームは、後年自分の五歳上のK氏も知り合いとなり、自分の七歳上のリーダーで、現在横浜駅近くの
有名不動産屋の社長である、旭区の豪邸に住み、新車レクサスを乗る、イケイケで性格も最高のO氏が、
自分の経営する運転代行の、常連のお客様であった。
因みに、ここの相手グループは北部と南部に分かれているが、北部の自分の同じ年の、暴走族の実力者だった
イケイケで、性格も最高のN氏は、林一家時代、自分と同じ一家で、周本組の、お互いが20代の時に、
一緒に車で、浜連の集会に出た事もある仲良しだった。
向ヶ丘遊園メデューサーの、同じ年と、4個下の、有名I兄弟は、兄の方が、日本一山健一門臥龍会時代の、
仲良しの同僚だったし、実弟の方は、大手ふわっち配信者時代に、同じく当時は、ふわっち配信者で、
ご挨拶してくれて、自身の枠でも、山根絶賛してくれており、仲良しになった、
見た目は、いかにも、川崎不良と言う感じで、貫禄あり、ゴッツくて、
刺青もあり、元ヤクザでもあり、林一家林組でもある、最高の漢である!

この様な、俺とキャッツの、シガラミもあり、時代も変わり、今は、横浜、川崎双方のOBたちも、何の遺恨もなく、
特に、川崎の稲川会なども、現在稲川会トップとして、山川一家が君臨してるが、
僕タンの、浜連の仲良しの、後輩など、一家上層部が、多数の浜連OBで、占められてる、
川崎アーリーキャッツOB合同一家の、強固な体制の組織でもある。

◎23歳の堅気の時に、横浜西口のハマボールという、有名な遊び場スポットがあるのだが、そこで横浜連合剣の幹部会が、毎週行われており、

剣のレディースも一緒だった。合計20人位集まっており、自分はその幹部会に、港定時時代から、自分の弟分だった、自分の一歳下の地元が
保土ヶ谷の暴走族のS氏と、自分の一歳下の保土ヶ谷の元、代紋違いの舎弟だった横浜任侠組織双愛会系組員F氏と、
港定時から自分の弟分だった、自分の三歳下の、地元が海老名の、後に林一家、好健会事務局長、プロボクサーとなるY氏の数人で見学に行くと、港定時時代の
自分の一歳下の生徒だった、後輩のN氏が登場して、自分に「山根君、あのレディースの女達ナンパしてきてもらえませんか?」と頼んできたので、
自分は恥ずかしかったので、そこの近くにいたN氏の剣の後輩に、自分が頼んでナンパを行かせた。すると、その後輩が自分に
「すいません、無理でした。引っかかりませんでした。」と言ってきたので、自分は後輩に「それNちゃんに言って」と言うと、
後輩はN氏に伝えると、いきなりN氏は後輩にヤキを入れて、〆始めたのだ。自分はまずい、俺の事でこうなったんだと思い、
止めに入ると、N氏が自分の体を振り払い「ここどこの地元だと思ってんだよ」と啖呵を切ってきて、自分はその時サンダルを履いていたので、ガードレールに
ひっくり返ってしまったのだ。N氏は剣OBでもあり、元双愛会極道で体にもばっちり刺青が入っている、トッポイ男であった。
自分は、一歳下の後輩にナメられちゃいけないと思い、激怒して、N氏に近づいて行き「テメー!誰に喧嘩売ってんだこの野郎!」と
N氏の顔面に、左ストレートのワンパンをヒットさせた。そして周りの皆に、止められながら、自分は「誰かー!鉄パイプ持って来い!」
「テメーよ!今こうやって皆に止められて、何も出来やしねーけどよ、後でテメーとキッチリサシで勝負してやっから!」と啖呵を切ると、
向こうが怯み、侘びを入れてきたので、和解した。N氏は「山根君、ホラこれ見て下さい」と口の中を見せてきて
「切れちゃって、血出ちゃってます」と言っていた。自分はガードレールに、引っくり返されたが、無傷で、N氏は自分のワンパンで
口の中を切って、出血して、向こうが引いたので、自分の勝ちである。このN氏とは、元々仲良しで、その後も仲良くするのであった。
この喧嘩では、自分の連れのY氏が、自分の気迫に驚いていた。
◎24歳の堅気の時に、山下公園でナンパをして、向こうが自分を知っててくれて、向こうに告られて自分が付き合っていた、
地元が戸塚の平戸の、五歳下の、性格も最高の、巨乳美女のM氏が、地元のトラブルで戸塚の暴走族の有名人のJ氏と
揉めてしまったが、M氏が、自分と付き合っている事をJ氏に話をしたら、J氏は自分とは面識がなかったが、
J氏の方が自分の存在を知っててくれて、M氏に土下座をして謝ってくれた。
◎24歳の堅気の頃、淋姦強姦の弘明寺の三歳下の後輩達が、自分の同じ年の友人親友で、中学は金沢区の中学出身で、
元、浜連笹下覇王リーダー格で、当時、日本最大最強任侠組織山口組益田組武田組若頭で、組長クラスであり、
後に組長まで登り詰めた事のあるのT氏の、暴走族の実弟達と、上大岡の居酒屋で喧嘩、乱闘となり、
お互い負傷者が出たが、淋姦側がビール瓶で実弟の頭をカチ割り、負傷させてしまい、警察沙汰にもなり、
原因は、居酒屋で騒いで、うるさかったから、とのことだが、T氏側の向こうの主張は、居酒屋なんだから、うるさくて当たり前とのこと。
しかも喧嘩を仕掛けたのが淋姦側だったので、自分の友人T氏は、その後輩たちを山奥にさらう計画、段取りをしてる所、
弘明寺側の、当事者中心人物である、
後輩である、イケイケの、横浜s47年代トップクラスの悪で、礼儀正しく性格も最高の、長身男前のO氏が、自分に相談して来た。
自分が間に入り、T氏と当事者達で、上大岡のファミリーレストランで話し合いをし、後輩六人に一人30万ずつ示談金を支払わせて解決させた。
このT氏は、横浜S44年代トップクラスアウトローであり、以前は自分に「交流を深め合おうよ」と言ってくれて、
二人でよく遊び、自分がやっていたホストの店にも、しょっちゅう飲みに来てくれていたT氏は、
昔からバリバリの不良で、喧嘩も強かったが、私に対して、嫌な言動や態度を一度も、とったことないし、
色々お互いに持ちつ持たれつだったし、性格も最高で男義があるし、男前で、女にモテる男だった。
笹下覇王3兄弟でも有名で、自分は3人共、面識はある。
後年も任侠道で頑張っていて、彼の活躍や健勝や発展を、陰ながら応援をしていた矢先、ある日何と!
40代半ばの若さで、病気で急死してしまって訃報が入った。
 複数の内の一人の、最高の親友で、兄弟分で、非常に惜しい人物であり、悔やんでいる。
彼との様々な思い出は、一生忘れない。
因みに、T氏の組事務所に遊びに行った時、自分の一歳上の地元が上永谷の、この組の武田組長であり、
T氏の兄貴分でもある、イケイケの横浜S43年代トップクラスアウトローのT氏への紹介を受け、知り合いとなった。
◎24歳の堅気の頃、地元栄区の、タメ年の、身長185センチ位の、柔道達人の、喧嘩も激強い、
港高校定時制時代から同級生の、若い時から内装屋社長の(後に好健会副会長兼山根会副会長K氏)二人で、
K氏の車のトランザムをK氏が運転し元町近くで、 暴走族が約百名程で集会とかち合い、
自分達はタチ悪を気取りで、K氏と二人で車で、そのままその集団に突っ込んで行き
二人組みの一台を単車ごと跳ね飛ばし、その二人は逃げ
(噂によると、その件で一人が足を骨折した)K氏は先に一人で車から降りて暴れ、
その後、自分が乗ってる車が、凶器持参の族達に囲まれたので、自分から降りて行こうと、
トランザムは、車高が低いので、その状態で降りようとした瞬間に、上から不意打ちでやられ、
自分の頭を凶器で殴られ、 その拍子に、地面に瞼の横が叩き付けられ、小石で切れて顔面血だらけになったが、
「テメーら!俺を誰だと思ってんだー!」と叫びながら、自分は暴れた。
最終的には、自分にワゴン車が突っ込んできたので、逃げるしかなかった。K氏は最後まで引かなかったツワモノである。
『やられたら、やり返せ』である。自分はその後報復に出て、自分に鉄パイプを背負わせた疑いのある噂の
日本最大最強任侠組織五代目山口組小〇一家堀〇連合の人間に、直接電話をして、確認をした所、
自分が鉄パイプを背負わされてた所は、見てたのだが、犯人ではなかった。
その後疑いのある、浜連以外の、湘南連合幹部会に、数人で乗り込んだり、
疑いのある地元の溜まり場に行ったりもしたが、結局見つからず、情報も不足で犯人が見つかっていない。
この件で、港定時の自分の六歳下の後輩で、浜連エルザ中華街支部のF氏が
「山根さんに喧嘩を売った馬鹿がいるって、噂になってます」と言っていた。
 ◎自分が24歳の堅気の時に、当時日本有数のナンパスポットの、山下公園に、夜中になると、ナンパされたい女子達が、
車で来て、道の脇に路上駐車し、その横に、男性達が、車を横付けして、そこに縦列駐車して、順番待ちして、
ナンパをするやり方の、遊びが、横浜の、若者の間ではブームになっていて、当然横浜、神奈川、遠い地元からも、
来ていて、アウトロー達も多く、喧嘩や犯罪や恋愛などの、夜は、熱い場所で有名な、青春時代の、思い出の場所である。
その山下に、自分達は後輩達と計三人でいて、地元海老名の、s47の、元暴走族で、林一家で、
後に、好健会事務局長で、プロボクサーとなる、最高の内の一人の弟分Y氏と、
自分の仲良しの後輩の、s50全日本麗心愚連盟湘南連合瀬谷地獄族総長で、
後に、日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家新井組となる、
横浜s50年代トップクラスアウトローの、性格も最高のN氏と、3人で遊びに行くと、不良の数人で、行儀の悪い運転や、
金属バット持って、他人に威圧掛けてる連中がいたので、まず、Y氏運転の、自分達の車で、
道の脇に、路駐してる自分達の車を、そいつらが、通り過ぎる時に、メンチの切り合いになったのか、
そいつらの車の後ろにいた、自分達が、クラクションを鳴らしたのか、どっちかには間違いないのだが、
その部分だけ、ハッキリ覚えてないのだが、とにかく、そうしたら、相手が、金属バット持って、降りて来たので、
自分達は、3人共素手だったので、自分達3人で、そいつらに向かって行き、自分の刺青を、チラ見すると、
外見が、サラサラヘアーの、優男が、まさか墨を入れてるなど、思わなかったのであろう!
威勢良かった向こうが、「あっ!」と、ビビッて萎縮して、逃げ腰で引いた瞬間、Y氏とN氏二人が、襲い掛かり、
殴る蹴るの暴行を加え、ボコボコにした。
そんな中、山下の、別の場所では、元、浜連本牧党のs45のN氏と、s46年代保土ヶ谷岩崎中学出身の、
西横一家極道(キワメミチ)で、後年は、日本トップクラス任侠組織稲〇会林一家金〇組最高幹部の、
現在はそこの金〇一門の、林一家平栗組若頭のF氏達が、戸部の不良、計三人でいて、
自分はその三人とは初対面だった。
その三人が最初、山下公園で、鶴見の生麦の二人組と揉めてて、その生麦の二人組をF氏勢三人で〆て、
車のトランクにサラって、何処かへ連れて行くので、自分達も車で後から着いて行ったのだ。
で、人気のない本牧埠頭の、到着場所で、そいつら二人をトランク開けてシンナーを吸いながら本牧のN氏が、
素手やジュースの缶でボコボコにしていたので、自分が「そろそろ辞めた方が良いよ!」と言って、去ろうとしたら、
N氏がシンナーでラリってて「何だよ?お前お釜だろ?」と舐めた事を言って来たので、
自分が「何だとこの野郎!テメー何処の人間だ!」と言ったら、「本牧だよ!」と言って来たので、
自分が「だから何だコラ!だから何だコラ!シンナー臭せーんだよ!」と怒鳴り「お前、H君と一緒にいたんだろ?」と
(H・S氏とは、自分の仲良しの、大好きな、お洒落な、イケメンの先輩の、元本牧党s43の、当時は稲川会杉浦組浅井組の、全身刺青)で
以前、この先輩と二人でいる所を、見掛けたことがあるので、その名前を出したら、
N氏が「俺はM君の舎弟だ!」と、看板を出して来たので、M氏と言うのは、自分もちょっとした、面識はある、
元本牧党s43総長の、現在、日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家若頭の藤〇組組長の、
横浜s43年代トップクラスアウトローで、自分の兄貴分が、元大口羅漢s43総長の、
横浜s43年代トップクラスアウトローの、例の最高の兄貴分と、兄弟分なので、
自分が「M君は、俺の兄貴の兄弟分だ!」と言ったが、まだ生意気に突っ掛かって来てたので、
自分が、小学生から口癖の「お前俺とタイマン張れ!」と宣戦布告したら、お互いが構えて、
自分が「ほらどーした!テメーから手を出して来いよ!」と言ったら、
N氏が「そっちから手出して来いよ!」と言ってきて、口論の末に、
N氏が「俺は喧嘩がヨエーからよ!」と言って車に帰ろうとしたので、
自分が「待てコラ!まだ終わっちゃいねーんだよ!」と言って揉めたら、
N氏「あんまり追い込むんじゃねーよ!」と言って
今度は、Y氏に何か言って来たので、
Y氏が「おい!何だよ?今度は俺か?」と揉めたが、
Y氏と、瀬谷のN氏も、相手の保土ヶ谷F氏とも面識があって、その事もN氏にも説明となり、
その日は、F氏達は、例の前出の、横浜vs八王子抗争の、冤罪事件の、s46元西横一家極道(キワメミチ)の、
元、日本トップクラス任侠組織稲〇会渋沢一家の、有名人の、自分も仲良しである後輩の、A氏の、
婚約パーティーに出席した後で、
偶然自分達も、そのパーティーに出席する予定だったのだが、訳あって遅刻して、行けなかった事を話をした!
すると、本牧N氏はF氏に「そうなの?」と聞いていて、結局最終的には、
自分がN氏に「こんな事で、パクられてもしょうがねーだろ!トランクから出して帰してやれ!」と、戸部の人間に
生麦の二人組を解放させたら、N氏が「どうもすいませんでした!」と頭を下げて、謝ってくれたので、
自分もN氏との共通人物の名前を出して、仲良く和解したのだ!
そして双方が帰り、自分も車で、Y氏に、当時の自宅の西区境の谷に送ってもらうと、後輩に電話番号を聞いた、
保土ヶ谷のF氏から、自分に電話がかかってきて、先程の件を、謝罪してくれて、
以後お互い、お見知りおきの挨拶を交わし、完全な、手打ちとなった!
F氏も本牧N氏も、話せばわかる、好感持てる漢であった!
そしてその後、本牧のN氏とも、浜連の集会で会い、挨拶してくれて好きな後輩になった!(笑)
そして間もなく、自分もOBとして参戦した、暴走族抗争史上歴代三大抗争が勃発した!
やったやられたの、壮絶な、日本歴代暴走族史上三大抗争の横浜VS八王子の件を、詳しく書くが、
24歳の堅気の時に、壮絶なこの抗争にて、相模原246にて、例の、八王子暴走族OB極道を、
集団撲殺殺害実行犯バットマンズの、主導指揮者が何と!その本牧N氏で、
一緒の実行犯5人位の内の一人が、その、山下公園トランク監禁暴行事件時に、
自分側に一緒にいた後輩である、s50年代瀬谷地獄族総長の
横浜s50年代トップクラスアウトローのN氏である!
この件でも二人は名を轟かしたが、この山下公園からの因果関係から
二人が力を合わせ、抗争で先頭切って活躍してくれた事を、嬉しく誇りに思うし、不思議な縁である!
浜連外の全日本麗心愚連盟湘南連合の、戸塚音の自分の後輩達が、大晦日の富士急初日の出暴走の途中、
八王子インターに待ち構えていた、東京の八王子武闘派チーム『キングラット』などOBや、極道達に、
因みに、このキングラットは、当時、都内に一早く進出したことでも有名な、日本最大最強五代目山口組の、武闘派後藤組ケツ持ちの、
イケイケ暴走族であり、訳でありでやられ、自分の仲良しの後輩の、s50戸塚音総長兼湘南連合総長H氏一人がさらわれて、
長時間リンチを受け『気絶しては、起こされ 気絶しては、起こされ』の繰り返しの、地獄の拷問リンチによる、半殺しの重傷を負ったという件や、
八王子暴走族やOBや、ヤクザなどに、保土ヶ谷駅で、保土ヶ谷レーシングが、拳銃や日本刀持参で、襲撃されて、
例の、自分の兄弟分である、s44浜連剣希望ヶ丘支部のO氏の、親戚である、
自分も、仲良しの後輩である、s50浜連剣希望ヶ丘支部総長のO氏が、応戦したが、
日本刀で、穴を刺されたりなどの、被害などが発生したのだ!
自分は、当時日本一全日本レーシング連盟を、仕切ってまとめてる内の、一人だったので、
自分の、最高の内の一人の弟分で、彼の瀬谷の自宅に、しょっちゅう遊びに行ってた、
s46全日本麗心愚連盟湘南連合瀬谷地獄族のリーダー格の、後にプロボクサーや、塗装業日本一となる、
I氏から、応援を頼まれて、報復の為に、抗争の最中に、八王子相手の集団を襲う計画をし、武器を積んだ、
全日本レーシング連盟湘南連合戸塚ピエロs46総長のM氏や、湘南連合戸塚音s48総長のA氏などと、
車数台などで、ある場所に待ち伏せ張りに行った。
結局この日は、相手側とはカチ合わなかったが、この抗争では、この時の自分は参加していないが、
横浜暴走族の浜連現役とOBと、保土ヶ谷レーシング現役とOBと、全日本麗心愚連盟他数連合の現役とOBの、横浜暴走族約100人が車数台で
あるメンバー達は、特攻服で大勢で、ダンプカー荷台に乗り、箱詰めになって、釘を多数刺した、異様ないびつな、
木製バットなどの、凶器を持ってたり、 
相手の地元に乗り込み、八王子の暴走族を数台見つけ、逃げて行った者も居たが、その内の一人か二人を、数人で〆て、
車のトランクにさらった。横浜に帰る途中に、そのさらわれた後輩の暴走族を、取り返しに来た、そこの
暴走族の八王子の暴走族OBであり、現役の日本トップクラス任侠組織稲〇会八王子一家系組員二人組が、
組の看板を出して叫んだが、自分とは、喧嘩から仲良くなった、例の、一歳下の浜連本牧党のOBのイケイケのN氏が
「関係ねえ!やっちまえ!」と叫び、自分の仲良しの後輩の、後年若くして
日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家系組長になる、イケイケで性格も最高の、
s49浜連西口剣総長Y氏と、リンチ被害者の帳本人である、s50戸塚音総長兼湘南連合総長H氏と、
例の、上記の、山下公園の喧嘩の時に、一緒にいた、自分の仲良しの後輩の、
s50全日本麗心愚連盟湘南連合瀬谷地獄族総長など、5名程で、そこの暴走族「影」OBの、
現役極道達二人を、五人位で凶器で、メッタ打ちの袋叩きにして、
一人殺害し、一人重傷。しかし相手のさらった暴走族や、死亡した極道は、戸塚の被害者H氏などに集団リンチを食らわした、
『キングラット』や、OBの抗争勃発の暴走族チームの連中とは違う、別の暴走族チームの武闘派チーム「影」OBで極道であった。
その後は神奈川に相手側の、八王子暴走族やOBや、極道での、怒涛の報復攻撃があり、
夜の、保土ヶ谷駅前の、国道一号線に、八王子約100人程で、一斉検問が敷かれてたり、
保土ヶ谷駅の壁には「保土ヶ谷殺す」との、スプレーが書かれてたり、その後も、横浜側にも被害が出て、
ある、当時湘南連合戸塚音s49の、弟分のA氏は、普段の日に江の島で、単車で流してたら、八王子ナンバーの車に襲われて、気絶して、
道路上で目が覚めた時には、足の親指が、詰められて、なくなってたり、
当時戸塚s46の、暴走族の弟分K氏は、旭区下川井インター集合場所での、集会で単車に乗ってたら、
八王子ナンバーの車に襲われて、真正面から、単車に突っ込まれて、転倒したり、
噂では、大和市の方などでも、誰かが襲われたり、神奈川の何処かで、誰かが、攫われた者もいるとの、話も聞いていた。
頭部を、凶器でぶっ叩かれて、頭を陥没させられた、横浜地獄軍団二俣川地獄族の総長は
後に報復で、八王子を、キッチリ、刃物で刺して、重症も負わせてる。
リンチ被害者の帳本人である、s50戸塚音総長兼湘南連合総長H氏は、家族の自宅を、八王子連中に、電話番号を調べられて、
ある日、八王子連中から、自宅の家族に電話が来て「そちらから、ポケットベルが鳴ったんですが、住所を教えてください。」との、
罠での電話があったり(幸い、この時は、大事には至らなかったらしい)など、
長期抗争の末、最終的には、双方死者一名、重、軽傷者多数に及んだが、
この件では、元々仲良しだった、地元が日限山の不良三兄弟の、自分の二歳下の性格も最高の、美人の妹M氏と、
自分の三歳下の、性格も最高の、元東京任侠組織松葉会の、極道の弟とも自分は仲良しだったが、
この長男の自分の一歳下の、元、淋姦強姦野庭支部で、当時、稲〇会ナンバー1二次団体名門林一家中〇組幹部で、
(後年、ナンバー1二次団体山川一家に移籍)
イケイケで性格も最高の、横浜S45年代トップクラスアウトローのI氏から「横浜の暴走族を全部集めて、
一緒に指揮を取って戦おう」と言われていたが、保留になってたその後、
八王子にまつわる、下手をしたら、命を落としてる、人生史上トップクラスの内の一つの、、複数の内の一つの、
修羅場を体験もしてる!
28歳位の当時から、病気での故人となってしまった、享年55歳の、一夫多妻制の妻である、
地元厚木の、三つ上の、元ヤンキーの、元、厚木キャバナンバー1キャバ嬢の、絶世美女のℂと
その娘長女である、山根プロ所属の、絶世美女Yと、その女友達の、4人で、
28歳位の時に、自分運転での、湘南ドライブしてた時に、暴走族の集団の、
単車と車と30台位の、集会に遭遇したので、みんなも集会には、参加を希望もしてたので、
てっきり、我が全日本レーシング連盟の、縁深い、湘南連合かと思って、その集会の列に、横から入って行き、
参加した瞬間、後ろからクラクションを、激しく鳴らされてたので、何事だと、前の車のナンバーを、確認した瞬間、
まだ、完全な手打ちには、なってなかった時期の、例の八王子ナンバーだったのである!
逆にこっちは、敵対対立の渦中の、横浜ナンバーだったのである!
特にこっちは、神奈川不良を、仕切って、まとめてる内の一人である!
そう言えば、周りもよく見たら、単車の仕上げも、神奈川仕様とは違うし、
八王子スペクターなどの特攻服やステッカーなど、おかしいとは思っていた!
何と!強敵の集団が、相手の敵地の、神奈川狩りをしにきた、集会であったのである!
多勢に無勢だし、一瞬青ざめて、焦ったが、でも自分は、彼女やその娘たちも乗せてたし、
逃げる様な、格好悪い所は、見せたくなかったので、
取り合えず、抗争中云々関係なく、他所の連合体の、暴走集会と言うのは、
基本的には、何処のグループも、神奈川の自分たちは、特に都内のは、
色々な意味で、参加は出来ないので、
まずは咄嗟の判断で、車を、その列から、横道に反れて、普通の人間なら、そのままダッシュで逃げるのが通常だが、
何と!自分はそのまま停止だけして、平常心を保ち、3人に「八王子の、連合暴走集会だから」と説明してた!
八王子の敵の本体は『キングラット』や『影』ではあるが、八王子は団結力も強いので、
スペクターと一緒に、キングラットや影もいたのかは、確認は取れなかったが、
もう、神奈川vs八王子の戦いの構図にもなっていたのだ!
でも結局、何の理由かはわからないが、その八王子集団は、そのまま自分たち横浜ナンバーの、
いかにも女3人は、見た目ヤンキーの車なのに、追いかけての、襲撃もなく、
そのまま集団は、通り過ぎて行ったのだ!
これまでの、八王子の怒涛の攻撃からは、有り得ない、対応とはなったが、
運が良かった、修羅場であった!
その前後時期に、自分はある縁で、相手側の故人が所属していた「影」の暴走族OBや、
相手側の、八王子地元の双愛会極道(故人が当時所属していた稲〇会八王子一家小門(おかど)総業とは違う)とは、
この件で話をし、仲直りの手打ちをした。
自分が、当時お世話になってた、人柄も最高の、川崎のカリスマ有名彫師の、彫ひと氏の、お弟子さんであった、
彼達は、いかつくて、貫禄もあったが、人柄は気さくで、最高だった!
そして後年、相手の故人が当時所属していた、自分より年上の、相模原に事務所があった、八王子一家の組長クラスであり、
そこの一家の総長付の、K氏ともある縁で仲良くなり、
もう一人の八王子の有名アウトローの、自分の八歳上の元、、巨大武闘派有名暴走族連合関東CRS連合の八王子スペクターで
元、暴走族マリア総長で、元、八王子一家の組長クラスだった、八王子の有名人のK氏は、某警察署の留置所で
お世話になり、仲良しだった。因みにこのK氏は、淋姦強姦の後輩達が、タモリ倶楽部の出演でお世話になった、
元八王子スペクターのタレントヒロミ氏の仲良しの先輩である。
しかしこの件での正式な手打ちは、自分は関与しておらず、お互いの現役極道同士が行われたと聞いた。
故人のご冥福をお祈り致します。
長期抗争の末、最終的には、双方死者一名、重、軽傷者多数に及んだが、
結局は横浜側は、八王子軍団の相手側と、現役神奈川暴走族達と、堅気のOB達だけで戦ったし、
相手の八王子暴走族OBの、現役の極道も、一人殺してるので、総合的には、横浜の勝利である。
ここの自分の二歳下の後輩の、保土ヶ谷レーシング西横一家極道の、元稲〇会渋沢一家の、A氏が、
この暴走族大抗争事件の、冤罪事件に巻き込まれ、当時渦中の人物にもなっていたのだが、
彼は、八王子相手の、命日である日の、抗争集会による、八王子駅襲撃と、その帰りの相模原246での、
複数での殺害事件の日には、間違いなく参加はしていたのだが
当時はすでにOBだったし、その抗争では誰にも指揮もしてないし、殺害現場からも、大分離れてたとのことで、
集団暴走行為以外は、控訴に控訴を重ねて、最高裁まで争っていて、彼の後援会が、発足されていたが、
保土ヶ谷蛍死蝶のS51の総長は、山根会であったY氏であるが
そのY氏は、元々このA氏の舎弟で、A氏が拘留中に「自分の留守の間に、自分の舎弟の、Yのことを、
何かあったら、面倒見てやってください!よろしくお願いします!」と、頼まれて、私を、崇拝もしてくれてた、
最高の人材Y氏を、山根会にも譲ってくれてるのもあり、自分も彼の後援会メンバーとして、それに、約10年も参加して、
面会や、現金など差し入れ、手紙やり取り、後援会参加など、激励や応援もしていたが、結局はA氏は、大物有名アウトローだったことや
、同じ多数の、逮捕者の中には、A氏に、個人的恨みを持ったメンバーもいたり、その連中がその集会での、
罪を軽くしたいが為に、擦り付けられ、首謀者として、祭り上げられて、デッチ挙げられてしまい、
優秀弁護団との、法的抵抗もムナしく、13年もの、長期身柄を拘束されたと言う、信じられない、悲惨な状況となった。
因みに、自分はある日、その東京での講演会に出席した帰り、帰りには、電車だった自分は、
自分の年下の元、保土ヶ谷蛍死蝶のU氏や、M氏が、同じ横浜方面の、帰宅だとのことで、
東京から、一緒に車に乗せてくれて、わざわざ送ってくれて、非常に感謝している。
 ◎自分が25歳の、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統二代目臥龍会井〇組に、
自分の兄弟分T氏(後に、好健会最高顧問となる)や、
自分の兄貴分S氏(後に、山根会最高顧問や好健会最高顧問となる)の武勇伝だが、
T氏の方は横浜某所で、T氏達組員四人で車に乗っている時、ベンツの二人組の極道と交通トラブルになり、
T氏が一人で、日本トップクラス任侠組織稲〇会碑〇谷一家系の二人組の極道に、暴行を加え〆たり、
T氏とS氏と、もう一人の組員S氏の三人で、東京の某駅周辺の某所を歩いていたら、極道が乗るベンツが、乱暴な運転で走って来たので、
T氏がそのベンツに、わざと手をぶつけ、極道が降りて来て「危ねえじゃねーか!」と言ってきて、
T氏が「お前、どこの人間だ?」と言うと、
極道が組織の看板を出してきたので、
T氏が「俺は、この辺の水商売の店員達も良く知っているから、飲み屋のあんちゃんだったら、悪いと思って、どこの飲み屋の人間かと思って聞いたのに、○○組か!
ヤクザの看板出すなら、こっちも引けねーぞ!」とT氏も看板を出し、
「お前の事務所に連れて行け。事務所で話するぞ!」と皆で、日本トップクラス任侠組織稲〇会蒲田大山組系事務所へ行き、相手の上の人間とも話をし、30万取って来た。
◎25歳の、日本一山健一門五代目山口組二代目臥龍会井上組の時に、
兄弟分だった、故人の、タメ年の、元、日本一浜連笹下覇王の、
当時、五代目山口組益田組武田組若頭、後に益田組椿組組長にまで、昇りつめた、男前椿氏と、

戸塚中出身の、s49年代戸塚区総番長の、山健一門五代目山口組二代目臥龍会井上組の、自分の舎弟で、
好健会総隊長のT氏の3人で、夜中にT氏運転で、恒例の山下公園に遊びに行った時に、
元々「格好いい格好いい」と連呼してくれてた、自分のファンでいてくれてた、
鶴見区と、地元忘れたが、当時17歳くらいの、ヤンキー美女の二人組がいたので、車に乗せて、遊びに行こうとしたら
ちょうど、浜連の集会が、山下の前を、集団が来たので、ついでに参加しようと、列に入ったら、
どう見ても、若いヤクザ満載のセダンが、大幅にローリングの、危ない運転して
自分たちの車に、わざと、ぶつかりそうに煽って来たので、
自分が相手の車に目掛けて「危ねんだよ!この野郎!」と、怒鳴ると
元町橋の前辺りで、その車が停車して、向こうも男全員で3人の、ヤクザで降りてきて、
こっちも、まず椿氏が、一番に素早く、降りてくれて、自分も降りて、T氏は彼女達を、守る形となり、
相手のリーダーが自分に対して「何か文句あるのか!」と文句言ってきたのだが
自分は、そのアウトローは、自分と椿氏の、タメ年の、元、武闘派子安蛍死蝶総長の、
当時、稲〇会山川一家池田組幹部(現在、稲川会京浜小金井一家)の、
元々知ってる、向こうもきっと、知ってたはずだが、浜連有名人のI氏だと、気が付いたので、
自分は「お宅ら、組織何処なの?」と尋ねると
I氏も「そっちは何処なの?」と、喧嘩腰の口調ではなくなって
自分「看板出さないと、喧嘩出来ない訳じゃないけどね。みんなで仲良く走ってんだからさー!」と言うと
I氏は「文句はないんでしょ?」と、歩み寄ってきたので、暗黙の了解で、和解して、お互い別れてことがある。

因みに、そのヤンキー美女二名共、チョメパコはやった。

◎26歳の堅気の時に、自分と同じ年の、元浜連磯子音の、元、日本最大最強任侠組織五代目山口組益田組竹〇組幹部で、

後に好健会会長代行となるN氏(山根会一人ずつの顔写真の会長代行とは入れ替わっているので別人)と、
自分の永田の一歳下の後輩K氏の三人と、自分の当時付き合ってた、地元が磯子の、絶世長身美女の彼女
(修羅の青春記歴代山根ガールズ編に画像はなし)と、彼女の姉と、彼女の友達と計6名で、
上大岡の居酒屋で飲んでいたら、隣で騒いでいた約十人の集団のリーダーに、N氏が「兄ちゃん!飲み比べしようぜ!」と、酒を勧めたら
リーダーが「いいよ!けど俺が勝ったらその女達もらうよ!」と、どう見てもシラフで言ってきたので、
N氏が「なにー?女寄越せだと!」とそいつに、思いっきりコップを投げつけた。
リーダーは「俺達は大学空手部の者だぞ!」と格好つけてきたので、
自分が「だから何だ!」と、後輩と一斉に集団に殴りかかり、乱闘となり、多勢に無勢なので、
自分が「テメーらぶっ殺すぞ!皆殺しだぞ!」と服を脱いで上半身裸になると、
リーダーが「俺達もそう言う知り合いいるけど、今日は帰るよ」と、負け惜しみの捨てセリフを吐いて、全員で、
尻尾巻いて逃げて行った。
◎26歳位の時に、自分と前出の例の同じ年の、そのN氏達と、仲間数名で、
旭区で、ヤンキー女数名をナンパをして、自分はその中の、長身美人の瀬谷の
ヤンキーA氏と付き合ったのだが、そのナンパをした数名の女達に、
地元旭区光が丘の自分の6歳下の、横浜トップクラス暴走族だった、チャイニーズ怒羅権横浜光が丘支部関係者の、
東京任侠組織二率会系組員のK氏という人物が、
自分達の事を「何だ!そいつらは!俺は旭区で一番の不良だし、俺より凄い不良はいないから、誰でも呼んで来い!」みたいな、セリフで、
自分達に対して、上等を切って為に、女達から聞いた、K氏達の溜まり場に、
喧嘩しに、N氏と二人で、行ったら、チャイニーズ怒羅権横浜光が丘支部の連中が、
単車を止めて溜まっていたが、自分達二人は、全く怯まず、事情を軽く説明し、K氏を探していることを伝えた。
するとその中で、日本人の自分と同じ年の、元浜連の西谷剣のN三兄弟の真ん中が出てきて、話合い、
なにしろK本人と連絡を取りたい事を伝え、西谷のN氏に、自分の連絡先を伝え、Kから連絡を欲しい事を伝えた。
そしてその後に、N氏の当時住んでた旭区の自宅で、二人で待機してると、K氏から電話がかかってきた。
相手は極道なので、喧嘩腰で対応してくると思ったら、自分の事を知っていてくれて、腰が低い対応で
「山根さんですよね?ティーンズロード見てて知ってます」と言われたので、その時点で、
自分は嬉しかったので「何だ!俺の事を知っててくれたのか!なら、もういいや!ゴメンね!」と
和解し、喧嘩にならず、以後お見知りおきとなり手打ちとなった。
◎27歳の好健会の頃、自宅の近所に、暴走族の、三人組が、単車を吹かしながら、乗り回していて、うるさくて、近所迷惑だったので、一人で行き、走行中の一人に、
殴りかかったら、よけられたが、捕まえて、三人を、自宅に連れて行き、正座させて、地元を聞くと、二人が永田で、一人が弘明寺の、三人共、族の現役の歳だった。
和解して、何か困ってることは、ないか聞くと、永田のバイカーの、怖い先輩から、パー券を半端ない額で、回されてると言う。
自分は、そいつに話を、付けて、全額パイにしてやるから、その内の少しだけ、手数料として、こっちに持ってくる約束をした。
そして、そのバイカーを呼び出すと、自分の事を、知っていてくれて、話は早く、簡単に終わった。
そのK氏は、礼儀正しく、気さくで、気持ちが良い男だった。
彼は自分の、七歳下の永田の人間で、幾つかの自宅の内の一つの、永田の団地の同じ棟に住んでいる人間で、
このホームページにも写真が出ている、横浜トップクラスバイカーチーム永田SSDのリーダー格のK氏である。
三人の内の、二人は約束の日までに、約束の金額を持って来て、仲良くもなったが、もう一人H氏はバックレた為に、探してた所、横浜東口で、カップルで歩いてた所を捕まえて、
請求したら、金がなく、日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家総長の、大物有名人浅〇氏の、息子の名前を出して来たので
「だから何?そんなの関係ないじゃん。俺はそっちを助けてやって、パー券の額より、安い手数料貰うのは当たり前だろ?お前、筋が違うだろ!」と金をマケてやって「彼女に頼め!」と言って、払わせた。
その後H氏とは、また永田団地で、再会したので、仲直りして、仲良く会話はした。
その代わり、そのバイカーのK氏には、迷惑を掛けたので、その後弟分として、仲良くし、幾つかのトラブルも、ケツを持ち助けた。
◎27歳の好健会の時、会の最高顧問T氏と事務局長Y氏と好健会幹部のM氏の四人でいたら、自分の携帯に電話があり、
東京の任侠右翼の、国士闘心会の会長を名乗るものから連絡があり「前に横浜西口から女連れて行って無理矢理やっちゃったでしょ?」と言って来たので、
自分は「あっ?そんな女の言葉を真に受けて、喧嘩売ってんの?」と対応すると一緒にいた最高顧問が電話に変わり、
向こうの相手も最高顧問に電話を変わり、こっちの最高顧問が当日会って話合いをする段取り待ち合わせした。
自分は最初に居たメンバーを含めると合計7人のメンバーを集めた。メンバーはそれぞれ車に金属バットやゴルフクラブなどの武器を用意してきた。
日本刀は、もし車の中を警察に見られた場合に銃刀法違反などになってしまう。しかし自分を含めメンバー達は
修羅場をくぐってきた度胸あるツワモノばかりで、居酒屋ではほとんど戦略など話合わず、誰も緊張しておらずドンチャン騒ぎでフザケ話をして成り行きに任せることになった。
自分はその時はサンダルを履いており、靴に履き変えもしなかった(笑)待ち合わせ場所には相手は数台の高級車でやってきた。
中年の指のない、日本トップクラス東京任侠組織住〇会の極道のお偉いさん兼最高顧問の他に、
パンチパーマの、いかにも極道風の男達が10人程いて、自分が最高顧問T氏と、会長代行N氏の三人で降りて行く事を伝え、
三人で行くと、向こうの相手が全員車から降りてきたので、好健会の連中も全員車から降り、お互いズカズカと対面して殺気満々だった。
自分が「わざわざご苦労様です!」と挨拶をすると、向こうの最高顧問兼極道が、七三分けの茶髪のサンダルの自分を押しのけて「会長はどこ?」と、
どう見ても自分が会長だとは思わなかったらしく、相手にもされなかったのだ(笑)
「どうだろう、まず、ファミレスかどっかでお互いの最高幹部を、三人づつ出しての話合いを持たない?」と提案してきた。
自分達が承知し、場所を移し、会長以下最高幹部同士がテーブルを挟んで向き合った。
当時は夏で自分は半袖シャツを着ていて、ちょっとだけ刺青がハミ出していた。お互いに全員で名刺交換をした。行動隊長を名乗る男は、
恐らくチャカが入っているジュラルミン製のケースを手から放さないでいた。自分は、相手の当事者の女に
「何でこんな状態になってんだよ?お前みたいな小娘が軽々しく組織の人間を動かすなんてどういうつもりなんだ?」と切り出し、
相手の会長が「実はこの女は内の行動隊長の幼馴染みの男の女なんですよ。それで相談を受けたもんで」その女は二人組で、
自分達五人で、確かに自分が、横浜西口でナンパして、少し強引に仲間の家の部屋に連れ込んでしまったが、
その内の一人の、絶世美女の方と、セックスし、一対一であくまでも合意だった。
しかも大和市の暴走族達から狙われてて、家にも帰れないと言うその女達の為に、その暴走族達を呼び出して、
圧力をかけて話をつけた覚えもあり「恩着せがましく言う訳じゃねーけどよ、そういうこともあったよな」と言い、
そうした事情を説明してる内に相手のメンバー達も「知らなかった」と納得顔になっていき、女が「自分とやって性病にもなった」と
言っていたので、「お前他の男ともやってんだろ!俺に移された証拠なんて何処にあんだよ 金目当てか?
俺が今回下手を打ったなら指でも金でも詰めてやるけど、お前に下手なんか打ってねーからな」と言った。会話が進み、話し合いの中で、向こうは任侠右翼を名乗っていた。
自分は当時はある訳があって、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統臥龍会井〇組と、
当時の兄貴分S氏から、訳あって、バックれてて、体をかわしており、疎遠になっていて、当時は山口組とも関係なく、
独立一本右翼であった。しかしこの約一年後に、当時の兄貴分S氏とは復縁し、三重県の井上組事務所にケジメを付けに行き、
S総業の組長舎弟として、復縁もすることになる。
住〇極道兼国士闘心会最高顧問が「こっちは任侠右翼で、所轄の刑事に聞いてもらえればわかるけど、別に、住〇だ稲〇だとか、出すつもりもないし」
と言う任侠右翼と言う言葉に対し、自分達も、他の任侠組織とは関係あったので「自分達もそうですけどね」と答えた。
会話が進み話し合いの中で、最高顧問T氏が「これ、話によっては悪い話にするつもりですか?」と聞くと、
向こうの住〇極道兼国士闘心会最高顧問が「ウチとお宅達でどっかの右翼の運動で会う事もあると思うし、こんな下らない事で揉めてもしょうがない」と言っていた。
二度とこの子にはちょっかいを出さない事で和解しお開きになり、向こうの住〇極道兼国士闘心会最高顧問は、全員の飲み物代金を払ってくれて、
自分はお礼を述べたが、無言で帰って行き、良い意味で渋い人だった。会長同士もお互いに握手をして別れた。
ファミレスの外で待機してた会の若い衆達によると、彼らが乗ってきたベンツには金属バットなどがゴロゴロしてたという。
後で調べたら、地元が世田谷などの東京トップの超有名武闘派極悪愚連隊暴走族の『関東連合 成城愚連隊』OBなどで構成された右翼団体だった。
s47の、国士闘心会会長のI氏は、現在は更生して、有名雑誌「ヤングマガジン」などで、アウトロー漫画を連載する程の、有名大物漫画家となり、
以前SNSでも、手打ち後に、自分の方から、彼に安否気使いの連絡を取り、向こうも気持ち良く、対応してくれてた!
◎27歳の頃、自分と同じ年の、地元が磯子の、当時好健会会長代行N氏
(山根会一人ずつの顔写真の会長代行とは入れ替わっているので別人)と
魂龍会組織委員長となる、自分の五歳下の地元が戸塚のA氏の三人で、
山下公園で女をナンパしていたら、生意気な女だったので脅かしていたら、
女がチーマー風不良グループ約十人の所に助けを
求め、男達が凶器を片手に、自分達の車に来て「あれ俺達の女なんだけど」と文句を言ってきたので、
多勢に無勢だったので、上半身を脱いで車から降りてったら、そいつらが全員走って逃げていったので、
自分とA氏で鉄パイプを持っていた奴を追っかけていき、そいつが振り向きざまに
A氏の体に一発鉄パイプで殴ったが、A氏は全くビクともせず追っかけていき、
ホテルに逃げ込んだ所を相手は「すいませんすいません!先輩にやれって言われたんです!」と言っていたが、
A氏が顔面に「うりゃー!」と、蹴りを入れ、最終的には、加賀町警察に逃げ込んだ。
N氏の方はそいつらの車を見つけ、車に上がりフロントガラスを、かかと落しをやったがガラスが割れず、
自分のかかとに、ヒビが入ってしまい、病院行きで、しばらく松葉杖を余儀なくされたので、
これは例の、カルマの法則の天罰である。(笑)
 ◎自分と同じ年の、好健会副会長K氏の一人と、その女友達の三人で副会長の車に乗っていたら、
地元海老名の、弟分の、好健会の事務局長Y氏から電話があり、
瀬谷の三ツ境を車で走っていたら、浜連以外の10人以上の、全日本麗心愚連盟港鶴連合修羅の大勢が、
道端で大の字になったり邪魔をして通れなくしていたので、クラクションを鳴らしたら、
多勢に無勢でやられてしまったが、Y氏はプロボクサーだったので、ニ、三人はぶっ飛ばしたのだが、
人間幾ら喧嘩が強くても、一人では多勢に無勢である。
とりあえずその場からは逃げて、追い掛けられてる最中で電話をしてきて、
しかも好健会の看板も名乗ったが「そんなの知らねーよ!」と
通用しなかったらしいので、そう言う連中には どういう団体か教えてやらねばならないので、
自分達は速攻で現場に向かいY氏と合流して、その辺に落ちている武器になる物を拾い、
そいつらの溜り場のコンビニに、まず自分が一人で降りて話をする段取りとなっていたが、
副会長が待ち切れず車を突っ込んで行き、三人で暴れると相手達はコンビニの中に逃げてしまい、
更にコンビニの中でも副会長が一人をぶっチメたが、
コンビニはビデオカメラがあり、まずいと言うことになり、一回店を出て、
K氏が店外に止めてあった車も潰し、一回遠くから様子を見ることになり、
しばらくすると案の定警察が来て事情を聞いていたので 自分達も正々堂々投降してはっきりさせようと皆で行った。
すると相手が「コイツらだー!」と言って来たので、副会長が警察の前でワンパンを入れたら、
相手も発狂して、連中の仲間も「上を出すことになるぞ!」と言ってきたので、
自分が「おー出せよ!今すぐ呼んでこい!お前ら警察が来たとたんに急に強気になりやがって!この野郎!
俺達は、さっきお前らが知らねーと言った好健会の者だ!
それとお前ら暴走族か!俺は浜連の相談役でもあんだよ!
好健会知らねーて言った奴よ、テメーにだったらどんな組織か徹底的に教えてやろうか?
舐めんじゃねーぞ!クソガキ小僧がよ!」とタンカを切ると連中はおとなしくなったのだ。
すると横から、サングラスに髭の、イカツイ坊主頭の中年男が「謝る事ねーぞ!あれ俺の車なんだけどよ!
たまたまコンビニ来たら車をあんなにされちゃってよ、コイツらとは知り合いだけどね」と言ってきて、右翼を名乗ってきた。
自分は「あーオッサン悪かったね。そしたら車の修理代だけは払うよ。
コイツらの車だと思ったからさー」と言って最終的には、その暴走族達とも和解した。
その右翼は、当時の日本最大最強任侠組織山口組系当時No.2二次団体弘道会厚木吉〇総業系右翼の、
そこの副会長であり、そもそもこの件は、Y氏の報復の為に、やった車の破壊の為に、修理代はY氏が払ってくれることになり、
後日ちゃんと、自分とY氏で、相手の彼と、瀬谷の海鮮料理屋で待ち合わせして、こっちが修理代10万だけを払ったら、
そのお返しとして、その海鮮料理屋で、豪華な料理もご馳走してくれたり、性格も良い人だったので、その後は良い付き合いをしていた。
後年、三ツ境の銭湯に行ったら、当時揉めた修羅のメンバーが、挨拶をしてきて仲良くなったり、
後年、鶴見警察に逮捕された時に、当時のトラブルでの現場にはいなかったが、
修羅の有名人K氏と一緒で、性格も最高で仲良しだった。
◎これは自分がパクられてる時の、27歳での好健会での話で、好健会の武勇伝だが、
当時の肩書きは、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統
二代目臥龍会井〇組最年少四次団体好健会会長だったが、
自分の四歳上の、S40年代の横浜トップアウトローの、自分の兄貴分のS氏
元林一家の、海老名の事務局長Y氏が、下川井インターで車で知人と二人で乗っていたら、
後ろから、ベンツがクラクションを鳴らして来たので、端に寄り見ていたら、通り過ぎ様に睨まれ相手の二人が降りて来て、
相手は日本トップクラス任侠組織稲〇会横須賀一家系現役組長と、日本トップクラス任侠組織稲〇会堀井一家系任侠右翼日本
青年睦会右翼の二人で、Y氏が好健会の看板を出したら、当時外見がチャラ男だったY氏が、横須賀一家系現役組長に
「そんなはずねーだろ」とシメられてしまったが、Y氏はプロボクサーだった為に逆に二人をシメたのだ。
その場でお互い応援を呼び、双方の組織が招集、集結し話合いになり、当時好健会最高顧問であり、
日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統二代目臥龍会井〇組内櫻〇総業組長の、
自分の四歳上の、S40年代の横浜トップアウトローの、自分の兄貴分のS氏も、相手組長と電話に変わり、怒鳴りつけ、
私と同じ年の、暴走族や右翼や極道などの、実に同じ道を一緒に歩んで来た兄弟分の、当時、好健会最高顧問兼
山健一門系統二代目臥龍会井〇組の、T氏も、
「お宅は内の若い衆を、こんな大した理由じゃない事で手をかけで、どうケジメつけるのよ?」と言うと「指を詰める」と言ってきて
「今までの俺は、そういうケジメのつけ方をしてきた」と言ってきて、気合いの入った組長であった。
しかしT氏が「お宅の指もらっても、仕方ないから」と、結局は最終的には妥当な金額の、20万で手打ちとなった。
最後に相手に、Y氏がプロボクサーだということを話すと「まともに喧嘩しなくて良かった!」と、冗談を言っていたそうだ(笑)
横須賀一家は、仲良しも数名いるし、
後年、鶴見警察に逮捕されてた時に、この揉めた組長と系列が一緒の、横須賀一家系の、別の現役組長K氏と一緒で、
沖縄出身で、性格も最高で、仲良しだった。
K氏は現在も現役で組長として任侠道を邁進されており、今後益々のご発展やご活躍を祈り、陰ながら応援している。 
◎28歳の頃、好健会で自分の三歳下の元林一家で、好健会の事務局長でプロボクサーだったY氏が、某人気テレビ番組に恋人と出演したのだが、
その時の事前の打ち合わせによる放映の仕方の約束をテレビ側が破ったり、事故があり、怪我もしたため、
ディレクターやプロデューサーを呼び出し自分とY氏で話し合い自分が「オーディションで合格させてくれて二人を出演させて下さった事は
非常に感謝しますが、視聴率を取る為に約束を破り、この人間の人格を無視して、ああいうキャラクターに仕立てて放映すると、
視聴者から、こいつがそう言う人間だと勘違いされてしまうんです!
テレビの力は怖いんです!そう言うキャラクターだと思われてしまうんですよ!」など話をして約120万を取った。
◎好健会で最高顧問T氏が、あるパチンコ屋でその店が遠隔操作の疑いがあると睨み、自分の五歳下の地元戸塚の、当時好健会執行部隊隊長の、
彼は、2015年の山口組分裂する前からの、日本最大最強任侠組織五代目山口組秋良連合から、現在も現役のS氏と自分を呼び、
その店の社長を呼び出し話し合い、追い詰め、遠隔操作を認めさせ小額だが金を包んできた。
◎中学から同級生で、淋姦永田一家のK氏が、彼は、小柄だが、中学からプロレス愛好家であり、喧嘩も強く、
お互い20代の頃、六ッ川を一緒に歩いていたら、不良のカップルと擦れ違いざまに、K氏よりも、
身長が20センチ位高い、長身の男に睨まれて、K氏と相手とが、メンチの切り合いになって、
向こうに因縁を付けられたのだ。二人はタイマンで、掴み合いになり、K氏は頭突きを入れて、相手をボコボコにして、
相手が血だらけになり、連れの女が、ビビッて悲鳴を挙げながら、近所の知り合いの寿司屋に逃げ込み泣き付き助けを求め、
店員達を呼んで来て、私が相手連中に、圧力をかけて、話をつけたという、K氏は武勇伝の持ち主である。
自分が好健会の時に、中学から同級生で、淋姦永田一家で好健会本部長兼山根会本部長で自分の舎弟の、そのK氏が、
地元の一歳上の先輩と、横浜西口に飲みに行った帰りに、横浜西口で、極道二人組が何者かと喧嘩をしていたので、
止めに入り相手を逃がし、今度は極道二人と二人が喧嘩になり、相手が組織の看板を出してきたので、
K氏も「上等だー!こっちも不良だ!」と言ったそうだが、
Kは酒が入っていたので、上等と言ったことに関しては、言った覚えは無かった。
そしてKが手を出したことが原因で、相手の組の応援部隊大勢に、K氏がさらわれて、ボコボコに〆られた、半殺しリンチを喰らい、
自分の当時の自宅兼事務所に、相手の組の、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体林一家金〇組の、最高幹部の、リーダー格K氏から電話がかかってきた。
そこの組には、自分の暴走族時代の他の地元後輩二人と、もう一人、知り合い計三人が居るところだったが、その内二人の後輩は、懲役の最中だった。
後、そこの組長の兄弟分であり、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体林一家富〇組組長T氏に、自分はお世話になっていて、
そのT氏(T氏は、自分も仲良しの、自分より年上の、地元が戸塚の、林一家のお偉いさん、W氏とも兄弟分)
で、好健会の最高顧問でもあったので、その名前を出したら、向こうもT氏を「よく知ってますよ。ゴルフも一緒に行ったりもします。」と言っていた。
が、幾ら共通人物がいるといっても、揉める時は揉めてしまう訳だし、どうなるか分からなかったが、
朝4時頃で、時間も時間だったし、これが組織の代表の宿命だと思って、自分はたった一人で単身タクシーで
腹をくくって、当時、横浜中華街の、相手の組事務所に、Kを丸腰で引き取りに行った。
相手の事務所には約十人召集しており、Kの顔面はボコボコに腫れていた。
K氏が、自分に頭を下げて、謝っていたので、自分はニコっと微笑んだ。
掛け合いをして「とりあえず、こいつを病院に連れて行きます」と自分が言い、
組のリーダーが「こっちも凄いからさ」と言っていた。
K氏を取り返して来た。この組は、この時は自分の事は手を出さなかった事には感謝している。
話は戻るが、自分が相手の事務所に向かってる最中、Kが組員数人から
「山根って、弘明寺の山根か?」と聞かれた。
自分達が近くの病院に行った帰りに、K氏が揉めた相手の当事者が、車で舎弟に連れられ、病院に来た。
自分達が帰る時、外で車の中の相手を確認すると、相手の当事者も、顔がKと同じくらいに酷く腫れていた。
その怪我は、最初喧嘩していた連中にやられた時のものであり、Kが揉めた時は少ししか手は出してはいなかった。
そして彼はよりによって、自分が10代の時に、ポーカーゲーム屋で働いていた時に、一歳年下だったが、
自分より早く先にその店に入っていて、自分に仕事を教えてくれたり、世話になったことがある、
s45宮田中学出身の、保土ヶ谷の西横一家極道で、自分がこの組の三人の知り合いの内の一人の、
この組の最高幹部に出世していたN氏だった。
しかし、この件で顔が酷く腫れ上がったお互い二人は、まず相手のN氏の方は、
複数の何者かにやられて、顔が腫れ上がっている状態にも拘らず、相手の喧嘩相手達に一歩も引かず、Kにも少しやられ、
「Kに犯人を逃がされた」と納得いかず、悔しがっており、Kの方もらわれて、リンチを喰らいながら顔が酷く腫れたのにも関わらず、
命乞いをせず、二人とも、相当な気合の入った根性者である。
K組応援部隊に、さらわれてリンチで〆られた後、
背中の刺青と、財布の中の名刺で、内の任侠右翼と言う事が判明した。
その日は、N氏とはお互いに会話もせず、Kと帰った。
自宅に帰ると、玄関にインターホンが鳴り、出てみると、そこには例の、相手の組長と兄弟分であった、
自分がお世話になっていた、地元が戸塚で、長身男前の、以前は中華街に、80人の元組長だった、当時の一家の、トップクラスだったT氏が、
私の仲良しの後輩でもある、地元泉区の、四歳下の、元、日本最大最強任侠組織五代目山口組宅見組武〇組と、
自分の一歳下の後輩で地元が瀬谷の、元日本最大最強任侠組織五代目山口組益田組武田組幹部S氏と、元、山口組の二人を連れて来ていた。
T氏には、血縁ではないが、実子がいて、自分の一歳上の性格も最高で、
地元泉区の、当時、日本最大最強任侠組織五代目山口組松岡組野崎組内藤沢組系組本部長S氏であった、彼から紹介を受けたのだった。
相手の組のリーダーK氏から連絡があり、訳を聞いたと言う。
T氏は、私の事を「よく一人で行って、簡単に返してもらったな!」と感心していた。
自分は「Tさんの名前のお陰でもあります!」とお礼を述べた。
しかし、T氏は、悪い意味ではなく、今後後腐れないように、和解前提で、相手の組長が、中華街の喫茶店で話し合いを、T氏同席で希望して来てると、伝えてきた。
後日話し合い当日、自分とKの二人で、中華街に行く前に、一回T氏との待ち合わせ某場所の待ち合わせに向かったが、
T氏が一向に現れず、運悪くT氏の携帯番号も変わっていて、一時間位待っても来なかったので、中華街に行ったら、
T氏は、先にはいたが、当然その場にいた関係者全員の雰囲気が悪くなっており、
話し合いの乗っけから、下手を打ってつまずいてるようじゃ話にならない。
自分は、当日の待ち合わせの事の成り行きを説明し、T氏の事をずーと待ってた事を主張し、
何とか次に進んだ。自分はT氏が間に入ってるし、N氏もポーカー屋で世話になっており、
知らない仲ではないし、前日一人での掛け合いでは自分に手をかけず、すぐに帰してる為。
K組に対しては、無理に押す事も出来ないし、かと言って引く事も出来ない。
しかし相手の組の当事者Nは顔面が包帯だらけで、酷く腫れ上がっており、Kも同じ様な状態だが、明らかN氏の方が重症だった。
雰囲気は、悪い状況で進む事になる。N氏が、Kに対して「お前、まだ片目開くからいいな!」「何でお前があそこで入って来るんだよ!」
「俺に手をかけて、あいつら逃がしやがって!俺に○○組上等だ!と言ったよな!ケジメ付けろ!」
するとN氏が「山根さん、どっかで会った事ない?」と向こうも覚えてたので「ポーカーゲーム屋で」と答えると、
N氏は「山根さんは自分の生き方知ってますよね?」と言っていて、彼は、タイマンはそれほど強い人間ではなかったが、
こうして相当やられてるにも関わらず、ケロッとしてる根性や、暴走族時代私と同じ年の
彼からすると一歳上の先輩であり有名人だった奴と揉めて、刃物で刺しちゃったりの
横浜s45年代トップクラスアウトローだった。自分は痛み訳を主張し「こいつは、上等とは言ってないって
言ってるんですよ」自分はKに「言ってないんだろ!ハッキリしろ!」と罵倒した!
話し合いの最中に、K組長(後に四代目林一家総長)が自分だけ別席に呼び
「全然来ないから、そっちの事務所にダンプカー突っ込まそうと思ってたんだよ。お宅若い衆どんな教育してんの?K組上等だ!なんて言って、
ケジメつけてもらわないと、横浜中の組織全部敵に回すよ。○○組の看板出したって、ぶつかる時はぶつかるよ」と言われたが、
自分はKが「上等」とは言ってない事と、こっちも相当怪我をしてると言う事と、
T氏からは、和解前提の話合いだと、連れて来られた事を主張した。
それでも引かないK組長に対して、自分は今までにトラブルなどで、他人に相談したり、
頼ったりするのは、嫌だったので、今までに人にケツを持ってもらう事は、殆どなかったが、
この時は、さすがに自分ではどうにもならず、金も払いたくなかったので「自分の一存では、決められないので、
兄貴分に何かあったら相談しろと言われてますので、相談して来ます」と言うと、
T氏が「じゃあ俺が一緒に、その兄貴の所に、話合いに行くよ。それならいいだろ?」と言うので、公衆電話に電話して、
日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統二代目臥龍会井〇組内櫻〇総業組長の、
S兄貴に、事の成り行きを説明すると、T氏は、間に入ってくれてる味方という事を説明し、T氏にも変わった。
当日たまたま兄貴は忙しかった。
そして兄貴は「後で料理するから、取り敢えずお前らは帰ってろ」と言うので、説明して帰るとすると、
K組リーダーが「T氏の立場はどうなるの?」と言って来て、T氏が「今K組の事務所に若頭と相談役が
待機してるから、その二人に、事の成り行きを説明して帰ってくれ」と言うので、
全員で事務所に移動し、K組は七名T氏と自分とKとなった。
N氏は「山根さんは、KがK組上等だ!とは言ってないと言ってますけど、と言う事は、俺が嘘をついてると言ってるんですか?」と言って来て、
自分は「いいえ!そうではないです!」と否定すると、
話し合いの最中に、先日、好健会の人間が、K組組員と留置所で揉めた件で、お互いに出所後に、K組組員の自宅を金属バットを持って襲撃したことがあり、その件を確認して来て、
その若い衆は山根の所の人間か、聞いてきたので、
好健会総隊長兼日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統二代目臥龍会井〇組でもあり、
二代目臥龍会会長の、戸〇親分の運転手でもあるT氏の、それも説明し、その通りに答えた。
地元は戸塚中学s49年代番長でもある!
しばらくすると、N氏は「じゃあもういいよ。出直してきなよ!」と言ったが、
相談役が「話が付くまで帰せないよ」と言ってきた。T氏が好健会最高顧問かどうかの話になった時に、
T氏は以前電話で「名前だけでも好健会の最高顧問に」と言っていたのにも関わらず、
その時、自分が「言ってたじゃないですかー!電話で、名前だけでも最高顧問に」と言うと、
T氏が笑いながら「言ってねーよ!言う訳ねーじゃん」と寝返りを打ったのだ。
T氏も、双方とのシガラミや関係もあるし、横浜西口KvsN事件と、
K組自宅襲撃事件と、やらでバツが悪く、立場がなく、挟まれてサンドイッチ状態で困ってたと思うので
仕方なかったと思う。K組の坊主頭の幹部が「100万詰める話はどうなってるの?」と言うと、
K組リーダーが「その話も蹴ってるの」と言い、その幹部が「100万払わなければこの金属バットでボコボコにするよ!」と言って
来たので、自分は怒った形相でギラっと幹部を睨みつけた!そこで、自分が引かず、向こうの要求に中々応じない為、
若頭Y氏が「K組上等だ!と言ってない事にしたのは、どっちですか?」と言って来て、
自分達は言ってる意味がよくわからなかったので、Kとお互いに顔を合わせ、首を傾げていると、
若頭が「どっちだー!」と発狂して来て「こんな奴らは」と殴って来ようとする素振りを見せてたので、
自分達は、相手のヤクザ事務所にたった二人で、相手は七人凶器付きだったので、
しかも、前出のN氏とのシガラミやK組とのシガラミもあったので、言い訳ではなく、勝てる訳なく、
映画や漫画の世界の様には行かず、自分は取り敢えず、体をかわし、逃げ腰になり若頭に捕まり、
腰回りを持ち上げられて「この野郎!」と!罵声を浴びたが、手は出されなかったが、
若頭が「テメーらも、何グズグズしてんだよ!早くやれよ!」と怒鳴り、自分には誰も手は出さなかったが、
Kが中年坊主幹部に、背中を蹴られると、相談役が「もういいよ!」と怒鳴った!
Nが自分に「お前何逃げてんだよ!何が若頭だよ!お前ガキの頃からそうだな!」と罵声を浴びせてきた!
この「ガキの頃からそうだな」と言うのは、彼とポーカーゲーム時代に誰かから逃げたとか、下手を打ったり、
安目を売ったりした訳ではなくて、二ヶ月程でその店を辞めてしまったので、その事を根性がないと言ってるのである。
そして、K組リーダーに「だからお前は100万払えばいいんだよ!」と、首を縦に振りざるを
得ない状態に持って行かれてしまい、承諾してしまった。
T氏が「じゃあいつまで払える?」と言い、期日を決めた。
先日の、若い衆を、たった一人で掛け合いで引き取りに行った所までは、格好が付いて、良かったが、
この日の一連の原因や理由は置いておいて、これらがあった、この日は、みっともなく情けないと思った。
しかし、自分は、ただで転ぶ人間ではなかった。
金などは、最初から払うつもりは毛頭ない。この不利な状況から一早く抜け出して、
報復を考えていたのだ!金の話が終わり、すぐにそのまま解放されたが、
自分達は、そのまま自宅に帰ると、兄貴に事の成り行きを報告した後、
「そんなのツーペーに決まってるじゃねーか!」と言っていて、
兄貴は、当日忙しかったので、後日話し合う事になっていた。
そして、自分は、懲役上等の若い衆に連絡をし、自分が若頭をチャカで弾き殺す連絡をした。
それまでの自分達は、ステゴロ最強が多いし、横浜組織は昔から、協定が組まれてて、
チャカの使用が禁止になってる地区なので、チャカ道具に頼る事はなかった。
ガラス割りは、誰でも出来る仕事だと思うが、人の体に鉛を入れるのは、
度胸やセンスがないと、難しい仕事なので、若い衆に走らせると、
下手を打つ可能性があり、心配だったので、会長自ら走り、
この若い衆に、懲役身代わりなってもらおうと話をして、
勿論身柄拘束中の金銭的ケアも、出所後のケアも説明したが、この若い衆は、腰抜けで難色を示してしまった。
しかし、普段から「会長に何かあったら、自分が喧嘩でも懲役でも飛びますから何でも言って下さい」と
何回も言ってくれてる若い衆が二名いたのだが、そう言ってくれてる若い衆には
気持ちだけが嬉しくなってしまい、イザ打ち明ける時に直面すると、逆に言いずらく言いにくいもんである。
だが、意を決して、話をしようとした頃に、上同士の兄貴とK組との話し合いにより、電話一本で
終わってしまった。「山根に100万請求するって事は、俺に100万請求してるのか?」など言って、
手打ちとなった。S兄貴は、男前で、元ボクサーで喧嘩も強く、横浜s40年代トップアウトローであった。
性格も良く、厳しさの中に優しさがあった人だった。
後日兄貴には、Kと一緒に、気持ちで謝礼金を持って行った。
自分は後年更生して、縁を切った兄貴だったが、その後、病気で亡くなってしまい、残念でならない。
偶然だが、後年N氏は 拳銃自殺で亡くなり、K総長は病気で亡くなられ、若頭も病気で亡くなられた。ご冥福をお祈りします。
そして、後年堅気の40歳位の時、金主元と組んで、金貸しをしてた時があリ、自分が当時、100万ずつ金を貸してた、ある二名と返済トラブルになり、
その二名が、相談して、和解交渉の間に入って来た美人熟女女性が、
何と!例の、故・若頭の元奥様であり、未亡人姐さんである!
例の、好健会vsK組抗争の件では、当時若頭Y氏が、この奥様に裏では、
「山健と抗争になってるから、家から出るな!車も出すな!」と、警戒態勢を敷いてたとの事。 
この姐さんは、自分とは仲良くなり、47歳位までは、自分の良き、愛人兼ビジネスパートナーとなっていた、
不思議な縁である!
◎28歳の好健会会長兼、櫻〇兄貴が、井〇組内櫻〇総業として、組長になった頃、自分は櫻〇総業組長舎弟にもなり、
自分と地元の淋姦強姦永田一家の一歳上の初代総長、後に日本トップクラス任侠組織稲〇会一〇瀬一家総本部室長となる、
横浜s43年代トップクラスアウトローのO氏一人と、
自分と同じ年の好健会本部長補佐W氏と、淋姦強姦の暴走族の後輩二人の五人で、浜連の集会を見に行った時に、 
日本最大最強任侠組織五代目山口組静岡芳菱会の連中が、以前に浜連の集会で、
組のお偉いさんの実弟が、袋叩きにされたと言う報復で、約7人で全員凶器を持って、潰しにやって来た。
淋姦強姦永田一家の一歳上の初代総長O氏が、当時は堅気で、地元東戸塚の暴走族の、
性格も最高のA氏とが、単車を二ケツして、先に集会場所に到着していたのだが、
その連中に、車で単車ごと、跳ね飛ばされ襲われてしまっている最中に、
自分達は車から降りて行き、自分達素手の5人対、全員凶器持ち7人で、一歩も引かずに口論となって、
話をつけ、最後は向こうは、他の暴走族達を追っかけて行った。

◎隣町の横浜トップクラスアウトロー蒔田中学出身で、自分の関係で、
暴走族は淋姦強姦永田一家に入っていた、自分と同じ年の人間W氏がいて、
その人間は、後年には大日本正義団という、西区の任侠右翼に入っていたのだが、
30歳近くで再会し、自分の好健会に入りたいと希望してきたので、
好健会本部長補佐として受け入れたのだが、しばらくしてW氏から電話が来て
「今、以前の右翼団体の人間が、俺の家にさらいに押し掛けてきてる」と言っていて、
どうやら団体をバックれたのと、家に来た人間からベンツを買って、支払いもバックれてるようで
自分が「俺の家に寄ってから、三人で、相手の所に行こう!」と言って、
自分の家に二人を寄らせ、車二台で、大日本正義団の、西区のアジトに行き、
そこには人相の悪い極道もいて、数人が待ち構えていたのだが、
偶然にも、その家に追い込みに来た人間と、
地元が栄区の、s48大日本正義団最高幹部の本部長が、
自分の事を知っていて、共通人物の話にもなり、
本部長が「自分、Yの友達です」と、Y氏と言うのは自分も仲良しだった、
元、南戸塚ピエロ兼S48年代浜連総長で、当時も現在も、
日本トップクラス東京任侠組織住〇会名門トップクラス勢力の、向後睦会系幹部であり、

横浜S48年代トップクラスアウトローである。
美人の彼女と居た本部長は、礼儀が正しく気さくな人物であった。
皆で和解して、相手の会長も快くW氏を自分に引き渡してくれて、
ベンツの残金も、ちゃんと分割で支払う事で、手打ちとなった。
因みに、その家に追い込みに来た人間H氏と、その団体のメンバーであった、
自分と同じ年のY氏も、後に好健会へ移籍した。
H氏の方は、自分の五歳下の元、浜連南戸塚ピエロで、空手の達人で、
好健会戦闘隊隊長となり、後年訳があり、私との兄と舎弟の縁は、そのままで、
日本最大最強任侠組織五代目山口組大阪二代目吉〇組に移籍となり、
ある事件で、殺人教唆で逮捕され長期服役した。
そしてH氏は、出所してから、数年間はシャバにはいたが、
また2017年に、地方の、複数人の強盗致傷凶悪事件逮捕ニュース記事でも、お馴染みである!
南戸塚ピエロと言えば、Y氏と同じ年のS48年代の連中とも、自分は仲良しだった。
そして南戸ピエロは自分と同じ年の、精悍でイカツイい、性格も最高のS氏とも、
仲良しだったが、彼は自分が淋姦強姦の後輩や、女の後輩や、金沢区の、三つ下後輩O氏などで車一台で、
定員外乗車で浜連の集会に出た時、そのS氏の車に、O氏を乗せてもらうため、
爆音の中大声で彼に頼んだが、嫌な顔一つせず、気持ちよく乗せてくれて、
集会の帰りにも、そのままO氏を送ってくれて、S氏には非常に感謝している。

◎29歳の好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の時、自分の五歳下の、地元が戸塚の元、汲沢中学番長で、山根会幹部兼好健会行動隊副隊長のT氏と、

自分の五歳下の、地元が戸塚の当時、好健会執行部隊隊長の、現在、日本最大最強任侠組織山口組秋良連合S氏と、
二人の友達の堅気E氏(E氏の実弟は、自分の七歳下の、地元が戸塚区平戸で、日本トップクラス任侠組織稲〇会堀井一家希望が丘金〇組最高幹部で、自分も仲良し)の三人で、
神奈川県大和市の某キャバクラに飲みに行ったのだが、店員の態度も悪く、
指名したキャバ嬢が、一時間に十分しか付かなかった事により、三人は頭に来て、
店長を呼び「お前の店は、そういう営業のやり方の店か。今すぐケツ持ちを呼べ!」と脅かしていたら、
三人はその店の、ケツ持ちヤクザを呼んで、ケジメを取るつもりが、数十分後にケツ持ちの警察が来てしまったと言うオチの話である(笑)
結局、警察と筋道の話をして、詐欺まがいの店を厳重注意となり、警察からはお咎め無しで終わった。
◎30歳の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の時、海老名の、好健会事務局長で、プロボクサーだったY氏の武勇伝だが、Y氏が東京の踊りのクラブで、
酒を飲んでいる時、踊っていた客が、Y氏にぶつかってきた拍子に、隣の不良に、
酒がかかってしまい、激怒した不良が、若い衆達とY氏を、暴行を加えながら外に引きずり出したが、
Y氏が「こんな大人数で、一人をやるなんて汚ねえぞ!お前俺とタイマン張れ」と言い、
相手は「俺がどんな人間か、分かってんのか?俺は○○組の人間だぞ」と、日本最大最強任侠組織五代目山口組宅見組系の看板を出してきて、
Y氏はそれでも怯まず、タイマンを張り、Y氏が勝つと、相手の極道が事務所に電話をしたので、Y氏も自分(山根会長)に電話をしてきたが、
当時、朝方四時位だったので、自分は寝てしまっていて、Y氏が何度も電話をしたが、時間が時間だったので、自分には繋がらず、
会の若い衆の、横浜成人愚連隊行動隊副隊長Y氏に電話をして、Y氏がY氏に、トラブルを説明し「会長連絡取れないかな?」と話し、
電話を受けたY氏も、当事者のY氏のために、待機となったが、相手の極道が、話していた事務所の人間と、電話をY氏と代わらせ、
結局お互いの看板や、トラブルの経緯や、大義名分などを、Y氏と、相手の上が、電話で話し合い、
Y氏と当事者組員とも話し合い、喧嘩両成敗で、その場で手打ちとなった。
◎30歳の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の時、自分の五歳下の、地元が戸塚の当時、好健会執行部隊隊長の、現在秋良連合のS氏の後輩が、訳ありで、
地元鶴見の、s46的屋系任侠組織極東会の極道から、物凄い勢いで追い込みをかけられており、周りにも被害が出ていた。
そこで最高顧問T氏、本部長補佐W氏、戸塚中学S49年代番長で、総隊長T氏、執行部隊隊長S氏と集結し、
因みに、W氏は、地元蒔田の同じ年の、淋姦強姦永田一家に、私が入れた族時代からの仲で、以前好健会の若い衆が、W氏に下手を打った時、W氏が若い衆にヤキのワンパンを入れたが、
気絶した程、腕っ節は強いW氏であるが、
まずW氏が電話で、相手極道に、的屋系なので「タコ焼きでも焼いてろ!」と上等を切り、相手極道と待ち合わせをして、
自分は自宅兼事務所から電話指揮で、自分と同じ年の、定時制高校からの兄弟分で、元、ZERO連合会篠原支部の、
林一家や、井〇組でも一緒の、この会の最高顧問T氏を、
たまたま相手が、知ってたこともあり、向こうが引いて、手打ちとなり、終結した。
◎30歳の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の時、自分が顧問をやっていた、土建関係の社長が、元従業員二人との給料トラブルとなり、
従業員の実兄が、この相手のT氏は元々、全日本麗心愚連盟湘南連合大和ピエロのS48年代総長で、
日本最大最強任侠組織五代目山口組当時No,2二次団体弘道会系現役組員の、有名人の、T氏だったので、元々知ってたが、
社長が追い込みをかけられたので、その実兄の、弘道会のT氏と、数日、電話や実際に会って、掛け合いして行く中で、
T氏から「山根さんは、有名なんだから、あんな嘘付きの社長を、ケツ持ってたら、株落としますよ!」とホメテくれてたが、
当時の、複数の収入源の内の一つである、スポンサーの一人だったので、その社長の方を信じてたし、T氏とも、出来るだけ、仲良くはしたかったが、
もしT氏に、更に上の、ケツ持ちがいるなら、話しなくちゃならないと言ってたら、
地元瀬谷の、悪名揃いの年代の、s43年代のN氏を出して来て、看板は、日本トップクラス東京任侠組織住〇会向後睦会系組員だと言う、N氏単体なら、
別に、引く義理もなかったので、引くつもりもなかったが、
日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家時代の、
地元泉区岡津の、s41若頭のM氏通しての、周り兄弟分である、随分とお世話になった、十日市場ブラックエンペラーs41総長の、
横浜s41年代トップクラスアウトローのT氏の、舎弟だと言って来たので、
しかも、そのT氏の周辺の、自分の仲良しの名前も、お互いに、多数出て来たので、
仕方ないので、給料未払い分が、本当にあるなら、絶対に払わないといけないのは、当たり前の事なので、
社長に追及し、結局、未払いがあることを認めて、白状したので、その分だけは、払わせたのだが、
後日、次はT氏が、給料以外を、ぺナルティーとして、過剰に要求して来たので、
最初、保土ヶ谷の権太阪のファミレスで、自分と社長の二人対T氏と、T氏の彼女と、弘道会系の右翼である、T氏の実父親の三人の、計五人で話合いをしていた所、
社長も、給料以外には、以前から、色々なケアは、してきてると言ってるし、
それは、こっちも、何があろうが、絶対に払えないので、T氏の親父も「お前が一番悪い」と、生意気な事言って来たので、埒があかなくなったので、
もう前回の、住〇会のM氏以上の看板の、弘道会のT氏よりも上の、連中と話をしないとならないと思い、
自分がT氏や実父に「話にならないから、そっちの組織の、上の人間を呼んでよ!」と言って、ファミレスにお互いの組織の人間が、
好健会が、7人駆け付けてくれて、相手は、先にいた3人含めて、パンチパーマなど、弘道会約10人召集集結し、
お互い緊迫状況の中で、何かあれば一触即発の中、掛け合いの末に、
各分野有名人日本多数輩出中学永田中の、悪友で、元、淋姦強姦永田一家メンバーの、好健会本部長のK氏が
場面で「会長!紅茶に、もう少し砂糖入れますか?」など、声を掛けた時に、自分に対する、周りの見る目も変わり、
いつも一人で、掛け合いしてたので、T氏や、さっき生意気言ってた、T氏の親父も、自分がどんな人間かを、初めて把握した様で、
二人の顔色も変わり、弘道会のT氏の兄貴分のS氏との、お互いの、看板の話にもなり、
掛け合いの空気も、こっちに、なびいて、有利に進んで行き、相手側が引いた。
T氏の兄貴分は、メガネをかけてて、相撲取りの様に、身体が大きな、恰幅の良い、貫禄ある人間だったが、人柄は、話のわかる、良い人だった!
最終的にはT兄弟と、その兄貴分達とは、和解し仲良くなった。
◎30歳の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の時、自分の一歳下の、地元が二俣川の、中学生から少年院を経験し、元、日本トップクラス東京任侠組織住〇会系組員で、
全国に支店がアチコチにあったリフォーム会社の社長で、20代から新車のベンツを乗っていた、
自分の企業舎弟H氏が居たのだが、その会社で自分が顧問をやっていた。
彼との出会いは、自分が横浜のクラブのホステスから「H氏に200万貸しているが、全く返してくれない」と
言う事で、切り取り(取立て)を頼まれて、追い込みを掛けた事がキッカケで、自分と仲良くなった。
彼は、20代から実業家だが、極道から足を洗い、実業家になってもイケイケで、このH氏が右翼と揉めて、
相手の頭を、ゴルフクラブでカチ割ったり、、自分の従業員が下手を打ち、足を刃物で刺したりなど、高速道路で、
極道らしきベンツにジュースの缶を投げつけて傷つけたり、交通トラブルで、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランドNo.1二次団体三代目山健組現役組幹部を、
一対一で〆たりして、後日相手に、それなりの治療費や慰謝料を払って、手打ちになったりなどの、武勇伝もあると言うツワモノでもあるが、
その他色々、その度に自分がケツを持ち、相手と話を付けていた。
H氏の会社で、ある自宅のリフォームの200万の仕事を終えた後、極道からクレームの電話があり、
上大岡の小料理屋に呼び出されていると言うことで、自分と社長とそこの従業員三人で行った。
その店がその極道の関係の店だったらしく、貸切になっていて、手前と奥の部屋に分かれていて、
手前の部屋に女の店員二人が居て、奥の部屋に案内され、まず社長と従業員の二人が部屋に入って行くと、
大声で「おいコラ!こっちだ!早く入れ!お前ら何だあの手抜き工事は!舐めてんのか!ぶっ殺すぞ!」と
脅かされていたので、自分が部屋に入って行くと、年配の指の無い極道と、パンチパーマで髭の極道の二人が居た。
自分は「お話の最中失礼します。私この社長の会社の顧問やってる者ですけど、貴方達何処の誰か知りませんけど、
そんな言葉で脅かしていたら、こいつら堅気なんだから、パクられちゃいますよ。脅迫ですよ」と
言ったら、相手が「お前はヤクザか?」と聞いてきたので、自分は当時好健会会長や櫻〇総業組長舎弟だったが
「そんなの関係ないでしょ、お宅はどちらの組織の人間ですか?」と言ったら相手が「杉浦一家だ!」と
看板を出してきたが、社長が、「兄さん、看板出しちゃいましょうよ」と
言って、社長が「ウチはよ、」と言うので、自分が「いいから!看板なんて関係ないから!」と言った。
向こうは「とにかく一回こっちに全額を返してもらって、またそこから話をしようじゃないか」と言ってきたので、
自分が「いいえ、それは出来ません。内はしっかり仕事をやって終わってるし、もし納得いかない部分があれば、
またその部分はちゃんと修正をしに行きますので」と主張し、相手に納得をしてもらった。
H氏からは、毎月の顧問料や揉め事解決料や、当時自分がパクられていた時に、自分が当時付き合っていた
女に対してのケア金など、彼には本当に金を尽くしてもらい、非常に感謝している。
しかし彼は後にリフォーム業で、仕事の内容は問題無かったのだが、悪質かつ強引な営業方法や、
騙したりしたリフォーム詐欺として、世間を震撼させた、22億円の不当利益で逮捕され、ニュースなどにも取り上げられた。
◎30歳過ぎの、好健会兼山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟の時、このH氏が、旭区下川井インターの、屋台ラーメン屋で、
日本最大任侠組織五代目山口組浜尾組系任侠右翼国風塾と揉めて、
ゴルフクラブで、相手の頭をカチ割り重症を負わせ、重症で警察沙汰になり、現地に相手組織多数が集結召集し、
自分一人で駆けつけて、掛け合いになり、喧嘩両成敗で話をつけた。
彼は、山口組分裂する前は、日本最大最強任侠組織五代目山口組No.2二次団体弘道会司興業町永組幹部であり、
分裂後の現在の、六代目山口組では、直参に上がり、司興業町永組相談役に出世しているのである。
◎30歳過ぎの、好健会兼山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟の時、藤沢善行が地元で、自分の六歳上の元、南関東CRS連合相模ルート20で
元、日本最大最強任侠組織五代目山口組浜尾組系組員のA氏が、六歳も年上だが、普段は腰も低く、愛想も良く、性格も最高で、私には敬語で、
以前好健会理事だったのだが、既に訳ありで、会は脱退していたのだが、彼とは個人的に仲良くしていたのだが、
ある日電話の最中に揉めて、口論になり、向こうが発狂してきて、
「俺はもう、好健会じゃねんだから、お宅とは関係ねんだしよ!」と上等切ってきたので、
自分がタイマンを要求し、
当時自分が住んでた最寄駅と、A氏の地元の路線駅が、共通が地下鉄駅だったので、
地下鉄弘明寺駅前に来る様に、指定して、自分は車で一人で現場に行くと、A氏も地下鉄で一人で来て、
元々二人は仲良しだったので、まず自分が一回「やめましょうよ!」と下手に出たら、A氏は笑いながら、
自分の服を引っ張ってきて、ヤル気を見せてきたので、
鎌倉街道での、ストリートファイトになり、
自分はまずA氏をぶっ倒し、そのままマウントをとり、A氏の顔面を何発か殴りながら
「何でテメーが俺をヤルんだ!」と言うと、A氏の顔面の肌自体から、出血していた。
すると警察数人が飛んできて、二人ともパクられそうになったが、
自分が「僕達は友達で、身内だから!」と二人で警察に紛争して、
結局その場の難を逃れ、その後A氏とも、また仲良くなった。
このタイマンも自分の勝ちである。
出会いは、南警察の留置所から始まり、思い出も多々あり、
もう長年、連絡も、会ってもないが、人柄も最高の年上だったので、
また再会は、したい内の一人である。
(彼のタメ年の、彼の兄弟分で、地元が泉区の元暴走族で背が高く、性格も最高の男前のT氏とも、自分は仲良しだった。)
◎31歳の山根会の時、好健会兼山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟の時、自分の彼女兼ホテルヘルス愛和のコンパニオンが、仕事中でシャワーの最中に、客から金を抜き取られて、逃げられた為、
三日間程、その周辺を探していた所、
窃盗犯人を見付けたので「待てコラー!」と、捕まえようと走って行くと、走って逃げたので、二人で追い掛けて行くと、コンビニの中に逃げて行き、レジの中まで逃げたので、
自分も、レジの中まで追い掛けて、捕まえると、店員に、「警察呼んでくれ!」と言うので、「おう!呼べよ!お前が捕まるんだからな!」と言いながら、顔面にヒザ蹴りを入れた!
そして、警察が来て、自分と女と、犯人と、で交番へ行くと、犯人の身内の姉も来て、お互いの事情聴取になり、本署に全員移動。
結局、犯人の家族は、生活保護の貧乏人で、今すぐ示談する金もなく、すると、こっちの彼女は被害者なのに、警察から、親を呼ばれて、
警察が別室で、親と娘に、何やら話しをして、親子に注意、親が娘を連れて、その、美人お母様と、自分と話合い。
彼女は、親には当然ホテルヘルス勤務を、内緒にしていたのだが、お母様は「今回一緒にいた方ですか?彼氏ですか?ウチの子が、ホテルに行ってたのは、
あなたは、知っていたのですか?援交とかって思いません?」など聞かれ、
困って、参ったが、結局、最終的には、自分が、彼女の事を、犯人から助け、カタキを取ったと言う事で、
二人の交際も、今だに認めてもらっていて、彼女の自宅に遊びに行くと、元レストランの女社長の
お母様の腕前の、美味しい、お料理をご馳走になったりして、皆で、街を歩きながら、
カラオケなど行くと「山根君がいるから、無敵で恐い物なしだな」と言ってくれる。家族ぐるみの付き合いである。
そのお母さんが、ある日「あの時に、何で私が警察に呼ばれて、行ったのが知ってる?」
警察が「実は、お宅の娘さんが、ある、ホテルで男性から、金の窃盗の被害に遭われまして、
その犯人の男の身柄を抑えてるんですが、実は、娘さんと一緒にいる、彼氏の男はご存知ですか?」
と聞かれ、お母さんが、知らないと答えると、警察は「その山根健一という男の方が、その窃盗犯人より、
悪くて相当ヤバイ人間でしてね。一度こちらに引き取りに来て頂きませんか?」という電話だったのよ(笑)
と、聞かされて、全員で大爆笑。その彼女が例の、背中一面刺青の巨乳美人のMである。
あと、愛和トラブルでは、自分が39歳の頃、例の内縁Mが、
愛和での50歳位の客とホテルに向かう途中に、
その日たまたま自分も現場にいたので近くで
見てたら、その客が金がなかったみたいで、
別の場所に無理矢理連れて行こうとして、
ただでやろうとしてた見たいなので、
Mが「金ないの?帰る!」と帰ろうとすると、
路上でいきなり強制キスをされたので、
自分が、後ろから「テメーこの野郎!」と
頭を思いっきり殴り「俺の女に何やってんだ!
コラ!」と言うと、そそくさ逃げて行った話もある。後はやっぱりこのMが、客とホテルへ
行ったら、私と同じ年の小田原のヤクザ風不良で、その客が、友達を呼んで3Pを企んでたみたいで、
客が電話で友達呼ぼうとしていたので、Mが、ケツ持ち匂わせると、
その客がMに、ケツ持ちの名前を聞いた
ので、Mが私のフルネームを言ったら、その客
たまたま私の事を知ってる不良で(私の方は相手を知らない)
私の話題になり、客が「悪いけど、もう一人の
友達に紹介バトンタッチするから帰る」と、架空の話をして、そそくさと、逃げて行ってしまった。
◎41歳の堅気の時、現在付き合ってる彼女の内の、一人の、背中刺青のMが、本命には出来ないから、他の恋人と
付き合わせていた、以前付き合ってた、現在35歳の横須賀の不良の彼氏から、他の男の影の嫉妬で、彼氏の
家で、凶器などで、長時間ボコボコにされ、包丁も突きつけられ、刺されそうになった、傷害暴行事件が、数ヶ月前に発生した。
自分はまず、彼女と、一緒に病院に行き、診断書を取らせた。全治2週間の怪我でしたが、アチコチに腫れやアザもあり、相手からケツを取る為の準備をした。
すると本日、自分が同じ年の兄弟分兼代行の従業員と、戸塚までの常連様を送り、帰ってると、横浜西口にいる、彼女から電話連絡が入り、
「今、Mと一緒に、いるんだけど(このMは、自分の内縁のM)「例の、私をぶっ飛ばした奴と、今偶然あって、
一緒にいる」と、その男とは、少し離れて、かかってきた。『よっしゃラッキー♪』と、もう更生して真面目になった自分だが、
自分の女やられて黙ってる程、お人良しになりたくありません(笑)胸がワクワクしながら、昔の血が騒ぎ、
彼女に「今二人で、急いで行くから、その場に3人でいろよ!絶対に逃がすなよ!仲良くする振りして、時間を稼いどけ」と言って、
自分と連れと、5番街の、その場に到着するやいなや、派出所の近くだったので、
自分が「君ちょっと話があるからいいかな?」と派出所から、離れた所に連れて行こうとすると、
相手が「何?何かあるなら、受けて立つよ!」と言いながら、少し移動して、自分は車に、さらおうとしたら、
もう一人が「おい!お前!心当たりあんだろ!?」と怒鳴りつけたら、相手が「何なら、自分も連絡する所ありますから」と言うので、
自分が「おう!上等だコラ!」と怒鳴り、もう一人が「何処のヤクザのヒモ付きか?コラ!」と怒鳴り、
相手が「俺もこの女に手を出されたから!」というので、自分が「あ?テメーがこの女を殴ったりボコボコしたんだろーが!女がそんな事する訳ねーだろ!」と怒鳴ると、
相手が、こっちの迫力や威勢に、ビビり出して、派出所に逃げて行ったので、自分が「おい待て!コラ!」と追いかけると、
派出所に飛び込んだので、どっちにしろ、犯罪を犯してるのは、向こうなのだから、診断書も取ってあるし、
こっちには分もあるし非はないので、女二人と、連れと、四人で派出所に入り、全員で話をすると、
相手の男は、奥の部屋に連れて行かれ、こっちの四人は入り口で、話をして、
向こうは「本日、女に殴られた」とデッチ挙げの嘘を付いてたので、女二人がハッキリさせて、
一時間程、お互いの、事情聴取が行われて、相手の男を、こっちに呼びつけて、当事者同士話をさせると、
相手が「俺一人じゃわからないから、会社の社長に相談する」と言って来たので、
自分が「社長でもヤクザでも誰でも呼べ!この野郎!そーやって居直って喧嘩売るならトコトンやってやるからよ!」と怒鳴ったら相手も大人しくなり、
女をボコボコに暴行傷害の件も認め、女に手を出した事も、嘘を認め、謝罪してきた。
しかし女も悪い所もあった様で、その事に関して、相手は、男女関係のモツレで「僕は真剣に彼女に惚れてたのに、裏切られた」みたいな事を言って来て
「でも彼女を責めないで挙げて下さい!」と何回も言って来て頭を下げて来たので、
自分は、この時点で、彼の男義に免じて、敵対意識は冷めてしまった!
自分は「格好つけなくて良いよ(笑)わかった!わかった!君のその彼女をカバってくれる気持ちは有難いけど、
だけど、それはそれ、これはこれで犯罪だからね。ちゃんと形として誠意を見せてもらわないと」と「ケジメはどうするのか」問いかけると、
連れも「こーゆ場合は金って常識や法的民法でも決まってるから」と話をし、
相手は「幾らくらいですか?自分は金持ってないので、何十万は払えないです!」と言って来て
自分は「金額のそれは君が決める事だよ。ただし一発幾らみたいな常識の範囲があるからね。
ちゃんと払えばこっちはもう訴えたりしないけど、もし払えないなら訴えるよ」と言って、
金の話になり、お互いに歩み寄り、折り合いつけて、決定した金額を、期日まで払う念書を書かせ、示談が成立した。
勿論バックレたら、こっちが告訴するという約束をして、最終的には自分が相手と握手をし、一件落着した。
自分の兄弟分も、随分活躍してくれたので、当然、分け前のお礼もする。
◎50歳の12月に、概要は、具体的には、書けないが、
地元金沢区の、同じ年の、職業は、介護士さんのお偉いさんS氏(旧姓:A)からの、ある事件トラブルの依頼で、
S氏(旧姓:A)の後輩が、ある事件の被害に遭い、それでこの、被害者である後輩のMの、先輩のS氏が、
元々僕タンの存在を「凄い人で有名だ」と知っててくれて、更に、S氏(旧姓:A)の友達である、上大岡の元暴走族の、
S氏と言う人が、この件は「この辺や、横浜で、一番力のある、山根さんに相談するように」と、促されたとの事で、
電話があり、複数の内の一つの、自宅近所の、高級ファミレスの「藍屋」にて、
S氏(旧姓:A)と、被害者である後輩Mと、僕タン3人で合流し、話を聞き『山根企画有料トラブルバスターズ』でのお仕事を、
引き受ける事になり、豪華な料理も、ご馳走してくれて、接待まで受けて、本件自体も、仕事を請け負った以上は、
まだ相手の犯人とは、接触は計ってないが、色々な方法にて、最善の全力を尽くすし、
S氏(旧姓:A)は、僕タンの、人柄や実力を買ってくれて、本件とは別でも、
祝!自分自身の『山根企画有料トラブルバスターズ』の有料でのお仕事の、今後の、ケツ持ちを依頼して来てもくれたので、
彼には、全力も尽くすし、彼とは、長いスパンでのお付き合いにもなり、たまに、食事会も、決行もすることにもなりましたーーーーーーーーーー!
S氏(旧姓:A)は帰りには、僕タンの奥さんにと、豪華弁当を、お土産に、持たせてくれようとまでしてくれたので、
そこまでは、気持ちだけ受け取り、遠慮して断ったが、とても人柄も良く、礼儀も正しく、
今回の依頼人と言う形の粋を越えて、今後は、弟分としても、関係を築きまーーす!
そして以降も、S氏(旧姓:A)はとは、ちょくちょく連絡を取っていて、人間は、どんな人間でも、被害にあった、
黒歴史のトラブルはある訳で、S氏(旧姓:A)個人は、堅気で会社社長時代の、過去の忘れらず、許せないと言う、数件のトラブル被害の、
話もしてきて、地元金沢区の、元関西系暴力団の知人や、地元金沢区の、現役暴力団である人間達との、それぞれの、トラブルで、
詐欺や彼女寝取られや、恐喝数件多額金摂取されてるので、何故か、これも当時、警察が取り合わなく、加害者などに対して、
悔しい思いをしてるとのことで、僕タンが、すぐに相手の自宅に「目には目を歯には歯を」の報復と、ケジメを取りに、
二人で行く話と、勿論こっちが、逮捕されないやり方での、もし、向こうが手を出して来たら、
S氏(旧姓:A)はラグビーもやってたツワモノなので、二人で、どう太刀打ちするかも、教えて指示し、立ち回りも決まり、
S氏(旧姓:A)の仕事などの都合が良い日に、行くことになったら、今まで、相当悔しい思いと、太刀打ち出来る、
味方もいなかったので、誰にも相談も出来ずにいたとの事で、取り敢えず、ホッとして、安堵の気持ちで、
彼が、思わず泣いてしまったので、期待に応えられる様に、全力を尽くしまーす!
でも、このS氏(旧姓:A)は、蓋を空けて見たら、何と!
地元金沢区の、中学時代から、金沢区s44年代番長連合と言うグループで、そのメンバー3名の不良仲間と、何と!
中学生時代にて、世間を震撼させた、中学生横浜市内連続強盗事件主犯でもあり、
メンバーは、後に稲〇会武闘派杉〇組浅〇組名門荒〇組(後に一〇瀬一家改名)となる、
僕タンが、最年少ホスト社長時代の、お客さんでも来店してくれてた、性格も最高の、S44杉〇氏や
大人気暴走族ビデオ「激・最強の族」でもお馴染みの、
日本一浜連名門有名金沢ピエロs44総長の、後に、偉大なる山根健一親衛隊様こと、
林(旧姓:榎本)政治御大兄貴の、日本トップクラス稲〇会当時トップ二次団体三代目は〇し一家
名門武闘派日ノ出町は〇し組だった、小〇氏などの、驚愕の現役中学生による、驚愕の現役中学生による、
犯行によるものであった。
しかもS氏(旧姓:A)は、我が、元、日本一五代目山〇組日本一最強ブランド山〇一門系盛〇会青〇総業幹部である、
ヤクザ12年選手のベテランであり、刺青も入れてる、小指欠損、傷害などで何度も、累計10年以上刑務所にも入ってる、金沢区史上一番の悪であり、
今は更生してる横浜介護士である、バリバリの、元不良のS氏(旧姓:A)だったのだ!
しかも、僕タンの、昔からの親友であり兄弟分だった、故人である、同じ年の、有名な大物不良の、元日本一浜連笹下覇王の、
元、五代目山口組益田組椿組組長であった、横浜s44トップクラスアウトローの、故人である、椿諭氏とも、
地元金沢区の、それぞれの、椿氏は金沢中学出身で、彼の方は、西芝中学からの、幼馴染だと言う、
本物の兄弟分だったのだ!
S氏(旧姓:A)は、僕タンを敬語で「兄貴」と呼びたいと言うので、そうしてるが、これは、天国から、椿氏が、間違いなく
引き合わせた縁なので、S氏(旧姓:A)とは、ビジネスも絡んでるので、一生の絆で、この縁を大事にしていく!
そして、例のS氏トラブルの、加害者相手の突撃は、この後日談については、後日相手の自宅に行ったら、
すでにそこには、もう住んでなく、引っ越してて、携帯連絡も、現在使われてない。
この様なケースの、事件の被害に遭われて、困ってる方々へ
https://yamanejinseisoudan.jimdofree.com/

※有料人生相談&トラブルバスターズ(人間総合力世界一 山根健一 有料人生相談&トラブルバスターズ)

〒220-0071 神奈川県横浜市西区浅間台95-11 クリオ浅間台ファースト204号
ラインID yamanekenchan
メルアド kenichiyamane@wm.pdx.ne.jp
 TEL 070-6460-3371
【修羅の青春記抜粋⠀】
 ◎自分は、運命、超常現象、宇宙人といったものに興味があり、
手相を見てもらうことになったのだが、差し出した手をじっくり見るなり、
占い師は、「おっ」と叫んで、「これは珍しい。君は何千人に一人の手相を持っている」とか
「一生、満足に睡眠が取れない。」と言われたが、自分はまさしく後年睡眠時無呼吸症候群に
悩まされる日が来るのであった。そして「色情狂」とも言われた。自分は、超女好きでSEX好きで、
自称(世界一のスケベ)である。それはまさに(色情狂)の観立てにピタリとあっていた。そして
自分には一つ不思議な超常現象を持っている。これは化学や物理では証明できないのであるが、
自分で確信している事であるのだが、自分が今までに数人、自分に対して矢を向けてきたり、
揉めたり、反目になった人間で自分が恨みを残した人間は、100%必ずその直後、もしくは、
間もなく、災難が起きるのである。しかも自分自身で報復する時が殆どだが、それ以外の人間で必ず
災いが起きるのである。これは偶然ではない。これは自分の周りの知人も納得していることなのだ。
ある極道は、自殺で死んだ。そして別のある極道も、自殺で死んだ。ある極道は、交通事故で死んだ。
ある極道は、病気で死んだ。そして別のある親分も、病気で死んだ。
ある親分は自分が所属する組が潰れて、解散絶縁になった者もいる。ある極道は、警察に逮捕され
長期懲役を余儀なくされた。等々である。これは、山根悪縁大災難ジンクス炸裂である。
逆に自分と良縁を持った人間や土地など、大出世している現象で、
殆どの人間が、大物芸能人などに、大出世しているのが、相当多く、これは山根良縁大出世ジンクス炸裂である。
これらは、自分でも驚いていたのである。そしてある日、女性の占い師に
運命を占ってもらったら、何とその占い師は「背中に刺青を入れていますよね」と当てたのだ。
彼女が言い当てた当時は、今の様にインターネットなどない時代だし、自分の情報を、他人から聞いた訳でもない。
しかも何ともっと驚いたのは、「図柄は大日如来でしょ」とそこまで当てたのだ。自分は鳥肌が立った。
そして自分にはとても強い守護霊に守られているというのだ。実際人生の中で、交通事故や
トラブルなどで危険な目に合い、死にそうになった事はあるが、難を逃れてきたのだ。
こんな運命に感謝したい。そして雑誌で「ムー」という本を読んでいたら、ウォークインワンダラーという
何やら異様な名前に目が付いた。そのワンダラーというのは、異性人の魂がこの世の肉体に入り込み、
この現世に異性人の生まれ変わりとして、人間が生きている人物をワンダラーだという。
この地球上に数人しかいない生物といわれており、現世では人間離れした行動、発想なのだという。
そのワンダラーに、該当しているかどうかの条件項目が数項目出ていて、自分はほぼ全項目
当てはまってしまった。占い師による何千人に一人のというめったにない手相というのは、
まさにこの事なのであろう。確かに自分は自分が人間としての違和感を感じることもあるし、
変わり者だとも思っているし、人とは違う行動をとってみたり、人と一緒では嫌な性格には
間違いないのである。良いにしろ悪いにしろ、不思議な運命を背負っていると思うし、
よく人から変わった人、珍しい人とか不思議な人など言われるのである。ワンダラーは、高度な異星人の
魂であるが、人によっては不遇な人生を時には歩む場合のワンダラーもいて、地球という環境が合わず、
現世の人間と波長が合わなかったり、この世の人間から敬遠されたりして孤独で
独立心にさらされる事もあるという。このワンダラーという存在の意味と価値はこの地球上に
ある使命を与えられて派遣されてきて、この世の人間達に何らかの形で様々な影響を与え、
地球を良くするワンダラーのポジティブETと、地球を悪くするワンダラーのネガティブETがいるという。
自分の場合は地球を良くするポジティブETとして、使命を授かっていると自覚をしているので、
そのように努力して務めたいと思っている。この自伝本もこの世の人物に何らかの良い影響になれば本望である。
 
 
 
※自分の体験した霊体験編※
 
◎ここで自分が過去に、体験した霊現象を話したい。
この話を、信じるか信じないかは、読者次第だが、紛れもない事実で、ありのままの話である。

◎自分が20歳くらいの、日本最強最悪マンモス校港定時制高校リーダー時代に、
仲良しの後輩生徒で、二個下の、地元港南区芹が谷の 日本一浜連マスコットガールの、
アチコチから大人気だった、絶世美女の、T氏で、後に、僕タン23歳の、横浜最年少ホスト社長時代に、
僕タンに好意を持ってくれて、しょっちゅう、店に飲みに来てくれていて、ただのお客さんではない、
後輩以上恋人未満の、色恋関係だった、性格も最高だった思い出の、今もメチャクチャ会いたいし、
チョメリたい、この子と、
港定時での、最高の複数の内の一人の、弟分の、s46淋強強姦弘明寺の、小柄だが、イケメンK氏までは、
当日のメンバーは、覚えているのだが、他にも港定時の生徒たちの、女性一人と、男性が一人くらいの、
計5名程で、車はTちゃんが、白のセダンで、全員を乗せてくれて、満席での
、確か横須賀のどっかの、トンネルの一番奥が、柵になっていて、
防空壕みたいな、そこは行き止まりで、夜中に、ふざけて、行っては行けないと言う、場所に、
そのメンバーで、夏夜の、肝試しに行ったのだ!
自分たちは、恐る恐る、トンネルの入り口まで、車で到着し、
全員で降りて、男女みんなで、身を寄せて、くっつき合いながら、ゆっくりゆっくり前身して行くと、
100メートルくらい先だっただろうか、噂通りの、変に不自然で、違和感のある、柵に到着し、
みんなで、コソコソと、何かを会話をしてるその時に、僕タンは、その時には、何も聞こえなかったのが、
メンバーの誰かが、急にイキナリ、「ワー!」っと叫びながら、発狂しながら、
後ろ向きで、猛ダッシュで逃げて行ったので、
僕タン含めて、全員同時に「ワー!」と釣られて、みんなで、逃げて行くと、
T氏は、僕タンに頼っており「山根くーん!!」と、叫びながら、助けを求められたが、
必死に、僕タンに捕まろうとしながら、接近してるのは、気配でわかるのだが、
先頭の発端の奴が「声!声がー!」と、泣きそうになりながら、一目散に逃げてるので、
僕タンも、負けじと、申し訳ないが、仮面ライダー役のイケメン俳優や、ヒーロー者のテレビや映画などなら、
格好良く「豊美!(彼女の本名)大丈夫だから!俺に捕まりながら、一緒に走れー!」となるのだが、
僕タンは、昔から、自分が一番可愛いので、綺麗ごとでは済まされなく、
学校のマドンナアイドルの、可愛い子ちゃんなど、そっちのけ!(爆笑) 
後ろから、T氏の「山根くーん!?待ってよー!泣」と、飽きれ声混じりの、叫び声も聞こえながら、
ようやく全員無事に、車まで、到達したと言う、女を見殺しにした、薄情な男であり、 
それらの言動が、まさに四コマ漫画の、ギャグみたいな展開であり、
当然、いたいけな少女は、助けを求めてるのにも関わらず、年上でボディーガードやケツモチ的に、
頼っていた男が、彼女を置いてけぼりにして、必死に逃げ惑うと言う、情けない体たらくで、
腰抜けだった為に、怒ってしまい、彼女の、帰りの車の運転は、当時横浜一の、レディースさながらの、
暴走族全開での、その場所も田舎で、夜中の交通量もない、全車線を目一杯使いながら、
怒濤の、ローリングの刑に処されて、身体が左右に、行ったり来たり、激しく、揺さぶられ、
T氏からの制裁に、痺れたが、まあでも当時から、僕タンと彼女とは、色恋痴話喧嘩みたいなもんだったので、
それが証拠に、その後も、彼女の立派な、実家の一軒家にも、遊びにも行ったこともあるし、
山根ホスト色恋客の、関係となってる程の仲良しなので、
それはいいのだが、そんなことよりも、その後に、やはりイタズラ心で、あの場所に、
ふざけて、行っては行けなかったと言う、衝撃の事実が発覚したのだ!
その時代の当時は、みんな連絡手段は、ポケットベルだったのだが、何と!何と!
いつの間にか、僕タンのポケットベルが、表面が何故か、不自然で違和感で、ボロボロに、粉砕されてたのだ!
勿論、修理に出すレベルだったのだ!
そのローリングでの衝撃で、隣にいるのは、柔らかい肉体の、人間だったので、
どっかにぶつけた原因とは、明らかに違うのだ!
心霊現象恐るべし!
ある日自分の自宅の、団地の橋をいつものように歩いていると、橋の入り口辺りで、
坊主頭にメガネをかけた男が、スーパーマーケットの袋を持って歩いていたのであるが、
一瞬その男が振り向き自分と目が合った。自分は「あっ、同じ団地で幼馴染の同級生のYちゃんだ」と思い、ニコニコと笑った。
すると急に、姿が消えたので「あれっ」と思い、橋を渡りきって、自分達が歩いていた方向の、
団地の中の、左右を見回しても誰も見当たらず、おかしいな?と思った瞬間!鳥肌が立ったのだ。
なぜならば、そのY氏は、その日から約二年前に、自宅で、精神病を苦に、自殺していた事を思い出したのだ!
Y氏は、自分と幼少からの、幼馴染であったが、小学卒業以降は、あまり付き合いがなかった。
彼は真面目なサラリーマンであり、彼の母親とは団地でよく顔を合わせていたので、
後日この件を、彼の母親に話した。
すると母親は、ボロボロと涙を流しながら「ひろゆきちゃんはね、いつも私が買い物を頼んで
スーパーに買いに行ってくれたから、そのときの袋なんだね」と言っていた。
極めつけは、それから数年後、当時付き合っていた、地元が戸塚の、弘明寺のパプスナックの、
絶世美女の彼女と、初めて自分の自宅に、招く日だったのだが、夜中に外から自分の団地に戻ってきて、
一階のエレベーターホールに差し掛かったとき、その女は霊感が強い女で、
急に「健ちゃん、ここのエレベーターホールやばい、そのエレベーターの前に、坊主頭でメガネをかけた
スーツ姿の男が、ジーっとこっちを見ているよ」と言われ、自分は鳥肌が立った。
何故なら、その女は自分の同級生のそのY氏が自殺した事や、Yの背格好など知らないのであった。
従って、何故彼女が知らないYの姿を知っているのか?それは、彼女が嘘でないYの霊を見たからである。
自分の前に現れた彼の意味は、自分にとって良い意味で現れてくれたのなら幸いなのだが・・・・・・・・・・
自殺者の霊と言うのは、中々成仏できず、自縛霊としてその場から霊界に行けず、苦しむと言われている。
とても気の毒である。人々よ自殺はやめよう。
この話には続きがあって、彼女が「とにかくこっちのエレベーターは嫌だから、もう一つのエレベーターから乗って!」と
言うので、そっちから自分の家に帰ると、自分の家に入った時に、居間の鏡を見て、
彼女が急に泣き出し「家に帰るし、もうここ嫌だ~!」と言い出した。
鏡の前に、髪の長い女が座りながら、こっちをじーっと見ていると言うのだ。
その瞬間、自分は又もや鳥肌が立った。何故なら、以前この部屋に、
当時から、地元厚木の、複数の内の二号の、絶世美女彼女Ⅽや、
その実娘で、自分の義理の娘でもある、絶世美女のY
その彼氏の、計3人が泊まりに来た時に、
その娘のYの、彼氏が、玄関入口の部屋に寝て、自分は一番奥の部屋で寝ていた。
その彼が起きてきて、自分に「さっき自分の所に、髪の長い女の人が起こしに来てくれましたけど、誰ですか?」
と、自分に聞いてきた事があったからだ。
しかもその日は、自分とその男と、自分の例の、厚木の元ヤンで元、ナンバーワンキャバ嬢の彼女Cと、
その娘の二人も、泊っていたが、その二人の女とは全然違うと言うのだ・・・・・・・・・・・・・
 ◎45歳の時に、私の年上の、当時の、美人熟女愛人から聞いた話だが、
この愛人Sが、日本航空のお偉いさんと仲良しであり、
当時、とんでもなく、不可思議な事実を、この日本航空のお偉いさんが、
鳥肌もんの、衝撃的事実を暴露していたのだ!
1995年世界最大犠牲者の、日本航空123便、
群馬県多野郡上野村の御巣鷹山の尾根に、
飛行機墜落520人死亡事故の、
離陸前の背筋も凍る不可解な、衝撃的事実が!
離陸前、乗客者達が、次々に席に着いてる頃に、霊感が強い、ある一人の女性客が、
機内に入ると、顔色を変えて、職員に対して、乗車拒否をしたと言うのだ!
その理由と言うは、 何と!乗客全員の足が、 見えなかったと言うのだ!
全員の足が消えて見えたので、不吉な予感がして、その事を、霊感強い女性が、乗車拒否した後から、
空港で、日本航空お偉いさんに、正直に話したと言う事実なのだ!
なので、この飛行機史上世界一番の大事故は、事前に、その女性の中では、予言されており、
この運命が、決まっていたとの事になる!何とも、気味の悪い、不可解な、大予言大事故であった!
◎2017年9月18日朝5時頃に、横浜東口から、桜木町方面に、線路沿い道路を、愛車250ccフュージョンにて、
走行中に、関内上空に、クッキリと浮かぶ、謎の、シルバー色に、光輝く、大きく異様な、盾に長細い、
100%飛行機ではない、未確認飛行物体UFOが、空に静止していたので、バイクを走行しながら、ビックリ仰天!
鳥肌ながら、消える前に、素早く写メを撮ろうとしたら、運が悪く、たまたまその時に限って、携帯電話を忘れてて、
失敗した!と思っていた矢先に、ゆっくりと消えて、いなくなった!
合計で1分は、その物体を、間違いなくハッキリと確認している!
その時の時間帯に、関内周辺から、上空を見上げた、横浜住民の、お方の誰かも、間違いなく、同じシチュエーションで発見して、確認してると思う。
異星や宇宙に縁がある人間は、人生の中で、よく未確認飛行物体UFOを、見ると言われているが、
僕タンは、これで47年間で、未確認飛行物体UFOを、目にしたのは、元祖地元永田時代に、
10代の時に、当時の永田団地(現在所有の)のベランダから、朝4時頃と、
もう一回は、信じられないと思うが、30代の時に、永田団地の部屋の中で、仰向けになっていたら、
何と!部屋の中に、小型の未確認飛行物体UFOがゆっくり飛んで、舞って行き、10秒程で消えたのだった!
皆も、ご存知の通り、私は、昔から酒も薬物も、一切やらない人間なので、酔っ払ってや、薬物での、
幻覚を見た訳でもないのである!睡眠中でもなかったので、夢でもない!
空での、未確認飛行物体UFOじゃなくて、部屋の中での、小型の未確認飛行物体UFOなんて、聞いた事もないと思うが、
そんな珍しく、特殊な例も、体験してるのである!
僕タンの、全身の刺青も、UFOに関連する形の、数珠や、背中の大日如来が乗ってる、物体も、UFOに似てるし、
自分で言うのは、おこがましいが、僕タンの、この地球上で、人類約70億人の、総合的には、一番恵まれてる、容姿や人生や運命や、
様々な超常現象や、不可思議な状況から、間違いなくワンダラー(異星人の魂を持った人間)であるが、
その、元となってる世界の、異星人達も、応援してくれてて、暖かく、見守ってくれてる事を、これで確実に、確信しました!
他、神様、先祖代々守護霊様達、天国の父上殿、家族、本命婚約者、他私を取り巻く、全ての良人物、環境に、感謝し切れない!
 
 
※格好悪いことや、見っともない話編※
 
◎人間は不良をやってれば、人から殴られたこと無い不良など居ないが、
中学時と言うのは、みんなまだ完全に体も出来上がってなく、
完全に物心もついていない時期で、しかも自分は中学時は落ち着いていた方なので、
ただし自分は、当時最強武道をやっていたので、タイマンをやれば
勝てる相手にも、訳ありで、二対一や、一方的に自分が悪い事案などで、相手の方に大義名分があり、
抵抗出来ない状態で、不利なシガラミがあった為などで、殴られたことも数回ある。
詳しい詳細は、ここの本文にもある。
カルマの法則が、見事に発生した時があるのだが、最強最悪日本一マンモス校港高校定時制時代の、
16歳の例の、不良狩りをやってる時期に起きた、
みっともなくて、情けない話なのだが、栄区の、同じ年兄弟分の、K氏だけはいなかったが、
いつも通り、港北区の、同じ年兄弟分の、T氏と、保土ヶ谷の、一個下舎弟の、S氏との三名で、いつもの、横浜西口徘徊から、
ある、茶髪ピアス高身長ヤンキー若者を、上手く誘き寄せて、四人で、横浜東口に、移動してる最中に、
少し先の方に、10人程の、男性不良グループが、たむろしてたので、
俺が一人だけで、調子に乗って、三人は別の場所に残り、一人で、取り込んで行き、その連中に
「何よ?何処よ?」と喧嘩を売ったのだ!
すると、何事か、一瞬にして、その全員が一斉にして、横並びズラッと並んだのだ!
この宗教のような、団結力に驚いたのだが、
その内のリーダー格が「何処だか聞いて、ビビるなよ?」と言ってから「チョウ高だよ!」と言い放ったのだ!
神奈川朝鮮高校「通称チョン高」と言い、80年代当時、全国での、伝説の武闘派高校として、団結力が強い、恐れられてた学校の、タメ年くらいの連中だったのだ!
正直自分は「マジか!」と怯み、こっちと同じ人数ならや、勿論タイマンなら、勝てる自身はあるが、
こっちは連れてきた、茶髪被害者は敵なので、戦力外での、たった3人VS10人での、しかもチョン高の、多勢に無勢なので、
まずいと思いながら、戦意喪失になり、
ゆっくりと、後退りしながら、普段護身用に隠し持ってた、果物ナイフがあり、それを何かあれば出そうと、
ジャンパーの内ポケットの、懐に手を当てながら、ゆっくりと、後退りしてて、
チョン高連中も、リーダー中心に、その後退りに合わせて、一歩一歩、近付いては来るが、自分には、誰も襲い掛かりはいなかった!
しかし、じわりじわりと、追い込まれながら、仲間のなどの、三人がいる場所まで、到達すると、
Tが俺に対して、何かを、呼び掛けた瞬間、チョン高兵隊が、Tの腹に、膝蹴りを入れられて、
これは後から判明したのだが、Sはフルフェイスで、頭を殴られたとのこと!
リーダーが自分に「待て!お前が一番悪い!」と言われたので、
これは多勢に無勢で、太刀打ち不可能で、無理だと思い、
すぐ近くに、横浜東口派出所があるのを、わかってたので、
自分が助かる為と言うよりも、仲間を助かる為に、派出所に飛び込み、
警察と共に、仲間の所に駆け付けると、すでに騒動は終わっていて、
仲間も、こっちに歩いてきて、終了と言う、屈辱的な、下手打ちの、情けない、醜態を晒した経験も、あるのだが、
でも、言い訳ではないが、人間は多勢に無勢は、幾ら喧嘩が強くても、漫画や映画のように、相手をバダバタ倒すことなど、不可能なのだから、
逃げないと、ダメな時も、人間なら仕方ないのだ!
しかもまだ、16歳の、ケツの青い若造だったし、判断能力も、低下してる時期でもあった!
しかし間違いなく、タイミング的に、このメンバーに対する、カルマの法則で、一ヶ月もの間に、毎晩
西口に繰り出しては、複数に対して、傍若無人に、何度も恐喝や暴行を、不良狩りをしていた悪行の、ブーメランでの、同じ形での報いがきたのだ!
しかし、このままでは、山根健一たる者の名前に、一生汚名の傷が残り、格好悪く、みっともなく、おしまいになってしまうので、
それだけでは終らない、リベンジ精神根性は、なくさないのが山根である!
相変わらず、最強最悪日本一マンモス校港高校定時制の、20歳くらいの時に、前出のメンバーとは違う、舎弟連中の、
地元港南台のS47の、後に、名門林一家中○組となるK氏と、隣町の六ツ川の、後に、山根ホスト従業員となる、s49高身長超絶イケメンK氏と、
港定時に遊びに来てた、浜連武闘派南戸塚ピエロS49リーダー格のO氏の、合計4名で、
学校帰りに、横浜スタジアム前辺りを歩いてると、チョン高二人組の学生服の、18歳くらいの不良と、すれ違い様に、
向こうが「俺達は、チョウ校の者だ!お前ら、何処の者だ!」と、絡んで来たので、
横浜東口の、あの時の、シチュエーションと 同じような、場面に、運命的な遭遇をしたのだ!
今度はこっちは、多勢に無勢じゃないし、逆にこっちの方が人数も多く、
しかもこっちは、当時若くして、日本トップクラスヤクザ組織の、稲○会当時ナンバー1二次団体名門林一家山○組幹部行動隊副隊長を、
辞めたばかりの、ヤクザ上がりだったので、刺青もバッチリだったので、
相手に対して「だから、何だ!」と刺青を、相手に見せると
チョン校は「あっ!すいません!すみません!」と、頭を下げてて、
以前の横浜東口の、体たらくとは、一気に形成逆転し、
「自分、浅〇さん知ってます!」と、当時の横浜の、大物有名親分の、名前を出して来たので、
自分が「だから、何だよ?と言い放ち、
舎弟のO氏が、相手の二人を殴ろうと、殴り掛かったので、
こいつらは、幾らチョン校と言っても、あの時の屈辱的な 横浜東口の、当時の
チョウ校相手の、メンバーでもないし、
ビビって、素直に謝ってたので、俺は「Oちゃん!もういいよ!」と止めて「もう行け!」と
終わったのである!
でもこれで、当時屈辱的な、港高校VSチョン高での、お返しのリベンジは、
同じような、バランスシートで、払拭で拭えたので、本当に良かったのである!
後に、30歳近くになってたからは、元々俺を知っててくれた、神奈川朝鮮高校、s49年代番長のK氏は、
仲良くなり、プライベートでも、飲みに行ったりもしてたのだ!
 長い人生の中でなら、他のことも、少数あるが、これらが主である。
 
 
 
※自分が体験した一番の修羅場編※

 
◎人間は、病気や、怪我での体の変形は、自分で戦う事はできない。
ストレスと言う物も、体の中から発せられる事に対しての、ストレスと、外から受けるストレスの
 二種類あって、人生の中でも、克服しながら生きて行かなければならない。
 自分は、名前が健一で、弟の名前が、康二であり、合わせると健康一二と言う位、
 自分も弟も、健康が取り柄で、風邪や痔はあるが、病気と言う病気はしたことがない。
 しかし、自分が、生きていて、一番辛い思いをしていたのが、人生一番の修羅場だった、
 まさに生き地獄の、鼻にまつわるエピソードであった!
 母親に聞いた話では、自分が幼少の頃に、どこかに鼻をぶつけてしまい、鼻骨骨折してまったらしく、
 その為に、鼻が曲がってしまい、見た目も大きくなってしまい、ボッテリしていた。
 通称ボクサーノーズと言うのである。
 見た目だけではなく、機能的にも、片方の鼻の穴については、空気の通りがイマイチであり、不快な思いをしていた。
 自分が、そんな状態に、気付いのは、二十歳頃であった。
 それまでは、不覚にも全く気が付かなかった。
 鼻と言うのは、その位置や角度によって、全然見栄えが違う部分なのである事は、皆様は、ご存知であろうか?不思議なパーツである。
 気になると、トコトン気になってしまい、人によっては鼻ノイローゼーと言う物になってしまうのである。
 そして、自分は、この骨折で変形してしまった鼻を、生まれつきの鼻筋の通った、シャープな
 鼻に戻したく、過去に、何と!鼻骨骨折修正手術を、局部麻酔と全身麻酔とで、10回以上 行ったのだ!
この鼻の手術については、俗に言う、整形手術じゃなく
子供の頃に負傷し、変形したのを、生まれつきの形に、戻す手術なのだ!
鼻の内面の、機能的な手術は、簡単に一回で終わった。
 問題は、そのあとの外見の手術だった!生まれつきの鼻の形に戻す事を希望し、
 医者は、鼻の骨を削ったり、切ったりしたのだが、どれも結果が、かんばしくなく、
 何も変わらず失敗連続!それもそのはずで、自分の鼻は、鼻の下の部分の軟骨も曲がっていたのだが、
 それが判明したのが、合計12回の内の、数回目の後半での手術の時であったのだ。
 その時の事で、勿論医者に抗議はしたが、最初の契約で、クレームなしという条件でやってもらったので、医者は受け付けない。
しかし原因をもっとよく、突き止めてやらなければならなかったと思う。
 しかし、この鼻骨骨折修正手術というのは、軟骨を含め、形成手術の中でも、最も難しく、
 完全には元通りには、戻らなく、従って、上手に治せるプロが少数しか、いないのが世界医療の現実で
 あり、鼻骨骨折をしてしまった場合は、もうあきらめなくては行けないほどの、絶望の症状なのである。
 一口に鼻の手術と言うが、これは体験した人間でないと分からないと思うが、本当に辛い、まず、
 局部麻酔では、鼻の穴に、ガーゼを突っ込み、鼻の何箇所に、麻酔注射を打つ。
 この注射の痛さは、半端ではないし、手術中に骨をイジッテルのが諸にわかり、頭にガンガン響いて来る。
手術後は、鼻の傷口から出る血がなかなか止まらず、手にも点滴が刺さったままである。←これ天敵(笑)
全身麻酔の際は、酸素マスクを口に当てられ、1、2と数えて下さいと言われて、4、5秒もすると
 意識がなくなり、気が付いたら病舎のベットの上で寝ている。
 しかし傷口からは、出血は中々止まらない状態で、鼻の穴には、奥の奥までガーゼが詰まってる状態で、頭痛の時もある。
 ガーゼが詰まっているから、呼吸もろくに出来ず、食事も味覚が全くわからない。
 こんな状態が、一回の手術に付き、約一週間も続くのだ!
 全く気が滅入ってしまう!それでも、失敗失敗連続で『何で俺がこんな目に合わなくてはならないのだ』と
 神様も恨んだし、自暴自棄になっていたのだ!
 結局、以降の手術の11回目の手術終了後、なかなか元に戻らない鼻の形に納得行かない自分は、
 とうとう自分で、ヤケクソで鼻を何回も殴って、二箇所を折ってしまったのだ!これも、形は失敗に終わった!
 何処の医者も、ただでさえこの手術は世界一難しく誰も太刀打ち出来ないのに、
 実際に、自分の場合も、何人も何回も失敗して来ていたので、もう皆に断られていた手術で、 
ボッテリした見栄えの悪い鼻で生きていくしかない状態に追い込まれてしまった。
 しかし、自分はそれだけは嫌で、納得が行かず、自分の手で色々探し周り、
 ようやく、過去の担当医者から、紹介してもらい、何と!新たな救世主が現れたのだ!
 最後の手術の時には、鼻骨骨折修正手術技術が、世界でも一番だと言われてる有名な、
 当時横浜大病院勤務で、後に東京大病院勤務のO先生と巡り合う事が出来たのである!
 しかし、この最後の手術の時には、死ぬ思いをしたのだ!
 この時の手術は、鼻に、頭の則頭筋膜の一部や、耳の裏の軟介軟骨の一部を取り、移植するという大手術となった。
 しかし、手術後、原因不明の苦痛に襲われたのである!
 手術後に、目が覚めて、いつも通りに安静にしてると、頭と舌が引き攣り始め、
 何故か、舌が上向きに、クルっとなってしまい、頭と顔面が金縛りにあった状態で、
 つった状態で、約一分間息や呼吸が出来なくなり、窒息してしまうのである。
 約一分間すると、元に戻るのであるが、また5分後に同じ状態で、苦しくて苦しくて死にそうになる。
 約5分置きに、この現象が続いたので、主治医O先生を呼ぶと、
 原因が、わからずに、首を傾げながら、精神カウンセラーを呼んで来て、刺青も入れてるので、
 先入観を持たれ、二人から自分が何か薬物をやってるんじゃないかと勘繰り始めて、
 自分は、昔から酒タバコ、ギャンブル、薬物、も何もやってないし、間違いなく精神的な物ではなく、
 物理的な症状だったのだ!しかしわかってもらえず、薬物をやってるのではないかと、
 しばらく様子を見ようと言う事になり、二人は消えてしまった。
 間違いなく手術原因での症状発作ではあるが、この手術を好意でやってくれた先生だったので、
 あまり手を焼かせたり、面倒や、責める事もしたくなかった。
 しかしこのままでは、魔の5分間ごとに、この現象が繰り返されて、止まらず、看護婦や主治医助手も
 呼んだが、これもまた、何の処置も施さず、消えてしまう。
 自分は、苦しくて、落ち着けずに、その病棟にはいれず、何故か隣の無人の病室の
 ベットに横になっており、眠る事も出来ずに、数分間息が出来なくなったら、
 死んでしまう訳で、自分はその時に『このままの状態が続けば、もう確実に死ぬな』と
 腹をくくり、この辺から死をあきらめらめたのであるが、
 生まれて初めて死を覚悟したのが、この時だった。
 こんな辛い思いをするなら、一気に死んだ方がましだと思った!
 当時約一年付き合ったて同棲もしてた、横浜ラウンジ№1ホステスのNの事を思い出してた。
 すると、助手が、何と!鎮静剤を打って眠れば平気かも知れないという提案を持って来てくれたのだ!救世主現る!
 しかし、鎮静剤を打って、眠ってる間に、さっきの魔の現象発作が起きたら、眠ったまま窒息死だ。
 自分は、一種の賭けに出た!自分は、お尻に鎮静剤を打ってもらい、眠りについた。
 そして、目が覚めた時には、すでに数日経っていた。数日眠っていたのである。
 神様や、守護霊が救ってくれたのだ!助かったのだ!
 そして「健一!」と目の前には、当時の愛するNが、目の前にいた。
 色々な意味で、Nが天使にも見えた!
 助手の先生は命の恩人で、主治医も鼻をうまくやってくれたので、恨んではない。
 お陰で、鼻の形も満足の行く、大部良くなった。
 しかし、皆様に、ご忠告しておきますが、鼻は、殴られたり、ぶつけたりして、
 一度折れると本当に厄介で、外見を気にしない方なら、問題ないですが、気にする人は、
 このような生き地獄を味わう事になるので、気を付けて下さい!
また山根健一での、現世と同じような、人生と運命が、来世にて再来出来るなら、
絶対に省いて欲しい、苦境人生の内の、大きい一つである(笑)
◎例の前出の、横浜vs八王子抗争の話での、同じ内容となるが、
自分の二歳下の、仲良しの後輩の、保土ヶ谷レーシング西横一家極道の、
元稲〇会渋沢一家の、有名アウトローA氏が、この暴走族大抗争事件の、冤罪事件に巻き込まれ、
当時渦中の人物にもなっていたのだが、
彼は、八王子相手の、命日である日の、抗争集会による、八王子駅襲撃と、
その帰りの相模原246での、複数での殺害事件の日には、間違いなく参加はしていたのだが
当時はすでにOBだったし、その抗争では誰にも指揮もしてないし、
殺害現場からも、大分離れてたとのことで、集団暴走行為以外は、
控訴に控訴を重ねて、最高裁まで争っていて、彼の後援会が、発足されていたが、
保土ヶ谷蛍死蝶のS51の総長は、山根会であったY氏であるが
そのY氏は、元々このA氏の舎弟で、
A氏が拘留中に「自分の留守の間に、自分の舎弟の、Yのことを、何かあったら、面倒見てやってください!
よろしくお願いします!」と、頼まれて、
私を、崇拝もしてくれてた、最高の人材Y氏を、山根会にも譲ってくれてるのもあり、
自分も彼の後援会メンバーとして、それに、約10年も参加して、面会や現金差し入れや、手紙やり取り、
後援会参加など、激励や応援もしていたが、
結局はA氏は、大物有名アウトローだったことや、同じ多数の、逮捕者の中には、
A氏に、個人的恨みを持ったメンバーもいたり、その連中がその集会での、
罪を軽くしたいが為に、擦り付けられ、首謀者として、祭り上げられて、デッチ挙げられてしまい、
優秀弁護団との、法的抵抗もムナしく、13年もの、長期身柄を拘束されたと言う、
信じられない、悲惨な状況となった。
因みに、自分はある日、その東京での講演会に出席した帰り、帰りには、電車だった自分は、
自分の年下の元、保土ヶ谷蛍死蝶のU氏や、M氏が、同じ横浜方面の、帰宅だとのことで、
東京から、一緒に車に乗せてくれて、わざわざ送ってくれて、非常に感謝している。
その後、八王子にまつわる、下手をしたら、命を落としてる、
人生史上トップクラスの内の一つの、、複数の内の一つの、修羅場を体験もしてる!
28歳位の当時から、病気での故人となってしまった、享年55歳の、一夫多妻制の妻である、
地元厚木の、三つ上の、元ヤンキーの、元、厚木キャバナンバー1キャバ嬢の、絶世美女のℂと
その娘長女である、山根プロ所属の、絶世美女Yと、その女友達の、4人で、
28歳位の時に、自分運転での、湘南ドライブしてた時に、暴走族の集団の、
単車と車と30台位の、集会に遭遇したので、みんなも集会には、参加を希望もしてたので、
てっきり、我が全日本レーシング連盟の、縁深い、湘南連合かと思って、その集会の列に、横から入って行き、
参加した瞬間、後ろからクラクションを、激しく鳴らされてたので、何事だと、前の車のナンバーを、確認した瞬間、
まだ、完全な手打ちには、なってなかった時期の、例の八王子ナンバーだったのである!
逆にこっちは、敵対対立の渦中の、横浜ナンバーだったのである!
特にこっちは、神奈川不良を、仕切って、まとめてる内の一人である!
そう言えば、周りもよく見たら、単車の仕上げも、神奈川仕様とは違うし、
八王子スペクターなどの特攻服やステッカーなど、おかしいとは思っていた!
何と!強敵の集団が、相手の敵地の、神奈川狩りをしにきた、集会であったのである!
多勢に無勢だし、一瞬青ざめて、焦ったが、でも自分は、彼女やその娘たちも乗せてたし、
逃げる様な、格好悪い所は、見せたくなかったので、
取り合えず、抗争中云々関係なく、他所の連合体の、暴走集会と言うのは、
基本的には、何処のグループも、神奈川の自分たちは、特に都内のは、
色々な意味で、参加は出来ないので、
まずは咄嗟の判断で、車を、その列から、横道に反れて、普通の人間なら、そのままダッシュで逃げるのが通常だが、
何と!自分はそのまま停止だけして、平常心を保ち、3人に「八王子の、連合暴走集会だから」と説明してた!
八王子の敵の本体は『キングラット』や『影』ではあるが、八王子は団結力も強いので、
スペクターと一緒に、キングラットや影もいたのかは、確認は取れなかったが、
もう、神奈川vs八王子の戦いの構図にもなっていたのだ!
でも結局、何の理由かはわからないが、その八王子集団は、そのまま自分たち横浜ナンバーの、
いかにも女3人は、見た目ヤンキーの車なのに、追いかけての、襲撃もなく、
そのまま集団は、通り過ぎて行ったのだ!
これまでの、八王子の怒涛の攻撃からは、有り得ない、対応とはなったが、
運が良かった、修羅場であった! 
 
 
 
※自分が衝撃を受けて感銘を受けた人物※
 
◎小学4年から中学生3年まで、間に、サボってた時もあったが、
近所の六ッ川の、横浜山元道院にて、厳しさの中に優しさがあった、男前で強い、
遠藤師範代から、当時、約50人位の拳士と共に、習っていた。
永田中からは、自分を含めて同級生4人の拳士が居た。
夏は、道着が暑くて汗だく。冬は、道着が寒くて寒い思い出がある。
稽古場所は、六ッ川中学の体育館だったので、床が固くて、転がる時など、痛い思いも、何度もあった。
中学の時に、永田中学の同級生のO氏、同じ年の六ッ川中学の拳士K氏と、
プライベートで、3人で遊んでいた時に、O氏と自分が、キッカケは忘れたが、
口論となり、口喧嘩となったので、自分がOに、小学生からの、昔からの口ぐせの
「お前俺と、タイマン張れ!」と言って、地元の公園で、K氏見届け人で、
一対一で、少林寺拳士同士の、当時同じ級と、同じ帯同士で、同じ条件で、同じ土俵で
タイマンを張ったのだが、今まで、過去に数々のタイマンは、大体勝ってるが、
数少ない、引き分けの内の一人だった。
O氏は、不良ではなかったけど、さすが、同じ少林寺拳士で手強かった思い出がある。
少林寺は、自分の人生の中で、欠かせない、最高の経験となった!
世界の武道のルーツ最強少林寺拳法は、
中国の、武道人気男前俳優の、リーリンチェイが、達人で有名で、
中国武道大物人気俳優の、ジャッキーチェンも、少林寺の達人である。
伝説の、中国武道大物人気男前俳優、故ブルースリーも、ジークンドーに少林寺を取り入れていた。

各分野有名人日本一多数輩出中学永田s44の、
女子生徒絶世美女永田JⅭ 全国歴代中学校世界一粒揃いの、可愛い子ちゃんたち揃いの、
永田s44山根ガールズ22人衆特集!万歳!←この名称は後付けで、当時は山根ガールズ22人衆なんて、呼ばれてもなかったが(爆笑)

でもマジで、永田s44の女子達は、全国見まわしても、一つの中学時代の、一学年同級生に、
これだけ多くの粒揃いの中学は、贔屓抜きで、前にも先にも、我が母校だけだと思う!しかも全員僕タンと良縁だし!
+番外編の、山根ガールズ熱血女教師絶世長身美女編までも!
僕タン本当に、人間関係も世界一恵まれてるし、また生まれ変わっても、来世でもこの中学同級生での、
この世界一粒揃いJⅭメンバーと共に❣

もう同級生女子は、年齢的にも、全員今はきっと、結婚してて、
旦那の名前に、変わってると思うので、当時の、本名の旧姓を晒します!
何故か、永田中学の卒アルの、一人ずつにも出てないので、
当日欠席か、いつの間にかに、引っ越してしまってた
下の名前は、忘れてしまってる、●前田ちゃん!
こうして、まだまだ出て来る、歴代女性遍歴!
自分でも驚愕で、どんだけモテモテ人生なんだよ(笑)
横浜大規模芸能人御用達3DK分譲永田団地の、同じ1ー3号棟にて、
永田台小からの幼馴染みで、実は小学校時代に、当時から付き合ってた、交際彼女で、
ご覧の通り、とても可愛い子で、絶世美女の、素直で性格も最高だった記憶もあるが
と言っても、まだ小学生なので、純粋に手を繋いだりや、キスや、
多少のイタズラ程度は、してたと思うが、チョメパコまではしてなかった!
小学校番長時代は、女性に対しても、例の、昆千恵ちゃんも
「小学校時代の山根さんは、狂暴だった」と証言してる、裏付けの通り、
当時の女性担任教師から、僕タンのことを
まだ小さな、小学生と言う立場の子供の、親に対して、内のママに、
ある日「どうしようもない悪です。」とハッキリ告げられた程
当時から、誰も手の付けられない、誰に聞いても口を揃えて
ワンパクやんちゃ坊主だったと言う。
従って、女性に対しても粗暴で、この前田に対しても、アチコチ連れ回して、
性犯罪の、監禁とかではないが、身柄拘束もしてて、
中々自宅にも返さなく、痺れられたこともある、苦い思い出の子であるが
初恋はこの、人生史上初めての、恋人である彼女の前田と、
次に出てくる、小西知恵である!
●小西知恵ちゃん
◎横浜大規模芸能人御用達3DK分譲永田団地にて、
我、各分野有名人日本一多数輩出永田台小学校番長時代からの、幼馴染の
小学生の時、隣の席には、顔が可愛くて、絶世美女、勉強もスポーツも万能で、
学校でも、男子生徒から一番の人気の、知恵氏と縁があって一緒になった。
ある日、この子とは色々な面でライバルでもあったが、知恵氏と楽しい学校生活が
続いたある日、取り返しがつかない事件に見舞われた。ある日、学校の試験が
行われ、問題を見ると難しい問題で困っていると、隣の知恵氏が小声で
「答案用紙、こっち渡して」と、ささやいた。自分は「いいよ、マズいよ。」と
断ったが、「大丈夫、バレないように書くから。」と言い、強引に用紙を奪い、
答えをスラスラ書き始め、用紙を自分に戻した。自分は複雑な気持ちで
試験終了のチャイムが鳴り、答案用紙が教壇の上に回収された。
すると男子生徒M氏が、何やら女性教師と話をしている。すると
教師が「山根!K!ちょっと来なさい!」二人で行くと、
「お前達は、今回2人とも0点だ!」と用紙に赤ペンで大きく×を描いたのだ。
自分は何を血迷ったのか、気が動転していたせいか、「だって、
書いてあげるって言うんだもん!」と、言ってしまった。
教師は「とにかく、どっちが悪いと言う問題ではなくて、2人とも責任あるから罪は一緒!」と言った。
自分は心の中で「しまった。何と言う言葉を発してしまったんだ」と、後悔した。
知恵氏は、カンニングのリスクを背負いながら、自分の為に、好意でやってくれた事なのに、
自分は罪を逃れる為に、知恵氏のせいにしてしまった。恩を仇で返してしまった。
男なら「俺が知恵に、無理矢理書けって頼んだんだよ!だから俺は0点でいいから、知恵は見逃してよ!」と
そう言わなければ、いけなかった。
でも小学生は、みんなまだ、物心と言うのが、まともには付いて無く、形成がされてない時期なので、仕方がなかったのだ!
すると、二人の関係に、嫉妬してたM氏が、自分に近寄ってきて、
「俺が先生に、バラしちゃったんだ。ごめん。俺の事殴っていいよ」と言ってきたので
自分は、M氏の事は殴らなかった。
自分から白状してきた事と、殴られる覚悟の、心意気の根性に免じて。
しかも、そこでM氏を殴っても、この件では、虚しくなるだけだと思った。
その時から、知恵氏とは気まずくなり、口をきかなくなってしまった。
こんな良い子で、素晴しい女の子に対して、下手を打ってしまった。
実はこの子が、自分にとって初恋の人物でもあった。
この件がなければ、彼女とは間違えなく、付き合ってたのに。
30歳位の時、この自伝本を書きながら、この苦い思い出を思い出してしまい、
どうしても、知恵に謝りたく、久しぶりに電話をして、この件を話し、
自伝本を送って謝ったが、知恵は笑いながら「もう覚えてないよ!」と、
わざと、とぼけてくれて、覚えてないフリをしてくれた。
彼女は現在結婚し、旦那と子供と幸せに、西東京で暮らしていて、安心した。
今後の、知恵の幸せを、陰ながら祈っている。
 
●田辺裕美子ちゃん
◎永田団地の、我、各分野有名人日本一多数輩出永田台小学校からの、幼馴染で
僕タンのママが、当時英語とピアノの、自宅講師をしてた時の、姉妹で生徒で通ってくれてた来。
性格は明るくて、愛想も良い子だが、近所の同級生の親御さん曰く
「先生である、貴方のお母さんは、当時スパルタ教育の様に、厳しい人で、よく生徒さんが、泣いてたの覚えてる?」」と
衝撃的事実を知らされた時があるのだが、小学生の小さい頃だったので、それはあまり記憶にはないのだが
確かに、それを裏付ける状況証拠があって、僕タンのことも当時は、ママはエリート人間に、しようとしたらしく
マンツーマンで、机の前で正座させられて、英語か何かの授業を受けたことがあるの当時だが、テストみたく
問題を出されて、それを答えられない、もしくは間違える度に、頭部や身体に、鉄拳が飛んできてた、記憶があるので
僕タン、元々やんちゃで、勉強なんて特に嫌いで苦手な子供に、そんなことは無理な訳で、当然当時こっちもキレて
喧嘩になり、放棄をしてたので、裕美子ちゃんも、その中の被害者だと思うけど、厳しいだけじゃ、
みんなすぐに辞めちゃって、誰も付いて行かないはずだから、アメとムチを上手く使い分けて、当然のこと結果と言う物を
みんな出してると思うのね?そうじゃないと、約30人も抱えてて、10年も維持も出来ないから、
裕美子ちゃんも、お陰でグレすに、いいとこの高校や、大学にも進学もしてると思うから、結果オーライと言う事で勘弁ね?
 
一番右が京子

●田中涼子ちゃん
永田中在学当時は、確か三年間の内の、それぞれ一学年での
年に二回の、席替えだったと記憶の中、二年生だったか
この子が席が隣の仲良しで、彼女も好意も持ってくれてて、
毎日ルンルン気分で、楽しかった!
アイドルチックの、可愛さと綺麗さも融合してた
身長が当時から高く、スラっとしてスタイルも抜群で
現在の推定身長は、約170センチの絶世長身美女!
 

一番右が由衣
●田村由衣ちゃん
◎中学生のこの頃、付き合っていた女性の話だが、由衣と言う、小柄で、顔も可愛く、性格も最高だった、彼女との馴れ初めは、
よく校内で顔を合わせており、いつの間に顔見知りになっており、会う度に自分が、ふざけて由衣の頭を軽く叩いたり、
体を触って、痴漢などをしていたのであるが、由衣はその度、嫌がっていなかったのだ。
そしていつの間にか、恋愛感情が沸いて来たのか、向こうから告られて、付き合い、その後数ヵ月後に、
由衣は、不良ではない、普通の生徒だったのだが、僕タンと付き合った事で、強力のケツ持ちバックで、気も大きくなり、
ある同級生の女性と揉めて、手を出して、土下座させたことが、同級生の男女で、問題の騒ぎになっており、
その件を聞いた僕タンは、何故か、別れを告げてしまったのだ!
由衣は「だったら、何であの時に、抱いたの?」と、その気にさせといて、ズルいと言うのだった。
今、考えてみたら、彼女が悪い立場に、追い込まれてる時こそが、彼氏の自分が、盾になり、守り、力になってあげなければ、
ならなっかたのに、俺は何て、酷いことをしたんだ!何と言う、ダサくて、薄情な奴なんだと、今も後悔もしてる!
でも中学生は、みんなまだ、物心と言うのが、まともには付いて無く、形成がされてない時期なので、仕方がなかったのだ!
それから、中学卒業後に、その件は触れなかったが、懐かしくなり、どうしてるのか電話をしたのだが、
由衣は、少し気まずい、対応だったが、元気そうにしてたし、後年、地元永田で、赤ちゃんの乳母車を押してる姿も見掛けて、
家庭を持って、幸せにしてるを見て、ホッコリ安心したよ!
由衣へ、こんな俺と中学時代に、付き合いたいと告ってくれて有難う。
しばらく付き合い、自分から振ってしまったけど、由衣との思い出は一生忘れないから。
 
●永井孝子ちゃん
◎中学時代の身長は、当然大人になる前の身長なので、当時は知ってても、後年はわからないが
この子は、中学当時高かったので、今は僕タン大好物の、165cm以上あるはずだし、
ご覧の通り、アイドルチックで、綺麗な子だった。
3年生で、同じクラスで仲良くて、中学時代に、あるラジオ番組にハガキを送ったら、当選して、
内容は忘れたが、電話で喋るコーナーに、見事当選し、僕タンがたまたま留守の時に、
ラジオ局から、自宅に電話があったので、ママが対応して
先方が「では、またお電話します!」と言ってたとのことなので、
僕タンは、てっきりまた、電話が、かかってきて、次の日にでも、ラジオ出演が出来ると思い込んでしまい
学校の男女のみんなに、それを知らせてしまったら、同級生全校の、大半が
その日に、ラジオ前に待機をして、聴いてくれようと、してしたにも関わらず、
結局電話もなく、中止のオシャカで、次の日に学校行ったら、
男女からの顰蹙(ひんしゅく)の眼差しで、嘘つき扱いの如く、赤っ恥をかいたことがあるのだが
その時に、一番ラジオに、かじりついて聴く体制を整えて、楽しみにしてくれてた子が、この子。
 
●原久美ちゃん
◎3年の時に、同じクラスで仲良くて、当時僕タンが、膝かどっか忘れたが、足の系統が、
急に具合が悪くなった時があり、それを教室で嘆いてたら、この子が、僕タンの事を、
手足になって、寄り添って、保健室まで連れてってくれた恩人でもある子で、
ご覧の通り、ショートが似合う、可愛い子
 
●川合さと美ちゃん
◎同じクラスの3年の時に、席替えが二回程あり、その内の隣になってた、校内パートナーで
僕タンに、好意を持ってくれてて、毎日隣で、いつも明るく振る舞ってくれて、色気だしてチヤホヤもしてくれてて、
お陰で学校生活も楽しかった!少し太めの子だったが、ご覧の通り、顔立ちは申し分ない美女!
 

●杉本恵子ちゃん
◎中学時代に仲良しだった、いかにもタレント向きの、可愛い子ちゃんで、実際にそうなったのだが
各分野有名人日本一多数輩出中学永田s44の、歴代日本一勢揃いの、絶世美女可愛い子ちゃん揃いの、
永田s44山根ガールズの中でも、意外と、芸能界に進んだのは、多分この子だけで、噂で聞いたのは、
グラビアアイドルやってたみたい!
 
●小島弘美ちゃん
◎そして、中学校を卒業した、その日に何故か、女性生徒の同級生の、クラスは3年で一緒だったが
この子から電話があり、大柄の性格も良い、彼女の実弟には、s46の仲良しの不良の後輩もいる、
小島兄弟のお姉ちゃんだが、その電話で、ラブコールアプローチしてくれた記憶もあるが、
非常に暖かい、誠に有難い、その気持ちは、最高に嬉しかったのだが、大変申し訳ないが、
当時はタイプではなかったので、丁重にお断りさせて貰った。でも、その気持ちが嬉しいじゃんよー!♪
 

 
真ん中が佑子
●広瀬佑子ちゃん
◎我、各分野有名人日本一多数輩出永田台小学校からの、幼馴染の絶世美女で、
自分が永田中学卒業後に、横浜私立瀬谷隼人高校に入学したが、
永田同級生からは、番格だった、最高の複数の内の一人の親友の、
後に、日本一浜連日本一淋姦強姦永田一家同志となる、世界一のゴッチマン、アウトロー有名人のǸ氏と、
身長約180cmの、長身イケメンの、最高の複数の内の親友の、K氏の、
3人で、瀬谷にある隼人高校に進学し、よく3人で通っていたのだが、この内のK氏が、
当時、広瀬ゆう子ちゃんと付き合ってて、自分が一人での、隼人高校時代、
横浜駅から弘明寺駅に、通学の帰りに、たまたま偶然、横浜駅ホームで、
当時女子高生だった、この広瀬佑子ちゃんと、バッタリ遭遇再会し、
二人で、弘明寺駅や、永田の住まいまで、一緒に帰ることになったのだが、
彼女とは、幼馴染だったし、昔話などに、花が咲き、盛り上がって
割と、満員に近かった電車内で、まるでテレビドラマの、ワンシーンの様に、ロマンチックなシチュエーションで、
当時の、彼女のささやきが、鮮明に覚えてるが、小さな声で、
ボソっと「私やっぱり、山根さんの方がいいな~!山根さんと付き合いたい!」と冗談ではない、
ガチ告白に、僕タンの、親友と付き合ってながらの、大胆発言で、度肝抜かれて、ビックリしたが、
でも、滅茶苦茶嬉しかったなー!でも、当時はまだ、僕タン恋愛に関しては、ウブだったし、
親友も裏切りたくないのもあり、彼女に、自分に惚れてくれて、告ってくれた、お礼の気持ちは、
伝えたと思うが、実際に彼女には、手は出さずに、弘明寺のバス停から、また二人でバスで、
佑子ちゃんは、永田団地ではなく、永田団地入口と言う場所にあった、マンションだったので、
そこの停留所で、二人で降りて、彼女を見送って、別れた記憶がある!
そのことは、勿論K氏には、内緒で、話はしてはないし、
その後、佑子ちゃんには、彼女がK氏と、別れた後に、自分から一回だけは、電話して、
また、世間話もしたこともあるが、特に、交際には至らなかったし
この修羅の青春文章で、別枠で書いてあるが、その後K氏とは、訳あって、ある事で揉めて、
当時、連れの後輩と、一緒にいたKを、僕タンが、二人をまとめて、ぶっ飛ばしてしまったこともあり、
後日その件は、K氏と仲直りがしたかったので、実家に電話をしたら、本人は留守で、
隼人高校時代に、K氏のお父さんが、わざわざ、永田勢3人を、自家用車で、
朝から、結構遠い学校にまで、何回も送ってくれた事もある、性格も最高の、気さくな父さんが、電話口に出たので、
軽くだが、その事情も話して、もう結婚して、緑区に引っ越したと言う、K本人への、お父さんに、伝言を頼んだのだが、
それっ切り、K氏からの、折り返しの連絡も、もう長年もないので、今、世間は、ガーシー風暴露が、流行ってるので、
暴露してしまったが、けどもう決して、親友で楽しい思い出も多い、Kに対しての、悪意はないし
何より、こんな素敵で素晴らしい、メッサ可愛い、絶世美女の、ゆう子ちゃんにも、迷惑を掛けるつもりでもない!
なので「俺って、こんなにモテるんだぜ!」と、ただ単に、それを自慢がしたかっただけの、
馬鹿な中年の戯れ事として、流してくれたら、いいと思う。

●山田かおりちゃん
この子とは、中学時代は縁がなく、話したことがなかったのだが
男子同級生からの、人気の子の内の一人だった!
卒業した後の、一年以内くらいの時期に、彼女が進学したのは
当時弘明寺にあった、偏差値は普通の、大岡高校だったと思うが、
その女子高生時代に、どっかで見掛けて、
この激マブのいい女より、更にいい女になっていたので、
当時は卒アルに、生徒全員の自宅固定黒電話番号が、掲載されてので
自ら彼女に電話して、口説いたが、当時はまた、お互いに15歳だの16歳の、
ケツの青い子供で、淡い恋での、しばらく電話恋人関係だったのだ!
つうか僕タンって、こうして人生振り返って行くと
小学生から今日まで、モテ期常時到来男での、世界一モテモテプレイボーイだし、
忘れてる子も含め、超上玉長身絶世美女たちとの、
様々な形での、交際形態はあったが、色恋恋人関係が、
次から次へと、続々と出て来て、ゾクゾクするぜ!ダジャレ(笑)

 
一番左が章子
●影沢章子ちゃん
◎我が、各分野有名人日本一多数輩出永田中学生の時に、毎週水曜日に、隣町の六ツ川中学校体育館にて、
世界最強武道少林寺拳法稽古があり、当時自転車でも通ってた、道中に、
歴代永田中学の中でも、アイドル的存在の、一番長身で、一番の絶世美女である、
人類史上でも、トップクラス長身絶世美女に間違えないのだが、
影沢章子ちゃんとバッタリ遭遇し、
彼女が「山根さん!夜で暗くて、何か変な人に、後着かれてるみたいだから一緒に帰って!」とお願いされて、
痴漢、変質者強姦魔から、瀬戸ヶ谷小学校の管轄の、権太坂の有名児童遊園地近くの、斎藤由貴実家の近くの
自宅までボディーガード変わりとなり、無事に送り遂げたことがキッカケで、仲良くなった!
中学卒業後、17歳の時に、関内のバス停で、一人バスを待ってる、約170センチスタイル抜群絶世長身美女がいて、
影沢章子ちゃんと偶然再会し、永田同級生の男女で、僕タンが、暴走族になったのが、噂の話題になってたらしく
彼女が「山根さん!暴走族になったんでしょ?」と知ってくれてて、「ピエロとか名前は知ってる!」など言ってて、
章子ちゃんは、見た目は、全くの不良ではない、中学生なので、化粧もしてなく、してる日も軽くだし、
整形でイジッてもない、ナチュラルでの、
ショートカットの、目がクリクリしてる、スラっとしてる、マジでいい女だが、
彼女も永田中学時代には、女性不良グループであり、当時永田中学一個下の、章子ちゃんの後輩であった、
畑と言う文字の入る本名の、絶世美女生徒を、生意気だと鼻に付いてたらしく、
章子ちゃんがイジメてて、そのイジメに耐えられなく、
隣の六ツ川中学に転校しちゃった程の、悪であり、僕タンも当時、章子ちゃんが、永田学校校舎で、
その女性生徒をイジメてる、現場も見たことがあるのだが、朝の登校時に、その生徒が登校してきたのを
見付けた章子ちゃんが、校舎の上から「テメー!何、来てんだよ!帰れよ!学校来んじゃねーよ!」と怒鳴っており
後輩生徒「おはようございます!はい!すいません!すいません!」と、ペコペコと、
ペコちゃん状態になって謝って、ビビってた!
話は、自分と章子ちゃんやり取りに戻り、自分のルックスもホメテくれて
「山根さんって格好良い~!」など、メチャクチャ嬉しかった!何せ、永田のアイドル長身絶世美女クイーンだからね!
で世間話で、話も弾み、彼女は当時、もう永田から引っ越して、確か二俣川に引っ越してて、
そのバス停から、二俣川に帰るとの事で、バスが来たが、僕タンは彼女に好意を寄せてたので、
僕タンが帰る、永田とは、違うルートなのにも関わらず、もっと話がしたかったので、
「章ちゃんともっと話たいから、章ちゃんの自宅の近くまで、一緒に帰ると言うか、行くよ!」
影沢章子ちゃん「えー!?わざわざ?いーの?帰りどーすんの?」
僕タン「大丈夫大丈夫!帰りも、何とかなるから!」と言ったら
彼女も、喜んでくれてて、まだお互いに、若かったので、二人で一緒に、バス中デートした思い出の、淡い物語!
で当時に、僕タンが告れば、多分付き合えた仲だったんだけど、まだ当時はウブだったのか、
気持ちは伝えることは、結局出来ずに、お互い連絡先も交換せずに、別れてしまい、それっきり!
たまに章子ちゃんのことは思い出してたし、付き合わなかった、この件は人生の中でも、後悔してるから、
章子ちゃん!元気?久し振り!と言う訳だから、お互い歳もとっちゃってるけども、
俺は今でも、章子ちゃんを、女性として惚れてて、凄く好きだから、もしブログ見てたら、連絡頂戴よ!
しかし、こんな絶世長身美女が、芸能人になってないのが違和感で、不思議で仕方ねー!
 

●片山恭子ちゃん
◎中学一年の時に、話が戻っちゃうんだけど、この子は僕タンが中学入学して、
クラスメートでの、初めて席が、隣になると言う縁の、運命の子だったんだけど、
僕タンは、小学校番長を経て、中学からは心機一転して、割と大人しくと言うか、
真面目に過ごしてた時期も多かったのだが、そのせいもあるのだと思うが、
犬被って←基い(笑)猫被ってた面もあり、冴えない陰キャみたいに思われてた節もあり、
何か冷たい子で、たまにイジッてもくるし、女子の不良生徒ではなかったが、
いかにも気の強く、ズケズケしてるタイプで、感じが悪い子だと思ってて
この僕タンが、当時は頭が上がらなかった子なんだけど、
でも身長も高く、167センチくらいの、巨乳でムチムチしてて、絶世長身巨乳美女だし、
とてもじゃないが、中学一年には見えない、大人っぽく
思春期の僕タンには、堪らなかった、それらの感情が融合してて
複雑な気持ちで、中学一年のしばらくは、席替えまでその子と一緒だったが、
でも、印象的だった記憶にあるのは、たまに機嫌よく、たまに見せてた笑顔で
ツンデレの一面もあったのもあり、彼女は僕タンに好意はなかったとは思うが
決して、悪い子ではないと思うが、中学入学早々から、その様な事の、
女子生徒からの、洗礼を受けたこともある、複雑な苦い思い出であるが、
この子が、まさしくこの前出の、僕タンの大好きな、人類史上トップクラス長身絶世美女
影沢章子ちゃんとの、中学時代の「影沢&片山の、章子、恭子コンビ」で、
女子生徒達の間でも、色々とブイブイ言わせてた、永田中s44女子最強コンビだったのである!
恭子ちゃんは、マジでいい身体してるし、中一から、フェロモンもバリバリ放ってたし
今でもチョメリてー(爆笑)
 
永田s44同級生の女子ヤンキーで、一番悪だった、
性格も最高の、純日本人だが、ハーフっぽい絶世美女のI氏は
例の数年前に、関内で夜中に、感動の偶然遭遇再会を果たした、記事でもお馴染みの
最高の複数の内の、親友で兄弟分の、日本一永田中学s44同級生番格トップクラスアウトローの、
有名瀬谷隼人高校も一緒だった、日本一グループ浜連日本一チーム淋姦強姦永田一家リーダー格でもある、
横浜s44トップクラスアウトローでもある、運命共同体の、メイウェザーそっくりの、世界一ゴッチマンの、N氏の
当時の彼女だったI氏!
全国歴代高校野球最強神奈川県でも、数年前に、あの日本歴代高校野球最強横浜高校までも、下して
甲子園も行ったこともある、今や横浜、東海大相模、桐蔭学園、桐光学院など、神奈川歴代ベスト5強豪校にもなった、
隼人高校野球部OBだったNの、後輩たちの応援として、神奈川予選大会を、相鉄線沿線の、何処だか忘れたが、
10代の時に、そのN&Iカップルとの、この3名で、観戦にも行ったこのある、仲だったの!
このI氏は、僕タンが30歳くらいの時には、すでにN氏とは別れてて、当時縁を持ち仲良くなった、
永田の4、5歳上の、永田先輩イケイケアウトローの、性格も最高の、当時横浜某名門組織の、
極道と付き合ってて、この先輩と話した時に、I氏の話も出てた!

●三浦明美ちゃん
下記のデーターでも出て来る、僕タンの中学時代一番の、兄弟分である親友の
イケメンヤンキーの中村氏の、当時の彼女で、僕タンも仲良しだった、身長167くらいの、
性格も最高の、絶世長身美女

「先日、これら特集記事アップ後に、このコメントが!」

#301 2023/03/04 09:16
山根くーん元気ー╰(*´︶`*)╯♡
あータンだよー久しぶりー!
ダンディーになった山根くんに会いたいな\(//∇//)\

[あータン🤗]


※元気だった?久し振り!
ダンディー山根だよー!
いや~懐かしいな~!

この文体と内容だと、イタズラ成り済ましではないと思うし
まさか、この伝説の特集記事から、早速一番には、あータンから、
非常に暖かい、最高に嬉しい、コメント貰えるとは思わなかったから、
ビックリクリクリ、クリ〇リスだったよ(笑)
俺たちが、17、18歳位の時に、この250ccの族愛車を、永田街道で走ってる時に
当時の、永田アウトローたちの溜まり場でもあった、セブンイレブンに
あータンが一人で、ヤンキー座りしてて、俺が止まって、
単車越しに、話したのが最後だったよね!
もう大分、日にちも経ってるから、例の中村豊ちゃんとは、もう別れてるかな?
彼は色々な意味で、いい男だったよな~!二個下の、イズミちゃんって妹も可愛くてね~!
永田のアイドル的存在で、俺のファンでもいてくれてたのよ~!
この兄弟含めて、男女同級生たちは、みんなどうしてるだろーね~!
変な悪い意味ではなくて、世界一スケベな俺だから、そう言う意味での、
男子同級生の方は、どうでもいいと言うか、あまり興味がないけどね?(笑)
あーたんは当時から、美女で、毎日豊ちゃんとの、長電話での、あータンとの、
おのろけ話を、聞かされてたんだよ?(笑)
また良かったら、山根媒体のアチコチに貼り付けてある、連絡先に、
いつでもいいから、機会があれば、連絡頂戴ねー!
昔懐かしの、永田同級生同窓会を、二人でしようよー!
一夫多妻交際やチョ〇パコも兼ねてなー?(笑)
右が恵子。いっつも舌出してるな!スケベ(笑)
●杉本恵子ちゃん
◎中学時代に仲良しだった、いかにもタレント向きの、可愛い子ちゃんで、実際にそうなったのだが
各分野有名人日本一多数輩出中学永田s44の、歴代日本一勢揃いの、絶世美女可愛い子ちゃん揃いの、
永田s44山根ガールズの中でも、意外と、芸能界に進んだのは、多分この子だけで、噂で聞いたのは、
グラビアアイドルやってたみたい!
  
●高阪智子ちゃん
◎同じ住まいだった、横浜大規模芸能人御用達3DK分譲永田団地にて、
我、各分野有名人日本一多数輩出永田台小学校からの、幼馴染みの、
当時から、色っぽい感じの、絶世美女で、30歳位の時に、
僕タンの、地元栄区の、最高の内の一人の、
某兄弟分K氏が、芹が谷のスナックキャバクラで、この子と会い、
地元永田だと言うから、僕タンの話題で、盛り上がったのことで、
トモコちゃんが以前、永田中同級生の番格で、
日本一浜連日本一淋姦強姦永田一家同士の、
日本トップクラス任侠右翼大行社横浜支部同士の、親友兄弟分だった
故人の土井氏と、僕タン二人を、右翼の街宣時に見たと言っていて、
小学生番長時代には、僕タンは覚えてないが、僕タンが、彼女に対して
「パンツを寄越せ!」と強要してたらしい(笑)
なもんで、懐かしく、久し振りに、その兄弟分K氏と二人で、
その芹が谷のスナックキャバクラに遊びに、会いに行き、
トモコちゃんと再会して、元気そうで安心した!
僕タンと彼女の、色恋としては、彼女は明るくて性格も良くて、
美女ではあるが、僕タンがタイプではな、、小柄だし、 
僕タンは、元々、男女に友情関係は、成立はしないと、思ってるタイプではあるが
やはり幼馴染み関係で、何か、色恋女性としては、変な、悪い意味ではなく、イマイチだったし、
そもそも兄弟分Kが、トモコちゃんに惚れていたので、譲るつもりで、
彼は、アタックしたが、フラれてしまった(笑)

●竹内美矢子ちゃん
◎横浜大規模芸能人御用達3DK分譲永田団地にて、
永田台小からの幼馴染みで、永田中学では、小柄だが、可愛い可愛いと、
男性生徒たちから、アイドル的存在!偶然にも、永田中でも、机の席が、隣になってた!
彼女が、学校休んだ次の日には、僕タンに「私が休みで、淋しかった?」など
中学生ながら、男心をくすぐる、揺るがすのが上手い子だった!
例の、永田中S41先輩の、80年代トップアイドルの、超大物女優の、
永田英雄である、絶世美女の、斎藤由貴氏のことを、デビュー当時に、
担任先生と、クラス全員の前で「全然可愛くないでじゃん!」と
ぶっ飛び、衝撃爆弾発言をした彼女!
そりゃそうだろ?幾らあの、国民的アイドルの、絶世巨乳美女が相手でも、これらの
各分野有名人日本一多数輩出中学永田s44の、歴代日本一勢揃いの、絶世美女可愛い子ちゃん揃いの
永田s44山根ガールズの、みんなの面子見れば、その事も納得するだろ?
中学卒業後に、ミヤ子ちゃんと、ディズニーランドに行こうと、
電話で誘ったら、気持ち良くOKしてくれたのだが、何せ36年前だから、
記憶が定かじゃなく、曖昧な部分もあるが、若気の至りで、当時は、気取って、透かして、
性格がひんまがってたのか、色気出して、自分から誘っておいたのにも関わらず、
本当は好意はあったのにも関わらず、以降はわさと、しばらく放置して、
彼女と、近所で偶然バッタリ、遭遇し会っても、透かして、気取って、
無愛想な態度もしてしまい、その後に、偶然会った時には
ミヤ子ちゃん「何で、私のことを避けるの?」と言われてしまい
僕タン「そんなことないよ?」ては言いつつも、気まずい雰囲気となり
また何故か、それっ切りも疎遠だったと言う、自分でも、当時女性に対して、訳のわからない言動で、
ミヤ子ちゃんにも惑わしてしまい、悪い事をしたと、後悔してる矢先に、
大分後年たった、ある日に、また団地内で、偶然遭遇の時に、色々謝るつもりで
「ミヤ子ちゃん!」と話かけたら、一切僕タンの顔も向かずに、一切シカトで
「ミヤ子ちゃん!ミヤ子ちゃん!」と、バス停まで、追い掛けたが、
結局最後まで、相手にはしてもらえなかった!泣
テメーで撒いた種での、自業自得だとはわかってるが、自分でも不可思議で、不可解な言動だったし、
本当にゴメンね?ブログ見てたら、必ず連絡頂戴? 
 
●九島秀美ちゃん
◎我、各分野有名人日本一多数輩出永田台小学校からの、幼馴染の
日本最強最悪港高校定時制リーダー時代の、17歳の時に、
s45日本一浜連武闘派生麦一家消火器副総長の弟分だった、
S氏の自宅に、遊びに行ってた時に
同じく弟分だった、消火器メンバーのY氏もいて、3人で鶴見駅に出ていたら
当時、遊び人美女だらけの、一世風靡した女子高の、鶴見京浜女子校の(後に、白鵬女子)
可愛い子ちゃんたちが、アイスクリーム屋だったかどっかに、タムロしてて
良く見たら、身長167cm位の、絶世長身美女の、幼馴染の、その九嶋秀美ちゃんで
僕タンは、当時パンチパーマに、剃り込みで、当時少年ヤクザのブランドの「ディマジオ」を着てて
「秀美ちゃん」っと、声を掛けたら、この子とは、永田台小学校番長時代も、永田中学時代も一緒で
仲良しだったが、僕タンが中学一年と言う、全国でも殆どいなかった、早いデビューのパンチパーマは
二日だけだったので、秀美ちゃんは、この様に、コテコテの僕タンの、不良の格好は初めてだったので、
最初誰だか、わからなかったらしく、よそよそしかったが、「山根だよ!」と言ったら、
こんな鶴見の場所で、偶然にも会った事と、久し振りだったのと、僕タンの外見が、強烈だったのが驚いていて、
九嶋秀美ちゃん「山根さん?!」っと、ビックリしてて、大きな声出して、僕タンの身体に、手を添えて来て
「悪くなっちゃったっすね!」と、言ってた(笑)
この子も、マジで絶世長身美女なので、今からでも付き合いたいので、ブログ見てたら連絡頂戴!

●稲垣敬子ちゃん
◎永田中学生から仲良しで、絶世巨乳美女!
当時からムチムチの、いい身体してた!
稲垣ちゃんとは、中学時代は、これと言ったエピソードはないが、
彼女は、当時から、例の伝説の、松田聖子タンの大ファンで、
そっから将来の、僕タンと聖子タンとの、例のシガラミの、
あの、横並び世界一ユーチューブを見てたら、
もしくは、これから知ったら、ビックリするだろーな!
つうか、気が付いてる人も多いと思うが、聖子タンファンは彼女だけじゃなく、
彼女以外でも、この連中も、聖子タンカットが多いから、気が付いたかな?
でこの子とは、17歳の時に、近所の保土ヶ谷権太坂のファミレスでの飯に誘って、
二人で食事をしたり、電話連絡も、たまにとってた、プライベートでも仲良し!
彼女も多分、当時から、告れば付き合えた!ブログ見てたら連絡頂戴!
 
●鈴木利会子ちゃん
◎横浜大規模芸能人御用達3DK分譲永田団地にて、
永田台小からの幼馴染みで、永田中学では、男性生徒たちから、アイドル的存在!絶世長身美女!
身長も165センチくらいの、年が幾つの時だか忘れたが、偶然にも、横浜西口で再会し
僕タンは、ご存じの様に、芸能界をかじって、様々な形での、テレビや雑誌に出てたこともあり
鈴木ちゃん「山根さん!芸能活動してて、テレビに出てたの?」と言われて、
他も色々、好意を示してくれてて、後日彼女に電話して、まだお互いに、若い時分だったし、
いきなり突拍子もなく、海外旅行になんか誘ったら
「少し考えさせて?」と、日にちを設けて
結局は、申し訳なさそうに謝ってたが、断られてしまった(笑)
再度今度は、交際希望だから、ブログ見てたら連絡頂戴? 
 

●昆千永ちゃん
◎同じ住まいだった
横浜大規模芸能人御用達3DK分譲永田団地にて、
我、各分野有名人日本一多数輩出永田台小学校からの、幼馴染みの、
身長約170センチ絶世長身美女!
例の、歴代永田中史上に、影沢章子か、昆奈緒ちゃんかと、言う位の
(修羅の青春記複数画像あり)
僕タンはやはり、章子ちゃんに軍配だが、僕タンも、ちょっとした知り合いの面識はある
長身絶世美女である、元タレントの、昆奈緒ちゃんの、実姉で、
何と!この昆兄弟の、ママと、僕タンのママも、親友!家族ぐるみの幼馴染!
中学時代に、例の前出の、あるラジオ番組にハガキを送って、当選したら内容は忘れたが
電話で喋るコーナーに、見事当選し、僕タンがたまたま留守の時に、
ラジオ局から、自宅に電話があったので、ママが対応して
先方が「では、またお電話します!」と言ってたとのことなので、
僕タンは、てっきりまた、電話が、かかってきて、次の日にでも、ラジオ出演が出来ると思い込んでしまい
学校の男女のみんなに、それを知らせてしまったら、同級生全校の、大半が
その日に、ラジオ前に待機をして、聴いてくれようと、してしたにも関わらず、
結局電話もなく、中止のオシャカで、次の日に学校行ったら、
男女からの顰蹙(ひんしゅく)の眼差しで、嘘つき扱いの如く、赤っ恥をかいたことがあるのだが
その時に、夜に放送の勘違いの、その前の、夕方くらいに、千永ちゃんと団地前で、
バッタリ会った時に「山根さん!ラジオに出るんだって?」と聞いてきたり、
中学卒業後には、たまに電話連絡も、取ってた時に
千永ちゃんが、例の「小学生時代の山根さんは、凶暴で恐かった!」との発言でもお馴染み!
荒くれてた小学生番長時代は、どうやら、僕タンはよく覚えてないが、
千恵ちゃんにも、手を出して、暴行をしていたらしい!
彼女の周りは、友達や、取り巻きは、男女の高嶺の花である、スチュワーデス(現在呼び名ⅭA)が多く、
記憶が定かではないし、ここだけはハッキリしないのだが
確か、千永ちゃん自身も、、スチュワーデスになったと思うが!
そして昆家族が、韓国人疑惑があり、悪い差別の意味ではなく、
純粋に、その事を尋ねたら「またその件は、今度話するから」と言って、人種に抵抗があるのか、
素っ気なく、疎遠になってる。
ブログ見てたら、連絡頂戴? 
 

長身のかおりよりも、3センチくらい高いんだから
現在の推定身長は、170センチ以上
●香山由美ちゃん
中学女子生徒世界一粒揃い、永田JⅭ絶世美女卒アル山根ガールズ特集の、
最後に締め括るのは、この子は僕タンとは、中学時代も卒業後も、一切関係も縁もなく
山根ガールズではないのだが、最近卒アルを、じっくり見回しての、
卒アルサーフィンしてたら、人間みんな、中学時代に、喋ったことも、
存在自体も知らないままの、同級生がいて、卒業してく場合もあるのも多いと思うが
この上記の、かおりの親友での「灯台下暗し」ってコトワザで、
永田同級生に、こんな身長も高い、大好物の、タイプの子がいたんだと言う、
記憶にもなかったので、改めてこの場を借りて、僕タンのドストライクで、
永田中歴代や、世界人類歴代史上トップクラスの、
身長約170センチ絶世長身美女の、まつ毛も長い、お目々クリクリキラキラの
永田のトップアイドル、山根ガールズ影沢章子タンには、さすがにかなわないが
 
そして我が、各分野有名人日本一多数輩出永田中学時代は、自分は男女の同級生達から、
何故か「山根さん」と「さん」付けで呼ばれていたり、
自分が「はいーっす」や「だめーっす」などと、フザけた言葉を発していたら、男女の同級生全校で流行ってしまい、影響力もあった。
この背も高く、170センチくらいの、ムチムチの、いい身体もしてる、絶世長身美女教師である、智子先生の
担任になったことはなかったが、学園物のテレビドラマに出てくる様な、女性熱血教師で
男女生徒たちからも、名物の人気もある先生だったが、ひょんなことから、僕タンのことを、気に入ってくれてて
好意も持ってくれてた、恩人でもあり、いつも彼女は会う度に、例の「はいーっす」や「だめーっす」の言葉を発してくれてて
これが二人の、合言葉にもなってて、ルックスも性格も、最高の先生だったが、昔の、有名人気学園物ドラマの、
「高校教師」などの、男性教師と、女子高生が「禁断恋」に陥り、駆け落ちしちゃドラマではないが、
当時僕タンはまだ、中学生だったが、多分智子先生には、告れば
「山根く~ん!何を冗談言ってんのよ~!まだ早いから、もう少し年齢行ったらね~?」と言って、
時期に、本当に交際も出来たと思う程、脈略もあった程、色恋にも近かった仲良しだった!
ある意味「高校教師」ならぬ「中学教師」と言う題名で、逆バージョンで、下手したら、
中学生が、30代の、女子長身美女熱血教師と、禁断の恋に陥ってしまう様な、
素敵な関係になる寸前の、思い出の先生!

※智子先生!元気ですか?
当時は、色々と可愛がって頂き、お世話にもなり、本当に感謝してます!
もうあれから大分、月日が経ちますが、
お陰様で、それなりに、立派になり元気でやってますよ!

先生よくさー、芸能人などが、昔の地元故郷に帰って、
地元の中学時代の、先生とかに、もうその学校には在校してなくても、
別の場所とかでも、どんな生徒だったか、聞いて出演する番組あるでしょ?
僕がもし、その立場になったら、是非とも智子さんが、良かったらお願いしますね?
当時若い頃は、素敵で綺麗な人だった智子さんも、
今は、絶世美魔女に、なられてると思うけど、
旦那さんがいるなら、失礼になり、アメリカンジョークとして、受け流せばいいですけど
これが僕のSNSでの、山根ガールズなどに、挨拶代わりのスタイルでもあるのでね(笑)
今からでも遅くないので、良かったら、僕と付き合ってよ!
当時果たせなかった、お互いに気軽な、一夫多妻などの、禁断な恋を(笑)
機会があれば、ご連絡ちょうだい!
◎小学校6年生の時に、家が目の前の団地の、自分の一歳下の少年野球のエースピッチャーのS氏と口論となり、
生意気に口答えしてきたので、自分が「お前俺とタイマン張れ」と言って、自分の同級生の二人がギャラリーで、
タイマンを張ったが、前文にも出てるが、実際は負けではないのだが、訳ありで、負けてしまったのだが、どんな訳かと言うと、
その時にギャラリーがレフリー変わりになり、タイマン前に真ん中に入って「じゃあ始め!」と音頭を取ったので、
自分が手を前に伸ばし「ちょっと!」と待ったのポーズを取った。この「ちょっと!」は同級生Fがレフリー変わりに入ってたので、
どの様になったら勝ちか負けかを確認だけするつもりで、待ったをかけたが、その「ちょっと!」を関係なく、相手のS氏は、
その隙に、すかさずヘッドロックをかけてきて、足を引っ掛けられ倒されて、そのまま両足ヘッドロックで首を絞める、三角締めをやられ、息が出来なくなり
S氏に「謝るか?」と言われ、自分が「謝る」とギブアップして、負けてしまった。
しかし、S氏の方が謝ってきたので、負けた自分に、情けをかけられたみたいで、逆に虚しくなった。
しかし言い訳になってしまうが、先程の「ちょっと!」の待ったポーズの、それがなければ、
S氏は素人で、自分は当時武道をやっていたので、自分は絶対に勝てる自信はあった。
しかし負けは負け。この時が、生涯唯一のタイマン負けだった。
しかし、その時のタイマン場所は、地面が土だったが、自分が小学生時代に、多数の人間相手に、
喧嘩や制裁でやってきた、ヘッドロック&足引っ掛けぶっ倒し全身地面に叩き付けをやられた。
今考えると、まさに人間は、自分が他人にやった悪行が、そのまま自分に返ってくる、因果応報がある事は、間違いない。
この彼とお互いに、中学を卒業してから、横浜駅で偶然バッタリ会った時に、久しぶりに話込んだのだが、
彼は自分(山根)の事を「何をやらしても凄い人」とホメてくれてたが、自分とタイマンで勝ってるのに、
そんな風に相手を立ててくれる器量の持ち主だった。彼は野球が得意で日本高校野球歴代で一番強い横浜高校に野球で行った。
横浜高校は、レギュラーになること自体難しい高校で、S氏はプロ野球を目指していた位に野球が優秀だったが、
怪我か何かでその夢を絶たれてしまい、残念である。  
◎中学一年の時に自分は入学式からチョン靴を履いていて、一歳上の上級生の先輩にも「お前チョン靴なんて履いてて良い度胸してるな」と
言われ、このホームページに写真が出ている、中学一年の時初対面の同級生の番格のN氏に、
笑いながら「チョン靴なんて履いてて誰にも何にも言われない?」と言われたことがあり、
その時は、自分はシカトをしたのだ。すると後日N氏は、二人組で来て、静かな落ち着た声で「山根、お前生意気なんだよ」と自分を、
軽くだが数発殴ったのだ。自分は「何よ?何なの?」と言っていたが、例の如く中学生はみんな完全に体も出来上がってなく、完全に物心も
ついていなく、自分は特にこの時期は落ち着いていて、しかも、この時も相手は二人だったので、多勢に無勢だ。しかしN氏は素人なので、
世界最強武道をやっていた自分は、タイマンなら勝てると思った。しかし後からN氏教室に来て「山根、ゴメンな。でも全然痛くねーべ?」と気遣ってくれた。
彼はこの中学同級生での番格で、自分は中学卒業後に少しだけ全日制の高校に行くが、そこ高校にはN氏と、もう一人の同級生のK氏と一緒で、
この高校にはN氏と一緒に通っていた。彼の家は当時の淋姦強姦の永田一家の溜り場でもあり、自分はしょっちゅう出入りしてた仲良しだった。
N氏は顔付きは、地元アメリカの、自分達の6個下の、フロイド・メイウェザーそっくりで、
世界一イカツく、身長も、ほぼ同じの、喧嘩も強い、硬派な不良で、当時から一目も置いていた。
後年彼は、蒔田の自分の一歳下の、S45年代女性達のリーダー格だった、美人のK氏と結婚し、現在も奥さんである。
蒔田の女性といえば、自分と同じ年のリーダ格だった美人のY氏とも、自分は仲良しだった。
◎中学1年の時、自分は小学生から番長として、散々タイマンや、喧嘩や悪さを繰り返して来たので、
中学からは、真面目に生きようと誓っていた。しかし、中学入学式から、
当時不良が履くチョン靴を履いていったり、中学一年でパンチパーマを掛けたりした。
自分の同級生の、後に淋姦強姦永田一家や好健会本部長兼山根会本部長となる、喧嘩も強い、性格も最高のK氏から、
自分(山根)の自宅の近所の、永田山王台と言う場所の、床屋を紹介して貰ったが、そこの床屋の店主が、当時中学一年生の、
まだあどけない子供がパンチパーマを掛けに来て、驚いていた(笑)後は、白いボンタンジャージ上下を着たり、
茶髪ホームパーマを掛けたりなどはしていたが、これらの事は永田の同級生の学年では、
自分しか居なかったし、中1パンチは全国でも殆ど居ない。
その後、先ほど書いた、自分でアイロンコテを買って、ホームパーマを掛けていた事もある。
中1のある日、当時自分の住んでいた団地の同じ棟の、小学生から幼馴染の、
一歳下の性格も最高の、弟分S氏と、自分の一歳下の目の前の団地の、性格も最高の、弟分U氏の3人で、
近所の小学校の前を歩いていたら、自分の中学の同級生の不良の男が4人と、
一歳下の小学生1人と、自分と同じ年の女2人と対面し、
その中の、このホームページにも、写真が出ている、同級生トップクラス不良D氏が「俺とタイマン張ろうぜ」と、
宣戦布告してきたが、向こうは幾らタイマンでも、D氏の味方人数が、同級生三人と、後輩一人の計四人居て、
女も合わせると、計7名で、こっちは後輩二人だけで計3人で、立場的には不利でもあった。
自分は、真面目になり、トラブルは避けていたので「いいよ、やらないよ」と拒否していたら、
周りの男も「山根、やれよ」と煽っていたが、自分は当時、小学生から、最強武道少林寺拳法をやっており、
相手のD氏は素人だったので、勝つ自身はあったが断っていた。
すると、自分の弟分S氏が「自分がやりますよ」と、言うと、相手側も丁度、S氏の同学年の、
このホームページにも、写真が出ているH氏が居たので、永田のお互いのそれぞれの
小学校番長対決となり、タイマンを張り、S氏がH氏をぶっ倒し、マウント(仰向けの所を馬乗りになる形)
を取り、数発殴ると、H氏は、「ホラ、どうした!もっと殴れよ」と、
言ったのだ。H氏は気合と根性が入っていた。S氏がまた数発殴って、H氏は、口の中を切り、
唾を吐いて、真っ赤な血ヘドが出てきた。結局S氏の勝ちだった。
しかし、H氏は、「もっと殴れ」と、全く引かなかったし、泣きを入れたり、降参した訳でも無く、
気合と根性を見せたので、全くの負けではなかった。
しかし結局は、自分がどんな理由があろうと、タイマン拒否した事には変わらず、
自分が恥をかかされた所を、S氏がフォローしてくれて、感謝している。
話は戻り、例の7対3での、タイマン話の、結局相手側のH氏は、永田中学S45年代番長で、淋姦強姦永田一家の、自分の
次の代の総長に任命し、後年魂龍会本部長補佐兼山根会本部長補佐となった。
現在も弟分のH氏が、現在は、何でも屋の自営業でやっていて、頑張ってるそうで、 彼は、自分に大きな忠誠心を持ってくれてる、
最高の弟分である。永田中学の自分の一歳上に実姉様がいて、永田中学s43女ヤンキーで一番悪の女番長だったが、
美人で性格も良く、良い人である。現在は、南中学出身の弘明寺淋姦強姦の自分より年上の、K兄弟の兄様と結婚している。
K氏も男義が強く、渋い人で、優しい方である。 自分が以前に逮捕された時にも、わざわざ、その奥様(H氏の姉様)と
一緒に現金やたくさんの衣類などを差し入れに来て頂いたりと、感謝感激であった。
因みに、この弟分のH氏は、このホームページにも、写真が出ている、以前女子プロレスラー元アイドルだった、
地元横須賀の、竹迫望美氏と付き合ってた彼氏で、望美氏が、プロレスラーになるキッカケを作ってあげた男で、
オーディションなど一緒に動いてあげていた。
その関係で、彼女は、私の家に、彼と、一緒に遊びに来たり、私を慕ってくれて、個人的に、私に、電話してきて、
遊びに誘ってくれたり、とても性格も良く、外見も、小柄だが、可愛いくて美人な子だった。
今現在は、プロレスは引退して、結婚して、幸せになってるみたいなので、良かった。
今後も影ながら、望美氏の幸せを祈っている。
S氏の方は、当時自宅が、例の同じ団地の、同じ棟の小学校から幼馴染で、少年野球も永田中学も(彼は一年まで)一緒で、永田中学1年生で、その代の番長となったが、
家庭の事情で千葉に引っ越してしまったが、
 一歳下の、各分野有名人日本一多数輩出中学S45年代永田中学番長で、性格も最高の弟分の後輩として、
元、新日本プロレスのプロレスラーで、
 新日本プロレスは、入門するだけでも厳しい難関だそうで、
S氏こと坂井直樹氏が、新日本プロレスに合格入門したツワモノだが、メジャーデビューはしなかったマイナーだが、
日本トップクラスプロレスラーの、武藤敬司氏の若い衆として、立派なプロレスラーとして、
トレーニングを重ねてたが、ある日、腐れ外道の兄貴分にキレて、ブッチメて、退団したイケイケツワモノである。
その後、稲川会群馬大前田一家vs住吉会幸平一家矢野睦会の、四ツ木斎場事件をきっかけとした起きた
幸平一家山本開一組長による
細田組組長、南波興業組長など5人の射殺した、
伝説の死刑囚親分の、イケイケ埼玉山本組から、
預かり移籍の、坂井直樹氏は、
現在は、板橋の幸平一家佐藤睦かどっかに、
 全国ヤクザ現役中ステゴロ最強プロレスラー極道として、
現役の時からの、数年前に、ネット掲示板で、実に長年ぶりに、
挨拶レスを、多数くれまして、その便りは
僕と彼しか知らない、内容でしたので、成り済ましじゃなかったし、
涙が出る程、嬉しかった!
彼はまだ、多分現役だと思うのですが、当時ブログでも、彼に記した、僕の連絡先の方に、連絡が欲しいし、
いつも自分に対して、いつも礼儀正しく、忠誠心も大きく持っていてくれていた。
とても懐かしく、彼の今後の、益々の発展と活躍を祈っている。
D氏とは、その後も何かと悪い因縁と良い因縁に分かれるが
中学時代には、確か、2年生の時だったと思うが、同級生のトップクラス不良である、

同じクラスであったS氏と、別教室での、工作の授業中に、トラブルとなり、当時の担当先生のT氏と、
自分は仲良しで、谷川治と言うフルネームだったので、通称(やせんじ)と、
生徒達から呼ばれていた、人柄も最高の、好きな先生だったが、
その時に、授業中に、S氏に対して、タイマン宣戦布告をした自分に対して、
普通の先生なら止めるのだが、T先生は、椅子に腰掛けながら、ニコニコしながら
何と!「やっていいよ!見てるから!」と、発言したのだ!
おいおい!教師が止めないで、タイマンやらせるんか~い(爆笑)と思ったが、
結局、クラス全体生徒と、T先生と、一階の教室だったので、この自伝文章にも多数登場する、
同級生トップクラス不良だった、性格も最高の長身イケメンの、親友だったF氏が、
中学の、一歳上の不良のH氏と二人で、授業をサボっていて、外から、何事かと、その二人も覗いてた!
その大人数が見てる前で、その全員が証人である目撃者の中、タイマンが行われ、
自分は「テメーから殴って来いよ!ホラ!」など、怒鳴りながら、少林寺拳法技の関節技などを使い、
S氏が「いてて!少林寺か!」と怯み、すったもんだがしばらくあり、20分くらいは、掛け合いや
揉み合いや、取っ組み合いなど続き、最終的にはS氏が「わかったよ!」と降参したタイマンで、
そんな大したタイマンではなかったが、自分が一応は勝ったタイマンだったが、
後日S氏が、自分一人では、俺には勝てないからって、その後、当時S氏とコンビだった、
D氏と一緒に、報復で、二対一でやられたことがあったのだ!

◎自分が中学時に、同級生に、女生徒からモテモテの、アイドル的生徒がいた。
A氏と言って、神戸から、小学生の時に、引っ越して来た男だった。
顔は、メッチャイケメンで、長身で、性格も良く、スポーツ万能、不良ではなかったが、
身体も、当時から大きく、現在の推定身長は、僕タンと同じくらいの、
180センチはあるはずなので、多分喧嘩も強かったと思う。
自分としては、中学時代の、心の中での、ひそかなライバルであった。
ちょっとした顔見知りになり、会えば会話する程度の仲であったが、
例の同級生全校で流行った、山根語録の「はいーっす!」「だめーっす!」の、
合言葉挨拶も、会う度に、一番元気よく、楽しそうにやってくれてのも、彼が一番だった!
愛想が悪い奴なら、「この小僧生意気だな!」となるし、ライバル心も、強くもなるが、
顔はイケメンで、長身で、女子生徒にモテモテで、性格も良く、スポーツ万能、喧嘩も強く
不良じゃないが、同級生の不良だろうが、真面目生徒だろうが、分け隔てなく、誰とでも仲良くしてたし
俺に対しても、明るく振る舞い、社交性も抜群で、運動神経の、スポーツ万能でもあり
以前書いたが、中学時代には、僕タンは、サッカーも一番だったのだが、
この運動神経抜群のスポーツ万能の、A中心のグループと、体育の授業か何かで、
組別対抗戦だったか、試合した時には、Aが僕タンのドリブルやフェイントに、
しつこく食い付いてきてて、苦戦もしたのも覚えてるし、
とにかく、抜群のルックスの良さに、兼ね備わってるものも、半端なく
何拍子も揃って、完璧に近く、欠点があまりなく、非の打ち所がない、
当時の中学時代でなら、全国歴代中学でも、
間違いなく、個人ではこのAが、人間総合力トップだったと思う!
女子生徒も、s44JⅭもレベルが、絶世美女が多く、世界一粒揃いで、
全国歴代中学トップ絶世美女揃いは、間違いない中学なので、
今考えたら「類は友を呼ぶ」で、自然の原理で、そう言う男女が、集まる中学だったのだと思う!
加えて、s44同期の男女でも、まさしく後には、群を抜いての、一人勝で出世もしてしまう、
山根健一と言う、人類史上最強説アウトロー&人間総合力世界一になる僕タンも存在した
まさに、各分野有名人日本一多数輩出中学永田は、永久に不滅です!
話は戻り、すでに、中学入学一年当初から、男女の生徒が「格好いい」と、
教室に、数人で見学に行ってた程の、男だった!
当時から可愛いと思ってた、身長165くらいの、同級生でもアイドル級に、絶世美女藤〇美〇子も、
彼女とは、中学時代、たまたま会話したことはないが、
彼女もAのことを、騒いでたのも、鮮明に覚えてる!
僕タンも、小学校から本日まで、、この様な経験は、何回かはあるが、
こいつの、騒がれ様は、尋常ではなかったので、
後年、芸能界に進み、日本一ブランド芸能プロジャニーズや、
他、プロダクであろうが、アイドルや俳優をやれば、
レベルを落としても、ホスト業界など、ルックスを売る世界に行けば
間違いなく売れたのに、後年現在まで、その様な形跡はないので、
勿体無いなかったと思う!
でも当時は、同じ男として、同級生の立場で、そう何でも完璧に、やられてはと、
男としては、みにくい、嫉妬、僻み、妬みがあったのだ。
ある日、自分が、このに対して、ライバル意識と言う物が、一切無くなり、
愚かだと、思った出来事が起こった。
例の前出文章での、永田同級生トップクラスの不良だったS氏との、タイマン勝利の報復で、
S氏が親友のD氏を連れて、二対一で殴られたことがあったのは、前出でも掲載してるが、
その時に「俺とのタイマンは、勝てねーと思って、二対一で、ダサくて弱くて、汚ねー野郎だ」と思った。
中学生は、まだみんな完全に体も出来上がってなく、完全に物心もついていない時期であり、
自分は特に、落ち着いていた時期だった。
しかも人間は、幾ら喧嘩が強くても、多勢に無勢と言って、人数多い相手には勝てず、
漫画や映画の様に、一人で複数人もの、相手に勝つなど有り得ない。
俺が殴られてる時jに、その時、A氏が近くに居て、その現場に止めに入り
「山根さん、早く向こうに行っちゃいな!」と言ったのだ。
自分はそこで、逃げるような、格好悪い事はしたくなかったので、相手が殴り終わるまでグッとこらえ、
終わった後に、少しだけだが顔が腫れた、無様な自分を、Aはわざわざ、保健室に連れて行ってくれて、
女医が「どうしたの?」と聞くと、A氏は何と!「階段で転んだの」と言ったのだ。
自分がA氏に「ごめんねー、ありがとうねー」と言い、A氏は去って行った。
自分はこの瞬間、何ていい奴なんだ!こんな人間の、出来ている奴に対して、
今までライバル意識を燃やして、何て馬鹿だったんだと思って感じたのだ。
自分はこの時点でA氏には負けたのだと思った。
A氏とは勝ち負けの問題ではないのだが、自分の気持ちはA氏に負けたのだ。
この件で、顔が少し腫れたので、次の日学校を休んだら、
S氏とD氏と、二人の親御さんが、私の自宅に、菓子折りを持って、
侘びを入れに来たので、私は対応はしなかったが、母が対応して、手打ちとなった。 

後は、D氏とのエピソードは、10代右翼の頃に、自分の紹介でD氏も入会した。
日本トップクラス任侠組織稲◯会渋谷三本杉一家系任侠右翼大行社横浜支部の定例会の二次会の時、
自分の、地元戸塚の年上の、性格も最高の、兄貴分格のU氏(現在は、横浜支部長の、輝かしい座布団のポストにいる)に
自分が「右翼やりながら暴走族やるな」と説教されてて、
酔っ払ったD氏が、その時、定例会で話題になってた、右翼と同時進行の、 山根淋姦強姦二代目総長反対の件で、
D氏が二代目総長になれなかった事に対して、嫉妬し、プラス、永田s45N氏と言う、真面目な人間が、他人に永田の悪口を
吹いてたので、自分がN氏に電話で脅かして、追い込みを掛けていた時期でもあったので、
その件で、Dが「Nイジメるなよ」と言って来て、自分の事を、U氏とD氏と一緒になって責めて来てたので、
自分が、逆にU氏とD氏に歯向かった。 自分は、素人のD氏にはタイマンは勝てる自信があるのだが、
兄貴分格と一緒で、しかもベロンベロンに酔っ払ってる勢いで、 二対一でD氏が殴って来た。
その際に足がつんのめって、つまずいて転んでしまった。
そしてU氏に止められた自分は、酔っ払ったD氏を、子供を、あやす様に
「いやーDちゃんのパンチ効いたよ」と 笑いながら言っていた。
後年D氏と、お互いが堅気の25歳の頃、自分の一歳上の、淋姦強姦永田一家だったY氏と、 二人で一緒に居たD氏と、
ある場所で偶然会い、自分がD氏と、一対一で口論になり、自分が タイマンを張るつもりで「ハッキリさせようよ」と突っ掛かると、
今度はD氏が引いた。しかし18歳位の時に、自分の一歳上の、淋姦強姦永田一家の同じ団地だった幼馴染みの先輩O氏と、
付き合ってた、自分も仲良しだった自分の一歳下の戸塚の美人ヤンキー彼女のことを、自分が悪口を言っていると、
先輩が自分に事実確認を取ろうとしていた時に、D氏が「山根はそんな事は言わない」と自分をかばってくれた事を、
このO氏から聞いた。D氏に感謝した。自分は、実際にそんな事は誰にも言っていない事実無根だった為、
そんな嘘をついてる野郎を探すこととなった。
後は自分が、18歳の頃に、伊勢佐木町にある、当時の右翼の事務所当番を、しばらくサボっていた時期があり、
それが後日に問題になり、自分がケジメや詫びを入れに、腹をくくって事務所に一人で行って、土下座をして謝ると、地元永田の年上の、
イケイケで、性格も最高の男前の、兄貴分のF氏と、大好きの、自分の三歳上の地元が泉区の、
後に日本最大最強任侠組織五代目山口組小西一家堀政連合系組員となる、S氏の二人がいて、
F氏が「いいから、いいから。頭上げろよ。Dが山根を一生懸命に、かばってたんだよ」と言って、
S氏が「山根て顔立ちが良いですよね」と、S氏が、その流れに全然関係ない話をしてて受けた(笑)
それは、ここの最高だった、故人となった、当時の横浜支部長の実弟の、副支部長も、同じ事を言ってくれてたが、
けど、それはS氏が、その場の雰囲気を和ませる為に、自分をほめてくれて嬉しかった。
何のケジメや処分もなかった。D氏や兄貴分達に感謝した。ここの右翼の当時、F兄貴と兄弟分の前文に出てくるU氏も良い人だった。
D氏は男義のある、思いやりのある不良だった。D氏は永田中学時代同級生でトップクラスの番格の不良だった。その後も不良で名を売っていた。
ある日、二人で遊んでいて、自分が、そろそろ帰る話をしていると、「山根さん、もう帰っちゃうの?寂しいな~…」と、心優しい、純粋な一面もあった、良い奴であった。
しかし、中学時代から色々と因縁がある縁だったが、良きライバルでもあり、影ながら自分を支えてくれていた良き同士だった。
でも今度は、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)などの、ネット掲示板は、自分が30歳の頃から、発足されてるが、最初の頃には、Dも
この後に、話が出てくるFも、
チョロチョロと、山根中傷書き込みをしてることが、自分と相手しか知らない内容があり、捏造や脚色しながらの、
書き込み証拠の証明があった為に、この二人には、理由はどうであれ、昔殴られた、お返しのお礼のついでに、
後に、山根ブログ記事にて、少数アンチ山根の内の一人として、アチコチの場所での、一対一の、非合法タイマンや、
渋谷ジム合法タイマン宣戦布告で、待ち合わせで、何回か呼び出したが、二人共に、ビビってバックレてるのである!
特にⅮの方は、2020年に、今度はブログコメントに、成り済ましではなく、喧嘩腰で、コメントが来たので、
Dその時には、さすがに、もうこっちも一歩も引かずに、
散々クンロク、発狂して、返り討ちのお返もし、世界最強vs恐怖の死の渋谷ジム合法タイマンも宣戦布告したら、
向こうはビビッて、降参して、謝罪の詫びを入れてきたので、完全和解の手打ちとなり(当時のやり取りが、この修羅の青春の14ページに転載)
それ以降は、自分に対する、山根捏造や負け犬遠吠え書き込みも、していないと思うし、元々は、二人共に、
最高の複数の内の、親友の二人だったし、例の二人には、感謝しなくてはならない件もあるので、この二人が、
そのタイマン拒否の、山根不戦勝により、昔の殴られた件は、おあいこ様で、精算されたのである!
でも2019年、何と!この地元の、色々あったが、横並びの、最高の同志だった、永田戦士Dが、
病気で、故人となって、この世を去ってしまったのだ!
彼との、悪いシガラミの、思い出も含めて、一生忘れない!
後はここの当時、支部長と副支部長だった、I兄弟にも世話になり、副支部長だった、弟の方には、会う度に「山根は、男前だよ」と言ってくれていた。
そして、ここの自分と同じ年の元、戸塚音総長Y氏とも、仲良しだった。他の隊員達とも、自分は仲良しだった。
自分がここの右翼を辞めた後、20歳位の日本トップクラス任侠組織組員だった時、港定時の後輩達と計4人で戸塚祭に遊びに行った時、
戸塚の暴走族約20人と喧嘩になり、一人で突っ込んで来た奴に、自分は蹴りをぶっ込むと、何処からか
「山根~、喧嘩ばっかしてんなよ(笑)」と懐かしい声がしてきた。子分達約10名程を連れてた、U氏とS氏だった。
U氏が「喧嘩ばっかすんな」と言っているのは、自分がそこの右翼に在籍している時、当時堅気だった、自分の一歳上の
元、淋姦強姦永田一家総長O氏と、自分と2人で、井土ヶ谷近くを歩いている時、相手が2人組の年上の極道達と喧嘩になり、
自分は相手の洋服を引っ張り「何だテメー!いきなりこの野郎!」と、突っ掛かったが、相手の一人が、自宅から包丁を持ち出して来たので、
振り回して突っ込んできたので、二対二の素手の喧嘩なのに、凶器でしか太刀打ち出来ずに、ダサくて、汚ねー
ヤクザだと思ったが、やはり包丁相手には、誰でも形勢不利になり、一回体をかわしたが、住民から通報され、
お互いが警察署に行く事になった!そこに、このホームページにも写真が出ている、自分の一歳上の好きな、当時堅気で、自分の紹介で、
そこの大行社横浜支部に入る予定となっていた元、淋姦強姦弘明寺総長のO氏と、自分と同じ年の、六ッ川のヤンキーで、長身超絶美女の、
当時は、O氏の彼女であるM氏が、警察署に永田のO氏が呼び、駆け付けてくれてたが、自分と永田のO氏3人で、喧嘩の続きを警察署の中で始めてしまい、
相手の極道の組長も駆けつけていたが、弘明寺O氏が極道をボコボコに〆た。
そして相手の、横浜任侠組織双愛会系組長と、自分が話し合いをした。
しかし、その件で自分の大行社横浜支部と、相手の横浜任侠組識のそこの組とで、問題となり、
当時の横浜支部長I氏(後年大行社会長となる)から「頭を冷やせ」と、自分が一回謹慎になった事があった。
しかし、自分は、自分達のとった行動は、間違いなかったし、後悔もしていない。むしろ、弘明寺のO氏には、最後のトドメを、
良くやってくれたと、エールを送りたいし、大好きな先輩だし、さすがは、淋姦強姦弘明寺のs43総長だと思った!
話は戻り、戸塚祭りでのU氏は、この喧嘩の事を言っていたんだと思う(笑)結局、戸塚祭で揉めた相手暴走族が、
全日本レーシング連盟湘南連合戸塚音S47総長の、菊◯(あだ名がチェーピー)という、泉区中田中学出身の、有名暴走族だった。
自分の事を知っていたと言う事と、U氏とS氏の後輩だった為、和解した。
ここの中田中学出身の、自分の同じ年の戸塚音の
総長Y氏は、長身精悍な、戸塚の有名暴走族だが、
大行社横浜支部の同じメンバーの、同士でもあった。結局前出の謹慎が、しばらくして空けて、
U氏から電話がかかってきて「もうI支部長が復帰させてやると言ってるから」と、謹慎解除を頂いたが、
自分はその時点で、大行社の看板では、喧嘩が出来ないなら、
やる気がなくなってしまい「謹慎解除は有難たいのですが、申し訳ありませんが、もうやる気がなくなってしまったので、
すいませんが、辞めさせて頂きます。」と言って、辞退をすることになったのだ。
しかしここの大行社横浜支部での右翼経験は、人生史上に、トップクラスだったし、
後の、日本一ヤクザ右翼好健会結成などに、生かせることになるのであった。
◎そして中学時代は、自分は男女の同級生達から、何故か「山根さん」と「さん」付けで呼ばれていたり、
自分が「はいーっす」や「だめーっす」などと、フザけた言葉を発していたら、男女の同級生全校で流行ってしまい、影響力もあった。 
◎同級生トップクラスアウトローのF氏とは、まず彼は、背も高く男前で、イザとなれば喧嘩早く、
自分も面識がある、当時、永田中学S42年代番長兼、当時、横浜市全中学S42年代中学時代総番長と言われていた、Y氏の弟分でもあった。
Y氏は後に、稲〇会大野一家系組員となった。
永田同級生は中学時は10人位不良がいたが、彼はトップクラスだった。
そしてF氏は、他校の某中学生達が遊びに来てた横浜西口に、F氏は中学一年から数人で出向き、
その他校の生徒達と喧嘩してたり、永田の同級生はF氏に数人殴られた。
自分はF氏とは、中学一年と中学三年と、同じクラスになったという縁があったが、以前、良いシガラミと悪いシガラミの、
色々なシガラミがあり、彼のあだ名が「坊ちゃま」というあだ名だったのだが、
俺がある日、数人の友達と話をしている時に「坊ちゃまは、最初はAをイジメていたが、最近はYをイジメてるな」と、言った事があるのだが、
人に悪口のつもりで言っていない事がF氏には、人から悪口に聞こえてしまい、二対一で、
数発殴られた事があった。自分は当時武道をやっていて、F氏は素人だったので、タイマンは勝つ自信はあったし、中学生は、
まだみんな完全に体も出来上がってなく、完全に物心もついていない時期であり、自分は特に、落ち着いていた時期だった。
しかも人間は、幾ら喧嘩が強くても、多勢に無勢と言って、人数多い相手には勝てず、漫画や映画の様に、
一人で何人も相手に勝つなど有り得ない。
中学の時に、中学校の廊下で、数人でサッカーをやってて、皆は、ボールに集中し追ってたが、
自分は、サッカーなどどうでもよく、サッカーをやってる振りをしながら、ふざけて、笑いながら、
不良の同級生だったY氏に、自分が体当たりタックルして、
Y氏が吹っ飛びぶっ倒れ、またサッカーをやりながら、笑いながら体当たりして、Y氏が吹っ飛びぶっ倒れを、繰り返していて、イジメていたら、
さすがに切れたY氏が、自分がボールに集中していて、自分がY氏を見てない時のタイミングを見計らって、不意打ちで、
体全身で、飛びながら、自分の体に体当たりしてきて、自分はその拍子に後頭部を、思いっ切り壁にぶつけ、あまりの痛さに、後頭部を、両手で押さえながら、しばらく悶絶し、
後頭部を切ったと言う次元ではなく、パックリ割れてしまい、大出血していた。
その時に、自分を真っ先に肩を抱えて、病院に連れて行ってくれたのが、不良のF氏だった。その時は、Y氏も一緒にF氏と
一緒に自分を抱えてくれた。その時は、頭を打った程度なので、実は一人で余裕で歩けたが、二人の好意に甘えた。
結局は、結構な数針縫う、怪我だったが、その時に実感したのが、サッカーの試合なのに、理不尽なことをやり、人をイジメて、
中々止めずに調子に乗ったという天罰が下ったと思ったのと、イジメられた復讐でやったY氏やF氏が、病院に連れて行ってくれた
有り難みだった。中三の時に、F氏と自分と、前出の京都から引っ越してきたN氏の三人で、
学校から一緒に帰り、下校する約束をして、自分とF氏の二人が先に、正門で待っていたが、N氏が遅れて中々来なかったので、
F氏がかったるい顔をしていたし、自分も待ちきれなかったので、F氏に「おせえなー!もう帰っちゃおう」と言って、帰ってしまったにも関わらず、
N氏から「何で帰っちゃったの?」と聞かれた時、「坊ちゃま(F氏のあだ名)が帰ろうって言ったから」とF氏のせいにしてしまった件は、
自分が一方的に悪くて、大義名分が、完全にF氏にあった為に、この時は中学三年の時で、F氏側が一人で、自分一人での一対一で、数発殴られてしまい、
そして中三の時に、彼が、大事にしていた通学用のバッグを、教室内で走っていた俺が、わざとではないが、踏みつけてしまい、
そこで謝らず、何事もなかったかの用にトボケていたら、ワンパンを喰らってしまった事もある。
この様に、F氏からは、全て自分が悪かった為に、大義名分が完全に不利だった為に、
幾らこっちが世界最強武道の達人だからといって、
大義名分など、不利なシガラミがあった為、
全て自分が、抵抗出来ない状態で、二対一や、一対一での、
複数回、数発殴られたことがあった相手だったが、
と言っても中学時代にプライベートでも仲良しで、お互いの家に
行き来する親友同然の中だったし、たかが、子供のガキの頃の、
親友同士の、イザコザだったし、自分を殴ったF氏だったが、性格はよかった。
例の前出の、サッカーY氏体当たりイジメによる、頭部負傷病院行きの件や、
例の前出の、中三での、F氏から、殴られた件の前か後かのどっちかは、時系列は忘れたが、
ある日、中学での修学旅行の前に、自分は「修学旅行には、面倒臭いから行きたくない」と、こぼしていたら、
F氏が色々と説得してくれて、結局自分も行くことになり、
旅行中も色々自分を楽しませてくれて「どーよ?楽しいじゃん?」と気を使ってくれてお陰で楽しい修学旅行となった。
中学三年生の時には、このF氏と、体育の授業や、休み時間には、
よく、サッカー試合を、味方と敵とで、やっていたが、自分はスポーツや武道は、
少林寺拳法と野球の他に、サッカーが凄く得意だったので、俺の上手さに、
F氏は「スゲー上手いな!」と、よく絶賛して、ホメテくれてて、F氏と自分とも仲良しだった、
同級生の、永田中学野球部のエースピッチャーだったW氏にも、俺のサッカーの上手さを、
ホメテくれたら、W氏は「マジで?キャプテン翼じゃん(昔の、人気有名サッカー漫画)」と、
驚いてくれてた時も、嬉しくて、懐かしい!
彼には、ヤンキーだった、性格も最高の、絶世美人の、実のお姉さんがいて、
自分達が、中学時代には、そのお姉さんは、すでに、彼氏と同棲していて、自分達が、中学時代、F氏から誘われて、二人で、
何処の場所かは忘れたが、そのお姉さんの、自宅に遊びに行った事があるのだが、その電車で行った、帰りの席が、一つだけ空いてたが、
俺達は、二人なので、どっちか一人が、座れるのだが、
F氏は、即座に、席を俺に譲ってくれて、F氏は立っていたと言う、性格も最高の、男義のある奴だったのだ!
中学卒業後も、近くの野球場での、同級生での野球大会に誘ってくれたり、
自分が17歳の暴走族の時に、F氏が、永田の仲間の、永田野球部だった、性格も最高の、ゴッツイ
不良のN氏や、前出の仲良しだったW氏や、淋姦強姦永田一家で、後に、好健会兼山根会本部長となるK氏や、永田中学の二個下の、
性格も最高の、不良の後輩二人の、合計6人で、
井土ヶ谷で夜遊びしてる時も、自分が、F氏から誘われて、F氏は、暴走族には成らなかったが、当時
俺が乗ってた、愛車CBXを、皆で乗り回して、遊んでいる時に、F氏が
俺の事を「こう言う奴は、鉄パイプで、イキナリ襲って来るから、危ねーからな!」と、暴走族の俺を、
一目置いてくれてもいたのも、嬉しかったのである!その時は、井土ヶ谷の寿司屋で、
永田の、年上の不良の家族がやってる店から、数人が、出て来て、大声で注意して来たので、皆で退散した!(笑)
  F氏は、中学を卒業すると、パッタリ落ち着いてしまったが、
あのまま不良を続けてれば、間違いなく出世した、有名アウトローとなった逸材だった。
でも、さっきの文章とダブってしまうが、でも今度は、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)などの、ネット掲示板は、自分が30歳の頃から、発足されてるが、
最初の頃には、DもFも、チョロチョロと、山根中傷書き込みをしてることが、自分と相手しか知らない内容があり、捏造や脚色しながらの、
書き込み証拠の証明があった為に、この二人には、理由はどうであれ、昔殴られた、お返しのお礼のついでに、
後に、山根ブログ記事にて、少数アンチ山根の内の一人として、アチコチの場所での、一対一の、非合法タイマンや、
渋谷ジム合法タイマン宣戦布告で、待ち合わせで、何回か呼び出したが、二人共に、ビビってバックレてるのである!
特にⅮの方は、2019年に、今度はブログコメントに、成り済ましではなく、喧嘩腰で、コメントが来たので、
Dその時には、さすがに、もうこっちも一歩も引かずに、
散々クンロク、発狂して、返り討ちのお返もし、世界最強vs恐怖の死の渋谷ジム合法タイマンも宣戦布告したら、
向こうはビビッて、降参して、謝罪の詫びを入れてきたので、完全和解の手打ちとなり(当時のやり取りが、この修羅の青春の14ページに転載)
それ以降は、自分に対する、山根捏造や負け犬遠吠え書き込みも、していないと思うし、元々は、二人共に、
最高の複数の内の、親友の二人だったし、例の二人には、感謝しなくてはならない件もあるので、この二人が、
そのタイマン拒否の、山根不戦勝により、昔の殴られた件は、おあいこ様で、精算されたのである!
この地元の、色々あったが、横並びの、最高の同志だった、永田戦士Fとも、
彼との、悪いシガラミの、思い出も含めて、一生忘れない!
後は中学時代と言うと、同級生で一番の苛められっ子のN氏が、いつも苛められていて、可哀想だったので、
校庭で優しく話しかけたら、八つ当たりで、いきなり、喧嘩もしたこともないような、ロボコンパンチで、
殴り掛かってきたので、違う意味で怖かったので、自分は走って逃げたが、
追い掛けて来て攻撃してきたので、自分も反撃したが、もう彼は精神的にもおかしくなっていた。
その後も納得がいかず、こっちが、ふざけて笑いながらだが、N氏にタイマンを申し込んだら、向こうも笑いながら、逃げたので勘弁していたら、
ある時また、揉めて、廊下で殴り掛かってきたので、コイツはもう、同級生達に苛められ過ぎて、
ノイローゼになり、頭がおかしくなっていたので、こっちもまた相手にせず、一応逃げたのだが、
また追い掛けて来て、殴ってきたので「わかった!わかった!もうわかったから!」と引いて、可哀想な男だったので、相手にするのを止めた。
後は、親友の内の一人だった、身長が180センチ以上あった、野球部のS氏と、バレーボールの授業中に、
相手側のS氏を、おちょくりながら、やっていた事があり、試合が終わり、廊下を歩いていたら、
S氏が「山根さ~ん!何してるの~!」と、スキップしながら近付いてきて、次の瞬間バチン!
と、顔面にお返しに、一発殴られたのだ。おちょくられたことに対する『目には目を、歯には歯を』と言う、攻撃であった。
彼とは、その後も仲良しであったが、後年お互いに、30代の時に、偶然横浜西口の五番街で会い、
自分の、浜連相談役の名刺を渡したら「これ、ヤバイの~?」恐縮してくれていた。
◎中学3年の時、京都から引っ越して来た不良の同級生の
当時自分の親友だったイケメンN氏と、放課後に、隣町蒔田のゲームセンターに遊びに行く途中、
自分達二人は私服で、自分が直毛だったが、茶髪で、N氏も、私服でオールバックで
2人共目立っていた為、井土ヶ谷辺りで、向こうから蒔田中学の、自分達と同じ年の
不良3人組が、1人が自転車1台に乗り、走って来て、その内の副番長I氏が
「何処の中学?」と聞いてきたので、N氏が「永田中」と答えると、I氏が自分達それぞれに、
名前を聞いてきたので、自分達が、それぞれ名前を答えると、
I氏が首を横に振り「聞いた事ねーなー」と言い、自分は心の中で
『隣町の人間ですら、自分を知らないのか』と言う劣等感に見舞われたが、
『まぁ、中学時代、落ち着いていたからこんなモンか』と思った。
I氏が番長のO氏に、「どうする?」と問いかけた。O氏は自分達に
「これから何処行くの?」と尋ねて来たので、自分達が、
「あそこのゲームセンター」と答えると、O氏は「俺達もあっちの方に
行くから、そこまで一緒に行こう」と、仲良くなり、その途中O氏が
自分に「髪の毛茶髪だね」と、笑いながら言っていた。
そしてO氏がN氏に「中○来ねーの?」と言っていて、O氏は
番格の中○の事は知っているのかと思った。自分はこのO氏には
感銘を受けた。3対2だったのだから有利で、喧嘩をやれば
勝つ所を、何もせずに和解した彼の性格に感銘した。
しかも彼は、全く偉そうにせず言葉遣いもソフトで、フレンドリーだった。
O氏と言えば、当時同級生の中でも横浜トップクラスの中学生だった。
その後、お互いに暴走族の、彼は浜連蒔田ロードランナー総長の、現役の時にこのO氏とは、
集会前や集会中に、再会するが、O氏の方は自分に「芸能界を紹介してよ」と言っていた。
彼は後に、稲川会杉浦一家浅野組組員となり、現在は堅気である。彼は背も高く、男前で、
人間総合力を兼ね備えている人物だった。彼とは縁があり、彼が付き合っていた、
地元が弘明寺の自分の一歳上の、背が高くて、超絶美人の女ヤンキーだったT氏とも、自分は仲良しで、
10代の頃、T氏と二人で一緒に車で集会に出たりする仲良しだった。同じく地元が弘明寺の、
自分の一歳上の美人の女ヤンキーだったA氏とも、自分は18歳位の時一緒に、車で集会に出た事もある。
副番長I氏の方は、同じく蒔田ロードランナーで、後に同じく浅野組だった。10代の時に自分の中学からの同級生の、淋姦や山根会となるK氏の家で再会し、
その後もよく電話で会話をしたり仲良しだった。そして、ここの中学の番格で自分と同じ年の元、浜連
黄金族総長のI氏とも、自分は仲良しで、良く遊んでいた。彼は自分の刺青を、良くほめていてくれていた。
この他にも蒔田は、一緒に草野球をやったS42番格のK氏、
蒔田中学S45番長A氏、K氏、港定時の後輩だったS46のI氏、S47番長M氏、港定時の後輩だった
S48蒔田ロードランナーT氏や、T氏の蒔田の同じ年の友達達も自分は仲良しだった。
s49蒔田中番格のM氏は、弟分の様な、仲良しの後輩で、元黄金族リーダー格で、元、日本トップクラス任侠組織稲◯会杉浦一家焼山組で、交通事故による故人である。
共進は、S43黄金族だったI氏、同じく黄金族だったI氏、s44とs45の浜連有名人Y兄弟、S44K氏、S氏、S44の女番格だったE姉妹の姉は、港定時で仲良しだった。
弟分だったS45番長O氏、同じく港定時の弟分だったK氏、黄金族だったイケメンS氏、S46港定時の後輩だったO氏、
s48日本トップクラス任侠組織稲◯会砥〇組幹部のS氏、s48元、日本トップクラス任侠組織稲◯会一ノ瀬一家新井組幹部のS氏、
 S51年黄金族総長で元、日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家系組員K氏、
同じくS51の黄金族で自分の事を憧れてくれた男前のI氏、同じくS51のM氏とも仲良しだった。
◎中学を卒業すると、15歳で横浜私立瀬谷隼人高校に入学した。隼人高校は、自分の中学生から、同級生だった、番格のN氏と、同級生のK氏と一緒になり、
最初の頃は、K氏の、気さくなお父様が(数年前も連絡をとった)自家用乗用車で、
自分達三人を、通学で送ってくれていた程の、良い人で、自宅も永田の立派な一軒家で、
自営業の社長である。
しかし、自分達s44代の連中は、第二期生だったが、先生を教官と呼ぶように義務付けられて、
毎朝の朝礼も軍隊並みの、システムの朝礼など、とにかく厳しい規律の高校だったので、
K氏の父親が送ってくれたのは良かったものの、正門で教官に呼ばれ、
「今、車で送ってもらった人間は誰だ?」など、チェックが入り、説教されるなどした。
K氏とは、同じクラスになったりして、仲良しで、自分が、校則の厳しさと、通学の遠さに
耐えられない理由で、自主退学したが、その後、M定時制に入学すると、K氏も、
自分の定時制に入りたいと、希望して、隼人を辞めた。
そこで、定時制で、あるトラブルが起きる。自分が隼人時代に、K氏の前で、ある友達だった
別の地元の同級生が、ふざけて絡んで来た後に「嘘だよーん(笑)」とギャグをやったことがあるのだが、
そいつとは、仲も良かったし、プライベートでも遊んだ事もあるのに、K氏が、定時で後輩に、
「山根は、隼人高校でイジメラていたから、俺が助けた」と面白おかしく嘘を吹いて、その後輩が、自分に密告してくれたので、
生徒のギャラリー多かった、学校の裏で、別の後輩と一緒にいたK氏に、数発ヤキをいれて、止めに入った後輩にも、飛び蹴りを入れたのだった。
そしてK氏には「こんな事があったからって、
学校に来なくなるなよ!明日からまた来いよ」と言ったのだが、残念な事に、K氏は次の日から、
来なくなり、辞めてしまい、自分が仲直りしようと、数年後に電話をして家族に、折り返し電話求めても、
連絡をしてくれなく、残念で、一方そのK氏と一緒にいた後輩の方は、自分が暴走族現役の頃、
シンナーを売っていた時にシンナーを買ってくれたりのお客さんだったので、後日偶然再会した後輩には謝ったのだ。
話は戻り、例の永田中学S44年代番格のN氏の方は(山根HPに淋姦強姦の写真に出てる)
小学生から不良の格好して、喧嘩も強く、悪で、外見は、マイクタイソン似の、イカツさである。
両親(故・父親)や実姉も悪で、実弟は永田s48年代番長で、自分の実弟とも仲良しで、
自分の実弟は、元々真面目だが、プライベートで遊んでいた仲であった。
そしてs44N氏は、小学生から野球をやっており、自分とは、違う瀬戸ヶ谷小学校で、瀬戸ヶ谷小は、
中学が南区永田中か保土ヶ谷の岩崎中学に別れる小学校であった。
N氏もエースピッチャーで、中学も野球部兼バリバリの不良だった。
隼人には、野球推薦で入ったと思う。淋姦強姦永田一家でも一緒だった。
当時の隼人野球部は、今の隼人程強くはなかったが、相当強く、戸塚中学番長J氏などもいた。
その中を、N氏が仕切ってまとめていたのだったが、N氏も当時実家が、八百屋自営業経営だったので、
そっちを手伝うという事で、隼人も辞めたが、野球に対する熱意が強く、N氏が当時付き合っていた、
永田中学s44女番長だったI氏と、自分の三人で、隼人の神奈川高校野球大会を、見に行ったりした。
今の、隼人高校野球部が強いのは、隼人の地盤を作った、先代のN氏達の隼人野球魂の伝統を、
受け継いでいるからに、間違いはないのである。
彼は、自分にとって性格も良く、男義も強く、不良としても一目を置いていたし、自分にとって、
彼の存在は、大きかった。
現在は、連絡もとってないし、会ってないが、自分も仲良しだった、蒔田のs45年代女番格だった、
美人のK氏と結婚して(10代の時に、このK氏とN氏と自分で、車で族の集会に出たりした思いでもある)
若い時代に、立派なマンションを永田に購入して、土建屋の社長で頑張って入る様で、安心している。
◎15歳の隼人高校の時、同じクラスに、身体障害者の言語障害持ちの生徒が一人居て、
彼は、いつも同級生達から差別され、馬鹿にされ、苛められていて、誰一人として友達が居なかった。
自分はそれが可哀想で、自分だけはいつも話し掛けて仲良くしていた。彼はその度にいつも笑顔で
応えてくれて、楽しそうだったので、自分も嬉しかった。彼はみんなからは、苛められていたのに、絶対に学校を休まず、
辞めもしなかった。自分は彼の精神的な強さに感銘を受けた。しかし自分は、この学校の校則の厳しさと、
毎日瀬谷までは遠い通学に嫌気が差し、面倒臭くなり、間もなく数ヶ月で
自主退学したが、彼の事が心残りで、無事に卒業出来たのか、気掛かりだった。
ここの学校では、当時暴走族だった人間数人や、後に、日本最大トップクラス任侠組織稲川会稲川一家横浜東口手島総業組員となる、
地元が東神奈川栗田谷中出身の、長身のK氏とも、自分は仲良しだった。
◎16歳の、日本一劇団東俳時代、最高の劇団の、地元平塚の後輩から紹介を受けて、
地元池袋の、同じ年の、グラビアタレントの、性格も最高の、絶世美女の山口まなみと、少し交際していた。
当時『BoM』と言う、雑誌があり、自分の記憶では、そのBoMだと思うが、
そこに、彼女はAV女優やヌードモデルではないが、
下着のモデルとして、出演していた。
彼女との、写真も撮ってなく、山口まなみ画像検索しても、当時のが出て来ないのも、
大人っぽくて、ムチムチしてて、非常に美女だったので、残念である。
彼女とは、東京上野恩賜公園でデートしたり、映画を見に行ったりなどの思い出があり、
公園での『不忍池』と書いてあったので、これを『ふにんち』と読んだら、まなみに爆笑され、
これは『しのばずのいけ』と読むのが、正解なので、自分は横浜の人間なので知らなったので、
間違えて盛り上がった記憶も、懐かしい。
二回目のデートの時に、何の映画だったかは、忘れたのだが、
映画見ながら、彼女が横で、私の指を、フェ〇チオの様に、舐め回したり、
色々な面で、積極的な子で、良かったのだが、
夜中の帰りに、彼女の方は、池袋のラブホテルに、朝まで泊まりたい希望だったのだが、
自分も、当時まだ、お互いに16歳で、ウブで青かったので、
彼女に引き止められながらも、最終電車に間に合う様に、池袋の駅から、素っ気無く、帰ってしまったことにより、
それが愿因で、振られてしまったと言う、何ともバカで、二つの後悔があり、
我ながら、バカで、悔しい思いをしたのだ。
一つ目は、彼女が希望してた、何でチョメパコを、池袋ホテル宿泊で、やりまくらなかったのか!
もう一つは、それがなければ、交際が続いてたと言うこと!
誰にも、恋愛含めて、失敗や後悔があるが、自分の場合は、それもその内の、淡い思い出だった。
◎自分と同じ年の、地元が東京池袋のグラビアアイドル、性格も最高の、絶世美女、山口まなみと交際していた
16歳のこの時期、日本一劇団東俳時代からの、地元金沢区六浦の、三歳下の、弟分大内氏(後に十川氏)が、
ジャニーズジュニアになったので、彼から紹介を受け、
80年代、アイドル全盛期黄金世代
日本最大トップブランド芸能プロダクションジャニーズ事務所ジュニア研修生体験をした。
当時選ばれたJタレントや、Jrしか泊まれなかった、合宿所に泊まったり、レッスン受けたり、最高の人生経験だった!
1986年のある土曜日、時計はすでに、夜9時近くを回っていたが、原宿表参道の豪華マンション一室にある、
合宿所の周りはファンの人だかりが出来ていた。
近所迷惑などおかまいなしの熱気であった。その気持ちも良くわかる、ブラウン管での超有名人達が
この中で、生き、暮らしてるのである。
少年忍者のメンバー達が、ちょうど仕事から帰って来た時だった。
大内氏の同級生と、自分との3人で、そこの豪華マンションに入り、このビルは、外部者立ち入り禁止で
あり、関係者以外は、進入出来ない事になっているが、大内氏は顔パスであった。
警備員に誘導されて、エレベーターを上がって行くと、エレベーターが開いた所の場所が、すでに、広い玄関になっていた。
そこには、一人の小柄の地味な渋い、中年の男性が、立っていた。
自分は、このマンションのお手伝いさんか管理人かなんかの職員だと思っていると、
大内氏が「社長おはようございます!先輩のY山根君と友達のKです」
自分は心の中で『え!マジかよ!この人が芸能界の天下のあのジャニー喜多川社長かよ!』
と驚いた!自分は「あっ、ど、どうも初めまして。山根と申します!」と挨拶すると、
すると社長は「ん?年幾つ?」と問いかけて来た。自分が16歳の年を告げると、
社長の顔色が変わったかの様に見えた。J事務所は、小学生からの入所が多い所であるのである。
しかも、自分は当時からヤンキーだったので、キツイパーマもかけており、目付きも悪かった。
この時点で芸能界としては、色々なハンディーがあった自分だった。
しかし快く迎えてくれて、とても親切な人であった、社長自ら、事務所生一人一人に親身になって、
誠心誠意接するという姿勢が、日本一の芸能プロダクションを生み出す秘訣なのだと思った。
社長に案内されて、リビングやフロアーなどへ行くと、そこには何人かの少年達が、くつろいでいた。
中村繁之氏や少年忍者のグループであった。自分は『わースゲー』とミーハーの気持ちで浮かれていた。
みんなは、ミーティングしたり、どデカイテレビに向かってファミコンに没頭したりしてた。
テレビ放送は、当時榊原郁恵主演『新・熱中時代宣言』がやっていて、ジャニーズジュニアだった
双子の江端兄弟が出演していたので、みんなで見ていた。その主題歌の自分も大好きな曲、
カルロストシキ&オメガトライブの『君は1000%』が流れていたが、今でもこの曲を聴くと
当時の事が、走馬灯の様に、見事に蘇って来る、懐かしい思い出の曲である。
そして忍者の自分と同じ年の、地元板橋区の高木延秀氏が、鏡張りの壁に向かって、
ダンスの練習をしてた。生で見る彼の踊りは、すさまじく上手であった。華麗で格好良く、動きも機敏である。
感心しながら、彼の動きを見物しながら、「すごく上手ですね!」と話しかけると、
彼は一時期的に踊りを辞め「ねえこれいいでしょ?
ファンからもらったプレゼントなんだよ」と話かけてきてくれた。
ここで大内氏が自分に「ジャニーさんが、今は野村よっちゃんみたいな三枚目のタイプを
欲しがってるんだって」と言って来た。しばらくすると、合宿所へ有名人達が、次々と帰って来て、
この部屋へぞろぞろ入って来た。
自分は『今、この人間達と、この場所で、一緒に時を過ごし、同じ世界へ飛び込んでいるんだ』と言う気分に浸っていた。
それから三人は、社長と合宿所内の見学で、隅から隅まで部屋を案内しながら説明してくれて、
「ここはトシちゃんの部屋、こっちはマッチの部屋だよ」そして一番奥の部屋に来た時に、
「今日はYOU達は、ここで寝なさい」と言われた。
その部屋の片隅に、何やら珍しい機材が、目に付いたので、
社長に「これは何ですか?」と尋ねると、それは当時はまだ珍しい、日焼け機であった。
「少し身体焼くかい?」と言われたので「はい!お願いします」と言い、
洋服を順番に脱いでると、次の瞬間、驚いた!社長が自ら、パンツを脱がしてくれたのである!
自分は『ここまで世話をしてくれる人は、珍しい』と思いながら、日焼けパンツを履かしてもらい、
日焼けを約30分程行った。世間の噂では、社長はホモだとか、聞いた事があったが、
別にホモだろうが、ホモじゃなかろうが、どっちでも良い。
一人一人に対して公平に、息子の様に可愛がっているのだ。
事務所生一人一人に対する気遣いや、思いやりの愛情が、みんなを愛するあまり、同性愛と言う物に
勘違いされてしまうのではないかと思った。
自分が実際に、事務所生達に接する姿を目にしてきて、そう感じた。
その実態を理解するか、しないかは人それぞれであるが、自分自身で社長と肌身で接して、自分は、そう理解している。
余談だが、自分も昔、定時制高校時代に、笑いのギャグを取る受け狙いのために、
コミュ二ケーションやスキンシップのつもりもあって、ふざけて「俺はホモだからさ」とか言いながら
ふざけていたら、学校中や横浜中に、広まってしまい、自業自得だが、
ふざけるもんではないなと思った(笑)自分はレッキとした逆の、世界一の女好きである!
風呂にも入れてくれて、私が入る時にも、社長が風呂の浴槽などを自ら綺麗に洗ってくれたり、飲食料もご馳走になった。
自分は、まだ会って間もない新人に対して、ここまでしてくれる芸能界の帝王社長の器量に脱帽した。
自分と同じ年の男闘呼組の高橋一也氏が、自分に「ジャニーさんは?」と聞いて来た。
彼が社長に「今日は俺は、自宅に帰ります」と挨拶していた。
社長の忙しさは、並大抵のスケジュールじゃないのはわかっていたので、三人で、早目に就寝し休む事にした。
その夜、自分は別世界の空間に彷徨ってる様な気分に浸っていた。
みんな良い人間達である、天下のJ事務所だけあって、人間も出来ている、芸能人だから、スターだから
と言って、変に気取ってる人間もいない。甘いマスクに、華やかな衣装に身を包み、巧みな踊り。
自分が抱いていたイメージその物だった。
自分達は、布団が三人分敷かれてるそこで、三人で横並びに寝ていると、何と!社長が両手を広げ、
布団の上から乗っかって来て、コミュ二ケーションのスキンシップを計っていた。
すると大内氏は、吹き出して笑っていたが、自分は、無邪気で楽しいオジサンくらいにしか思わなかった。
社長はどいて、どこかへ行った。夜中になり、自分達は眠りに付き、永く刺激的だった一日が終わった。
次の日に目が覚めると、自分の隣の布団では、当時ドラマサーティーンボーイなどで一世を風靡してた、
同じ年の新宿が地元の、トップアイドルグループ男闘呼組のトップアイドル岡本健一氏が寝ていたのにはビックリした。
彼は、自分と同じ年だし『健一』が一緒だったので、何かの縁だったと思う。
キッチンで、忍者と一緒に、会話をしながら、出前の力うどんをご馳走になってると、
トップアイドルグループ少年隊の三歳上の地元川崎のトップアイドルだった東山紀之氏が来て、
笑いながら「お前ら昨日、誰か俺の部屋に入っただろ」と言ってたので、柳沢超氏が「はい?入ってないですよ」と否定してた。
そして、自分が一番最後まで、一人で食事をしてると、J歴代帝王トップアイドル(地元大和市の近藤真彦氏と共に)
トシちゃんこと、田原俊彦氏が入って来て、冷蔵庫などを漁っていたが、自分には話掛けては来なかった(笑)
ただ、あのトシちゃんと、一つ屋根の下、
ちょっとだが、二人きりで、同じ空間にいたことには、間違いない。
昼になり、忍者やジュニアの連中は、六本木のテレビ朝日のレッスン場に何人かで向かう事になった。
自分達は、坊主頭のジュニアと、島田健太郎と言うジュニアの三人で合宿所に残っていたら、
社長がタクシー代をジュニア渡し、その三人で、レッスン場に行く事になった。
三人で下に降りて、タクシーを待っていると、その時にも、ファンが多数いて、
自分達に近ずいて来たので『お!俺達にも早くもファンが付いたか?』と思ったら、
「ねーねー、少年隊中にいるの?」と、言われてズッコケタ(爆笑)
三人で「知らない」と首を振っていた。そしたら偶然にも、合宿所の車庫から、車が一台出てきて、
車に乗ってるのは、少年隊の三名だったので、自分達は挨拶をして見送ると、
先程の、ファン達が大騒ぎしながら、まさに追っかけの文字通りに、その車を走って追っかけて行った。
タクシーに乗り、坊主頭の少年に「どっから来たの?」と「尋ねると「沼津の方から。そっちは?」
など答えて、会話をしてて、自分は何故、坊主頭なのか尋ねると、静岡のそこの中学校が
通ってるだけで、無条件で坊主頭にしなければならないらしく、厳しい学校だなと思った。
その彼こそが、一歳下の、後に日本歴代トップアイドルグループ光ゲンジとなる、
日本歴代トップアイドルだった諸星和己氏であった。
彼こそが、まさしく自分と良縁持った人物の、大出世ジンクス歴代№1であろう!
レッスン場へ到着すると、その周りには、お決まり定番お約束の様に、やはりファンが詰めかけていた!
レッスン場に入ると、すでに何十人ものジュニアの連中が、踊りのウォーミングアップをしていて、
忍者は(ロッテ歌のアルバム)と言う、テレビ番組のリハーサル兼レッスンを行っていて、
早速自分達もジュニアの連中に混じって、レッスンを行う事になった。
振り付け兼ダンス講師は、髭の似合う、ヒョロとした、ボビー吉野氏であった。
ジャニーズの基本はルックスだが、それに伴い、ダンスが出来なければならない事務所である。
ジャニーズタレントで、ダンス重視ではない人間も、みんな最初はダンスから入って行った。
まず、基礎から入って行ったが、これが難しい!自分は非常に身体が硬く、
どうも思い通りに身体が動かず、身体が言う事聞かないのであった。
ダンスのそれぞれのパターンを覚えるのも、これまた難しかった!
あのダンスが一番上手な東山氏ですら、自身の自伝本に書いてあったが、最初の頃は、
うまく踊れずに、社長からよく怒られていたと書いてある程難しい。
慣れもあるかもしれないが、自分にはとにかく難関だった。
自分は、スポーツも万能でやって来て、運動神経には自信があったのだが、ジャニーズダンスは
全く踊れず、話にならなかった。みんなは淡々と踊ってる。バック転やバック宙は、最初から
出来なくても、やる気のある人間だけ覚えれば良いのであるが、みんな真剣に長時間うまく踊って
圧巻だった。忍者はさすがに最高のダンスで、ジュニア達の良い見本になっていた。
しかしジュニア達に対して、ボビー氏から駄目出しや怒号が飛びかう。
諸星氏は、一人だけ踊りには混じらず、みんなのレッスンをただ、ひたすら見てるだけ。
ただし、サボってる訳でも何でもなく、目が真剣で、みんなのダンスを自分成りに盗み、
レッスンでは踊らずに、後の光ゲンジでの華麗なダンスに繋げてたと思うと、当時から只者
ではなかった男であった。とにかく自分はジャニーズダンスが全く駄目で、時間も長く、ハードで
踊れず、疲れるで、歯が立たず、一人だけ無様な状態であった。
一旦休憩時間になり、テレ朝の地下の喫茶店に全員でお茶のタイムになり、
自分は諸星氏と、一緒にいると、レッスンに遅刻してきたジュニアがいて、諸星氏が
「あ!前薗君だ!」と親しみ気に呟いていて、レッスンに戻り、前薗氏に話かけると、
地元が自分の隣町の保土ヶ谷で、同じ年だったので意気投合し仲良くなった。
因みに前薗氏は、当時の諸星氏の兄貴分であり、二人でレッスンに通うのも、
諸星氏が静岡県富士市からJRで横浜駅に来て、前薗氏と合流して通ってた仲であった。
この前薗氏こそが、後に自分の親友となり、自分が経営するホストパブ、クラブの副社長にもなる。
当時髪型がキツイパーマだった自分に、大沢(樹生ではない)というジュニアからも
やっぱり「髪の毛痛んでるよ」と言われた。
そしてまたみんなで、ひたすら踊り始めるのだ。弾ける汗、ダンスは長い間夜まで続く。
途中レッスン場に社長も見学に来た。自分は無様な姿を見せられないと思い頑張ったが、
踊れないは、疲れて体力がしんどいはで、もう踊りやジャニーズダンスは向かないから、無理だと
あきらめて、やる気なくいい加減に踊っていた。
すると、そう思ってた矢先、レッスン終了間際になる頃、大内氏が社長から、伝言を頼まれて、
自分に「やっぱりダメだって」と伝えて来た。
ちょうど良かったと思った。自分はどっちにしろ踊れない訳だし、仮に踊れたとしても、
こんな厳しいハードなレッスンでは付いて行けなかった訳なので、無理だった。
しかし自分は、ここで大物達との出会いや、スター達の実像にも触れる事も出来た。
滅多に経験出来ない、世界一貴重な体験が出来て、人生の勲章の一つとして、今がある。
大内のお陰もあり、彼にも、感謝感激雨アラレである!
そこから、約30年間経ってからの、故人の大物演出家の、蜷川幸雄と、ジャニー喜多川社長との対談、
ラジオ番組が、YouTubeに上がっていたので、よく聴いてみたら、
ジャニー社長が、当時の「昔のアイドルは、背が高いのは(180センチ以上)使えなかったんです。内の○○と言うアイドルも、長身の為に解雇した位だから。
今は内の子達は、背が高い子は多いが・・・」と、衝撃発言事実が発覚して、嬉しかった!
自分は、顔や踊りで、ダメだったと言うよりも、当時から180センチ近くあった、長身の為に、ジャニーズ向きより、モデル向きだったのだから!
確かに、自分と同じ年の、当時のジャニーズジュニアで有名だった、人気ドラマ『毎度おさわがせします』出演の、長身イケメン土田一徳も、
身長180センチ級だったが、ジャニーズ在籍も短期間だし、あまり活躍もしてないし、
181センチの、三つ下の、長身イケメン野口こと反町隆史も、同じ境遇だし、
70年代アイドルの、長身イケメン川崎麻世は、今は181センチだが、ジャニーズ活躍時は、177センチだったと言うのである!
現に、自分は後に、港区の某芸能プロダクションで、モデルの仕事もやっていた!
以前、ジャニー社長へ、修羅の青春記自伝本を、一回完成した分(あれから、大分訂正追加が発生してて、
現在はネットホームページにて発信中で、書籍化販売は保留)を、ジャニーズ事務所に、送った事があり、
当時の、ちょっとお世話になった、お礼のお手紙や、その本に掲載されている、文章を読んでもらうつもりで、
送ったのだが、一回戻ってきてしまったので、事務所に電話して、女性スタッフに事情を聞いたが、
あの事務所は厳重で、爆弾かなにかだと、勘違いされて、一回戻ってきてしまったのだが、
事情を説明して、再度送ったので、ジャニー社長が、受け取ってくれて、そのジャニーズ体験物語の部分だけは、
目を通してくれたと思う!
あるテレビ番組で、山下智久(山ピー)が海外ロケ中に「ジャニーさんが、人生はドラマだと言っていた」と発言したのだが、
このメッセージは、私の、この自伝の【はじめに】の部分にも掲載されてるし、ジャニー社長が、真似をしてくれて、
参考にしてくれたと、確信してるし、何より、例のラジオで、私に対して「長身はダメだった!」と、気を使ってくれて、
メッセージを送ってくれたと、確信している!
これは、今や世界一の芸能プロダクションの社長の、まさしく器量や優しさだと実感したのである。
今では、良き思い出の一コマであり、ジャニーズジュニアOBwikipediaに研修生として記載されてるのも、宝物である。
ジャニーさんは、2019年に、お亡くなりになられた。御冥福をお祈りします!
◎海外旅行は、過去に、そんな大した場所も、大した回数も行ってないが、
南太平洋の、南国の島が好きなので、
まず小学生の時に、1回目 家族でサイパン。2回目 家族でグアム。
3回目 16歳の時に、一人旅でサイパン。
4回目 44歳の時に、例の、歴代山根ガールズの、最高の愛人であった、
世界一級絶世長身巨乳美女人気キャバ嬢N氏と、
二人で、最高のパラオチョメパコ旅行!
もう小学生の時の旅は、あまりよく覚えてないが、
3回目の 定時制高校の、16歳の時に、一人旅でサイパンに行った、ホテル先にて、
テレビで一日中、このジャネットジャクソンの曲の、大好きな、
「ナスティー」と「When I Think Of You」の二曲が
永遠に、リピートで、かかっていたので、この曲を聴くと、
走馬灯の様に、当時の思い出が、鮮明に蘇って来る!
現地では、海で偶然、一人旅で来てた、地元茨城の、
一個上の、お兄ちゃんと仲良くなり、一緒に海で過ごしたり、
当時唯一の、ディスコがあり、夜に、そこで一緒に踊ったりして
男二人でのバカンスが、最高に、楽しかった思い出があるのだが、
当時は、まだ今みたいに「女、女」とか、がっついてなく、
男同士だけでも、楽しかったが、今はゴメン(笑)
海での日焼けは、滅茶苦茶暑い中、焼いたので、低温ヤケドみたく
顔が、黒くなると言うか、真っ赤っかになっちゃって、赤鬼みたくなっちゃって、爆笑!
この様に、若い頃は、海や、例の日本一ブランド芸能プロジャニーズ合宿所での、
あの、世界のジャニーさんに、当時はまだ、珍しかった機材に入れてもらったのが、
そこで初めての、日焼け機を体験し、
以降結構、横浜西口や、新宿歌舞伎町の、日焼け機で
26歳くらいまでは、焼いてたが、
後年「日焼け頻繁人間は、年配になった時に、シミやソバカスが、出てくる」話を、知った瞬間から、
もう一切行かなくなり、もう以降は、夏は逆に、日焼け止めを、コンビニで定期的に買って、吹いてる!
で以前、人生3度目のサイパン旅行に、本妻と、2019年世界情勢の、コロナ前に行こうとしたら、
旅行会社から「今はもう、国内から、直行便もあまり出てないし、サイパン自体も、観光地には適してなく、過疎地になってる」と説明されたので、
最高の複数の内の一人の、山根ファンである、今は逆に、こっちがファンである、
地元横須賀の、23歳下の、2012年に『ミス鎌倉』の、モデル、大食い女王タレント兼ユーチューバーの、
身長170センチの、スタイル抜群、長身絶世美女の、桝渕さちよ氏の、
サイパンロケ動画見たら、全然そんなことなく、次に誰か恋人と行く、手軽で気軽な、海外場所が、決定してラッキー!
しかも、過去に前科が多い人間は、アメリカは、入国が出来ないが、
ここはアメリカではないので、元々はビザも必要もないし、余裕で入国も出来るぜ!ラッキー!
その前に、金なんとかしないとな(笑)
◎浜連歴代武闘派暴走族六角橋のチームは、自分と同じ年の連中と、一個上が、悪くて強かったのだが、
同じ年は、世界最強最悪世界一のマンモス校港高校定時制時代の、
最高の複数の内の一人の、親友の、性格も最高の、イケメンO氏がいて、
二人で、私の愛車CBⅩで、16歳の頃に、よく集会に二ケツで、出てた懐かしい思い出がある。
六角橋は、その中でも、歴代一番有名のアウトローは、一個上の、元、六角橋中学番長で、s43浜連六角橋総長で、
元、日本トップクラス任侠組織稲〇会遠藤組(現、相模一家)新横浜佐〇組の幹部だった、横浜s43年代トップクラスアウトローの、
指を数本詰めてる、喧嘩も強い、伝説の、K藤パルキ氏がいる。
彼らは、暴走族時代に、内の一個上の先輩で、私を、硬派武闘派暴走族淋姦強姦永田一家二代目総長に
任命してくれた、恩人でもある、硬派武闘派淋姦強姦永田一家初代総長の、現在、日本トップクラス任侠組織I会I一家総本部室長の、
横浜s43年代トップクラスアウトローの、O氏と、性格も最高の、大好きな先輩の、淋姦強姦弘明寺s43総長の、
私の紹介で、日本トップクラス任侠右翼T社に入る予定だった、O氏との、淋姦強姦s43年代最強コンビ二人が、
横浜西口で、ヤンキーの女をナンパして、仲良くなり、その女が、蓋を開けたら、六角橋の不良と付き合ってる、誰かの彼女であり、
そこから、六角橋vs淋姦強姦で、抗争が始まり、その時の、相手リーダーだったのが、パルキ氏で、
私の、16歳の暴走族の時に、まだ淋姦強姦永田一家には入る、ちょっと前で、武闘派保土ヶ谷蛍死蝶の後輩などと、集会に出てた時代で、
当時の愛車ピンクのCBXを、乗り回してた、当時の住まいだった、芸能人ご用達横浜大規模分譲3DK永田団地に、
六角橋がヤクザも一緒に連れて、合計6人で、乗り込んで来ての、私は、当時そのCBXを、団地の下で、紫色に塗装中で、イジッテル所を、
6人に囲まれて、当時、その抗争での、私とパルキ氏との、初めての、衝撃的な出会いだった。
当時私は、そのナンパにも、関係してなかったし、六角橋は、私には、手は出しては来なかったし、
揉めなかったのですが、皆と世間話の後に、当時、加藤パルキ氏に、そのCBXの単車を、貸した事で、
後に、訳ありでトラブルになり、パルキ氏には、その後に、キッチリ、金を払ってもらい、仲良くなったのがキッカケだった。
仲良しになってからの、その後は、ちょくちょく連絡は取っていて、
私が、伝説のヤンキーレディース雑誌「ティーンズロード」レギュラーで出演してた時代も、いつも、その本を閲覧してくれてたり、
彼は、ヤクザを辞めて、堅気で真面目に、鳶だかの、親方社長になり、当時私は、20代の、日本最強ヤクザ右翼の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟だったので、
パルキ氏の友達が、日本トップクラス任侠組織稲〇会の、イケイケで有名な、組の若頭とトラぶって、やられたとの事で、
パルキ氏が、私に相談して来て「山根、何かあったら頼むよ!」と言って、
私を頼ってくれてたりなど、そこまで仲良しであった。
彼の時代の、六角橋の卒アルも見た事があるが、パルキ氏は、中学時代から、パンチパーマで、そんなのが、同級生で、20人位
ゴロゴロいて、ビーバップ状態で、その中の番長で、彼の武勇伝は、パルキ氏の同期の六角橋が、暴走族ビデオ「極悪伝説」で
お馴染みの、緑区の浜連『都田』と喧嘩になり、病院送りにされてしまった報復で、その都田の相手の所に行き、蹴り一発で、ノシタと言う、
特に武道や格闘技もやってた訳ではないとは思うが、そんな武勇伝が、数々ある、
暴走族ビデオ「極悪伝説」でも、浜連の集会中のシーンで、日章旗のXJで、二ケツで、二人で、赤白の半帽被って、
後ろのケツで、半袖着てて、登場時間も長く、顔はハッキリ写ってないが、パルキ氏でもあり、世界一暴走族グループ浜連のチームの、
総長同士の誇りの先輩だし、まさしく、横浜s43年代、いや、横浜歴代でも、トップクラスのアウトローには間違いない、伝説のカリスマである。
性格も最高で、男前で、私が10代の時に、同じ年の、篠原中学出身の、絶世美女ヤンキーの、内〇ジュ〇コ氏と言う子と、私が仲良しでしたが、その彼女も、
当時は、パルキ氏の、元彼女だったし、女性からもモテてたし、大好きな先輩なので、お元気にしてるのか、懐かしい。
多分、彼は山根ブログや、この自伝などは、見てくれてるかもしれない。
◎17歳位の頃、港定時の仲間達の、自分と同じ年の地元が旭区今宿の、このHPに、清水宏次朗氏と一緒に写っている、
性格も最高で男前の親友F氏と、 自分の一歳下の、最高の複数の内の、弟分の一人だった、喧嘩も強かった、
保土ヶ谷蛍死蝶の、性格も最高のS氏達計5人で、ワゴン車で、浜連の集会に出ていた時、横浜市大病院前の通り辺りで、
F氏の後輩で、自分の一歳下の当時、横浜地獄軍団地獄族今宿支部の総長O氏が、CBXで単ケツで乗っていたので、
声をかけ、自分とF氏でその単車を借り、自分が運転で、ケツにF氏を乗せて走っていると、山下公園前で、前方の遠方で、
パトカーや警察が見えたので、Uターンをしようと思った途端に、運悪く偶然単車が原因不明の故障を起こし、止まってしまい、 
セルを回してもエンジンが掛からず、押し掛けをする余裕の暇も無く、 自分達は単車を乗り捨てしてしまい、2人で逃げたが、
当時は携帯電話が普及していなかった時代で、S氏やO氏などとはぐれてしまい、その日はO氏とは連絡が取れなくなってしまい、
自分やF氏が責任を感じていた頃、次の日にF氏の家にO氏が訪ねてきて、後日、 単車の件で、3人で話し合う事になっていたが、
その間に、運悪く、O氏は不慮の事故だか病気で亡くなってしまい、 残念だった。O氏は、私の当時の、世界一特大アフロに驚き、
感銘を受けていたり、自分の事を慕ってくれていた後輩だったし、 例の集会の時も、嫌な顔一つせずに、気持ち良く自分達に単車を貸してくれたのにも関わらず、
元々単車の調子が悪かったにしろ、乗り捨てしてしまったのは自分達の責任だ。 
当時のCBXは、今のCBXの約1/10の値段で安かったし、亡くなる前に、ちゃんと単車だけは弁償してあげたかったと後悔している。 心からご冥福をお祈り致します。 
因みに、瀬谷地獄族は、このホームページに出ている、
雑誌の切り抜きの座談会インタビューで出ている、S46元、瀬谷地獄族総長で元、横浜任侠組織双愛会谷戸一家瀬谷斉藤組組員で、 横浜S46年代トップクラスアウトローの、
有名アウトローの、性格も最高の、男前の、大好きな弟分的な後輩の、S氏や、 
S46元、瀬谷地獄族特攻隊長で元プロボクサーであり、トレーナーであり、現在は、ヤンキー雑誌などにもレギュラー連載していて、
現在は、超優秀有名塗装会社キャンディーライフ社長である、性格も最高の、大好きな、弟分的な後輩で、有名なI氏。 
例の、弟分である、s45元浜連希望が丘剣のT氏の単車を取り上げられたので、取り返しに行って、戦利品として、その相手の
持ち主の、別のロケットカウルの単車も取ってきた、その出会いがキッカケで、以降は、仲良しとなった、
S46元、瀬谷地獄族総長で横浜任侠組織双愛会谷戸一家瀬谷斉藤組組員元、横浜任侠組織系組員で、
横浜S46年代トップクラスアウトローの、有名アウトローの、性格も最高の、大好きな後輩のY氏や、
同じくs46元、瀬谷地獄族の、性格も最高の、大好きな、弟分的な後輩F氏。
同じくs46元、瀬谷地獄族の、性格も最高の、弟分的な好きな後輩T氏。S46元、瀬谷地獄族で、後輩O氏。
同じく元、瀬谷地獄で、湘南連合のケツモチの内の一人であり、自分の二歳上の元、日本トップクラス東京任侠組織住〇会石〇会系組員の男前のT氏とも、 自分は仲良しだった。
同じく瀬谷地獄の、自分の五歳下のリーダー格Y氏は、横浜S49年代のトップクラスアウトローで、元、好健会特別攻撃隊長であり、性格も最高で、大好きの舎弟である。
同じく瀬谷地獄の、自分の四歳下のT氏は、雑誌のチャンプロードの、族インタビューコーナー
「浜の風に吹かれて」に、私が出演させた。 
自分の六歳下の総長で、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家系組員で、横浜VS八王子抗争で、殺人共同共謀正犯の前科がある、
横浜s50トップクラスアウトローの、性格も最高のN氏も、大好きな、弟分的な後輩である。 
瀬谷の東野中学の出身の、自分と同じ年の、絶世長身美人の女番長とは、24歳の時に、山下公園でナンパして、チョメチョメした仲である。
瀬谷地獄s45のイケメンS氏は、自分と同じ一家の、当時、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体林一家松尾組内森組若頭で、
自分の、保土ヶ谷のs47の真面目な弟分の彼女が、瀬谷の知人ヤンキーから強姦されて相談を受けて、相手を、瀬谷のファミレスに呼び出し、
そのカップルと、
自分と同じ年の、元、磯子音の、元、日本最大最強任侠組織五代目山口組益田組竹本組幹部系で、当時好健会の創立者兼会長代行N氏(このホームページの
山根会の顔写真一覧表に出ている、好健会会長代行とは違う)と、
元、浜連黄金族s44リーダー格の、元、林一家山〇組も一緒で、横浜s44年代トップクラスアウトロー有名人で、
最高の複数の内の親友Y氏と、5人で行くと、このS氏が、ケツ持ちで来ていて、
「山根さんですよね!自分、利喜也の先輩で、利喜也から聞いてます!」と、自分を知っててくれて、
利喜也氏とは、例の、ティーンズロード座談会に一緒に出演させた、
プライベートでも、仲良しだった、s46地獄の、イケメンO氏の事であり、
このS氏との縁により、この強姦事件も、穏便に済ませたのだ!
このチームの他の、歴代のメンバー達も、みんな仲良しだった。
横浜歴代トップクラスレディースで、横浜歴代レディース史上トップクラス
絶世長身美女揃いの、瀬谷地獄族レディースアマゾネスの、数名も仲良しだった。 
因みに、二俣川地獄族は、自分の三歳下の、性格も最高のH氏と、S49かS50総長の、日本最大最強任侠組織山口組系幹部の、
性格も最高のS氏とも、自分は知り合いだった。 
誰だか忘れてしまったが、二俣川地獄族も、私の紹介で「浜の風に吹かれて」に出演させた。 
後、横浜地獄軍団の中沢ウインクの後輩も「浜の風に吹かれて」に出演させた。 
因みにその隣の、全日本麗心愚連盟湘南連合大和ピエロは、
性格も最高のS46A氏、T兄弟の弟48年代総長T氏、S50年代の性格も最高のK氏も、自分は仲良しだった。 
弟48年代総長T氏は、知り合った当時は、日本最大最強任侠組織№2二次団体の組員で、例の、ここの文章に出てる、 
私が顧問としてケツ持ってた会社の、従業員給料未払いの件で、上記のS50年代の、性格も最高のK氏などの、ケツ持ちで出て
来て、揉めたトラブルがキッカケで、以降仲良くなった。 
後は元、大和ピエロの、自分より八歳上の、現在磯子に住んでいる、建築会社の社長である、性格も最高のH氏も、自分は仲良しである。
このホームページにも写真が出ている、その隣の、全日本麗心愚連盟湘南連合綾瀬ピエロの、S48年代総長の、性格も最高のM氏とも、自分は仲良しだった。 
鎌倉は、自分の四歳上のリーダー格で、 元、日本トップクラス任侠組織稲〇会横須賀一家系任侠右翼で、元、横浜任侠組織双愛会系幹部だった、性格も最高のK氏と、
鎌倉警察署の留置所で一緒だった仲良しだった。 
◎17歳の頃に、友達の紹介で自分の一歳上で地元は大口だが、暴走族は浜連上大岡グループ総長兼浜連総長のY氏と
知り合い、後年も縁があり、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統
二代目臥龍会井〇組にも、自分よりも、後から入ってきて、彼はハーフっぽい顔をしていて、ポールマッカートニーに似ている。 
自分がトラブルがあると「何かあったら、ケツ持つから言って」と気を使ってくれた、自分の自宅にも遊びに来た事もあったし、大好きな良い人だった。
同じく上グルの、一個上のs43年代浜連総長のH氏は、中学は南が丘中(中学時代パンチパーマ)だったが、
小学校は、我が永田台小学校の隣の、永田小学校出身だったので、そのまま引っ越さなければ、同じ永田中だった縁もあるし、
紳士で優しく、単車のセンスも、運転が滅茶苦茶上手く、ある日集会で遭遇する度に、自ら参加した訳ではないフリをして
「巻き込まれちゃったの!」と、面白い冗談を叫んでた人だったし、好きな先輩の、浮浪s43総長のO氏が、
自分が20歳くらいの時に、六ッ川に住んでて、浜連の溜まり場になっていたので、自分もよく遊びに行ってたが、
当時の永田の自宅までは、徒歩では微妙な距離であったので、H氏が自ら、自宅まで、車で送ってくれたりもしたこともあり、
大好きな先輩である!この二人が、80年代人気暴走族ビデオ『極悪伝説』にて、浜連集会で、この日一番目立ってて、
空色のGSで、H氏運転で、Y氏はケツで、黄色の鉢巻で、上グルの旗を持ってる、格好良くて、痺れちゃう映像である!
同じく、年上の元上グルでは、自分の二歳上の、男義があり、渋い先輩で、大好きである
元、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体林一家周〇組幹部のH氏とも、自分は仲良しだった。 
 最後に会ったのは、横浜地検同行室。
 同じく、二歳上の上グルは、長身で渋い、日本トップクラス任侠組織稲〇会新横浜京浜小金井一家最高幹部の、組長クラスとなったF氏は、
このホームページの浜連パーティーの写真に出ているが、昔自分が二十代の頃、訳があり、自分より三歳上の、
上大岡方面の詐欺師を指名手配している時に、探して協力してくれて、そいつの身元を調べる為に、F氏の、
自分の、上永谷出身中学の、卒業アルバムを貸してくれる事になり、F氏が自ら、F氏の方から、わざわざ車で、自分の自宅に届けてくれて、感謝している。大好きである。
同じく上グル二歳上は、自分の二歳下の地元が戸塚の、このホームページに写真が出ている、
雑誌の切抜きで、港定時の集合写真で、黒板の前にパンチパーマで写っている、地元戸塚のs46の、後輩のS氏の実兄であり、
この実兄も、港定時の生徒で、自分も仲良しだったが、後年亡くなった。ご冥福を祈る。
 ◎自分が暴走族現役の時に、家が目の前の団地の、自分と同じ年の浜連で有名だった人物の、浜連上大岡グループ総長のO氏と仲良しだったが、
彼との出会いは、自分が住んでいた団地内を16歳の頃から、
当時の愛車CBXを乗り回してバンバン吹かしていたら、浜連の集会の時、港定時の一歳下の自分の弟分で、長身で男前の、
浜連生麦一家消火器副会長で、元、鶴見任侠右翼の国政道のS氏(当時S氏の彼女であり、港定時で一緒だった、地元が上の宮の、自分の一歳下の、
背が高く美人のY氏とも、自分は仲良しで、消火器は、その代のY氏とも、自分は仲良しだった。)と、その単車で二ケツしていたら、
O氏が集会で、笑いながら「この単車、いつも団地でうるさいよ(笑)」と、注意してきた事がキッカケで、そこから毎日の様に、性格も最高のO氏と遊ぶ仲良しになった。
そして、ある日O氏と二人で集会に出ていた時、彼と中学の同級生の浜連で有名だった人物の、浜連黄金族のH・Y氏を紹介を受け、
知り合ったが、自分がその時、初対面だったので敬語を使ったら「何でそんな喋り方してんの?やめようよ」と言ってくれたが、
彼とは未だに親友のような関係だが、お互い「Hちゃん」「健ちゃん」と呼び合い、何故かお互い敬語で喋っている。(笑) 
この性格も最高のY氏には、一歳下の実の弟も黄金族であるが、Y兄弟として浜連で有名で、実弟は、有名バイク屋や有名旧車会の、Y・Yファクトリー代表ある。
◎18歳位の頃、自分と同じ年で、地元は岡村だが、浜連上大岡グループで、単車を格好良く仕上げる事と、
塗装のプロの性格も最高のT氏や、同じく同じ年の上グルの男前で、性格も最高のS氏と会い、
仲良しだったが、その後20歳を越えた頃にT氏と会って色々と話をした時に、彼は謙虚な人間で、
自分を絶対に大きく見せたり、自慢したり見栄を張ったりしない人間で、自分が過去に先輩に、
ぶっ飛ばされたりしたことや、みっともないような話ばっかりしていた。でも彼はフタを開けてみると浜連の実力者だ。
因みに岡村の、自分と同じ年の不良の、イケイケで、性格も最高のI氏が山根会に入会した。
◎自分の兄弟分だったT氏から、自分の一歳上のT氏の中学の先輩の、ZERO篠原支部総長(後に、全日本麗心愚連盟港鶴連合)のK氏(旧姓:F氏)や、
K氏の一歳上のリーダー格で、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会佐〇組若頭だったK氏や、T氏の中学の一歳上の先輩で元、グラチャンチーム横浜鶴見レーシング総長で、
現在、任侠右翼鶴見菊守青年同盟の、最高幹部のN氏などを、紹介を受けたが、その中でも特に印象に残っているのが、暴走族の有名人だった、自分の一歳上のK氏は、
自分が18歳位の時に、T氏が「淋姦強姦の、山根です。この間の写真集の、バブⅢの。」と紹介すると、K氏は「えっ?マジで?あの写真の?」と疑問を抱いた。
当時自分の外見は、髪型を直毛サラサラヘアーで、落ち着かせていて、夜の外だったので、「もっと顔をよく見せて」 「本当だー!あの写真と一緒だー!一緒の人だー!」と驚き、
K氏と一緒にいた、暴走族の後輩も、その1988年(昭和63年)発行の、僕タンが掲載された18歳での『かっとびニューニング写真集』を知っており、
二人で驚いていて「あの写真は、うーんという感じだけど、今の感じは全然違うね!」と
感銘を受けていてくれていた。彼は淋姦強姦のチームにも、非常に興味を示していて、自分に色々と聞いていた。今思えば懐かしいが、彼は後年、
不慮の事故で亡くなってしまい、惜しい人物を亡くし、残念に思う。彼は、映画「サラリーマン金太郎」のワンシーンで、バイク屋で二人組で
「あっ!金ちゃん!」と言っている一人であり、心からご冥福をお祈りします。ZEROと言えば、栗田谷東神奈川支部の、
自分と同じ年のリーダー格で、横浜任侠組織系幹部だった故・M氏や、S46年代総長のN氏や、他のメンバーとも、自分は仲良しだった。
篠原中学は、絶世美女にも縁があり、一人はTの同級生の、女性番長で
絶世美女の、内山じゅん〇ちゃん!17歳位の族の時代に、T氏から紹介を受けて、

お互いに好意は抱いていたが、当時は女性に対しては、ウブだったのか、
硬派な族色柄だったのか、奥手だった為に、これと言って、進展はしなかったのだが、

まだ黒電話のダイヤル式時代に、
自宅にしょっちゅう、電話くれて、ラブコールアプローチもあって、嬉しかったが
集会にも、当時の愛車CBXのケツで、連れて行く話もしたら「やったー!」と、
大きな声で、喜んでくれてたのも懐かしいな~!今も、元気でやってるのか!
もう一人は、港高校定時制時代の、あの港定時制史上一番の、身長170センチ以上の、
長身絶世美女だった、別のクラスの、峰岸氏!髪型は、短めのソバージュっぽい感じ。
学校でよく見掛けてて、僕タンの方が、凄いタイプで好意を寄せてて
ある日、学校の帰りの夜に、横浜西口駅ビルで、偶然見掛けたので、勇気を振り絞って、
自分から声を掛けて、気持ちの告白したら「その熱意が嬉しい」と「近くの喫茶店でも、お茶行こう」と言ってくれて
二人で店行って、色々な話したり、普段の日に、電話連絡したり、友達以上恋人未満の、仲良しだったが
ある日校内で、胸のBが、100センチ近くある、年下の巨乳美女とも、ひょんなことから、付き合ってしまい
その子は、僕タンとの交際により、親御さんにまで、僕タンの写真かなんかも見せてて、
親まで喜んでくれて、当時17歳の頃には、人生初の、上大岡のワンルームマンションに、
一人暮らしをしてたのだが、そこにも泊まりに来てたり、順調だったが、それがある日、
その子が偶然にも、よりによって、峰岸と同じクラスの、峰岸グループの子だったのだ!
当然峰岸氏にも、気が付かれて、その、名前は忘れてしまったが、年下の子にも、峰岸氏と話になったらしく、
峰岸氏の関係もバレて、峰岸、年下の、両方から、顰蹙(ひんしゅく)も買うことになり、峰岸に電話をしたら
冷たくあしらわれて、二人ともに、ダメなってしまった、苦い思い出もある!
峰岸は後年、連絡取った時には、新横浜のカラオケパブの、ホステスになってて、
その後、人伝に聞いた噂では、そこの店長と出来てると聞いて、嫉妬でムカついて、
殺意を燃やした、記憶もある程、いい女だったの!
そりゃそうだろ?他、その巨乳彼女とは別の、上大岡マンションでチョメった、交際彼女の、年下の可愛い子ちゃんや、
地元希望ヶ丘の、ムッチリムチムチ可愛い子ちゃんも、チョメって付き合ってたりもして、
それぞれが懐かしいし、あの、芸能人やモデルなども多かった、殆ど山根ガールズではあったが、
その由緒ある、美女揃いの、港高校定時制の中でも、知る人ぞ知る生徒だったが、
一番背も高くて、一番綺麗な、まさしく絶世美女だぜ?逃した魚は大きく、今からでもやり直したい!
また、一夫多妻制として!そこも、ここ6年間くらいは、どんな女性相手を口説いても、本命や本妻婚約者じゃなく、
あくまでも、本命や本妻は、あの世界一絶世長身美女の、ひ〇の氏で、
またまた、一夫多妻制なんかーい!(爆笑)

◎港定時の時に、港定時は、元不良や不良が多く、横浜のその世界で有名人も多かったが、

このホームページにも写真が出ている、自分の一歳下の、元戸塚浮浪総長のS氏が、入学してきて、仲良くしていたが、
浮浪と言えば硬派武闘派暴走族だったが、彼はもう、その時点では真面目になり、外見も真面目だった。
後年に、彼が真面目そうな少年を連れて来て「自分の後輩です」と紹介してくれたが、
自分は『随分と真面目そうな子だな。こんな真面目そうな子がSちゃんの後輩にいるんだ』と思っていたが、
その後輩は「よろしくお願いします」と挨拶をした。自分は「こちらこそよろしくね」と挨拶をかわしたが、
真面目なんてとんでもなかった。
後でわかった事だが、彼は横浜でも有名な中学の西本郷中学のS47年代の番格であり、その代の浮浪の総長N氏だった。
港定時に入学してきた時には、すでに真面目に更生して、落ち着いていたのだ。
自分の三歳下の、地元が港南台の日本トップクラス任侠組織系組員の港定時での自分の舎弟だったK氏と、
そのN氏と三人で話した時に、
K氏が「中学の時に、コンビニで見たことあるけど、凄かったんですよ」と言っていた。
因みに、落ち着いてからの、彼の写真は、山根ホームページの雑誌ティーンズロードでの白黒の切り抜きの、
港定時の教室での集合写真があるが、その一番左に立って写っている、男前の真面目そうな青年がN氏である。
人は見掛けによらない。
浮浪と言えば、豊田中学出身の、腰が低くて性格も良かった、S49年代総長兼浜連総長で、
現在日本トップクラス任侠組織稲〇会川崎No.1二次団体山川一家直参幹部の、二代目内〇組最高幹部の、
内〇会長付きの、組長クラスの、現役の、横浜S49年代トップクラスアウトローのK氏とも、自分は仲良しだった。
一個上の浮浪のT氏は、自分が20歳位の時に、南区六ッ川に住んでいるので、
浜連の溜り場だったので、よく遊びに行ってて、仲良しで、穏やかで優しい先輩だった。
後は、浮浪西本郷中学S45K氏は、港定時の自分と同じクラスの後輩で、腰が低くて性格も良かった!
S46浮浪の、港定時の後輩の西本郷中学イケメンD氏や、その代のゴッツイS氏も、自分は仲良しだった。
豊田中学の浮浪の、自分の四歳下リーダー格と五歳下のH兄弟とも、仲良しで、
兄の方は、性格も最高で、現在建築屋社長で、自分の運転代行の、常連のお客様だった。
 ◎港定時制の時に、淋姦強姦永田一家初代総長の、現在は日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家総本部室長の、横浜s43年代トップクラスアウトローのO氏が、
自分の一歳上の、淋姦強姦弘明寺のN氏と一緒に港定時に遊びに来た時、
O氏が「俺が中学の時に、Mさんから『山根は、俺の幼馴染みだから、ちょっかい出すなよ』て言われたもんな」~と言っていて、
それを聞いた瞬間感謝の気持ちで一杯だった。
しかもM氏はその事を自分と会った時に、恩着せがましく、自分に話をしたこともない。
彼は、このホームページにも写真が出ている、
自分の二歳上の小学生から家が近所の幼馴染の、自分の少年野球時代四年生の時、自分がエースピッチャーで、
自分とバッテリーを組んでいたキャッチャーだった、尊敬している心の兄貴分で、元、浜連生麦一家消火器総長で、
横浜S42年代トップクラスアウトローのM・H氏(旧姓:E氏で元祖戦後横浜愚連隊伝説の四天王H氏の血筋)である。
自分が、小学校4年で、彼が6年の時、当時住まいが同じ団地で、一緒にそれぞれ自転車を乗っていて、エレベーターに二台入る時に、
先にM氏が入り、自分が後から入れる時に、自分が自転車がうまく入らなかったのか、遅かったので、
「早くしろよ!」と、軽くだが、顔面にワンパンをくらった、思い出もある(笑)
そして自分が20歳位の、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家の時、
当時自分の山〇組に遊びに来ては、気前良く、1万円のおこずかいをくれたり、一家で海水浴に行った時、
立派な見事な刺青で、太ももに、一家の名前が大きく入っていたので、
自分が感心していたら、H氏が「俺は、生意気だからよ、人からいつ殺されても身元が分かるようにこれを入れたんだよ」
と、言っていた。この先輩の言葉に衝撃を受けた。この人の任侠道に対する熱意は半端ではなく、
それ位のいつでも死ぬ覚悟の気合いや根性が無ければ、この世界はやっていけないと感銘を受け、この人には敵わないと思った。
『勝てば監獄、負ければ地獄』のこの世界、甘くは無い。この人は、ここの組織の25歳位からの元、最年少組長であり、
現在、日本トップクラス任侠組織稲〇会五代目林一家若頭二代目丸喜興業組長で、六代目林一家総長も確定してる、横浜大物親分になっている。
因みに、自分がここの組にいた時に、同じ一家の松尾組に、浜連以外の緑区の、
十日市場ブラックエンペラーのS41総長で、自分の好きな、横浜S41年代トップクラスアウトローの、伝説の竹○氏と、
殺人前科のあるS45総長で、自分の好きな、横浜S45年代トップクラスアウトローの榎○が居て、仲良しだった。
20代の時に、当時のナンパスポットである、山下公園で、ナンパして交際してた、地元川崎北部の、年下の、
絶世美女が、その以前に、自分の同じ年の、元洋光台ロードランナー総長で、現相模一家広石組最高幹部で、
横浜s44年代トップクラスアウトローの、現在、殺人で服役中の、H氏の、元彼女だったので、
自分が26歳位の時に、自分の某舎弟と、その榎○氏が、偶然会った時に、
榎○氏が、自分の舎弟に「H君の元彼女が、今は、山根君と付き合ってると言ってたからさ~!」と、
よろしく伝言を、聞いてるので、とても嬉しかった!
そして、竹○氏の方は、2015年くらいに、緑区のパチンコ屋にて、自分の同じ年の、某兄弟分が、竹○の舎弟と会って、
その舎弟から、某兄弟分が「山根さんって、今、K1の選手になってるって、竹○兄貴から聞きました!」と、伝言を聞いたので
情報は、ちょっと違うが、伝説のアウトローの竹○氏が、まだ私を、気に掛けてくれて、凄く嬉しかった!
この二人の組には、同じく十日市場の、ブラックエンペラー創立者の、自分より年上の、自分の好きな有名人内○が居て、
仲良しだったが、ある時彼が、自分の山〇組事務所に遊びに来た時
、自分が内○氏にお茶をいれた時、U氏が壁の名札一覧表の、自分の「幹部行動隊副隊長」の肩書きを見て、
自分の事を「あれ?幹部だったんじゃん!それ早く言ってよ!(笑)」と言っていて、懐かしくてたまらない、優しい人だった。
因みに緑区は、中山の自分より年上の、任侠右翼の防共挺身隊幹部のO氏と、自分は仲良しである。
あとは同じ林一家の、別の周〇組で、自分の好きな一歳上の地元が戸塚名瀬の、戸塚S43年代No.1トップアウトローのS氏とも自分は仲良しだった。
彼とは、例の、一家で湘南の海水浴に行った時に、ゆっくり会話をしたり、伊勢佐木町の林一家総本部に、
山○組最高幹部である三人の、M若頭、行動隊隊長K兄貴、行動隊副隊長の自分の三人で、幹部会に出席した時に、会ったりもした事もある。
他には、同じ一家の、Mさんの、丸喜興業の前身である、林組の、自分と同じ年の元、浜連生麦一家消火器のM氏とも、自分は仲良しだった。
後、消火器は、自分の一歳上のリーダー格K氏とも、自分は仲良しだった。
後は、自分がこの組を辞めた後に、この一家の中〇組に入った、S48元、浜連舞岡音総長でS48年代横浜トップクラスアウトローだった
A氏とも、自分は仲良しだった。後は、ここの一家の、単独武闘派チーム元、町田魅孵美人のS46総長のS氏とも、仲良しだった。
◎自分が18歳の時に、伊勢佐木町にある、大○社横浜支部の、事務所当番に入ってた時に、
当時の横浜支部長で、現、大○社のトップの会長となってる、お世話になった、大物の石○氏充てに、電話がかかってきて、
私が電話に出たら「石○いるか?」と、いきなり言われたので、
私が「失礼ですけど、どちら様でしょうか?」と問うと、
「バカ。岸だ!」と、言われた事があるのだが、当時私は、岸会長から、電話を受けるのが、初めてだったので、
わからないのは、無理もないのだが(笑)
でも、当時その相手が、この動画の主役である、超大物の、元、日本トップクラス任侠組織稲○会渋谷三本杉一家総長の、
当時大○社創立者トップ会長の、大物有名人の、男前の岸悦郎氏だったことは、嬉しかった記憶がある!
10代の時に、我が横浜西口に、同性愛者のホモが多数、
潜伏滞在してると言う、吹き溜まりの、
異様な、オールナイト上映の、ポルノ映画館があったのだが、
僕タンは、当時、その映画館が、そう言う映画館だとは知らずに、
10代の思春期での、純粋に、好奇心での、スケベ心の、ポルノ映画が見たくて、
夜中に、一人で行ったのだが、客は、中年が2、3人で、
途中、小便がしたくて、トイレに行ったら、何だか、オジサンが付いて来て、
小便してたら、隣に来て、横からマジマジと、チンポ覗かれて、
何故か、僕タンの身体を、さすって来て、触りまくって、
意味不明に「大丈夫?」「大丈夫?」と、連呼されたので、
当時、意味がわからずに、怖くなって、逃げる様に、その映画館を、後にした時~~~~~~~~!
◎僕タンが、人生において、どんな分野に身を置いても、人間関係も、世界一に恵まれてる、運命だったのは、
例えば、この恐ろしいヤクザの世界での、日本一山〇一門臥〇会時代も含めてだけど、
人生最初に、横浜でのヤクザ世界で、男を磨いた、黄金町駅前に、事務所があった、
19歳の時に、日本トップクラス稲〇会当時トップ二次団体だった、は〇し一家武闘派山〇組幹部の
行動隊副隊長時代時代は、事務所当番や、普段の団体行動でも、
仲良しで、大好きな、舎弟や後輩たちは、自分より下の人間なので、それは当たり前だから、まず置いといて、
普段は、目上の、兄貴分や組長や、最高幹部連中も、みんな、本当の家族みたいで、
和気あいあいの、暖かいアットホームの空間で
でも、イザ喧嘩や抗争などになると、上層部の当時は、何処よりも、イケイケで、強かったし、
本当に懐かしいし、当時、事務所は、黄金町駅前にあってね、最強最悪日本一マンモス校港高校定時制リーダー時代に
毎朝、10時から、内は組員交代制じゃなくて、世界一自伝hp修羅の青春記、は〇し一家ページ掲載の、
約10名の、なるべく全員で、当番に詰めてたんだけど、
僕タンの三つ下の、当時組の、最年少の17歳だった、地元海老名の、後にプロボクサーや、
日本一ヤクザ右翼好健会事務局長となる、長身イケメンの舎弟Y氏がいて、
当時、僕タンの後から、港高校定時制に入学してきて、出会って、学年やクラスは違えど、
そっから毎日一緒にいて、何やるにも一緒だったの!
で、この組には、彼の方が、数か月、先に早くは入ってたんだけど、ヤクザの世界では、
一日でも、その組に早く入った者の方が、偉いと言う、年功序列ではない、世界ではあるんだが、
やはり元々、横浜での、その様な高校や、暴走族時代の、上下関係などの、序列もあるし
Y氏は、港高校定時制では、僕タンの舎弟だったので、その組でも、僕タンたちは、
特別な、年功序列みたいな感じの、関係ではあり、
で、僕タンたち二名だけは、高校生ヤクザだったので、毎日10時から出勤で、16時になると、
事務所当番を、上がらせてもらってて、5時20分から、9時までは、学校で授業と言う、
何とも珍しい、異質な生活人生を、当時送ってたので、
当時、伝説ヤンキーレディース雑誌「ティーンズロード」などで、「刺青入れた極道高校生(笑)」なんて、銘打たれて
特集もされたりしてね!
この組では、当時の、他の組では知らないが、俺たちは「給金」って言って、
組長が、週に二万くれてた、給料みたいなのもくれてたし、は〇し一家で、専属で囲ってた「中華街江戸勘」って
ベテラン彫師の、太鼓(両胸や、両肩の部分)の、見事な牡丹の、刺青代金も、
一家割引き価格の、一時間4千円も、毎回出してくれてたし、
後に、偉大なる山根健一親衛隊様こと林(旧姓:榎本)政治さんから、
冗談で「刺青入れたとたんに、辞めてんじゃねーよ。」って、怒られたことあるけど(笑)
凌ぎに関しては、当時まだ、若い下っ端だった俺たちは、特に、これと言った、組での凌ぎはなかったんだけどさ、
組の凌ぎでは、ここでは言えない事もあるし、言える範疇での、その内の一つは、
この上記のテレビ画像に映ってる、この黄金町裏通りにあった、
当時横浜在住の、男性達で、知らない人間はいなかったと思うし、
男なら、遠方含めて、一度はみんな、お世話になってるはずの、
「赤線」って、日本人含めた、多国籍の美女たちが、狭い、赤ちょうちん小屋で、
酒を、軽くたしなめる程度の体で、店を構えてて、当時30店舗くらい、ズラーっと軒並み並んでて、
その通りを、男が歩くと「お兄さん遊ばない?」って、多国籍の美女から、片言で声掛けられてさ、
一階は、酒のテーブルで、二階に上がって、チョメパコを、短い時間の、たった20分くらいなんだけど、
ゴム付きで、1万でやれた有名人気風俗街として、この場所が一世風靡してたのよ!
その赤線を、シマウチ凌ぎとして、取り仕切ってたのが、内らで、
店の女と、酔っ払った客などとのトラブルで
店に数人で飛んで行って、客を引きずり出して、少し〆た記憶の思い出もあるなー!
僕タンも一回だけ、客として行ったこともあるが、何せ時間が短いから、
焦りながらで、時間が気になり、気が散っちゃってたね(笑)
後年最終的には、当局の「黄金町赤線風俗浄化作戦」により、潰されたんだけどねー!
とにかく、綺麗事抜きでの、毎日が楽しくて、朝からの、組事務所当番も、学校両立も、
全く、苦にもならなかったし、人間関係含めて、嫌なこと、一つもなかったんだけど、
僕タン、10代では、もう学生不良や暴走族や右翼などで、散々、アフロやパンチや二グロなどのコテコテの
不良髪型を、経てきたから、ヤクザ時代は、もう髪型だけは、
落ち着いた、ジャニーズサラサラヘアで行きたくて、二グロの後に、伸ばしてたんだけどさ
今は故人の、戦後最強伝説横浜愚連隊出身の、愚連隊時代の、抗争殺人前科もある、
大物男前俳優の、故人の石原裕次郎にソックリだった、イケイケ山際組長が、
やはりそれはさすがに、ヤクザ定説の規律として、チャラチャラした、伸びてる髪型はダメで、短髪を強制されたの!
誰からも、束縛されるのが、ダメな僕タンなので、その時点で、ちょっと嫌気が刺してしまい、
やる気も失せてしまい、組長が福冨町歩いてる時に、
ちゃんと面と向かって、正直な気持ち話して、何か落とし前を、要求されるとは覚悟はしてたんだけど、
懐の広い、心も広い、人柄も最高の組長だったので、何のケジメもなく、辞めさせてくれたの!
でも後年、伊勢佐木町モール街で、夜に偶然に組長と、再会したことがあったんだけど、
その時に俺が、二人で一緒にいた、地元千葉の、一個下の、仲良しの後輩が、
当時、は〇し一家村〇組の人間だったので、
俺はもう、堅気になってるのに、同じ一家系列の組員と、シマウチウロウロしてたら、そりゃ面白くない、
組長の、その気持ちもわかるんだけど、その状況にて、俺がそこの組に移ってたと、組長には誤解があったのと、
何より、ベロンベロンに酔っ払ってたので、怒鳴られたことがあったが、ちゃんと二人で説明して、わかってもらい、
万事休すで、普通に別れたがね?
後年病気で、亡くなったが、とにかく、組長には、経済的にも含めて、本当に色々お世話になった恩は、一生忘れてないし
今でも、33年前の生前の、山際組部隊の、伝説の生き証人の、伝達する宣伝部長だし(笑)
山際組相談役だった、地元鶴見の、当時は老人だった松〇氏は、やはり戦後最強伝説横浜愚連隊出身でさ、
あの、伝説有名四天王の、元ボクサーでもあった、モロッコ辰こと出口氏などと、横浜界隈で暴れてたツワモノで、
普段は、無口な寡黙で、正直愛想は良くなく、いつもムスッとしてるタイプの人なんだけど、
基本的には、昼飯は、自腹で自由の、システムだったが、この松〇相談役が、
毎日の様に、事務所での昼飯を、俺たちの組員全員分を、近所の、中華料理など、
毎日違う店での、出前を欠かさずに、注文して、奢ってくれてた、恩人でもあるの!
「普段は、愛想なくても、イザという時の、男は黙って下の者に奢る」と、教えられた様な気がしたの!
もう寿命で、亡くなられてる。
地元泉区岡津の、大好きだった、当時23歳の若さで、組の若頭だった、
貫禄あったが、優しかったⅯ氏も、
俺が辞めた帰りには、事務所で、名残り惜しい態度で、見送ってくれたし、
結局、後年交通事故で亡くなってしまったがね。
それと、滅茶苦茶優しくて、でもキレたり、喧嘩になると、相手が年上だろうが、誰だろうが半端じゃない、
人生史上最も、最高の兄貴分である
元、日本一浜連武闘派羅漢大口総本部S43総長の、は〇し一家の、組長クラスまで登り詰めて、
現在は、稲〇会の、野毛にある、違う一家で活躍中で、横浜S43年代トップクラスアウトロー有名人の、
現在は、服役中のK兄貴なんて
その組辞めた日に、帰りに近所に、K兄貴の車で、軽くドライブがてらで
「また、何かあったら言って来なよ!」って、言ってくれてて、マジで涙もんだったよね!
今でも、この兄貴とは、お互い連絡先も知ってるし、一生の心の兄貴分として、一生陰ながら応援してるしね!
今でも、当時の山際ファミリー残党として、ヤクザ時代を共に、男を磨いた
故人の3名含む、改めて、ご冥福をお祈りと共に、一生心の中で生き続けてる、約10名の、
戦後最強日本一伝説横浜愚連隊OBツワモノたちと、
我が、日本一伝説横浜連合有名人OBツワモノたちで、構成されてた、
当時、少数精鋭の組の中では、横浜一番武闘派の組で、
そして一番暖かかった組であった、山際ファミリー魂永遠成れ!万歳!
またコックリさんの様に、この死者数名にまつわる、この記事に至ったのは、
Ⅿ若頭からの指令で
「山根~元気か?山際組長や、松〇相談役や、俺の事も忘れないでくれよな?」と、聞こえる気がしてるから・・・
この世界一ブログ記事では、多くの仲良しだった、
兄貴分二名、先輩数名、兄弟分二名、親友数名、舎弟二名、後輩数名などの、
数々の、アウトロー青春時代を、共に駆け抜けた、戦友勇士たちの、
英霊たちに向けての、記事も多いが、この英雄でもある、死者の霊魂たちも、この山根健一を
天国から、大勢のみんなが、守護霊代わりとしても、見守ってくれてるのも、間違いない、
この部分も、恵まれてる最強運命!
でも、みんな!僕タンの、セ〇ズリオ〇ニー中の時だけは、見守らないでね?(大爆笑)
◎20歳の、山〇組幹部の時に、自分と組員の計7人位で有名なカラオケ付きの某中華料理屋にて、皆で飲食をしながら、
仲間がカラオケを歌っていて、歌い終わると、何処からともなく、拍手喝采が遠くから聞こえて来た。そこを見渡すと、不良の集団で、そこには、
浜連の集会などで見たことがある、有名な自分の一歳上の元、本牧党で元、日本トップクラス任侠組織稲〇会稲◯一家杉浦組内浅〇組(現一ノ瀬一家)組員だったT氏と、
自分の一歳上の有名な、元、岡村蜘蛛総長で、当時プロボクサーのN氏達数名だった。自分達は中華料理屋で飲食を終えた後に、場所を変え、別の確か居酒屋か何かの店に移動したのだが、
何かの縁だったのか、そのさっきのN氏達も場所を変え、その店の前で、鉢合わせとなり、自分達は「さっきはどうも!」と挨拶を交し、皆で少し会話をし、
お互いが、お見知りおきとなったが、この集団のリーダー格のN氏は爽やかで感じが良く、フレンドリーな人だった。
顔も男前で、横浜S43年代トップクラスアウトローだった。
自分達は店に入ると、店の前が騒がしく、喧嘩が始まっていて、例の本牧の当時から全身刺青のT氏が、ポーカーゲーム屋か何かの中年の男と喧嘩して暴れていた。
自分達は店内にいたので、相手が何人いたかは、確認はしてないが、しかし岡村のN氏はT氏を必死に止めていたのだ。自分はこのN氏に感銘を受けたのだ。
相手が複数いたとしても、相手は、ただの堅気で、武道や格闘技などをやっている様にも見えない素人に対して、プロボクサーN氏がT氏の加勢をし、
一緒にいる5人位の仲間もいるのだから、余裕で勝てる喧嘩だったはずだが、N氏は絶対に戦わずに止めていた。
『やはりプロはさすがに違うな』と関心した喧嘩だった。
蜘蛛と言えば、西横岩井原支部のS49総長の故・N氏と仲良しだったが、ある日、電話でN氏と話をした時に、
N氏が「この前、境之谷(西区)で見かけましたよ!」と言っていたので、
自分が「あっ、マジで?変な格好してなかった?(笑)」と言うと、
N氏は「はい(笑)山根君程有名になると(笑)」と言っていたN氏が、懐かしい。
だが彼は後年、集会中の不慮の事故で亡くなってしまった。
しかし自分の事を師匠と呼んでいた、自分の弟分であった、N氏と同じ年の黄金族総長で元、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家焼山組組員だった故人・M氏と、
N氏は兄弟分の様に仲良しだったが、M氏も交通事故で亡くなってしまったので、この二人が天国で再会し、向こうでも仲良くやっていると思う。
後、岡村と言えば、自分よりだいぶ年上の元、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス任侠組織三代目林一家石〇組だったO氏(あだ名:オッタ)や、
岡村蜘蛛で自分の二歳上の元、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家鈴〇組だったM氏とも、自分は仲良しだった。
そして、自分と同じ歳は、前文に出ている上グルのT氏と、元、浜連六浦魁の、山根会の、性格も最高のI氏である。
そして自分の一歳下は、このホームページの写真に出ている元、日本トップクラス任侠組織稲〇会稲〇一家野毛山崎組系組員のF氏は、最高の内の一人の、舎弟である。
このホームページの、雑誌の切り抜きの六人組暴走族で出ている、S46年代総長Y氏とも仲良く、彼は、ある事件で13年懲役を打たれ、出所してきた。
岩井原支部の自分の後輩の三歳下とも、自分は仲良しだった。後、岡村は、自分の20歳位下の、複数の内の二号兼内縁の妻兼秘書(内縁妻とは三年以上同棲した女の事)がいるが、
その同級生の番格不良のH氏とも、自分は知り合いだが、彼は、岡村歴代大将のS42蜘蛛総長で、元、日本トップクラス東京任侠組織住〇会系生〇組若頭だったH氏の、実姉の実子である。
岡村蜘蛛の他のメンバー数人とも、自分は仲良しだった。
◎同じく林一家山〇組の頃、自分が訳あって、そこの組を辞める時、自分がお世話になった組長Y氏に、
直接自分の気持ちを伝えると、何のケジメや落とし前も取らず、何事も無く辞めさせてくれた。
この組長はイケイケで有名な、殺人前科もある組長だったが、性格は良く、心も広く、寛大な人だった。
現在は病気でお亡くなりになり、心からご冥福をお祈りいたします。
当時の自分のK兄貴は、元浜連大口羅漢のs43総長で、横浜s43トップクラスアウトローで、
K兄貴は、キレるとイケイケだが、普段はとても腰が低く、性格も最高で、とても優しい極道で、
私に対して、嫌な言動や態度を一度も、とったことないし、自分が辞める時も「また何かあったら、いつでも言って来なよ!」と、言ってくれた人である。
最高の兄貴分だった。そして、このホームページに写真が出ている、このK兄貴の兄貴分に当たる、自分の二歳上のH氏にも、
自分はお世話になり、この人も横浜S42年代トップクラスアウトローで有名な人物であるが、
昔は外見はバリバリの不良だったが、落ち着いてからの外見は、髪型も直毛のサラサラヘアーで、
顔も男前で、イケメン長身タレントの、山本裕典そっくりであるが、
自分からは自慢せずに、後から、聞いて知った事なのだが、
彼は、柔道の達人で、この人が自分の目の前で、ある人間にワンパンを入れたら、
ぶっ倒れて気絶した喧嘩の強さである。組の他の連中も、皆良い人間達だった。
そして、この組を辞退した数年後、ここの一家の中〇組長と訳があり、ある件を電話で会話をしたが、
話の分かる、とても男気のある良い組長で、自分の最高のS兄貴分(男前で、元ボクサーで、
横浜s40年代トップアウトローで横浜トップクラスアウトロー)とも兄弟分だった。
◎21歳位の堅気の時に、自分の同じ年の仲良しだった保土ヶ谷蛍死蝶の、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家貞〇組(現、埋地一家)S氏と、
自分と仲良しだった後輩の、元、浜連本牧党の二歳下の、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家岩〇組内金〇組組員の、K氏と三人で車で、
集会に行く途中に、S氏運転で、S氏が「キー!ガソリン代出せよ!」と言ってたので、
自分が「俺がガソリン代出すよ!」と庇ったら、
S氏が「いいの、いいの!こいつ持ってるんだから!」と自分には、絶対に出させなかった。
偶然にもS氏の奥様は、自分が港定時代に、可愛がってて、仲良しだった三歳下の長身絶世美女のM・H氏と言う縁もあったS氏は、親しみのある、良い不良だった。
K氏との出会いは、10代の時に、当時、彼が希望が丘に、剣の仲間として、拠点を構えて、格好良い、愛車のロケットカウルの、白とピンクのCBXを乗って、暴走族をやっていて、
私が仲良しだった、希望が丘だったので、お近付きの印として、ある日、K氏の自宅に、直接訪問して、彼のその愛車を、二ケツしたりの、ツーショット写真を、撮ったり、
プライベートでも、連るむ様になり、ちゃんと敬語で、対応もしてて、凄く仲良しだったのだ!
しかし、K氏がある日、留置所で一緒になった、地元戸塚の戸塚中学s49番長の、好健会総隊長の、元、五代目山口組二代目臥龍会井上組での、
私の舎弟T氏と、私の話になり、K氏が「ホモみたいだね!」と言ったのを、その舎弟のT氏から聞いたので、良い思いはしてない最中、
30歳位の頃、同じ年の、元浜連希望が丘剣の、当時、好健会兼山根会会長補佐のO氏が、
このK氏達が、族単車に乗ってて、走ってる時に、双方は知人だが、お互いに知らずに、タチワルとして、ワゴン車で、追い掛け回し、
K氏達は、数台でビビッて、仲間と逃げた後に、後日、O氏とわかり、K氏が、その当時の仲間と「エンジンが壊れたから、弁償してください!」との、クレームを入れたのだ!
そして、O氏から、相談されて、話合いの場所の、泉区のデニーズに、一緒に駆出されたのが、自分と言うことなのだ!
で、少し、以前よりも、K氏が自分に対して、態度が横柄だったのと、例のホモ発言の追及すると、
「それは、Tが、山根君って、ホモなんですか?と聞いて来たから、俺がホモみたいだね!」と同調しただけと、主張してきたが、そこで「ホモみたい」なんて言うのがおかしいし、
何か、態度も悪かったので、自分が「後よ、お前が、大口の渋〇に、集会中に、もう一人と、手を出したりして、羅漢全員が、お前を狙ってて、お前逃げてるだろ?
俺は、大口とは、皆兄弟分だよ!こっちに話のケツが回って来てて、でも「仲良い、後輩だからね・・・」とか、庇ったりもしてるし、
山下公園でも、SやHと稲〇の人間と揉めて、やられて、逃げてるただろ!アチコチで、やられてよ!」などと、この際なので、全てブチまけると、
Kは「自分も、こっちもそうなんですよ!」と、言ったので、いかにも、俺が誰かに、狙われてて、こっちが庇ってると言うことを、架空話で言って来たので、絶対に、そんな覚えはなかったので、
自分はそれに切れて「こっちもそうなんですよ!じゃねんだよ!」と怒鳴ると、
Kは「何を興奮してるんですか?F、帰ろうぜ!」と、逃げようとしたので、
自分は「まー!待て!冷静に話すから!」と、引き止めて、
お互いに、冷静に話し、自分が「もし、追い掛け回されて、事故ったとかなら、まだわかるんだけど、エンジンはこいつが追いかけたから、シャカった証拠にはならないじゃん!」と主張し、
その族車走行や、デニーズにも一緒にいた、初対面だった、地元上飯田の、当時任侠右翼の、泣く子も黙る、横浜s46年代トップクラス、大物有名アウトローF氏もいたので、
彼に「Fちゃんも、有名人なのに、その時に、何で逃げるのよ?」と、言って、
彼が「いえ!逃げたんじゃないですよ!」と、そこからの、彼の主張も色々と聞いて、話合い、
最終的には、Kも納得して「ホモ発言」により、お互い様にして、O氏の件も、パイにしたのだ!
さっきK氏が言ってた、俺に対する、トラブルの件を聞くと「中〇さんや長谷〇さんが、探してましたよ?でも、探してたと言うより、ただどうしてるか、知りたがってるだけみたいでしたけどね!」と言ってたが、
その二人は、保土ヶ谷と鶴ヶ峰の、林一家金〇組の、有名な人間だが、まだ当時は、彼達とは揉めてないし、狙われる様な記憶がないので、K氏にも説明した!
しかも、例の、前出の、この物語に出て来る、抗争には発展する前の、時系列だったので、関係はない話であった!
で、デニーズの帰りの、全員分の飲食代金を、F氏が、払ってくれようとしたので
自分が「いいから!いいから!」と、彼から、料金票を奪ったが、F氏も、また料金票を、こっちから取って、
払おうとしてくれたので、またこっちが奪って、結局は、こっちが強引に支払ったのだが、
この彼の、振る舞いや、元々、お互いに存在を知ってた、大物だったので、
まだ更生する前の、私だったし、以降は、凄く仲良くし、しょっちゅう連絡を取ったり、
こっちが、海水浴に誘ったり、向こうが、街宣活動に誘ってくれたり、
彼が、祝!キャバクラを経営したとの事で、オープン案内の連絡くれたり、お互いの都合で、中々会う事は出来なかったのだが、
彼の、アウトロー経歴も、また凄く、全日本レーシング連盟湘南連合戸塚音s46総長、日本最強最大任侠組織五代目山口組松岡組野崎組内藤沢組幹部、
日本トップクラス任侠組織稲〇会堀井一家系幹部、日本トップクラス任侠組織稲〇会堀井一家系任侠右翼石穂塾行動隊長、
最後は、日本トップクラス任侠組織稲〇会相模一家黒〇組若頭で、数年前の、世間を震撼させた、平塚七夕祭り、
稲〇会相模一家vs日本トップクラス任侠組織住〇会トップ二次団体イケイケ幸平一家聡仁組抗争により、
双方に、一人ずつ死者が出て、その時の、幸平一家の人間を刺殺したのが、F氏の舎弟の、地元戸塚の、S氏なのである!
で、当時、日本トップクラス任侠組織稲〇会堀井一家系任侠右翼石穂塾行動隊長の時には、当時の渋い、石穂塾の、暑中見舞いを、
当時、自宅兼好健会事務所だった、横浜大規模芸能人御用達3DK永田団地に、郵送してくれて、
好健会の暑中見舞いも、お返ししたりなどして、後年、世界一ブログにて、その双方のだったと思うが、暑中見舞いを、アップしてる!
ある日、本牧のKの方は、ネット掲示板2ちゃんねるに、山根捏造誹謗中傷や脅迫が酷くなり、山根ファンも、しばらく、お返しバトルしてて、
ある日、例の、2016年に、電話で、喧嘩を売って来たのだが、ブログにも、その当時のやり取りの、クンロク、口論の会話が、一語一句
記事にしたが、その現因が、どうやら、この上記の、
ガソリン代の件を、私は好意で書いてるのにも関わらず、悪意で受け止めたのと、
上記の、デニーズの件が、面白くなく、遺恨を引き摺ってた様で、
それと、重度のシンナー中毒だったので、その後遺症と、親戚が、六代目山口組秋良連合系の組長になった為に、
急に手のひら返して、寝返って、裏切って、ネット掲示板に、私の捏造誹謗中傷や脅迫を、多数書き込む様になったり、
電話で、上等や喧嘩売って来て、こっちも一歩も引かずに、戸部非合法タイマン宣戦布告で、向こうがビビッて、トーンダウン、意気消沈、戦意喪失し、
こっちも、上記のガソリン代の記事を、一部削除すると言って、一回は手打ちしたのにも関わらず、
また、私の捏造誹謗中傷や脅迫を、多数書き込む様になったり、その親戚の組長に電話寄越させたり、他の当時の、少数アンチ山根となった人間と、二対一での、直接訪問など、
攻撃を仕掛けて来る様に、おかしくなってしまい、
自分も、止むを得ずに、更生してながらの、組長にも一歩も引かず、ブログでの、緊急重大発表として、懲役覚悟の、K・Kコンビ抗争宣言や、
抗争途中に、渋谷ジム合法タイマン宣戦布告などの、武力行使や法的に、やり返して、
コンビニなど含めて、小競り合いが、合計で、数ヶ月に渡ったが、
最終的には、当局の、お互いの共通人物を、間に入ってもらい、二人と、渋谷ジム合法タイマン宣戦布告希望を、伝言してもらい、
プロ同然と呼び名の高い、山根世界最強ヘビー級キックボクサーvs素人が、勝てる訳はないので、ようやくビビッて引いて、
現在は、ネット掲示板には、一人の方のK氏の方は、一切山根捏造中傷も辞めて、書き込みもなく、完全に手打ちになったが、
もう一人は、完全には辞めてないので、またこっちも、これまでの経緯の説明だけを、ネット掲示板じゃなく、正々堂々と、ここに、
説明の物語を、書き込むことにしたのだ!
しかしこれらは、その年は、お祓いは行ったのだが、大殺界だったのと、本牧のK氏の、彼のシラフでの意志ではなく、薬や病気の、副作用だと、思っているので、もう遺恨はない!
保土ヶ谷と言えば、このホームページの写真に出ている、自分が10代の時に、自分の一歳上の保土ヶ谷蛍死蝶総長で、元、Mさんの舎弟の林組幹部の、
横浜S43年代トップクラスアウトローのY氏と、S42・S45総長西横一家極道の、M兄弟の家に遊びに行った時、
S45特攻隊長で、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家岩〇組内金〇組組員のO氏も来て、
M氏(兄)やその彼女が、色々と飲食類を御馳走してくれて、凄く楽しかったし、帰りも皆で送ってくれて、非常に感謝している。
他にも、地元は大口の、この西横一家極道のS43の有名人で、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家岩崎組のY氏は、非常に腰が低く、年下の自分にも敬語で話をし、有名人は違うなと思った。
西横一家極道と言えば、このホームページの写真に出ている、S43年代総長の、Mさんの、舎弟の林組幹部だった
横浜S43年代トップクラスアウトローで、長身で男前で、人間総合力を兼ね備えていた故・T氏や、例の揉めた、ポーカーゲーム屋で一緒だった、S45故人N氏や、
このホームページの雑誌の切り抜きの、六人組暴走族で出ている、S46総長の、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家金〇組のK氏とは、
自分は特に仲良く、彼はバリバリの不良だったが、ちゃんと敬語で、対応もしてて、礼儀も正しく、自分にとって、とにかく性格の良い不良だった。
彼は横浜S46年代トップクラスアウトローでもある。
 
  
【当時のネット掲示板による、K氏からの非常に暖かい、大変有難い、最高に嬉しい絶賛レス】
 
143 名前:河尻 投稿日: 2008/10/12(日) 23:57:40
浜連じゃないけどごめんね。俺は山根君が浜連の相談役やってたとか,山根会やってたとかは
わかんないけど,俺がティーンズロード載ったときも山根君が俺は浜連じゃないのにわざわざ
呼んでくれたし、
浜連の幹部会行った時も色々と後輩たちに良くしてくれたのも山根君なんだよね。
湘南連合のカレンダーの写真を撮ってくれたのも山根君だし。保土ヶ谷、旭,瀬谷の
人間だったら山根君の事悪く言う人はあんまりいないはずだよ。少なくとも俺は悪い人だとは思わないよ。

.net:河尻:04/08/18 23:29
なんかよっぽど山根君にいじめられたとか恨みを持ってるとしか思えないしつこさだよなこりゃストーカーもびっくりだよ。
でも1つだけ言えるのはこいつが何言ったって山根君がどういう人かわかってる人間がいるもんな。

103 :河尻:04/04/11 20:04
山根君がホモと言われるのは誰にでも腰を低くして話すからだよ。だから舐めてかかかる奴も多いけど、昔はカッコイイホークⅢに乗ってなかなかでしたよ。
きっとここで悪く言う奴は昔のことをしらないやつだな

:河尻:04/04/11 23:34
じゃぁそういう君はダサいって太鼓判押せるのか?俺は中3の時から集会行ってたけどその時はいたぞ。今から16、7年前の話だよ

117 :河尻:04/04/12 04:46
そんな人の揚げ足取ったり、やくまち切って楽しそうだな。でも山根くんも俺も所詮人の事こんなところで
悪口しか言えないお前よりかはまだましだよ。
人間が小さいよ。お前は…まぁ一生誰かの悪口でも小さい頭で一生懸命考えて人生終わらせちゃってください。応援してるよ
 
この様に、非常に暖かい、大変有難い、最高に嬉しい絶賛レスを、この他含め書き込んでくれていたのですが、 
しかし、後年自身のSNSでも公言してた、覚醒剤中毒や精神病院に通う様になってしまい、私に対しても、例の、急に手のひら返して、寝返って、裏切って、ネット掲示板に、私の誹謗中傷を、多数書き込む様になったり、
他の少数アンチ山根と、二対一での、直接訪問など、攻撃を仕掛けて来る様に、おかしくなってしまい、複雑な心境になりながら、自分も、止むを得ずに、
更生してながらの、電話クンロクや、渋谷ジム合法タイマン宣戦布告などの、武力行使や法的に、やり返して、お互いの共通人物を間に入ってもらい、現在は、完全に手打ちになったが、
これらは、同じく、お祓いは行ったのだが、大殺界だったのや、彼のシラフでの意志ではなく、薬や病気の、副作用だと、思っているので、もう遺恨はない!
後は自分の仲良しだった、このチームのS46のF氏は、現在日本トップクラス任侠組織稲〇会林一家平〇組最高幹部になっている。
このチームは、他にも自分の三歳下の数人K氏、N氏、自分の舎弟だったK氏、
自分の四歳下の総長H氏や、S氏、自分の六歳下のあだ名:チマ氏などとも自分は仲良しだった。
因みに、保土ヶ谷蛍死蝶のS51の総長は、山根会で横浜成人愚連隊行動隊副隊長であったY氏であるが、
自分の五歳下の元、保土ヶ谷蛍死蝶のH氏は、そのY氏と、先輩後輩であったが、
このH氏が、ある事件の懲役から帰って来て、このY氏にチクられたチクられないで揉めたが、
結局、H氏が自分と元々知り合いだった事と、Y氏が山根会だった事から、H氏が、Y氏を許してくれた。
 後は保土ヶ谷蛍死蝶は、自分の同じ年のS氏や、S47総長I氏なども、仲良しで
S47保土ヶ谷蛍死蝶の故・A氏は、自分の弟分だったが、不慮の事故で亡くなってしまい、心からご冥福を祈る。
後、保土ヶ谷蛍死蝶は自分の六歳下の、男前でリーダー格の、下の名前がT氏とも、自分は仲良しである。
◎自分の六歳下の元、保土ヶ谷蛍死蝶で、当時は、日本最大最強任侠組織山口組後藤組一門大西組永〇組若頭のW氏とは、
30歳の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の時、揉め事がキッカケで仲良くなった。彼は20代前半で、そこの組の若頭をやっており、
以前自分と、あるトラブルで揉めたが、その後は和解し、チョコチョコ連絡を取る仲で、ある日彼から連絡があり、
永田で不良と喧嘩になり、金属バットを持った数人の連中に襲われたが、「お前ら山根君の後輩か!?」と名前を出したら、
相手が引いたので、「その後は自分も何もやりませんでした」と言ってくれて、男気のある極道であった。
体も大柄で貫禄もある。彼は現在も任侠道を、まい進している。現在は六代目山口組直系二次団体である、二代目竹中組本部長二代目青〇組組長という、輝かしい大物のポストの席にいる。
日本最大最強任侠組織五代目山口組と言えば、自分の、大和市の後輩のケツ持ちとして、自分の六歳下の、地元が神奈川綾瀬のI氏と揉めた事があり、
その後は、仲良くなったが、その組の、日本最大最強任侠組織山口組松岡組野崎組内藤〇組は、元々本部長をやっていた、
地元が泉区の、自分の一歳上のS氏と、組長の実子とも仲良しであったが、ここの事務所が当時泉区だった組長F氏が、
自分の噂をアチコチで聞いたらしく、組長と自分の共通人物数人に、自分と会いたがっている事を聞いて、嬉しかった。
しかも嬉しいことに、その組長が「あそこは、トラブルで困った連中の、駆け込み寺だ。」と、自分が、アチコチのトラブル解決をしてる、
『最強のケツ持ちバック』との、実績との、お墨付きを、あの日本一天下の山口組系の、ヤクザ激戦区である、
横浜市設置事務所組長親分からも、太鼓判を押してもらい、まさしく、これぞ『人助け、必要悪ナンバー1アウトロー』冥利に、尽きるのであった!
◎自分が21歳での堅気の時に、自分の二歳下の、地元が弘明寺で、正式に暴走族はやっていなかったが、若い内から極道になり、
当時は、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家武闘派砥川組の、幹部になっている、現在はそこの最高幹部のI氏であるが、
自分は21歳位の時、暴走族の集会で、戸塚サンテラスに集合してる時に 
初めてI氏を見掛けたことがあるのだが、その時に、彼は、自分も仲良しの、好きな先輩の、s43浜連本牧党の、
当時は、日本トップクラス任侠組織稲〇会稲◯一家杉浦組内浅〇組組員(現一ノ瀬一家)だった、全身刺青のS氏から、理由は知らないが、ボコボコにヤキを食らっていたのだが、
ボコボコには殴っていたのだが、I氏はヤキを食らっている最中に、ビクともせず、ケロっとしていて、全く効いていなかったのだ!
S氏のパンチが、弱いことではなかった!かなりのスピードと威力の、連打のパンチだったので、他の人間なら、参ってる所だ!
しかも、I氏は、たまに笑みを浮かべていたようにも見えた!自分はこの男に衝撃を受けた!まさに不死身だった!
そのすぐ後に、ある縁で、I氏とは、先輩後輩の関係で仲良しになり、東逗子の暴走族エルザが、パー券をバックれたということで、捕まえに行くのを、
もう一人I氏の当時同じ一家の、自分と同じ年の組員と一緒に付き合ったが、その彼は、自分を知っててくれて嬉しかったし、
自分(山根)のファンだと言う、可愛い女の子を、当時住んでいた、自分の戸部のマンションに、I氏が連れてきてくれたり、仲良くして、良く遊んでたのだが、
ある日、砥〇組をバックれた人間を、千葉で、兄貴分と見付けて、〆て殺して、殺人で事件でパクられたのだが、
その組内の人間から聞いた事なのだが、彼は何と、笑いながら出頭して行ったそうだ!I氏は数年前に出所したが、彼は現在、
そこの最高幹部となり、自分の後輩で、気合いや根性が入っている中でも、トップクラスの後輩である!
他にも、淋姦強姦弘明寺や、永田、六ッ川、野庭支部の先輩や、同期や、後輩達もみんな良い奴等だった。弘明寺の自分の一歳上の、
南中学の番長だったH氏や、同じく南中の自分より年上の、I氏などとも、仲良しでI氏(あだ名:カックン)はバリバリの不良だったが、
大変腰が低い人で、自分には敬語で会話してくれていた。
因みに、自分が暴走族現役の10代の頃、永田の自分の二歳下の、女ヤンキーY氏、H氏、N氏と、野庭の女ヤンキーN氏の、
全員顔や性格が可愛い四人組で、いつも会う度に「山根さんのファンです」と、キャーキャー騒いでくれて有難う。
◎22歳の堅気の時、港定時や暴走族の後輩計三人と自分の四人で、
某中華料理店で、食事をしていたら、自分の二歳下の元、浜連本牧党総長I氏、
自分の四歳下の元、浜連黄金族総長で、後に日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家新〇組幹部となるS氏
自分の三歳下の元、浜連伊勢佐木町ロードランナー総長兼日本トップクラス任侠組織稲〇会渋沢一家総長実子I氏
自分の三歳下の元、浜連戸部蘭で、当時日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家砥〇組幹部組員A氏、
自分の五歳下の自分を師匠と呼んでいた、自分の弟分だった元、浜連黄金族総長の、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家焼山組組員だった、故人M氏と、
港定時からの自分の三歳下の弟分で、海老名の、後に好健会事務局長Y氏の、
共に全員性格も最高の、計6人が後から店に来ると、電話で連絡を取った。
自分は、当時クレジットカードを持っていたので、全員に食事を奢るつもりで
「俺が出すから、みんな遠慮しないで、好きな物頼んでいいよ!」と言って、食事が終わり、料金の精算の時、
自分のカードは、どの店でもほとんど使えるのに、たまたまその店では使えなかった!
しかもその日は、たまたま現金の持ち合わせが無く、困っていたら、
本牧党総長I氏が「自分が払いますよ!」と気持ち良く、全員の計10人分を払ってくれたのだ!
I氏には、自分がよーくお礼を言って、次には、俺が奢るからと言う約束をした!
因みに、このI氏は、港中学生時代には、教員とのトラブルで、刃物で、教員を刺してしまった悪で、
本牧党時代には、s45本牧党総長で、後に、日本最大最強任侠組織山口組益田組となる、
横浜s45年代トップクラスアウトローの、性格も最高の、大好きなY氏の二人組で、
暴走族時代に、相手はヤクザ二人組とのトラブルによる、
ストリートファイトの取っ組み合いで、一歩も引かなかった武闘派の二人組である!
数年後、やはりその事が気になっていたので、彼にお礼がしたかったので、電話をしたら、
彼は「そんな事ありましたっけ?」とわざと、とぼけてくれて、忘れたフリをしてくれたのだ!
そして自分に「忘れて下さい!」と言っていた。
さすが、浜連トップクラス暴走族本牧党のリーダーの器量だと感銘を受けた!
後はこのホームページの写真にも出ている、本牧党の、自分の二歳上のリーダー格で、
横浜任侠組織系双愛会系橋〇組組長のH氏や、例の前出の、自分の一歳上の、好きな先輩の元、本牧党で、
元、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦組内浅〇組組員だった、性格も最高の、全身刺青の、
好きな先輩の、イケメンS氏とも自分は仲が良かった。
S43年代本牧党総長で、日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家若頭藤〇組組長の、
九代目一ノ瀬一家総長が確定してる、
横浜S43年代トップクラスアウトローのF氏は、自分が18歳の族現役の頃、朝比奈の浜連の幹部会で、
浜連カレンダーの件で、話をした事がある。
S44年代本牧党総長の、殺人前科のあるY氏は、自分が18歳の族現役の頃、
山下公園の幹部会などで、話をした事がある。
そして、S43年代本牧党特攻隊長の、日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家金〇組長で、
性格も最高の男気溢れてたK氏は、この文章の、自分が31歳の時の、横浜西口ステッカー事件の話の相手である。
後は、自分と隼人高校時代からの同じ年の、性格も最高の、故人の友人T氏が、元戸部蘭で、後に本牧党で、
殺人前科がある。後は、例の前出の、自分の一歳下の、元、本牧党総長で、
元、日本最大最強任侠組織や山口組益田組系組員のY氏は、
自分が横浜拘置所に入っている時に、手紙を送ってくれたり、掲示板で私をホメテくれたり、
山根ブログでも嬉しい有難い、最高のコメントもくれている、最高の後輩である!
自分の一歳下の元、本牧党で、元、東京的屋系任侠組織戸部極東会系秋◯組組員だった、
性格も最高のT氏とも自分は仲良しだった。
本牧党は、港高校の、一歳上の先輩で、性格も最高のK氏もいた!
後は、このホームページに写真が出ている、自分の一歳下の、リーダー格の港高校時代の最高の後輩であるS氏と、
同じく一歳下の、港定時の最高の後輩だった元、本牧党のI氏と、同じく港定時の、最高の後輩だった、
自分の三歳下の本牧党だったO氏とも、仲良しだった。
後は、自分の一歳下の、横須賀から引っ越して来た元、本牧党で、殺人共同共謀正犯の前科があるN氏も、
喧嘩がきっかけで、仲良くなった、性格も最高の知り合いである。
後は本牧党は、自分の一歳下と二歳下のH兄弟の、兄弟とも自分は仲良しで、
弟の方は港定時の仲良しの最高の後輩だった。
そして、このホームページの雑誌の切り抜きで、浜連六人組で出ている、故人となってしまったが
本牧党S47年代総長N氏も、仲良しだった。
後は、S46年代大鳥中学喧嘩屋五人衆のA氏も、自分は知り合いだった。
そして、現在自分の複数の内の一つの所有している、
永田の団地の同じ棟には、自分より五、六歳上の元、本牧党の性格も最高のN氏が住んでいて、自分も仲良しである。
本牧党は、ここには書き切れない、他にも仲良しがいる。
地元が平楽では、このホームページに写真が出ている、
自分の一歳上の元、浜連平楽虫昆創立者で、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家宮〇組系組長で、
将来は、杉浦一家総長が確定してる、お偉いさんとなった、横浜S43年代トップクラスアウトローの、性格も最高のM氏や、
自分と同じ年の元、横浜任侠組織双愛会系組員だった、性格も最高の、イケメンH氏とは、自分達が中学一年の時、
世界最強武道少林寺拳法の合宿で一緒だった。
後は、自分の一歳下の地元が平楽の、港定時の後輩T氏が、現在も横浜任侠組織系組員で、
同じく、平楽の自分の三歳下の、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家鈴〇組組員だった、
性格も最高のK氏は、よく連絡をくれていた。
この前、神奈川区大口の、銭湯で、偶然久し振りに会い、声をかけてもらったが、
最初は、あまり覚えてなく、失礼な、素っ気無い、塩対応をしてしまい、後悔している!
自分の四歳下の、元、浜連平楽虫昆で、元、横浜任侠組織双愛会系組員で、
殺人共同共謀正犯の前科のある、性格も最高のI氏は、
永田に住んでおり、永田団地の自宅に、数年前に、年賀状を送ってくれる仲である。
彼と同じ年で、元、平楽虫昆の総長だった、性格も最高のH氏は、
自分が、ある暴走族カレンダーの撮影会の時に、訳あって警察と揉めて、
パクられそうになっていた所、このH氏が自分(山根)の身柄を移動して、警察から逃がしてくれた。
あの時の事は、非常に感謝している。彼は後年日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家武闘派貞〇組
(現、埋地一家)系任侠右翼政治経済調査会会長となるが、
舎弟など、下の複数の人間に対する、制裁などによる恨みから、組織内の内紛により、殺害されてしまった。
心よりご冥福をお祈り致します。
よく、大物芸能人達が、過去芸能プロダクション入社や、番組出演などの、オーデションには、
何十回と、落ちて来て、現在に辿り着いたと言う、エピソードが多いのだが、
自分は自慢ではないが、その手のオーデションを、多数受けて来て、殆ど落ちた記憶がないのだ。
(どっかのプロダクション所属時の、何かの出演オーディションだけには、一回だけ落ちた。)
自他共に認める、世界一超絶長身イケメンで、面接対応も、行儀が良いからであろうが、
 過去劇団所属や、芸能プロダクション所属や、研修生は、日本一劇団東俳は、豊島区駒込や、日本一ブランド芸能プロ「ジャニーズ事務所」や
モデルをやってた、港区赤坂「イズムイン・コーポレイテッド」の他に、
10代と20代の時に、共にオーディションで受かった、渋谷区と、豊島区池袋に会社事務所があった、芸能プロダクションに所属し、
歴代山根ガールズで、トップクラスにいい女で、思い出深かった、地元小田原の、三歳上の、身長170cmの、女優の卵の、長身絶世美女の、交際してた、
新美幸子と出会った、プロダクションにも所属してたが、この事務所が、池袋のプロダクションだったか、
もう一つ渋谷区道玄坂の事務所など、過去合計で、5、6社の、劇団、芸能プロタレントとして、研修生や所属や仕事経験があるのだが、
いずれにしろ、関わった、全ての劇団とプロダクションは、取り敢えずは、オーディションにて、
自分を合格採用してくれて、ジャニーズ事務所は、所属タレントでも、選ばれた人間しか入れなかった、
原宿表参道合宿所や、レッスンに受け入れてくれた研修生で、それぞれに対して、感謝と、喜びで一杯だった!
ラジオ番組での、世界一プロダクション社長大物ジャニー喜多川氏曰く「昔のアイドルは、長身は使えなかったんですよ。内の〇〇と言うアイドルも解雇したくらい。
今は内の子たちは、長身は結構いますが・・・」との、当時から身長180センチ級の自分で、
ヤンキーパーマの髪型で、ダンスレッスンも全く、踊れず、覚えられずで、ジャニーさんと、自分の判断で、ジャニーズだけはダメだったが、
当時のジャニーズは、長身がダメだった、それが証拠に、自分は長身を生かした、東京赤坂の芸能プロ所属で、
港区赤坂「イズムイン・コーポレイテッド」でモデルはやってて、80年代一世を風靡した、ディスコジュリアナ東京の、お立ち台精鋭部隊の、
絶世美女軍団の、同世代の、セクシーアイドルグループ「B・C・G」も所属してて、
自分は、千葉の幕張メッセや、東京ビックサイト国際展示場などの、商品イベントなどで、ブランド洋服などを着て、
アチコチのブースで、同プロと、他プロダクションから派遣された、男女の、超絶長身美形モデルたちと、数時間立ってる仕事の、フィッティングモデルもやってて、
その会場ブースの男女のモデルたちを、取り仕切り、まとめる役の、モデル管理監督ディレクターも、事務所からの要請で、こなしていた。
一つの会場に、三日連続で行き、合計2、3会場で、仕事してたことがあり、当時のギャラは、三日で、約55000円のギャラも、交通費込みで、美味しかった。
その前に、所属してた、渋谷と、池袋のプロダクションは、共に、レッスンにも通っていたのだが、
劇団以外は、入会金やレッスンは、優秀枠として、小料金だけだったし、
渋谷と池袋の事務所の方だけは、入会金やレッスンは、優秀枠の免除で、レッスン料がなかったのだが、
渋谷の事務所から、当時の永田団地の自宅に、自分が留守中に、担当マネージャーから、連絡事項の電話がかかってきて、
当時は、携帯電話の時代ではない、黒電話の時代で、母親が対応したのだが、
何と!後から発覚したことなのだが、その件を母親が自分に、全く知らせなかったことにより、
双方の、事務所と行き違いが生じ、ある日その件を知らなかった自分が、電話で、事務所に呼び出されて、
渋谷事務所に出向くと、急に解雇通告されて、何の事かわからなかった自分は、事務所に事情を聞くと、
その母親の伝達ミスを話されて、あっさりと解雇で、終わってしまったのだ!
自分は、渋谷からの帰りに、母親に対して、怒りが頂点に達して、母親に電話で発狂して、単に言い忘れたのか、タレント活動が、反対してたから、わざと伝えなかったのか追及すると、
 母が先方には「穏便によろしくお願いします。」とは、先方には挨拶はしてた物の、反対は、ちょっとだけとのことの、単に忘れてた、伝達ミスの模様だった!
帰宅後も、散々責めたが、もう幾ら言っても仕方なく、どうにもならなかったので、終わりにしたと言う、家族伝達ミスと言う、苦い経験がある!
◎自分が、今まで目の前で見て来た喧嘩で、スカっとして、気持ちが良かった喧嘩を紹介する。
18歳の暴走族現役の時に、港定時の一歳下の仲良しの後輩の、浜連横浜西口剣のN氏
(後に横浜任侠組織双愛会谷戸一家山田組組員となる)の紹介で、私の一歳上の先輩で西口剣のリーダー格で、
後に日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家金〇系組員となる現在堅気の、自分が仲良しだった、
横浜S43年代トップクラスアウトローのT氏が、警察から逃げていると言うことで、
N氏の紹介で、当時自分の家で、T氏とその当時の彼女を匿った事があるのだが、自分が後年23歳のホスト社長の時、
戸部に住んでおり、その近所で一台の車の中で、男女の不良のカップルが揉めており、
助手席に居た女が、発狂した男にボコボコにぶっチメられていた。
しばらくすると、アパートの二階からT氏が出てきて、降りてきて「うるせーんだよ!」と、いきなりその男をぶっ飛ばし、
またアパートに戻っていくと、その男がジュースのビンを割って凶器代わりにし、T氏を追いかけて行ったが、
T氏は全く怯まず、またその男が、返り討ちにされていた。
現在、T氏の奥様は、自分がディスコの店員時代の、お店の、お客様で、自分の、一歳下の、
地元が横浜西口の、長身美人で、自分が当時、戸部に、住んでいた時に、この彼女が、T氏と付き合う前に
、遊びに来たこともあり、自分は仲良しだった。
このご夫婦とは、自分が30歳の頃にも、偶然横浜西口で再会して、二人共元気そうで安心した。現在、このご夫婦の、
娘さんが、何と!有名芸能プロダクション○○○ダストの、日本一横並び人気トップアイドルグループ「ももいろクローバー」の美人
アイドル高城れに氏である。
因みに、西口剣は自分の一歳下の連中の、西区軽井沢中学番長のK氏は、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家系組員として、自分が辞めた後に、紹介して入れたり、
このK氏や、保土ヶ谷区宮田中出身の、大柄でゴッツいI氏は、自分の事を「兄貴」や「師匠」と呼び、慕ってくれていた。
他にもその代のU氏と、同じく、ビーバップハイスクールに出演した、元、任侠右翼大日本国修会の、鍵屋社長のU氏や、
他には、M山氏や、元、日本トップクラス東京任侠組織住〇会系組員のH氏や、
M三兄弟の全員が、剣で、長男のN・M氏が、自分の弟分であり、次男が元、横浜任侠組織双愛会谷戸一家山〇組で、
元、西口剣総長で元、日本最大最強任侠組織五代目山口組英組横浜西口ショウジ組系組員で、元ホストで、元、スノーボードのインストラクターのK・M氏は、
横浜S47年代トップクラスアウトローだった、M三兄弟とも自分は仲良しだった。
そして、このホームページの港定時の集合写真で、自分が左に座っている写真の、一番右に茶色のセーターで写っている、
港定時の自分の一歳下の、西口剣の後輩で、元、任侠右翼大日本国修会の、長身で男前で喧嘩も強いT氏も、自分は仲良しだった。
他にも西口剣は、S49年代総長で、現在日本トップクラス任侠組織系組長クラスで、殺人共同共謀正犯の前科があるY氏も、自分は仲良しだった。
後は西口剣は、S42とS45のK兄弟と、自分は仲良しで、S43年代総長で、元、任侠右翼大日本国修会の会長K氏も、自分は知り合いである。
◎23歳のホスト社長の時、自分の三歳下の、浜連戸部蘭の後輩で、当時日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家砥〇組系組員のA氏が、
自分の店に数人で飲みに来た付けの金を払う予定が、A氏と連絡が中々取れないことがあり、自分がA氏の携帯に再度電話をした時に、
A氏の兄貴分N氏が電話に出て、自分が名前を言い、どちらかを訪ねると「自分○○○と言います」と
腰が引く、キチンと敬語で対応してくれて、自分が「あーそうですか。申し訳ありませんがA君に、自分へ連絡をするように、お伝えして頂けますか?」と
お願いしたら、それまで連絡が中々取れなかった、A氏から、すぐに連絡が入り、飲み代も払ってもらい、これは彼の兄貴分のN氏のお陰であり、
大変感謝しており、N氏は自分より七、八歳位上だが、南が丘中学出身で、同じ南区出身の、
元浜連上大岡グループの、現在、横浜大物親分になっている有名人である。
A氏も現在はそこのお偉いさんになっていて、A氏は元々明るい気さくな極道である。
◎同じく23歳のホスト社長の時、自分の三歳下の元、上大岡グループ総長で当時、
日本トップクラス任侠組織稲〇会浅井組内新井組系組員だった、横浜S47年代トップクラスアウトローのS氏
(因みに、実弟はS51年代浜連総長)は自分の店にしょっちゅう飲みに来てくれていて、
開店早々来てくれた日には、店の準備を自分から率先して、手伝ってくれていた。彼には非常に感謝している。
しかし彼は、後年ある事件で、懲役10年以上打たれ服役し、現在は出所している。
上グルといえば、このホームページの、雑誌の切り抜きで、港定時特集で、白いパーカーで、下はGパン姿で
パンチパーマで写っている、S47年代リーダー格だったY氏とも、自分は仲良しだった。
他にも上大岡は、自分と同じ年の元、女ヤンキーコンビI氏とS氏や、他の女の子なども、自分の当時住んでいた、
戸部の自宅に、遊びに来ていた。
因みに、ここの店を開店した時に、自分の六歳下の港定時の後輩で元、浜連淋姦強姦野庭支部総長のS氏が、
真っ先に開店祝い金を持って飲みに来てくれて、感謝している。
そして自分の六歳下の、地元が永田の、女ヤンキーの下の名前がS氏も、当時関内の
パブスナックで働いていて、開店祝いを持って、数人で飲みに来てくれて、非常に感謝している。
淋姦強姦野庭支部といえば、自分と同じ年のM氏は、運転代行のお客様で、
BMWを乗っていて外見は背が高く、イカツイが、とても性格が良い、常連のお客様である。
◎同じく23歳のホスト社長の時に10代から仲良しだった、自分と同じ年の、地元は共進で、当時から横浜任侠組織双愛会芥川組幹部A氏で、
彼の彼女を連れて、よく店に飲みに来てくれていたが、彼は、よく自分のことを色々と、ホメたり、立てたり、してくれていた。
現在は、出世して、そこの最高幹部であり、以前に任侠雑誌で、そこの組織が特集で、そこの組織の会長の横に一緒に写っていた。
◎自分が23歳の堅気の時に、鶴見の先輩の紹介で、自分の三歳上の元、浜連鶴見死天王総長S氏を自分の家に
遊びに連れて来たんだが、この人は自分も以前から存在を知ってたんだけど、族現役当時は、バリバリの暴走族で、
パンチパーマでサングラスで上半身裸で刺青出して、単車のケツに乗ってた人で、喧嘩も強く、浜連歴代トップクラスの人だが、
自分の家に来た時は、髪型もお洒落にして、お洒落な柄シャツ着て、背が高く、男前だった。自分のアルバムのアフロ見て、
「おー!デカイデカイ!」と感銘を受けてくれてたが、穏やかで威張らないし、人からも人気がある不良で、人間総合力を兼ね備えている人だった。
その後は、彼がパクられて横浜拘置所に入ってる時に、面会に行ったり、仲良しだった。後に日本トップクラス任侠組織稲〇会山瀬一家系の若頭になった。
後は死天王は、このホームページの写真にも出ている、自分の二歳上の総長で、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家中〇組系組員のA氏は、
10代の頃に、自分の一歳下の死天王のO氏とも、10代の時、
自分の四歳上の、喧嘩屋のN氏や、一歳下のイケメンT氏とも、後年仲良しとなった。
同じく鶴見の、自分の三歳上には、自分の好きな喧嘩の強い、元浜連、末吉拳総長Y氏や、
このホームページの写真に出ている、拳のS42年代総長の、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家林組の、組長代行の、T氏とも自分は仲良しだった。
拳は、自分の好きなニ歳上のK氏とも、仲良しだった。
後、拳の地元の末吉には、自分と同じ年の不良で、読売ジャイアンツ私設応援団会長の、
現在大きな親の工業会社を継いだ、二代目社長であるN氏とも、自分は仲良しだった。
鶴見死天王と言えば、以前、ナンパしてチョメチョメして囲ってた、地元六ッ川の絶世美人ヤンキーN氏が、私と出会う前に、小柄だが
気合入ってる美人レディース総長H氏達の、有名レディース二俣川『闇光姫』に、集会中や公園も連れて行かれて
「レディースでも何でもない半端者が、単車の男のケツに乗っかってチャラチャラしてんじゃねー!」と、リンチを受けて、
顔もボコボコになり、全日本レーシング連盟集会出入り禁止令を受けてるとの相談を受けた事があり、
当時、自分は27歳位の時に、この様な事件を彼女から相談を受けました!
そして、私はこの様な女性同士のトラブルの時は、相手の女性が、付き合ってる彼氏にケツを持って行くのが筋だと思い、
当時、そのレディース総長の彼氏であった、私も存在は知っていた、自分の一歳上の、元浜連武闘派鶴見死天王総長であり、
日本一暴走族連盟全日本レーシング連盟会長でもあった、I氏と言う人物に電話をすると、彼も私の存在を知っていてくれて、
お互いの共通人物も多数いて、結局ケジメや落とし前と言う話ではなく、顔面がボコボコの証拠写真もあったので、
「この子を警察に連れて行けば、リンチした彼女達は傷害や暴行でパクられる」と言う話もし、
今後全日本レーシング連盟会長集会には、出入り禁止の解除を要求すると、彼は「そっちの顔を立てますんで」と言って
くれて、I氏に了解承諾してもらい、和解したのであった!
以降その彼とは、ちょくちょく電話で話をしたり、某雑誌出演紹介したり、お互いのに別件でパクられた時にも
偶然地検同行室でもバッタリ会い、仲良しでした!彼は腰が低く、大人の対応で敬語で話をしてくれる丁寧な人で、
性格も最高で、関東暴走族の超有名人で、大好きな先輩です!
自分が浜連相談役に就任した時も、このI氏と、修羅の青春記HPにもツーショットで写ってる、やはり大好きな一歳上の
先輩で、性格も最高の、元平楽虫昆創立者の、当時浜連のケツ落ちしてた、
現在は日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家宮〇組組長の、次期輝かしい座布団の、杉浦一家総長も確定してる、M氏に話を通して襲名した!
◎港南区港南台を、根城の拠点で、活動してた、
ここも、横浜の他レディースに劣らずの、絶世美女揃いの、イケイケ有名チーム『港南台ギャルズ』
s48絶世美女Mであり、
自分のホストクラブ店関内『ナイルクレセント』lに、僕タン目当てに、通ってくれてた、地元本牧の、三つ下の、
当時関内クラブの、絶世美女の、A氏と言う、最高の複数の内の一人の、お客さんがいて、
自分が、普段の日に、そのA氏に、色恋営業電話(ホスト用語)してることを、
当時M氏も、最高の複数の内の一人の、お客さんで、
そのA氏がM氏に「山根社長から電話があるよ」と、言ったらしく、
M氏が自分に怒って「何で私には、全然電話してこないで、Aには電話してるの?」などと、嫉妬してて、
女のヤキモチや嫉妬程、可愛いものはないので、この子も、性格も外見も、良い子で、可愛かったな~!
この子の武勇伝は、自分が23歳の頃、この子が19歳の、まだレディース現役の頃の、
このホストクラブの、お客さんだった、その後の年位に、
当時、地元弘明寺や永田や南が丘や芹が谷の、約10人位で、固まって連るんでいた、色々な意味で可愛い、
美女ヤンキー軍団の、仲良しの後輩達の内の一人が、
当時の、大物コンビ、とんねるずの、テレビ番組で、仲良しの後輩、s50南が丘の、絶世美女K氏が、
まだ結成はされてなかった、淋姦強姦レディースとして、淋姦強姦レ特攻服を着て、
テレビ出演してるのを見掛けたので、後日、その弘明寺や永田や南が丘や芹が谷美女ヤンキー軍団などの子たちに、
会った時に、
自分がみんなに「淋姦強姦レディースを、結成しちゃえばいいじゃん!」と言ったら、
もう数人で、結成するつもりだったらしく、
仲良しの後輩、s50弘明寺の、絶世美女M氏が「もうやりますよ!」と、言ったので、
この内の、我が永田の仲良しの後輩の、s50美女S氏は、彼女が18歳位で、関内クラブホステスとなり、
当時、自分が23歳のホスト社長の時に、自分が経営していたホストパブの店福富町『ダンディー』に、
オープン祝いに、ご祝儀を持って、数人で駆け付けてくれて、来客してくれてたので、
お返しに、彼女の店にも行ったこともある。
この彼女は、礼儀正しく、愛嬌のある、性格が明るい、凄く良い子である。
港南区港南台を、根城の拠点で、活動してた、
ここも、横浜の他レディースに劣らずの、絶世美女揃いの、イケイケ有名チーム『港南台ギャルズ』の
s48絶世美女Mであり、自分の関内ナイルクレセントに、自分目当てに、通ってくれてた、地元本牧の、
三つ下の、当時関内クラブの、絶世美女の、アズサ氏と言う、最高の複数の内の一人の、お客さんがいて、
自分が、普段の日に、そのアズサ氏に、色恋営業電話(ホスト用語)してることを、当時M氏も、最高の複数の内の一人の、
お客さんで、そのアズサ氏がM氏に「山根社長から電話があるよ」と、言ったらしく、
M氏が自分に怒って「何で私には、全然電話してこないで、アズサには電話してるの?」などと、嫉妬してて、
女のヤキモチや嫉妬程、可愛いものはないので、この子も、性格も外見も、良い子で、可愛かったな~!
僕タン指名で、トップクラスに通ってくれてた、ただのお客さんじゃない、ホスト色恋関係の、
お客さんの中でも、色恋関係の中でも、トップクラス絶世美女のアズサは、
昔のアニメ「リボンの騎士」に、ソックリだと、絶賛してくれていたが、
当時は、一応狭いながらも、横浜最年少ホスト社長の立場だったので、
しかも、色恋関係のお客だったので、女性に対して、ちょっと上から目線で、言わしてもらうと、
僕タンは彼女とは、店内での、サービスディープキスだけは、やってあげたが、
その後、地元保土ヶ谷の、タメ年の、全国最高ホストコンビとして、山根ホスト副社長としても、
最高の戦力で、片腕として、相当頑張ってくれてたが、元ジャニーズジュニア有名人の、モテモテ、超絶イケメン前薗宏一郎氏に、
女に余裕のある男は、がっついて、一人占めしないので、
そのホスト含めて、最高のステータスジャニーズ親友としての、見返りの内として、
当時の、山根ガールズ絶世美女を、数人抱かせていたのだが、
前薗自宅で、枕営業がてら、アズサを抱かせましたーーーーーーーーーーーーー!
Ⅿ氏の、この子の武勇伝は、僕タンが23歳の頃、この子が19歳の、まだレディース現役の頃の、
このホストパブの、お客さんだった、その後の年位に、
当時、地元弘明寺や永田や南が丘や芹ヶ谷の、約十人ぐらいで、固まって連んでいた、
色々な意味で可愛い、美女ヤンキー軍団の、仲良しの後輩達の内の一人が、
当時の、大物コンビ、とんねるずの、テレビ番組で、仲良しの後輩、s50南が丘の、絶世美女K氏が、
まだ結成はされてなかった、淋姦強姦レディースとして、淋姦強姦レ特攻服を着て、
テレビ出演してるのを見掛けたので、後日、その弘明寺や永田や南が丘や芹ヶ谷の美女ヤンキー軍団などの子達に、会った時に、
自分がみんなに「淋姦強姦レディースを、結成しちゃえばいいじゃん!」と言ったら、
もう数人で、結成するつもりだったらしく、
仲良しの後輩、s50弘明寺の、絶世美女M氏が「もうやりますよ!」と、言ったので、
この内の、我が永田の仲良しの後輩の、s50美女S氏は、彼女が18歳位で、関内クラブホステスとなり、
当時、自分が23歳のホスト社長の時に、内のホスト店福富町『ダンディー』にも、来客してくれてたので、
お返しに、彼女の店にも行ったこともある。
この彼女は、礼儀正しく、愛嬌のある、性格が明るい、凄く良い子である。
自分も、バックアップの後押しするつもりで、例の、縁深い、伝説のレディースヤンキー雑誌ティ―ンズロードの
当時の、カリスマ編集長比嘉氏などに、その撮影、取材をお願いしたら、OKも出てたのだが、まだ撮影、取材前に、
その後に、淋姦強姦レディース結成や、ティ―ンズロード撮影の噂が、他の、横浜レディースたちの耳に入り、
何と!、他、横浜有名レディースたち数名が、嫉妬で怒り、この淋姦強姦レディースメンバーたちが、
某公園で、リンチされてしまったとのことで、淋姦強姦レディース結成も中止や、ティ―ンズロード編集部にも阻止の連絡が入り、
全てなかったことになってしまい、僕タンも、バックアップしようとしてた手前、顔が潰れて、立場がなかったので、
そのやった方側の、レディース数名の、名前の出た内の、面識がなかった、有名本牧のレディースチームの一人
(後に仲良しになる、s49絶世美女の、下の名前Y氏)に電話して、
どう言うことなのか、クレームや追い込みのつもりでもあり、話をしたら、
どうやら、主犯や実行犯は、みんな自分が、元々仲良しの、ちょうどその時期、僕タンのホスト店に行きたいと、
電話貰ってた、有名剣レディースの、s47絶世長身美女の、有名総長S氏(下の名前)や、
主犯は何と!この港南台ギャルズの、例の山根ガールズのM氏だったので、当然、自分と面識もない、
関係者でもない女だったら、ケジメ取る話だったのだが、このそれらのシガラミのあるS氏や、特にM氏相手じゃ、
自分、何も言えずに、何も出来ずに、その件は、良い意味で、撃沈(大爆笑)
そして、この港南台ギャルズの、二人目の、もう一人の山根ガールズは、
可愛いらしさと、美女が混同してる、S47の、下の名前がY氏で、
当時地元横浜の、親友であり兄弟分が、歌舞伎町のカラオケボックスで、店長やってたので、
Y氏と二人で、その店に、遊びに行ったり、別の地元保土ヶ谷の、親友の自宅に、二人で泊まりに行ったりなど、
好意を持ってくれてて、しょっちゅう電話もくれてたし、この子は、友達や後輩以上、恋人未満の関係だったかな!
僕タンが、小学生の昔から、世界一モテモテだと、実感した内の、複数の代表的な内の一つに!
港定時時代に、俗に言う『ジャニオタ』であった、故人の、絶世美女の、絹江ちゃんと言う、年下の生徒がいたのだが、
当時から、僕タンのファンとして、後輩以上、恋人未満の関係で、
秘書の様に、しょっちゅう、アチコチに、着いて来てくれてたのだが、
絹江ちゃんが、以前から、存在を知っていたと言う、例の前出の、あの前薗宏一郎は
自分たちホストが、ある事件の逮捕により(前薗氏は逮捕されてない)短期営業ではあったが、
相当頑張ってくれてたが、まずは、これは結構な、カミングアウトの、ガーシー的暴露にはなってしまうが、
『有名ジャニーズと、有名美女レディースセックス!』
ジャニーズ事務所と言うのは、ファンがタレントと、街などで遭遇し、
写真を撮ることも許されないし、肖像権も、一番うるさく、
一般人SNSは勿論、他社の芸能プロなどの、ホームページなどでの、
番組出演ジャニーズ共演画像までも、許されない、掲載NGと言う、
高次元の、異質な会社であるからして、当時なら勿論、週刊誌物スキャンダルだからね?
例の僕タンが、24歳の時に、最高の内容で、テレビ出演した、
弊社ユーチューブアップロードでも、お馴染みの
『明るい改造計画 レディース総長の、憧れの先輩と会いたい』での、お馴染みの
我が、日本一全日本レーシング連盟、湘南連合レディース s48夜翔麗女の総長の
カナ子ちゃんとの、あの通り、番組内容は、一切やらせなどなく、
但し事前に、テレビ番組出演だけは、僕タンは、知ってたと言うだけで、
あのカナ子ちゃんとは、あの通り、彼女が16歳の頃から、仲良しの
妹分として、慕ってくれてた、妹分だったが、
実は、山根ホスト店にも、来てくれたこともある、妹分以上恋人未満の、
ホスト色恋関係でも、あったのだ!
しかも、そのあの、レディース史上トップクラスの、絶世巨乳美女の、メッサ上玉の、
あの、全国区有名レディースカナちゃんを、何と!ジャニーズ前薗氏に、
ジャニーズ現役の時だったと思う、前薗自宅にて、抱かせたこともあるのだーーーーーーーーーーーーー!
でも、その前出の、絹江ちゃんを、23歳の戸部の自宅で、3人でいる時に、
絹江ちゃんを抱かせようと、前薗氏に、チョメパコ許可して、彼がやろうとしたら、
さすがに、絹江ちゃんは、前薗氏よりも、僕タンの方が、タイプだった様で、
拒否られてましたーーーーーーーーーーー!
有名ジャニーズよりも、モテて勝っちゃう、僕タン恐るべし!
しかし、その後病気で、亡くなられて、悔しくて切ないが、
きっとこのタイミングで、この物語を、こっくりさんの様に、
何かに、とり憑かれたかの様に、誰かに、書かされてる感触なので
天国から「山根さん!元気?私のこと忘れないで、馴れ初めも書いてよ!」と、
間違いなく、指令が来てるのである!
故人が、一番喜ぶことは、お墓参りでもない。
または一番嫌な事は、存在を、忘れてしまう、放置プレーなんだそうだ!
だからこの様に、お墓参りとは違う、SNSなどで、思い出し、
全国民に、引き出して、アピールしてあげることが、一番喜ぶから!
◎23歳の時に、当時、伝説人気ヤンキーレディース雑誌『ティーンズロード』に出演回数トップクラスの
常連出演してた頃に、お世話になってた、同じ年のティーンズロード人気編集部員であり友人だったI氏から、
23歳の時、いいとも出演依頼を受け、いいともディレクターを紹介してもらい、
いいとものコンテストは、通常新宿アルタ前に、朝からわざわざ並ばなくてはならないのであるが、
自分は最初から特別待遇で、楽屋を用意されてて、
一応一般応募者と一緒に、オーディションは行ったが、ここだけの話、←世界発信ブログ公開しちゃってんだから、
ここだけの話になってねーだろ(爆笑)最初からデキレースの合格してて、コンテストの結果も、
最初から、デキレース優勝の様なもんだったが、私に感銘を受け、優勝に導いてくれて盛り上げて下さった、
今や芸能界のドンのタモリ氏や、例の俳優の堀部圭亮氏や、
今や日本トップクラスバラエティータレント勝俣氏や、お笑いタレント島田珠代氏や、
今や日本トップクラスタレント絶世美女篠原涼子氏や、I氏やディレクターや、観客皆様には、感謝感激雨アラレである!
自分が笑っていいともに2回も出演した時、自分が「以前、タモリクラブで後輩がお世話になりました。」とお礼を言うと、
タモリ氏が「後輩怖かったよ、こんな優しい声の人居なかったよ」と、番組を盛り上げる為だったかもしれないが、
怖がっていたが、実は彼は高校時代に武道の柳生新陰流居合二段を取得しているツワモノであった。
流石は、今や、芸能界トップお昼のドン、日本最長連続人気番組司会者を続けている、
芸能界一大物大御所大物タレントの器量人だと思った。
いいともでのタモリ氏の出演料は、一回で何と!400万とも500万とも言われている。
 ◎同じく笑っていいともに出演した時、自分が昔ヤンキーに見えないコンテストで会場から絶叫され、
優勝したが、その時の司会のK2の地元が東京の自分の四歳上の堀部圭亮氏も、ついでに中学生時代の写真がパネルで出されたが、
何とも悪そうなパンチパーマに、ニュートラファッションに身を包み、咥え煙草の写真でビックリした。
しかも、堀部氏の写真が出た時「俺のはいいから」と、照れ臭そうにして一切自慢もしていなく、
「普通の中学生ですよ」と言ったのだ。堀部氏は、自分(山根)の写真に対して、勝俣氏と盛り上げてくれていた。
堀部氏は間違い無く芸能人の中で、中学時代一番の悪であろう。
自分のトロフィー授与シーンは、瞬間最高視聴率30%以上の記録も出した!
◎24歳の堅気の時、レディース暴走族のビデオ撮影を、スタッフとして手伝っていた事があったが、
その時、鶴見の埠頭での撮影会の時に、出演者の全日本麗心愚連盟相州連合の
レディース美輝姦リーダー格の、その彼氏で、自分の五歳下の相州連合リーダー格二宮黒薔薇会総長H氏が来ていて、
スタッフ全員分の飲み物を持って来てくれた器量のある暴走族だった。
S49年代相州連合と言えば、相模原の某氏主人公の漫画にも、取り立たされている
しょっちゅう壮絶な抗争を繰り広げて来た連中である。その後も、自分がスタッフで参加した
男版暴走族ビデオに、彼が出演し、顔も男前で、その後も自分は仲良しだった。
因みに、相州連合は、H氏の年代も仕切っていて、やはり壮絶な抗争を繰り広げていた。
相州連合秦野渋沢愚連隊総長のK氏のそのビデオにも出演していて、彼とは全日本集会でも会った事が有り、知り合いだった。
自分は元々、横浜歴代トップクラスレディース瀬谷地獄族レディースアマゾネスや、神奈川区妖鬼妃や、
綾瀬夜翔麗女や、本牧レディースや、剣レディース、港南台ギャルズなど、仲良しだったが、
後は自分の、永田の自宅に2、3日泊まりに遊びに来たことがある、東京足立のレディース紫天王の四人組も仲良しだった。
の中でも、翔びっきり可愛かった この内の二名は、その当時の自宅で、それぞれチョメパコをやって、最高に気持ち良かったのだが、
その中でも、身長167センチの、一番長身美女が、後に東京の高速道路に、原付ニケツで入ってしまい、交通事故で、亡くなってしまったので、ご冥福を祈ります。
このビデオ撮影では、様々なレディース達と知り合いとなり、自分と同じ年の横須賀美襲麗嬢総長夫婦の2人が、自分の事を知っていて、
自分も元々、全日本麗心愚連盟横須賀連合三崎崇族S50年代総長で元、日本トップクラス任侠組織横須賀直参総長の親戚のK氏などと仲良しだったので、
2人とは仲良くなり、自分の家にも遊びに来たりもした。後は、二俣川のレディース闇光姫のメンバー達も仲良しになった。
昔、24歳の頃に、レデイースのビデオの裏方取材班手伝いしてたことあって、
その時にも、名古屋に行った事あるが、名古屋狂美連合歴代一番のカリスマリーダーで、
そこの、日本最大最強任侠組織山口組弘道会系の組長の娘さんでもあった、名古屋有名姉妹の姉の彼女どうしてるかな?
私のファンだったらしく、自分達が名古屋行く前に、自分が来るのを楽しみにしててくれてたらしいけど、
取材撮影中は、黒のサングラスかけて、後輩に喝を入れて、迫力満点だったけど(ビデオレディース暴走紅烈伝に出てる)
取材撮影後に、みんなで飲んだけど、私に対してのプライベートでは甘えた声出して、そのギャップが可愛くて性格も素晴らしかった!
席が離れてて、あまり喋れなかった事に後悔している。今も元気ならいいけど・・・・・
後は、この撮影では、他にも自分の事を知ってくれていた男女の族が、たくさんいて嬉しかった。
因みに、レディースの有名人だった、自分より年上の愛知県の、全国トップクラスレディースと呼び声高い、
遠州三河女番連合の、伝説の初代創立者総長の、下の名前がN氏は、日本全国歴代レディース史上一番大物有名人で5歳上で、
ヤンキー特有のきつめの顔で、ショートカットの、瘦せてる華奢な美形。
 自分の四歳上の、自分の仲良しの、好きな先輩の、元、鶴見暴走族のイケメンW氏と以前に付き合っていて、
N氏が横浜のW氏の所に、自分が24歳の堅気の時に遊びに来た時に、
W氏とN氏から電話があり、初対面だったが、N氏とは、お互いに、ティーンズロードでも知っていて、
自分の存在を知っていてるファンみたいで、
当時の自分が住んでいた、西区の家に遊びに来たい、と言っていて、
自分は嬉しかったのだが、その時に、どうしても急用があり、仕方なく断わったのだか、
N氏は、自分に猛烈アタックで、熱烈に会いたがってくれていて「一目でいいから、お願い!」と
会いたがっていてくれた。しかし、自分はその時は、どうしても遅れる事も出来ない、外せない用事があったので、
事情を説明して「また機会があったら、次の機会によろしくお願いします」
と残念だったが、お開きになったが、N氏はレディース統率力も抜群な女性で、とても、気さくな人だった。 
◎24歳の堅気の時、自分の四歳下の後輩で、全日本麗心愚連盟港鶴連合青ひげのS氏と当時付き合っていた
女が、S氏と別れた後に、自分と色々あり、自分に下手を打ったので、自分が追い込みを
掛けていたら、S氏がその女と復活して、S氏が出て来て、女と自分と3人でファミレスで話し合いとなり、
自分が「お前が出て来るなら、女の代わりにお前をこの場で、とことんぶっ飛ばすぞ!」と、
脅かすと、S氏は、浮かない顔をしながらちょっとだけ間が空き、「良いですよ」と言ってきたので、
もう一度自分が「ぶっ飛ばすなんて、生易しいモンじゃねんだよ!」と言うと、
「分かりました」と言ったのだ。自分がS氏を〆る事になり、まず3人で車に乗り、
自分が「まず女を送れ」と女を先に送り返す最中、女が「Sを勘弁してやって下さいよ」と言って来たので、
自分が「だったらお前が女のケジメつけるのか?」と言うと、女が「いいですよ」と開き直って来たので、
S氏が「お前は黙ってろ!」と言い、女を送り、帰りに自分とS氏の2人で車に乗っている時、
「俺の家の近くでお前をやるから、俺の家のほうに行け」と言い、自分の家の前に到着すると、
自分が「Sちゃん、彼女をよく守ったね。根性入ってるよ。あれで良かったんだよ。二人の愛を見せつけられちゃったじゃんよ(笑)」と
言い残し、自分はS氏が体を張り女を守った、その根性と男気に心を打たれ、女とS氏に対するケジメは取らず、
車から降りて「もういいから」と帰って行った。自分が帰っている背中越しで、S氏は「本当にすいませんでした!」と土下座をしていた。
◎25歳の時、 日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統二代目臥龍会井〇組だった頃、
ここの組に入った時、偶然、隣町の蒔田の自分の一歳上の組員S氏が居て、彼は非常に腰が低く、
言葉遣いや喋り方も丁寧で、話す内容も謙虚で、優しかったが、
彼は「俺なんか地元じゃ全然だよ。家が溜まり場だったけど、苛められてたよ」などと、謙遜していたのだが、
ある日自分が、そこの地元の同じ年の権力者に、S氏の事を聞くと「その代の蒔田の番長で、よく苛められた」と言っていた。
しかも蒔田と言う地元は、悪が多くて有名な地元でもある。
やはり実力者は謙虚で、自分を飾ったり、大きく見せない。さすがだと感銘を受けた。
◎同じく、井〇組だった頃、
例の、大野一家総長ボディーガード幹部をサラって、リンチした件で、関西方面の事務所で、緊急幹部会に行かなくてはならなくなった。
しかし自分は当時、芸能プロダクションにも所属し、モデルもやっていて、モデル業も支障がない様に平行して
ヤクザ稼業もやらしてもらう条件だったのだが、その緊急幹部会には、行けない拒否したら、強制参加だと言う事で、
電話で自分がS兄貴に怒鳴られた時、兄貴に組を辞退したい事を言った時があった。
その時、S兄貴の兄貴分に当たるI叔父貴が、兄貴と一緒に居て、叔父貴が電話に代わり、
「ヤクザは上に怒られて当り前だよ。俺もそうだしみんなそうだよ」と、励ましてくれた
言葉が印象的で、叔父貴に感銘を受けた。彼は、切れるとイケイケだったが、自分に対して、嫌な言動や態度を一度も、
とったことないし、頭も良く、気さくで、大好きだった。
自分は、束縛が大嫌いな自由人な為に、結局、組員としてのやる気が失せて、後日兄弟分にその事を伝えると、
兄弟分がS兄貴に伝えてくれたが、S兄貴は「山根の親の所に行く」と兄弟分に伝えたので、
自分は親の所に行かれたら困るので、仕方なく、警察に中止命令を出してしまったのだ!
結局その兄弟分も訳あって、後日中止命令を出したのだ! 
◎同じく、 井〇組の25歳の頃、
ある下手を自分の兄弟分と一緒に打ってしまい(中止命令)
幾ら警察に中止命令を出して警察援護があっても、当時の内の系列は、日本最大最強と言われてる山健一門系統の組だったし、
組員達は怒ってるのだから、懲役覚悟、懲役上等の組員がゴロゴロいたので、確実に〆られる状態だったが、
その後、27歳の最初の頃、任侠右翼好健会結成したし、中止命令の件がそのままでは格好悪かったので、
会を結成して約1年後の27歳の終わりの頃、電話でS兄貴と復縁し、一緒に中止命令を出した兄弟分にも説得し、
二人で腹を括って、やられる覚悟で関西方面の事務所に、S兄貴(後に大物親分となる)やI組長(大物親分)の居る
事務所に出向いた!二人で正座をして謝った。
しかし、井〇組長からは説教はされたが他の組員達からも、何にも暴力制裁やケジメなど取られなかった。
ちゃんと、腹をくくって、ケジメを付けに来た度胸を買ってくれたのだ。
三重県井○組は、組長他、N若頭、I本部長、
他の最高幹部や組員達も、みんな良い人達で、中には、大分年上で
過去に、一人で、ヤクザや堅気などを、それぞれ三人殺してるが、警察にバレてなく時効で、死刑にはなってない殺人鬼もいたり、
大分年上の関西方面の、空手の有段者チャンピォンなどもいた、
イケイケやツワモノの集まりで、最強の組であった! 
そして好健会結成の話も通し、取り敢えずの、自分達の処遇は後日決めると言う事で、横浜に帰った。
すると後日、横浜ですぐに、ある件で逮捕されてしまったのだ!
話は戻り、S兄貴や井〇組長や組員達もイケイケで有名だが、組長達や兄貴とも、厳しさの中の優しさがあり、性格が良く、
心が広い寛大な人だった。組長や兄貴の事は、やはり上に立つ人間はどこか違うと思った。
井〇組長との思い出は、三重県井〇組の、井〇組長の若い衆と、井〇組長と、自分とI叔父貴と、事務所近くの銭湯に行った時に、
I叔父貴が、井組長に「山根はホストだったんですよ!」と言うと、井〇組長の若い衆も、偶然元ホストだったので、
井〇組長がその若い衆に「おい、お前横浜のホストに負けてるぞ!」と冗談を言ってくれたり、気さくな人だった。
後は、好健会兼井〇組の、私の舎弟数名に「山根は、人を集める器量がある」と、ホメていてくれた。
自分は、井〇組長の堅気の実弟とはプライベートの付き合いで仲良しだった。何度か、わざわざ横浜まで自分に会いに遊びに来てくれていた。
しかもS兄貴は、男前で元ボクサーで喧嘩も強く、自分の四歳上の地元が大口で横浜S40年代でのNo.1トップアウトローである。
S兄貴は、とても若い衆思いの兄貴で、自分もトラブルで力になってもらった事もある。自分の犯罪歴の事を
「山根のやっている事は、ヤクザより悪いよ」と言われた時があり、大物アウトローのS兄貴から「ヤクザより悪い」と認めてもらい、嬉しかった。
同じく、自分と同じ年の、地元が磯子杉田の、元、日本最大最強任侠組織五代目山口組益田組竹本組幹部で、山根会のメンバー一覧表の、一人づつの
顔写真には無い方の、創立者当時の、好健会会長代行からは、よく「君は悪過ぎる!」と言われていた(笑)
今現在は、井〇組長もI叔父貴もS兄貴も堅気である。I叔父貴とS兄貴の姐さん達も、それぞれ美人で、とても人柄の良い人だった。
S兄貴の家で、よく姐さんから手料理をご馳走になったり、自分がパクられている時、わざわざ東京拘置所に面会に来てくれたりもした。
後は、自分の八歳上の地元が大口の、横浜S36年代トップクラスアウトローのI叔父貴(現在は故人)の舎弟達も、みんな良い
人達で、地元が子安の有名人の自分の六歳位年上のK氏や、同じく自分より年上の地元が埼玉のM氏や、
自分が仲良しだった、s42武闘派羅漢寺尾支部総長の、元稲川会稲川一家東神奈川相生総業幹部の、
阿○氏から聞いてるから間違いないし、どっかでs42寺尾中学卒アルも見たから間違いないが、
日本トップクラス大物俳優親子の、故人緒方拳の実子である、緒方直人氏は、元羅漢寺尾支部なのである!
自分の仲良しの、兄貴分格の、s42羅漢大口総長の、元林一家系幹部のH氏も、
緒方直人氏とは仲良しで、昔、一緒に連るんで悪さしてたら、
この親である拳氏に「息子は、芸能界で生きて行くから、もう付き合わないで欲しい」と、言われたらしい。
同じ井○組だった、一緒に三重県の事務所にも行ってたり、
その現役時代の、例の前出の、25歳の時に、交通トラブルで、某組織の、一家総長のボディーガード幹部を、
自分はベンツを潰して、数名で山奥に攫い、一緒にリンチした、
地元大口の、好きな先輩の、年上のI氏(通称:お○)には、絶世美女の実妹がいて、
その妹が、何と!この画像の、緒方直人の実兄の、右側の、俳優の幹太氏と結婚した夫婦である!
自分の年下の永田の暴走族ではない、ちょっとしたヤンキーの後輩達が、女絡みで上大岡の浜連港南魁の連中にさらわれて、
〆られてしまった件で、自分がケツを取るつもりで、相手全員を呼び出し、話し合いに行ったところ、永田の後輩と別の地元の
計三人が被害者だったが、その内の一人も、ケツ持ちを呼んでいて、偶然にもI叔父貴の舎弟の、自分より年上の地元が大口の、三歳位上のY氏だった。
Y氏は他にも2名連れて来てたが、その2名が偶然、自分を知っててくれた。
組には自分より後に入った人だが、Y氏も良い人だった。そしてこの件は、Y氏達に譲り、Y氏が相手達から金を取り、解決した。
そして自分は、相手のリーダー格の自分の十歳位下の、男前のO氏とはその後は仲良くなり、
現在は、日本トップクラス任侠組織稲〇会砥〇組系幹部で、男を磨いて頑張っている。
金沢区の元浜連六浦魁の、s42総長だった、T兄弟の、性格も最高の、弟の方の、有名アウトローY氏は、自分の複数の内の一つの
横浜東口マンションの、近所で、自分が48歳の時に、メンチの切り合いになり、軽い喧嘩となったが、和解手打ちの、仲直りして、
現在は仲良しで、彼も近所のライオンズマンションに住んでいる。そして、S兄貴(現在は故人)の舎弟達もみんな
良い人で、自分の一歳上の、組には自分より後に入ったが、大口の元、浜連総長のY氏や、同じくY氏の舎弟の、
自分の同じ年の地元が川崎北部のI氏。特に自分の三歳上の、地元が大口のT氏や、S兄貴の企業舎弟の自分の一歳上の、
地元が上永谷の15歳から日本トップクラス任侠組織川崎山川一家系組員だったF氏などは、特に仲良しだった。
S兄貴には故人の実兄もいて、元大口羅漢のボクサーのアウトロー有名人でしたが、その彼と同級生で兄弟分が、
例の前出の、自分の六歳上の、元浜連大口羅漢総長兼全日本麗心愚連盟総会長で、元石原プロ所属で、神○正○氏の
付き人で、元同和団体の茨城支部長のT氏は、自分が栃木県の、二種免許の合宿で知り合い、元A(ア)運転代行副社長であり、現在はベンツに乗ってて、
性格も最高で男前で、今でも私の兄弟分と言う縁もあり、現在は山根プロ所属タレントである。
◎自分が25歳の時に、横浜地検で一緒になったダンディーで渋く気さくな極道と仲良くなり、
そのN氏が、当時横浜西口に事務所があった、日本最大最強任侠組織五代目山口組英組(はなぶさ)東海林組の、№2の若頭N氏だった。
彼は自分を気に入ってくれて、猛烈なオファーをしてくれて「何があっても俺が守ってやる」や「俺はもう年だから、そろそろ死ぬから、後を若い山根に託したい」と、
そこまで言ってくれた、性格も最高の漢だった!
しかし自分は、当時山口組の中でも、別の派閥の関係者だったので、
N氏に考えるように言われながらも、ご期待には添えれなかった、切ない思い出がある英組なのである。
◎上にある山根一族の写真で、あの中に日本で言う、
総理大臣級の、自分の父方の親戚の、ペルー大使青木大使が写っている。
27歳の好健会の時、1996年にペルー大使館が、外人ゲリラ達に乗っ取られて、人質を取られ数ヶ月に
渡り、テレビ放映して、最後は特殊部隊達が、人質に気付かれない様に
数ヶ月穴を掘って突入して 、犯人全員射殺で解決となった大事件で、まさに映画「ダイ・ハード」の世界である。
その時の青木大使の名言が、ゲリラ達に「俺だけ人質になるから、人質は全員
解放してくれ」と名言を残した英雄である。自分の親戚として、鼻が高く自慢の親戚である。
詳しくはペルー青木大使で検索すればわかります。
【1996年に極左テロリストグループのMRTAによって行なわれたペルー日本大使公邸占拠事件に遭遇し、
ペルー政府要人や日本企業の駐在員らとともに127日間の人質生活を体験する。当初は、自分のみが人質になる代わりに他の全ての人質を解放するように
犯人側に依頼したものの拒否されたその後当時のペルー大統領アルベルト・フジモリの決断でトンネルが掘られ、地下から公邸に特殊部隊を突入させ、
犯行グループは全員射殺された。この際、特殊部隊の2名と、人質であったペルー最高裁判事が死亡した。青木は胸や足に軽傷を負ったものの、
人質の大使館員やペルー政府要人、日本企業の駐在員らと共に救出された。】(Wikipedia、青木盛久から抜粋)
◎自分は、過去に逮捕され留置所、拘置所、刑務所、地検同行室や、プライベートなどで
過去に様々な組織のお偉いさんなどと出会い、知り合ったが、それぞれが、皆自分にとって
良い人間だったし、様々な思い出もあるが、特に印象深かった一部を、この欄で幾つか獄中エピソードを紹介する。
自分が20歳の林一家の時、事務所の壁の役職名札表に、組長代行のH氏と言う人物だけは、
長期懲役の為赤札になっていて、結局自分がそこの組に、入ってから辞めるまでの間は、
顔を合わせる事が無かった。その後自分が27歳の好健会の時、強姦事件でパクられた時、某留置所で
自分より年上の極道H氏が居て、性格はとても気さくで、自分に対してとても優しく、色々と面倒を見てくれて良くしてくれて
いた人が居たのだ。昼間自分が寝ていて、同房や、隣の房の人間がうるさくしていると、H氏が遠くの房から、
「おーい!山根君が寝てるんじゃねーのか!」など、気を使ってくれたりしていた。
最初の内は、自分は組織名は聞いていなかったが、ある時、何かのキッカケで、所属組織の話になり、
 何と偶然にも、自分が以前在籍していた山〇組の、地元が泉区の、例の赤札の組長代行だった。縁と言うのは不思議だ。
◎時期は記憶が定かではないが 確か26歳位だったと思うが、
林一家最高幹部である中○組長は、人情味溢れる、良い親分だった。例の最高の兄弟分の内の一人の、私と同じ年の、地元港北区のT氏が、
昔、この中○組長と金銭トラブルにより探されていた所、自分とT氏が兄弟分だと言うことを中○組長が噂で知り、
自分が20代の頃の当時、初対面だったが、自分の所に人伝で連絡が来て、自分が中○組事務所に電話をして 
「初めまして!」と挨拶をすると「おう!」と気さくな返事が返ってきて案の定「Tは何処にいるか知らねーかな?」と
尋ねて来たので、当時も、Tとは仲良かったが、こう言うケースの場合は、みんな大抵は、兄弟分を庇い、知らない振りをするのだが、
自分は嘘を付いたり、コソコソするのは、嫌な性分なので、最悪はTにも、ちゃんとケジメを付けてもらいたい気持ちもあり
「わかりますよー!」とハッキリ言ったのだ!
すると、中○組長も 
まさか自分が、そう簡単に身内を差し出すとは、思わなかったらしく、面を食らっており
中○組長が「えっ?知ってる?マジか?なら、
俺がちょっと話したいから、Tと会いたい時に、 また山根に連絡するから、繋げてくれるか?
山根には迷惑はかけないから!」と言ってたので
自分は「わかりました!」と答えたのだが、
こっからは、中○組長の懐の深さの恩情なのだが、私の潔い対応により、私の顔に免じてか、暗黙の了解で、以降は、自分の所には、一切連絡も来なかったのだ!
現在も、一家の5本の指に入る親分になったが 
性格も最高だし、さすがに、大物の対応は、粋だと思った! 
◎27歳の、当時の肩書きは、五代目山口組二代目臥龍会井〇組最年少四次団体好健会会長だったが、
強姦事件でパクられてた最中、警察署の留置所で一緒で、
私の胸の、菱型の代紋の刺青を見て「山口(山口組)の方でしょ?」と話掛けて頂き、以降お見知りおきとなり、
当時は、日本トップクラス任侠組織稲〇会埼玉相ノ川一家総長代行兼H組長の大物だったが、
全く偉ぶらず、腰が低く、とても気さくな方であった。
ある日風呂で、H親分と二人きりで一緒になり、自分の刺青を見て、
H親分が「刺青上手いなー!綺麗だなー!」とホメて頂き、関心して下さり、
自分の彫師の名前の札を見ると「あ!何だ!彫よしだ!上手い訳だ!」と言って下さり、
改めて、三代目彫よし先生の実力と知名度も実感したし、親分にも感謝感激であった。
そして自分は、更にこの親分の器量を感銘を受け、感服脱帽したのであった
と言うのは、私の刺青をホメテ頂いたのは、嬉しかったのだが、
何と!この親分は、自分の刺青の量を上回る、
手首から足首まで総身彫り、いわゆるドンブリっていう、見事な刺青だったのであった!
【自分の実力を棚に上げて人をホメる】これは、この親分に学んだ事だった。
そして、親分は、当時舎弟と一緒に、ある事件を起こして収監されたが、
私がたまたま、検事調べの、地検同行室で、お見知りおきになった方が、何かの縁だったのか、
そのH親分の舎弟の方でした。
キチンと敬語で会話して、腰が低い、良い方であった。
その彼から聞いたのだが、ある悪さをしてる、横浜の人間を、横浜の、同じ系列の稲〇会からの、要請により、
ある場所で、リンチして、顔だけ出した状態で、身体を埋めたと言う、過激な事件だったのだが、
そして、その舎弟氏から、H親分へと、二人が逮捕された事件容疑の、
ある鳩飛ばし(伝言)を頼まれて、私が、留置所に戻り、親分に伝言すると、親分は、後日釈放となった!
その舎弟氏が、親分への忠誠心から、自分が全て罪を被り、自分を犠牲にしてまでも
親分を庇ってたんだと思うが、ここの組織の団結力も絆も強く、勉強にもなったし、益々発展するし、伸びると思った!
案の上、その数年後、この親分は、日本トップクラス任侠組織稲〇会直参相ノ川一家直系埼玉二次総長まで出世し、
このホームページに貼ってある動画でも、錚々たる有名親分衆達のご参列の肩を並べ、輝いている!
因みに、当時の留置場にて、
担当警察に「山根の件で、内の署の電話が、アチコチから、問い合わせの電話が
イッパイ掛かって来てて、電話が鳴り止まないし、パンクしてるよ!」と 言われたので、
この時、まだ27歳でしたが、改めて、自分は有名人なんだと、実感した!
後年、H親分は、2022年9月に、コロナ感染にてお亡くなりになられて、
非常に悔やまれる、惜しい大物を失い、心よりご冥福を祈ります。
 ◎その留置場では、自分の六歳下の地元が厚木の
日本最大最強任侠組織五代目山口組当時No.2二次団体弘道会吉〇総業組員の、厚木の有名人のA氏と一緒だったが、
彼がパクられて来た理由は、同じ組事務所の組員が、組をバックれたのにも関わらず、今だに組の名を語り、厚木近辺で強盗などをやっていたので、
その人間を事務所にサラい、指3本を詰めたというトッポイ男だった。彼とはその後もお互い拘置所に行ってからも、手紙のヤリトリもやっていて、
仲良しだった。そしてここの留置場では48時間と20日目の拘留が終わり、結果は処分保留で釈放されたので、ラッキーだと思い、
喜んで荷物をまとめて留置場を出ると担当刑事達もいたので、出迎えてくれたと思い、自分はニコニコしながら「本当にありがとうごさいました!」と
お礼を述べると、担当刑事班長のS氏が「山根ちょっと、またな、他のがあるんだよ」と逮捕状を見せられたので天国から地獄へ一気に落とされたので、
自分は「ふざけんじゃねー!この野郎!だったら最初から一緒にやってくれれば良かっただろーがよ!」と怒鳴るとS氏は「お前が悪いんだろ!」と
怒鳴り返された。確にその通りだった。そこでS氏の部下のA氏が「山根よぅ山根な、俺はね、今回山根の逮捕状を取る時にな、
『また山根かよ!もう嫌だよ』て言ったんだよ!俺達だって山根のばっかり嫌だよ!けど仕事なんだから俺達の立場もわかってくれよ」と
言って慰めてくれた。S氏は「前回俺達が甘かったから、こうなったんだよ。前回俺達がもっと厳しくしてれば、こうはならなかった。」と、
確に前回の事件もこのS氏やA氏が担当だったのだが、その時の罪名を実際の罪名より甘くしてくれた二人だった。
そして今回はその後も再逮捕は続いた。その時の留置場で自分は落ち込み、何もやる気が起きなくなった。
当時の肩書きは、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健一門系統
二代目臥龍会井〇組最年少四次団体好健会会長だったが、
その時に、元々自分の事を知っててくれた、六歳下の元浜連戸部蘭の日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家鈴〇組組員のN氏が、部屋が別々だったのだが、
自分の部屋に移りたいと、留置場管理係に希望して、わざわざこっちへ移って来てくれた。そして仲良くしてたのだが、自分は事件の二回の再逮捕で
相変わらず何もやる気がなくなり、留置場にも数ヶ月の残留となったが、留置場は毎朝の起床が決められていて、
部屋の全員で掃除をしなくてはならないのだが、自分は毎朝起床の時間になっても起きる気力も失い、起きずに寝っぱなしの状態が、
何日も続き、その間同房のN氏が、毎朝自分を起こさず、自分の分まで掃除をやってくれたN氏には、本当に感謝をしている。
彼とはお互いに出所後も仲良しであり、この年で胸割りでバッチリ刺青を入れていて、現在も任侠道を頑張っていて、
何と! 杉〇一家の、総長室室長 - 永〇三夫 (稲川会理事)と言う、最高役員での、組長クラスに出世してる!
戸部蘭と言えば、自分の一歳上の好きな、仲良しだった、港定時で一緒だった、元、旧車会濱虎レーシングリーダーのI氏もいる。
◎同じくその、強姦事件を自分達の会の人間三人で、山下公園で起こした件でパクられてた時に、
自分の浜連の後輩で、昔集会中に港南台でバイカー軍団と喧嘩になり、バイカーを川に投げて殺害した二つのグループの、
自分の三歳下の洋光台ロードランナーのS氏と、自分の五歳下の南戸塚ピエロ総長で、
元、日本トップクラス任侠組織稲〇会川崎No.1二次団体山川一家内〇組幹部だったK氏と、山下事件当時偶然会い、
K氏から「会う度に、いつも違う女連れてますね!」と言われたが、
この彼達と会った後の時の事が、会の人間三人での強姦事件になってしまったが、その時の事件を有利にする為に、
目撃者証言として、S氏達の事を、刑事に話をすると、後日、S氏がわざわざ、そこの警察署に自分の為に
「男女で、仲良く喋ってた」と言う、目撃者証言調書を取りに来てくれていた。S氏には、非常に感謝している。
因みに洋光台ロードランナーはS氏と同じ年の、横浜任侠組織双愛会系幹部のN氏とも、自分は仲良しで、
港定時の後輩だった、自分の三歳下の洋光台のS氏と一緒に、N氏の自宅に遊びに行ったこともあり、
彼も自分が経営していたホストの店に自分の三歳下の元、浜連芹ヶ谷尾伝のY氏達と遊びに来てくれていた。
そして、このホームページの中にある、雑誌の切り抜きで、六人組暴走族で写っている、
S47年代洋光台ロードランナー総長兼浜連総長のS氏も、自分のホスト店に遊びに来てくれていた。
因みに、その雑誌に写っている洋光台の隣の、杉田の磯子音S47年代総長で、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会
当時トップクラス二次団体三代目林一家中〇組のK氏は、横浜S47年代トップクラスアウトローである。
因みに、芹ヶ谷尾伝と言えば、自分が隼人高校だった時の、同級生O氏も居る。
後、尾伝の自分の三歳下のE氏も、自分は仲良しだった。芹ヶ谷の、自分の三歳下の絶世美人の女ヤンキーの、下の名前がT氏と、
その女友達の、絶世美人とも仲良しで、T氏の方は、当時歴代山根ガールズで、自分の家に、よく遊びに来ていてチョメパコしてた。
副会長の男前のY氏が横浜S48年代トップクラスアウトローで、彼との初めての出会いは、自分の仲良しだった、自分の一歳下の地元が日限山の、
元、上大岡グループのM氏から「山根君のファンがいますよ」とY氏を紹介を受けた。
後にY氏は、自分が入会してモデルをやっていた芸能プロダクションに、Y氏を紹介してオーディションに受かり入会したが、
ある、世間を震撼させた、強盗致傷事件で8年間服役していた。
後、芹ヶ谷と言えば、自分の六歳下の、芹ヶ谷中学S50年代番長だった、T氏とも仲良しで、その代の副番長のA氏とは、
自分が30歳位の時、東戸塚で揉めたが、お互いの存在を知っていたため、和解した。
芹ヶ谷尾伝と言えば、自分の五歳上の人間が、自分(山根)の経営の運転代行の従業員であった。
後、このホームページにも写真が出ている、自分の七歳上の元、全日本麗心愚連盟東逗子エルザと全日本麗心愚連盟横須賀連合横須賀ピエロに所属していたN氏は、
山根企画ホテルヘルス愛和の副社長である。後、自分(山根)が経営する運転代行の、
従業員の元暴走族は、自分の五歳上の元、浜連東逗子エルザだったM氏がいる。エルザ中華街支部のS47年代総長で、
日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家石〇組組員の下の名前がT氏は、自分の後輩で仲良しだった。
芹が谷の隣の浜連上永谷レッドゾーンでは、自分の三歳下のH氏と、自分の五歳下の総長で、
柔道の達人の、現在、吉野町マルワジムの、プロの格闘家となったS氏とも、仲良しだった。
後はレッドゾーンは、自分より五歳以上年下の総長N氏とも、自分は仲良しだった。
磯子音は、このホームページにも写真が出ている、自分と、港定時卒業アルバムに写っている、
自分の一歳下の、中学時代、s45年代横浜市全中学一番の悪だった、当時から、日本最大最強任侠組織五代目山口組
九州金光会系組幹部のM氏や、港定時集合写真で、スーツとネクタイ姿で、真ん中で立って写っている、自分の一歳下の
元、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家石〇組組員だった男前のA氏とも、自分は仲良しだった。
そして磯子音は、自分と同じ年の男前のY氏や、自分の一歳下の元、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体周〇系組員で、元、ホストの男前の下の名前がJ氏とも、自分は仲良しだった。

後は磯子音は、自分の五歳以上年上の、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬系幹部だったS氏は、鎌倉警察署の留置所で一緒だった仲良しだった。
◎27歳の、強姦の件は、全て冤罪である!
私が一人で、一対一で、強姦になった事はないし、
昔、やんちゃ仲間達などと、当時の横浜のナンパスポット名所である、
山下公園と言う有名な場所があるのだが、10代や20代時代に、
よく複数で、ナンパをしに行ってて、複数でのナンパの延長戦上での、
自宅に連れて行くまで、少し強引な、駆け引きがあった程度で、脅かしたり、
無理矢理洋服を引きちぎったり、暴行を加えながらなどは、一度もない!
例えば、その内の逮捕事例の一件は、山下公園で内ら男3人で、女3人をナンパして、私はその内の一人を、自宅に連れて行き、
同意でチョメパコをやって、当日仲良く別れた女性だったのだが、その後に当日、連れである仲間N氏も、その子を、彼の自宅に連れて行って、
チョメって、私はそれっきりで連絡も取ってなかったのだが、そのN氏と、その時の、連れのもう一人A氏が、
その彼女を気に入ってしまい、二人の内の一人A氏は、長身イケメンでモテるし、 もう一人N氏は、コワモテで、あまりモテるタイプではなかったが、
女性に対しては積極的で、常に彼女はいて、女性の扱いは、上手だったのだが、その二人が、別々の日に
交互に電話をして、連絡したのだが、相手にその気がなかったらしく、その気がない彼女を、口説いてしつこくしたらしく、
相手の女性が、嫌がってしまい、親に知られて、何故か、私達の全員が親に強姦で訴えられた、ケースなどだった!
誰でも、チョメパコする時は、必ず洋服を脱いで、全裸にならないといけないのにも関わらず、私は当時から、刺青もバッチリ
入ってたし、当時ヤクザ右翼の会長でもあったので、全て同意だったのにも関わらず、
後から「右翼の会長が、刺青を見せて脅かした」と、こうなってしまう訳だった!(泣)
それで、一件逮捕され新聞に出ると、「私も!」「私も!」となる訳だ!
結局、警察拘留中に、再逮捕で新聞に掲載された、計3件の強姦に関しましては、私は全て冤罪で、その証拠に、検察と裁判所と争ってたが、
3件の内の一件の、共犯のY氏なんて、私の兄弟分が紹介した、 腕効きの、大物有名弁護士に当たり、
Y氏の顔を見るなり「お前良い顔してる良い男だな!こんなの強姦じゃねーな!こっから出せば良いんだろ?お前の担当検事は、俺の後輩だからよ!
検事に後輩たくさんいるからよ!任せとけよ!だけど、一応相手に示談だけはしろよ」と言って、示談に応じるかもわからなかった、相手の被害者に、検事が示談を説得して、
一発で、安い示談金で、彼は釈放となった面白いエピソードが
ある!強姦は親告罪なので、留置所拘留中に示談が成立すると、釈放になるので、 私にも、当時担当弁護士故人S先生が、
示談した方が良いと言ってきたので、一件は、50万で示談成立しましたが、このY氏の担当弁護士は、私の担当弁護士ではなかったが、共犯Y氏とは、
担当検事は私も一緒なので、私の担当検事でもある訳なので、安い、50万の示談金の件は、後から
考えてみると、この縁の下の力持ちの、弁護士先生の力が及んでいたのだろう!
と言うか、この世の中は、この様な司法取引が行われる場合もある世の中は、実力も必要だが、殆どは、コネの縁と運だと思った!
もう一件は争ってて、最終的に、強姦ではなく、神奈川県青少年少女育成条例に落ちた!、例の前出の、容疑者3人での、
もう一件も、裁判で争ってて、 拘置所にも数ヶ月いて頑張ってた!が、途中から弁護士先生が、こっちも示談した方が良いと言うので、1
20万で示談が成立して、辛かった7ヶ月後に、判決で裁判長が、執行猶予を下してくれたので、温情で助かったのだった!
そして日本の司法は、何の件でも、起訴されたら、まず無罪になる事は殆どないし、特に強姦は罪が重いので、幾ら起訴後に示談が取れてても、
実刑になるパターンが多いし、それプラス県条例も付いてたので、幾ら冤罪だと主張してても、危なかったのだ!
なので、懲役3年執行猶予5年の満期で打たれて、保護観察処分となった!でも、今でも真相は、全ては本当に冤罪だ(笑)
自称世界一の、女やチョメチョメ好きの、世界一のスケベなのは間違いないけど、俺様の強姦なんて、とんでもない名誉毀損で、
この俺様に抱かれたんだから、有り難く思えバカ(爆笑)
しかも、山下公園ナンパでは、それだけで、数年の内の、通算約100人位の、絶世美女達と、チョメチョメや付き合ったりしてんだよ!こっちはよ!
俺様を誰だと思ってるんだ!山根さんだぞ!←(トレンディエンジェル斉藤さん風(爆笑)
本当に、あの新聞の内容で、3件も監禁や強姦などで、立件されたら、3件共に、本当に真実が監禁や強姦だとしたら、あんだけ世間も騒がせたんだし、
中々示談も取れないし、取れたとしても示談金は一人につき、200万から500万位の世界だし、
示談取れなければ、実刑の10年コースだし、執行猶予じゃ納得行かないとなり、検察側が控訴もするはずである!
当時の家族や、弁護士S先生や、Y氏の担当弁護士先生や、裁判官達や、支援してくれてた仲間や、控訴しなかった検察などや、
何だかんだ、 甘くしてくれたり、お世話になった担当刑事さん達!皆様のお陰で、苦難を乗り切ってきた!
今では、良い苦い経験である(笑)
◎その27,8歳の時に、当時の好健会会長時代に
示談が長引いたなどで、拘置所に7か月もいたし、
示談も取れたし、反省して、検察所や裁判官などの温情もあり、
「懲役3年執行猶予5年 保護観察処分」と言う刑量が、実刑の一歩手前の、満刑なのだが、助かったのだ。
しかしもう、犯罪歴、逮捕歴、前科、新聞掲載の記録的となり、悪過ぎて、
散々、経済的にも精神的にも、両親などに、迷惑をかけてて、親と国とで、手を焼いて、
当時、25歳からの、横浜大規模芸能人ご用達分譲3ⅮK分譲永田団地最年少所有・一人暮らしの、永田団地じゃなく、
異例の「親の鎌倉実家に、反省の自宅謹慎処分の、約1年滞在での、懲役3年執行猶予5年保護観察処分」となり
長谷の実家から、徒歩か、江ノ電で、約一年間、定期的に、通ったのが、
極楽寺にあった、保護観察処分の、保護士の先生が懐かしい!
その後の、横浜に戻っての、残り4年間での、永田での団地や、弘明寺の自動車屋社長の、
二名の保護士の先生にも、お世話にもなってた。
◎このホームページの写真に出ている、自分の地元の一歳上の淋姦強姦永田一家初代総長で、
O氏とは道場が違うが、自分は六っ川の道場で、向こうは永田の道場で、
同じ、子供の頃からの、世界最強武道少林寺拳法出身の達人でもある、ツワモノでもあり、
現在日本トップクラス任侠組織系組幹部で、横浜S43年代トップクラスアウトローの、
自分を淋姦永田一家二代目総長に任命してくれた、O氏には、男というものを色々と教えられ、鍛えられた。
暴走族現役時代から暴走族上下関係特有の、ヤキは入れられたことはなかったが、
自分が29歳位の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟の時、O氏は17歳から極道を始め、刺青を入れているが、
当時は堅気だったが、自分の家にO氏が来て、玄関を開けると、いきなり、包丁を持ってビンタされて、
自分が正座させられ、包丁を上に振りかざし、刺そうとする、仕草を何度かやられ、
自分が「自分何か下手打ちましたか?下手を打ったなら、メッタ刺しにされても構いませんが、
下手を打ってないなら、納得が行きません」と言うと、一度帰って行ったが、
再度電話が来て「どの道具でお前を刺せば、良いんだよ?」と言って来たので、
自分が「もうそんな事言うなら、自分はOさんの反目に周り喧嘩します。
ただし、Oさんは、自分を次の、淋姦永田二代目の総長にしてくれて、色々世話にもなった。
自分にとって何があっても、恩人でもある先輩なんです。だから自分の手を下して、喧嘩は出来ません。
自分の若い衆を飛ばします。それが、自分の世話になった、先輩に対する、喧嘩のやり方です」と下剋上をやったのだ!
O氏は「今、それ聞いてドキッとしたよ。お前も腹をくくったんだな。若い衆一人づつ来させろよ」となり、その件は、流れた。
そして31歳位の時に、再度O氏が、自分の家にいきなり来て、話があるからと、
自分の家に来て「今まで、パクられてて、出てきたんだけどよ、俺も、右翼結成するから、結成祝いを100万よこしてくれよ。
山根は有名だな。俺が、留置所や拘置所や刑務所に行くと、中に入ってる人間みーんな、お前の事知ってるよ。
いやービックリした!!」
自分は「Oさんだって有名じゃないですか、永田のOて言ったらみんな知ってますよ。」と言うと
彼は「俺は只の、覚○○中毒だからな」と冗談を言っていたが、
自分が「Oさんの出所祝いとして、50万なら良いです。ただし、この不景気でキツイので、
毎月10万づつなら、大丈夫です。」
O氏は「何でお前のペースに合わせなきゃいけないんだよ。とにかく一括で100な」
自分が「いいえ、それは無理です」と言うと、一回帰って行ったが、
その日に再度電話があり「お前は本当に有名だよ。しかし俺はそれが気に入らねんだよな。
鼻につくんだよな。」と言って来たので
自分が「Oさんが、育ててくれた、その後輩が有名になって、喜んではくれないのですか?」と言った。
最終的にはO氏は「分割でも良いから、とにかく100万な!」と言っていて、
自分は50しか無理だと言うことを主張して、O氏は100、自分は50のまま、話が平行線をたどり、
毎月O氏の使いの者が、10万を取りに来たが、自分は5ケ月したら、もう絶対に渡すつもりはなかった。
すると、3ケ月過ぎた4ケ月目からは、誰も金を取りに来なかったのである。
これはO氏が、自分に対する温情だった。
この人は最初から、自分からは30万しか、もらわないつもりでいた。昔から、そういう器量の男義の人なのだ。
地元の暴走族の、先輩後輩同士が、出所祝いに、30万が高いか安いかは、別として、
普段は「健ちゃん」や「健坊」と親しみある、呼び方もしてくれてて、ギャグも満載で、ひょうきんな面もあるし
自分が暴走族現役の頃は、O氏には、自分と、淋姦同期親友のD氏と、CBXをニケツして、集会に出た時に、
自分がD氏と運転を変わった時に、横の車には、このO氏がいたが、
自分がチューリップ♪の音楽の、吹かしたコールに合わせながら、手を動かしながら、踊ってくれたり、
普段は、しょっちゅう飯をご馳走で、連れて行ってもらい、アチコチ飲みにも、連れて行ってもらったり、
自分がパクられた時には、現金などを差し入れしてくれたり、例の鼻の件での、病院に入院時には、遠くの病院に、
自分達の、最高の内の一人の、後輩である、淋姦強姦六っ川一家s48総長のS氏と、お見舞いにきてくれたり、
様々な、恩恵のお世話も、思い出も尽きない。
その上総長にまで磨いてくれて、可愛がってもらい、自分にとっては、この人がいたから、
今の自分があるという内の一人なのだ。
この人とは、金には変えられない、思いや絆があった。
現在のO氏は、日本トップクラス任侠組織稲〇会一〇瀬一家総本部室長の、現役幹部である。
◎もう一人、永田中学からの一歳上の先輩で、永田中時代O氏と共に
番格で、長身で、中学でパンチパーマで、中学生で、ブレザーに首から、毛糸のロングのマフラーをして、格好良かった。
淋姦永田のリーダー格で現在、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家武闘派貞〇組(現、埋地一家)系組幹部の、有名な先輩が居るのだが、
この人は顔が広く、人に好かれるタイプの不良で、隣町蒔田の自分の一歳上の好きな先輩で、
お互い暴走族時代に、自分の家に泊まりに来た事もある、現在、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家鈴〇組長のS氏とも、
その永田の先輩は兄弟分であるが、彼は「Oキャン」と言うあだ名の人で、ある日Oキャン氏とS氏が、二人で、
花札をやっていて、自分が見ていたら、Oキャン氏が勝ち、S氏から金を受け取り、その金を、黙って無言で自分にくれたりと、
そういう思いやりのある、ルックスは常に不良だが、渋くて格好良い不良のタイプである。
この他も、自分は、地元永田の仲良しだった、好きな先輩は、多数居る。
◎このホームページに写真が出ている、自分が10代の暴走族の時に憧れて、プライベートでも良く遊んでいた、自分と一緒に山下公園で事件を起こし、
一緒に新聞にも載った、自分の一歳上の、元、保土ヶ谷蛍死蝶総長の背が高く、男前でも有名で17歳位から極道を始め、
刺青を入れた、横浜S43年代トップクラスアウトローの、人間総合力を兼ね備えているY氏と、30歳の頃、戸部のラーメン屋で、偶然再会した事があった。
Y氏は後輩と二人で居て、久しぶりに会話を楽しくした後、Y氏が後輩と先に帰って行ったので、自分は見送り、挨拶をして別れた。
自分がラーメンを食べ終わり、料金を払おうとすると、
店員が「先程のお客さんから、お客さんの分まで頂いてます」と言われ、何時の間にかに払ってくれていて、自分は感動した。
偶然、しばらくは、我が永田団地が、現場作業だと言ってので、飲み物を持って、お礼を言いに行くとY氏は、
「あー!あれ後輩が払ったから」と言っていたが、Y氏は飯屋などで、後輩に払わせたりする様な、タイプでは無いので、
自分に対して、恩着せがましくしなかっただけなのである。何処まで、格好良い人なんだと思った。
因みに、Y氏は実弟が二人居て、Y三兄弟としても有名である。
◎29歳での、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、自分の五歳下の元全日本麗心愚湘南連合戸塚音で、当時日本トップクラス任侠組織稲〇会堀井一家系組員だったA氏が、
訳ありで、自分の自宅にしばらく匿うことになり、自宅で数日泊まっていたが、彼は当時、儲かる凌ぎをやっており、金持ちで、
毎日の様に、自分をランドマークタワーのシリウスと言う、高級レストランバーに接待してくれていた。
他にも自宅で、A氏を匿ってない時期にも、自分が「俺がおごるから」とキャバクラに数件行っても、
絶対に自分に料金を出させずに、A氏が出してくれていた彼には感謝している。
戸塚音と言えば、S48の総長M氏や、S49の総長T氏、S50の総長で元、湘南連合総長で、殺人共同共謀正犯の前科があるH氏や、他のメンバー達も、仲良しだった。
戸塚と言えば、元、暴走族で当時カラオケボックスの社長だった、自分の二歳下の弟分だったK兄弟や、
自分の四歳下の弟分だった、元、日本最大最強任侠組織五代目山口組宅見組竹〇組系組員の、H兄弟なども、自分は仲良しだった。

◎29歳の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、自分の淋姦強姦永田一家時代に舎弟だった、自分の一歳下の淋姦強姦永田一家のW氏が、
後年に、東京任侠右翼菊守青年同盟の、横浜支部長に出世したが、同時に青年実業家にも成り上がり、
金融屋の社長もやっていた矢先、自分より年上の、知人から「誰か金貸しを紹介してほしい」と頼まれたので、
その自分の舎弟だった、W氏を紹介してやり、その知人のA氏名義で借りて、もう一口を山根名義で借りてくれたら、
自分に何割りかを、お礼すると言うことで、そいつ名義20万と自分名義20万の計40万を借りたが、その野郎が、
詐欺師で、テメー名義で借りた分だけ、キッチリ返して、自分名義(山根)で借りた分は一銭も返さず、丁度この時期、
この野郎は、自分の好きな先輩極道M氏←(警察対策で、組や氏名は、具体的には伏せるが)組の競馬にも紹介してやったが、テメーが60万だか、勝った時には、しっかり持って行って、

テメーが60万だかを負けた時には、トンズラをして、自分の先輩に迷惑をかけてしまい、自分の顔や面子も潰れて、問題になり、自分は直接下手を打った訳ではないので、関係ないのだが、

迷惑を掛けた、一応詫びとして、自分からこの先輩に5万だけ詰めたのだが、舎弟のW氏の方には、事情を説明したら「山根さんからは取れませんよ」とチャラにしてくれて、非常に感謝しているが、

この詐欺師野郎は知人の紹介で知り合ったのだが、
年や地元などを詳しく聞いていなく、付き合いも浅い状態で、金を絡めてしまった自分の落ち度だった。
そのM氏の組に、当時、たまたま永田出身の、自分より年上の、初めましての組員もいて、紹介されて、仲良く連絡も取り、
その人も一緒に、犯人探しに協力もしてくれたりもして、M氏や、自分のコネクションなどで、その詐欺師の素性を色々と、
調べたが、そいつは、自分には、地元が上大岡で、年はS41で「新井」や「福井」と名乗っていたが、
地元上大岡のs41までは、本当だったらしく、他は、全て嘘で、住所も転々と変え、ありとあらゆる手段で、
数々の詐欺をやっている人間と判明した。
当時はそいつを自分達で賞金付きで指名手配していたが、未だに見付からないが、勿論見付けるまでは、許さない。
淋姦強姦永田一家や、永田アウトローと言えば、例の前出に出てくる連中以外には、まず、
淋姦強姦永田一家の後輩で、自分の三歳下の後輩M氏は、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体林一家宮〇総業の、

20代で組長クラスになったり、 
永田の二歳上の自分の好きな先輩の、S氏なども若くして日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家小〇組系組幹部になったり、
自分は面識は無いが、自分の四歳上の、永田中卒業で元、淋姦強姦弘明寺総長の、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家西〇組、20代で、組長クラス(若頭)だった。

横浜S40年代トップクラスアウトローのH氏や、自分は面識は無いが、それより年上のJ氏も、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家宮〇総業、20代で、組長クラス(若頭)だった。
自分は面識は無いが、三歳上の人は、ニュースになった港南台釣具店店長拳銃射殺強盗殺人事件で有名な不良K氏である。
それと、自分の小学生からの同じ年の幼馴染のI氏が、日本トップクラス東京任侠組織住〇会ナンバー1二次団体幸平一家矢野睦会系No.1二次団体系組員となった。
他には、淋姦永田の後輩で自分の四歳下と六歳下が、御大兄貴政治さんの、林組で、六歳下のN氏は、現在も現役だが、四歳下のS氏は自殺により、亡くなってしまった。心より冥福を祈る。

◎29歳の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、自分の一歳下の、地元が磯子区岡村の、暴走族の横浜S45年代トップクラスアウトローであり、

自分の舎弟の元、極道の男前のF氏が、自分の最高の弟分になるのであるが、彼は10代から、日本トップクラス任侠組織稲〇会稲〇一家野毛山〇組系組員時代に、

兄貴分達と一緒にいて、東神奈川の飲み屋で、日本最大最強任侠組織五代目山口組の連中と、喧嘩になり、

「Y組の者だ!」と看板出されても、

全く怯まず「Y組には上等じゃねーけど、お前らには上等なんだよ!」と上等切り、
憤慨したY組連中が、外に出て行き、車に積んであった凶器の金属バットなどを取って、
店に戻って来たが、F氏達は、怯まずに、こっちは素手で立ち向かって行き、
金属バットでぶっ叩かれても骨も折れずに、喧嘩して乱闘しちゃうイケイケツワモノである!
私の後輩も、昔このF氏に3回もぶっ〆られました(笑)
自分との出会いは、お互いに20代の終わりの頃に、自宅付近で、目と目が合い、メンチの切り合いになり、
自分が絡んで行ったら「山根さんの所の人間か?」と言われたので、
自分が「俺が山根だ!」と言ったら「すいませんでした!」と詫びを入れて来て、
和解して、仲良くなり、漫画の様な出会いであった(笑)
以降、大きな忠誠心を強く持ってくれて「兄貴」と呼んで慕ってくれていて、
自分も彼を、色々な総合的な面を認めており、一目置いてて、大好きで、
今ではお互いに更生して、今でも最高の兄と弟分の関係である。

◎30歳位の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、会の舎弟や若い衆の計二名で、東京の暴力団関係のファッションヘルスの金庫を強奪した。その後色々と、一悶着あった。
◎30歳位の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、自分の七歳下の自分の弟分で元、浜連蒔田ロードランナー総会長の、
自分の紹介で、ファッション雑誌のモデルをやっていた長身で、自分の年下で、浜連歴代で、トップクラスで男前の、
現在、東京の町田で、ガールズバーや、風俗店を経営している社長である、
横浜s51年代の、一番の成功者で、人間総合力もトップクラスのC・S氏と、永田中学S45年代番長で、淋姦強姦永田一家の、自分の次の代の
総長に任命し、後年魂龍会本部長補佐兼山根会本部長補佐からでした。
以前、自分の一歳下の、淋姦強姦の永田一家総長の、自分の弟分H氏とこのS氏が、三段シートの貸し借りが現因で揉めて、
二人が、電話で、怒鳴り合いになり、H氏が「今からテメーの家に行くから待ってろ!」と言い、
H氏が、私も仲良しの、s44浜連蒔田ロードランナーの、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家浅野組のI氏と二人で、S氏の自宅に、喧嘩をしに行った事があるのだが、
その時に、S氏が取った行動は、何と!二階から「ちょっと待ってろ!」と
歯磨きをしながら、余裕を噛まして、降りて来たのだ!普通は、この状況なら、堅気の自分の自宅に、年上の組織の不良が
乗り込んで来るのがわかっていたら、何が起こるかわからないので、芋を引いて逃げるか、
喧嘩するにしても、万全な体制をとって、構えてるのが普通である。
その後も、多少の一悶着は、あった物の、この話をH氏から聞いた時は、S氏の根性にアッパレであった。
H氏は「でも、あいつは、山根さん山根さんって言ってましたし、可愛い奴じゃないですか」と言っていて、
お互い、自分の弟分だったし、大事にも至らず良かった。
◎30歳位の、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、自分の若い衆から、遊ぶ為のキャバ嬢の女を紹介してもらって、当時、自分が顧問をやっていた、地元が世田谷の、
自分より年上の世田谷の、自動車機械通信販売会社社長A氏と、地元中区と港南区の、その彼女達絶世美女二人の、計4名で、カラオケに行くと、
その、自分に紹介された方の、地元中区彼女が、以前福富町のキャバ店で、ちゃんと働いたのに、そこの社長がヤクザみたいな人相風体で、
給料合計8万を全然くれないという相談を受け、自分が、相手の社長に電話を入れ、事情を簡単に話し、福富町の某有名喫茶店に呼び出した。
A氏は、福富町の近くに、車で待たせて、早速自分と、その子達二人で、向かった。
福富町は場所柄、極道の街だし、飲み屋は大抵バックにケツ持ちの組織が付いているので、その社長は極道を連れて来ると思っていた。
喫茶店で3人で待っていると、まずイカツイ社長が一人で現れ、話しをしようとすると、一人の極道も
駆けつけ、長身で自分の一歳下の元、浜連洋光台ロードランナー総長兼、
S45年代浜連総長の、当時、日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体林一家中〇組幹部で、
横浜S45年代トップクラスアウトローのN氏であった。自分は彼と面識は無かったが、存在は知っていた。
N氏は自分の名前を尋ねてきたので、答えると、自分の事を知っていたが、年上の誰に対しても、
「呼び捨て」「タメ口」で、年上上等で有名なN氏だっただけに、年上の自分に対しても、
「お前が山根って言うのか。俺西○って言うんだけど、知ってるか?」と、言葉遣いや態度が、生意気で
横柄だったので、カチンと来て「うん!」と言った後に、自分は、幾ら相手が、どんな人間であろうが、年下に上等切られるのは、許せないタイプなので、
自分も今回の事情を説明しながら、自分も喧嘩腰で「女が、給料払って貰えないって言うからね!」と、熱く答えると、N氏が「その給料、俺が払ってやろうか?」と、
また、言葉遣いや態度が、生意気で横柄だったので、自分は、突っかかって行き、席を立ち、向こうも席を立ち、
自分がN氏の顔面に、顔を近付き合わせ、揉めて、お互いに「何だ?あっ!?」などと、なってると、
N氏が「よし!こっち来いよ!外で話そうぜ!」と、店の前の外で、話をする事になった。
しかし、よく考えると、N氏の組のN組長には、以前お世話になった事があり、
恩があったのと、N組長が、当時の自分の最高の兄貴分だった、地元大口s40の、S総業の、
横浜s40年代トップアウトローの、故人S氏と、兄弟分で、S兄貴が、
ここのN組出身だったのと、自分が初めて極道になった時にお世話になった、
例の、優しい最高の兄貴分の、地元大口s43の、元大口羅漢総長の、
横浜s43年代トップクラスアウトローK氏が、当時在籍していた組だった為に、
N氏に「俺は、S総業で、Sが兄貴分だから!」と説明しながら、
N氏がまた「その給料、俺が払ってやろうか?」と言っていたので、
上記のそれらのシガラミがあったので
「N君が出て来たって事で、今回は引くよ!」と言って、給料は要らないと断った。
N氏が「あっ?君?引く?」などと、言っていて、自分は言い直して
「Nさん。引きます。」と言うと、
すると、たまたま通りかかった、N氏とは別の一家の、極道二人組が、
自分達の間に入って来て、社長も自分の連れの女も、外に出て来て、
彼女が「もう警察に言う!他の女の子達も皆、給料貰えていないって言ってるから!」と言って来たので、
自分が「いいから!自分の兄貴(S氏)が世話になっている組の人だから!」とN氏と自分の、しがらみの関係を説明した。
N氏は女に対し「一年も前の事を、今更遅いよ!」と言った。自分は、
その女を抱きしめてやり、店内に戻した。そして五人で話の最中、
その二人組の、杉浦一家の一人が、自分に「あんた、ヤクザか?」と聞いて来たので、N氏が「菱(山口組)です!」と答えたので、杉○一家が
「ここは横浜だよ?」と、横浜は稲○会のシマ内だと言う意味で、言ってたし、自分は、一応、S総業や日本一ヤクザ右翼好健会会長だったのだが、
謙遜の意味で、謙虚に「面倒見て貰ってるだけです!」と言うと、
またN氏が、突っ掛かってきて、
胸倉を掴んで来て「面倒見てもらってるだけで、こんな事やってんのか!お前、臥龍会(自分の当時の関係組織)の人間か!」と
叫んで来たので、自分は「S総業!」と答え、自分もN氏の腕を、掴み返し、
また一旦話がこじれ、N氏と揉めたが、
結局、杉浦一家の、二人組の極道が止めに入り「もういいよ!」と言っていて、
自分とN氏のトラブルは終わって、社長と女達がまだ話が終わってなかったのと、自分が顧問をやっている、地元が世田谷の、自分より年上の世田谷の、
自動車機械通信販売会社社長A氏を、車で近くに、待たせていたので、
N氏を、睨み付けながら、そっちの方向に、ゆっくり歩くと、
N氏が、走ってきて「早く行け!」と、追っ払って来た。
N氏は、武道も格闘技もやったこともないので、タイマン張れば、勝てると思うが、組織同士の喧嘩と言うのは、共通人物などの、シガラミなどの、
顔立てや、筋を通すのが、重要で、当たり前となる。
自分は先に車に戻ったが、後から、喫茶店に残ってる、メンバーと合流して、
わかったことだが、連れの二人の女の、一人の子が、自分とN氏が外で揉めている様子を感じ、その女の子達を紹介してくれた、
自分の若い衆の、好健会幹部の、地元が大阪のY氏を、電話で呼んでいて、喫茶店にY氏が駆けつけていた。
N氏と、自分の方の彼女も、口論になったらしいが、最終的には、結局N氏は、
自分が給料は要らないと断ったのにも関わらず、自分が居ない所で、給料全額
8万を、社長に払わせず、自分のポケットマネーから、女の子に渡してくれていた。N氏は自分に対して、言葉遣いや態度は、終始生意気で横柄だったが、
最終的には裏で、自分の顔を立ててくれた男気ある極道だった。
さすが長身の元浜連総長の、極道でも、現在一家最高幹部の、組長クラスで、
横浜S45年代トップクラスアウトローの器量だと思った。
その日は、その彼女と、当時の住まいの、永田にて、チョメパコで燃えた(笑)
その後も彼女として、ちょっと交際してた。
そして、N氏は、元々、自分の複数の弟分達とは、仲良しだったのだが、
その弟分の内の一人で、特にN氏と仲良しの、地元海老名のs47、元暴走族の、元、ここの一家極道の、元好健会事務局長の、元プロボクサーの、
例の、最高の複数の内の弟分である、Y氏には、
極め付けは、N氏が、この自伝ホームページ修羅の青春を閲覧して、感銘を受けて、絶賛して、
「あのホームページは凄いな!大したもんだな!」と、ホメテくれてたとの事で、しかも、彼が閲覧した当時は、
まだこの山根vsNの物語は、掲載はしてなかった時期だったのにも関わらず、その話を聞いた時には、最高に嬉しかった!
N氏は性格はサッパリしていて、後を引き摺らないと言うか、根には持たない
性格だと思う出来事も発覚して、それも嬉しかったのだ!

◎同じく30歳位の頃、このホームページにも写真が出ている、
地元戸塚の、港定時からの、自分の一歳下の後輩で、格闘家で横浜トップクラスの有名青年実業家H氏に、
彼とは、港定時からの、付き合いで、かれこれ約25年になる。
彼は、ルックスは、少年隊東山氏のそっくりさんとして、週刊誌に出演。
性格も良く、小柄だが、最強最悪定時制港高校裏番長で、柔道などの達人の、格闘家で、今までタイマン無敗。
実父は柔道師範代。実父実弟は、元、九州の日本最大最強任侠組織五代目山口組宅見組長崎一誠会最高幹部。
顔も広く、芸能界、政財界、アウトロー界などの、大物や、有名人との交流も盛んで、
特に代表的なのは、芸能界のスーパースターで、元フォークシンガーで現在ロックシンガーで、
映画「家族ゲーム」や「トンボ」などの、主演のN氏と、超仲良しで、N氏の自宅に遊びに行ったり、
彼の息子と出掛けたりしている、家族ぐるみの仲である。セイヤ!(笑)
現在は、
※横浜トップクラスクラブで、横浜西口に1店舗の「Y」経営。
※横浜トップクラスファッションヘルスで曙町に数店舗ある「Gグループ」経営。
※有名ハワイアンカレー店で山下公園、江ノ島などに数店舗ある「S」経営。
など、毎年、年に、約2億円ずつ貯金している、
数年前の若い内から横浜トップクラス有名青年実業家である。
お互いに、他所での誰かと、トラブルになった時にも、
お互いに、加勢もする関係でもあり、
例の、20歳過ぎの、山根ガールズ緑区強姦事件で、協力もしてくれてるが、
こっちも彼には、彼のトラブル時の、協力が二、三回程、あった深い仲でもある!
自分が以前付き合っていた、半同棲の本命婚約者である、
当時、横浜西口のラウンジクラブの店の、No,1ホステスで、
地元が座間市の背が高く、絶世高身長美女のN氏の女の店に、H氏を誘い「俺がおごるから、飲みに行こうよ」と誘い、
彼は仕事の取引先の人間と二人で来て三人だったが、途中でH氏が「用事があるから、自分ら達先に帰ります」と言ったので、
自分たちは見送ったのだが、その途中に店員が「料金は山根さんの分まで頂いております」と、
高い料金を何時の間にかに払っていたので、自分はH氏をこっちから誘い、おごると言って、
一緒に行ったのだから、帰る彼を捕まえて、「飲み代を出して貰う事は出来ないよ」と、
再三説得したが、彼は断固として応じなかった。
後は、自分が痔の病院に入院していた時に、H氏の会社の従業員を連れて、お見舞いに来てくれて、
数万の現金の、お見舞金を置いていってくれたり、非常に感謝している。
やはりこれが、横浜トップクラスの青年実業家の器なんだと、心を打たれた。
自分と彼は、一生の後輩であり、友達である!

◎30歳の頃、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、自分と好健会行動隊長のI氏と二人で戸塚のキャバクラに飲みに行った時のことだが、
当時は厚木で、自分の厚木の後輩や知人もいた、 日本最大最強任侠組織五代目山口組弘道会吉田総業と、
日本トップクラス任侠組織稲〇会堀井一家勇組と、交通トラブルによる、抗争事件があって、
堀○一家に死者が出た時期であり、山口組と稲川会がピリピリしてた時期であったために起きたトラブルだが、
隣の席で三人組が刺青を出して飲んでいたので、自分がチラチラ見ていたら、向こうも自分達をチラチラ見ていて、
I氏が待ち受け画面が某組織の代紋だった上に、キャバクラの女にI氏が見せていたので、
キャバクラの女がその三人の極道に話をしたらしく、何やら一人が携帯電話をしに、席を離れたのだ。
自分は応援を呼んでるなと、睨み、しばらくしたら案の定、数人の極道達がドカドカと店に入ってきて
自分達は囲まれた。この時点で、自分達は二名vs相手七名程の、多勢に無勢だ。
相手のリーダーが「お前ら山口か?」とI氏に聞いていて、自分は相手が酔っ払っていたので相手にしていなかった。
しばらくそんな状態が続くと、遠方から「○○やめろ!」と極道のお偉いさんが、止めに入ったが、その
リーダーは酒が入っていた為に、普段は、リーダーが後輩で、地元上飯田で、その止めてくれた方の、先輩の方は、
地元中田の、泉区の先輩後輩の関係らしいのだが、後輩S氏が「うるせー!」と、先輩Y氏に、山を返したのだ。
するとY氏が「おっ?何だとこの野郎!やんのか?」となり、自分達も全員で相手と表で話をすることになり、
その移動中に「山根さんですか?」と声をかけてきた背の高い、イケメンで、貫禄のある幹部がいた。
自分が会釈をすると「自分船○の後輩の田○と言います」と、例の、前出の、自分の二歳下の仲良しの後輩で、
悪の巣窟、上飯田中学出身の、元、全日本麗心愚連盟戸塚音総長で、元、五代目山口組松岡組野崎組藤沢組幹部の、
当時堀井一家系任侠右翼団体石穂塾行動隊長と、当時は日本トップクラス任侠組織稲〇会相模一家黒田組若頭の、
横浜S46年代トップクラスアウトローのF氏の、T氏が後輩だった。
F氏とは、以前揉め事から仲良しになった仲で、性格も最高で、悪で喧嘩も強く、
戸塚、大和市方面では『泣く子も黙るF』有名人であった。
以降好健会事務所に、毎年の様に、彼の任侠右翼団体S塾の代紋入り暑中見舞いなどの状を送ってくれたり、
街宣活動に誘ってくれたり、F氏が経営始めたと言う飲み屋も誘ってもらったりしていた仲である。
その自分の三歳下のT氏も、上飯田中学出身の、元、全日本麗心愚連盟戸塚音総長で、
横浜S47年代トップクラスアウトローの、その日本トップクラス任侠組織稲〇会堀井一家系の組でお偉いさんだった。
自分は小声で「あ~!名前聞いてます!」と話をして、一方では先程の店で自分達と揉めたリーダーS氏が、
先輩Y氏に説教をされていて
「山口の人間だったら何だよ!山口でも堅気でも、ちゃんと金払ってくれるお客さんだろ!こないだの例の抗争で悔しいのはわかるよ!
俺は過去に、人殺して、身代りに懲役行かせたズルい人間だよ!お前らの店だってのもわかる。
けど相手はどう見たって小僧じゃねーかよ。相手の上の人間呼べよ!そんなに喧嘩してーなら外でやれよ!
店に迷惑かけんなよ!他のお客だっているんだしよ!」と
言ってることも筋が通っていて、喋りも、説教も、しっかりしていていた。自分達は看板は何も出さなかった。
小僧に見えたなら仕方ない。自分もI氏もどっから見ても外見は堅気だ。自分はT氏に「F氏によろしく伝えておいて下さい!」と言った。するとI氏がS氏に
「自分達が何かしました?何もしてないですよねー」と言うと、S氏は謝っていて、
このリーダーS氏は、当時は自分の一歳上の、堀井一家系の、最高幹部だったが、シラフの時には、性格は良く、
男義がある人らしい。彼は後に、保土ヶ谷シマウチの、堀井一家二代目池○組長に出世している。
皆で和解し、自分達が飲み代金を払おうとすると、そのY氏は
「いいよ!その代わりまた飲みに来てくれよ!来なかったら幾らも行かねーよ」と言うと、
自分達は、お礼を言い、S氏は笑いながら「自分達のもお願いします(笑)」と言うと、
Y氏は、笑いながら「俺が払うの?(笑)」と和やかな雰囲気になり、自分達とS氏達の分まで払ってくれていた。
自分は、このお偉いさんY氏とT氏には、良い意味でシビレた。偶然自分を知っててくれたT氏と、このY氏が、
この現場にいなかったら、トラブルは、オオゴトになっていたと思う。
だから人間は、自分の様に、世界一級の顔の広さや、世界一級の知名度も、必要なのである。
そして縁というのは不思議で、後日南区坂東橋の、レンタルDVD屋「ツタヤ」で偶然そのY氏と会い、
その時のお礼と、自伝本に文章を載せさせて頂くお願いをしたら、快く了解してくれて、相変わらず良い人だったが、
彼は、S氏やT氏などの、某組とは別の、林一家周○組のお偉いさんY氏だったが、
そこの周○組長が、集団殺人事件で、訳ありで破門となり、Y氏もどうしてるのかわからないが、
器量のある、通りすがりの、渋い極道だっただけに、淋しい限りである。
T氏の方は、後年インターネットの2c○にて、長文にて、当時の私の対応を、ホメテくれて、好健会の事も、
「なるほど、あれだけの大きな組織を、率いてるのは、伊達じゃないんだと、思いました。」など、
絶賛してくれて、感謝感激雨あられでした!現在も、任侠道に、まい進している様で、心より、彼の益々の、
ご発展、ご活躍、ご健勝を祈り、陰ながら応援したい。
堀井一家のエピソードと言えば、希望が丘のキャバクラに、好健会の若い衆と行った時に、たまたま飲みに来てた、
そこの店をケツ持ってた、地元戸塚区平戸の、自分の七歳下の、堀井一家希望が丘金○組最高幹部の、精悍のE氏が、
自分を一方的に知っててくれて、わざわざ席に、ご丁寧な挨拶をしに来てくれて、立派な、任侠名刺も、渡してくれた!
堀○一家は、九代目堀○一家総長である、伝説の、故人谷○親分の、孫である、性格も最高の、谷○ゆい氏は、
後に、山根プロダクション所属タレントに、一時期在籍してた、歴代山根ガールズとなった。
◎31歳位の時、好健会&山根会会長兼櫻〇興業組長舎弟の時に、
自分の五歳下の、仲良しの後輩の、地元が本牧の神奈川朝鮮の有名人のK氏から連絡が入り、
K氏の友人でバイカーチーム「キチガイ」と「ジョーカーズ」逢わせて600人の創立者リーダーの、バイカー世界で、
伝説の日本トップNo.1の、カリスマバイカーの有名人のN氏が、出身中学は私立だが、地元は永田に住んでいて、
N氏の車が、地元保土ヶ谷の暴走族に盗まれたらしく、N氏が「暴走族の事なら、山根君に聞いてくれ」と、
K氏に頼んできたと言う事がキッカケで、自分とN氏とお互いお見知り置きとなった。N氏は元々、日本トップクラス任侠組織、
稲川会総裁の、日本一の極道の、地元が我が西区の、故人・稲川聖城氏の実孫であり、故人稲川裕紘会長の、
実子である稲川ひでき氏と、若い頃から堅気の兄弟分であり、プロのキックボクサーであった。
◎31歳の頃、好健会&山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、自分の三歳上の、地元が上大岡で、自分と同じ世界最強少林寺拳法達人で、
元、上大岡音だかロードランナー総長で、関西某独立任侠組織系組長実子で、
10代の時に、特等久里浜少年院の大将を務めたり、横浜S41年代トップクラスアウトローで、凶暴で有名であり、当時日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家武闘派砥〇組行動隊長であったU氏から、
追い込みを掛けられた事があり、元々、s49浜連南戸塚ピエロの、好健会戦闘隊隊長のH氏と、そのU氏が、ある件で揉めていたのを知っていて、
H氏は揉め始めた時には、好健会だったが、当時のその時は、もう訳あって、当時五代目山口組二代目吉〇組に、移籍していたので、
U氏からの、一番最初の電話の口調は、 攻撃的で「山根君か?俺Uって言うんだけどよ・・・」と言うので、
自分は「Hの件ですよね?」と言うと、U氏は「お前に話があるんだよ!テメエに話があるんだよ!人の女房に電話してんじゃねーよ!」とのような口調で、
ガタを食ってきたが、お互いに冷静に話し合うと、向こうは年上なのに、敬語でも話をしていた。
U氏が懲役中の間に、U氏の本妻をちょっかいを出したと言う事案と、もう一つ、U氏の別の彼女を自分達が数人で輪姦して、
一ヶ月の間、集団で連れ回し、彼女を手込めにしたという事で、追い込みを掛けられた事があったのだが、
この様な女絡みのケースだし、U氏は当然、相手が誰だろうが、U氏は怒って、自分がU氏から、追い込みかけられて、自分にも言い分があり、U氏と電話で話をした時、
まず、本妻の件は、山下公園で、そのU氏の、絶世長身美女の本妻をナンパして、彼女から、U氏との関係は聞いてたが、U氏とは別れると言ってたし、
当時はこの件は、本妻と交際の件は話したが、本妻の、向こうから告られて、交際してたことは、U氏には気の毒なので言わなかったのだ。
確かにその彼女からは「Uと私の関係を話して、引かなかった男は、貴方だけだ。」と言われたこともある。
自分は「Uさんのことは、アチコチから、噂は聞いてます」や「彼女は、9年も待たせれて、淋しかったと思うんですよ」など話し、 
そして、自分と彼女が、交際して、別れてから、数年後に、久し振りに、彼女の連絡をしたら、U氏と復縁したと言うので、
それから、一切連絡は取ってない話をし、そっちは納得してくれたのだが、
U氏が、懲役9年入ってる間に、自分が、好健会メンバーで、ある、
絶世美女の、未成年の家出少女を、横浜西口でナンパして、 メンバーの自宅に連れてって、みんなでマワして、
でも、その子は、以降は好健会メンバーと仲良くしてたが、 U氏が、出所してから、当時から、U氏の彼女だったと、主張して来て、
まあその女が、出所してから、U氏と知り合い、付き合おうが、当時から付き合って様が、それはどっちでもいい話なのだが、
当時20代のU氏が、懲役9年入ってる最中に、彼女の、その件の当時は、17歳だったので、当時、U氏の務めは、もう懲役6年位経っていたので、
U氏が、その彼女と、パクラれる前に、付き合ってたとしたら、彼女は11歳位の年齢になってしまうので、それは計算は合わないのだ。
で、タメ年の、地元港北区の、自分と兄弟分である、好健会最高顧問のT氏は、家出中のその女に、生活費や旅行などに連れっててやり、
合計100万くらい使ってやり、仲良しだったのにも関わらず、しかも数か月前にも、自分含めた、好健会メンバー男3対女2で、
居酒屋でも、楽しく飲んだ相手でも、あるのにも関わらず、何故か輪姦強姦されたと、手のひら返して来たのだ。
ただし、私のことは、彼女は「性格は悪い人ではない」と言ってくれてると言ってはいたが、
U氏は、こっちに金銭を要求する感じで「これに関わった全員を、彼女から警察に訴えさせて、起訴された人間と話をしましょうよ」とも言ってきた。
もうすでに、当時はもう、その女性輪姦の件からは、3年以上は経ってたので、県条例や強姦は、相手を知ってからの3年以上なら、大丈夫だとは思っていたので、
自分は「いいですよ!」と言ったが、実際はもっと長い時効ではあった。その後、彼から痛い一言を浴びたのだ。
「山根さんよぅ、これ逆の立場だったらどうよ?そっちだって自分の女こうなったら、何とかするでしょ?
俺は自分の女が言ってる事を信じてあげたいし、俺の立場だって分かって下さいよ!」と言っていた。
この今回のトラブルは、自分達が、元々、大義名分の分が悪かったのと、丁度、執行猶予期間中の身であったのと、相手もツワモノだっただけに、手強かった。
U氏は、元、林一家村〇組で、若い頃に、 たまたま、私の兄貴分だった、元林一家村〇組幹部の、当時、井〇組櫻〇総業組長の、横浜S40年代トップアウトローの、S氏の、元舎弟だったのだが、
色々揉めたらしく、喧嘩別れをしてて、U氏がS兄貴の、「俺はあいつのせいで、自分の指詰めた」や「あいつは今、色々あって、横浜にはいられないはず」や「目の前に現れたら、柄を取る」などの
悪口も言ってたので、それを自分は、S兄貴に報告もして煽ったら、S兄貴も、U氏に対してカンカンに怒り、
この件は、S兄貴が間に入ってくれて、S氏とU氏が、電話で怒鳴り合いになって、途中電話で、U氏の兄貴分が間に入り、
この兄貴分が例の、自分が23歳の時の電話で、後輩の極道への取り立ての時の電話の相手の、元浜連上大岡グループの、大分年上の、横浜大物有名極道のN氏であった。
私も突っ撥ねて、金は一切払わないでつもりでいて、後日、双方で話し合いをする事になって、一旦は保留になって、
S兄貴は「Nが電話に変わったけど、Sは今酔っ払ってるから、また後日に話しようって、言ってきたよ。」
「俺はNに対して、Uはヤクザごとわかってないですよ!俺はNさんは、大好きだし、T組長も知ってますし、と言ったんだよ!でも、俺は昔、Nのことはぶん殴ったことがあるんだよ!」
「喧嘩になれば、井上組の、東京の連中も駆けつけるしよ!」と言ってくれた。
しかし、その次の日に、留守番電話で、低い冷静な声で「山根、Uだ。居留守使ってんじゃねー。電話しろ。」と入ってたり、
玄関がピンポンと鳴ったので、砥〇組の追い込みが来たと、内心ビビったが、腹を括って、出てとこ勝負だと思い、警戒しながらだが、玄関を開けたが、そこには誰もいなかった。
でもどっちにしろこのままだと、ヤクザ襲撃と、警察逮捕なども、身の危険を感じ、ヤクザの抗争は、抗争が始まれば、
双方地下に潜るので(身柄をアジトに潜伏して、臨戦体制に入る事)自分も、数日間知人の家に、身柄をかわしたりもしてしまったが、例のS兄貴とU氏が、怒鳴り合いした時に、
S兄貴が「Uよー!ヤクザはもし、テメーの女がやられたら、相手の事は殺すんだよ!だから山根を殺せ!」と言ったと言うのだが、人のケツを持つと言うことは、全てその人間を、守るやり方とは限らないのだ。
時には、ヘタを打った人間を、ケツ持つ時には相手の所へ連れて行って「こいつを今すぐ殺せ!」と言う場面も、この世界ではあるのだ。
そうすれば、大概の相手は困惑はするだろう。なので、そのセリフのやり取りもあり、S兄貴に「自分が、どうせ殺されるなら、チャカチャーターして、Uを、道連れにして殺しますよ!」と言うと
S兄貴「向こうは9年も入ってて、出て来て、また寒い思いなんかしたくねーだろ!(懲役のことの懲役用語)」
S兄貴「チャカチャーターする金あるなら、俺に協力してくれよ。山根はUの自宅だけ調べとけ!」と止められたのだ。で、S兄貴は、先方に話合いの催促もしてくれてが、U氏の兄貴分のN氏が
「今、ちょっとUに、ある事件で逮捕状が出ちゃってるから、少し待ってくれ」と、保留になってたりもしたが、結局はU氏が、S兄貴に対しての、悪口の件や、怒鳴りあいの件などを、
U氏からS兄貴に、電話で「N兄貴に、口に気を付けろと、〆られました。」と詫びを入れてきたというので、結局はS兄貴が、
最終的に、相手の事務所に行って、話し合いをしに行ってくれて、まだ完全に、手打ちになっていない状態で、自分は正々堂々と
自宅には帰ってきたりもしたりなど、色々とひと悶着もあったり、 長期化してたが、向こうは、結構な額を要求してたが、
自分も、色々納得が行かなかったので、突っ撥ねて、金は一切払わないでつもりでいたが、最終的に、私側が、多少の非があったから、
お互いに歩み寄って折り合いつけて、 少しだけの、気持ちの銭の、20万だけを、私側が、示談金払って、手打ちになり、
以降U氏とは、個人的に仲良しとなった。U氏はイケイケで有名な人物だが、性格が良く、頭も良く、凄く人間が出来ている漢だった。
U氏とは共通人物も多かったのも何かの縁だったが、その後もちょくちょく連絡をくれて、良い付き合いの仲良しだった。
以前、南警察の留置場で一緒だった、自分の10歳上位の、杉浦一家岩崎組の、刺青が、全身どんぶりの、人柄が最高の、N氏と、久し振りに電話で、繋いでくれたり、
U氏の舎弟である、地元戸塚の、自分の10歳下位の、元、武闘派神州連合有名人の、武蔵大和兄弟と言う、T組の若者を、電話で変わって、紹介してくれたりなどもしていた。
この彼の、例の兄貴分である、大物有名親分であったN氏は、後年不慮の事故で、亡くなってしまったので、ご冥福をお祈りします!
この件は、最初から最後まで、もう少し、細かい修羅場や物語があるが、全ての詳細は、書籍の方に掲載である。
 ◎31歳の頃、好健会&山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、好健会や山根会を訳ありで、一回活動停止にしていた時があり、その時に自分の一歳上の、元、浜連本牧党特攻隊長で、
日本トップクラス任侠組織稲〇会一ノ瀬一家岩本組内金〇組長K氏から連絡が入り、K氏の組のシマウチの横浜西口のアチコチに好健会のステッカーが貼ってあると、クレームが来た。
自分にも、言い分があったので、電話で話合いをしたがその末に、こっちが悪かったので、ステッカーを剥がした。さらに詫びで10万を払おうと、K氏に話をしたら、
K氏は、その金は受け取らなかった。
フトコロの広い、男義のある男だった。彼とは共通人物も多く、K組にも、自分の四歳下の
地元本牧の、港定時制時代の後輩O氏がいた。後日O氏から連絡が入り、「今、兄貴と飲んでるんですけど、良かったら山根さんも来ないかと言ってます。
今後何かあったら、力になるとも言ってます」と言ってくれていた。
◎31歳位の、好健会&山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、例の、トラブルのヤキで、自分が、刃物で足を刺したことのある、
地元が南区平楽で、自分よりかなり年下の、当時、日本最大任侠組織五代目山口組佐藤組系組員で、
当時、山根会会長専属運転手のT氏は、自分の自宅兼山根会事務所に部屋住みをしていた。
ある日、T氏が、日本トップクラス任侠組織系稲〇会一ノ瀬一家浅〇組組長が経営してた、当時新山下にあった、踊りのクラブの店員に、絡み揉めて、
その店のケツ持ちの、浅〇組の幹部達が出てきたて、その極道達に「辞めてください!」と最初は、穏やかに仲裁されたのにも関わらず、
その極道達にも、一歩も引かずに暴れていたらしく、喧嘩になり、シマ荒らしとして、T氏が、二人組の幹部達に、リンチっぽく〆られた。
自分がその相手と掛け合い、手打ちとなったが、このT氏は、顔面を腫らしていたにも関わらず、ケロってしていて、根性が入っていた。
◎31歳位の、好健会&山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、仲良しだった自分の五歳下の、地元が本牧の神奈川朝鮮の有名人のK氏から連絡が入り、
K氏の友人でバイカーチーム「キチガイ」と「ジョーカーズ」逢わせて600人の創立者リーダーの、バイカー世界で、
伝説の日本トップNo.1の、カリスマバイカーの有名人のN氏が、出身中学は私立だが、地元は永田に住んでいて、
N氏の車が某地元の暴走族に盗まれたらしく、N氏が「暴走族の事なら、山根君に聞いてくれ」と、K氏に頼んできたと言う事が
キッカケで、自分とN氏とお互いお見知り置きとなった。N氏は元々、日本トップクラス任侠組織、
地元が西区の、日本トップクラス極道の、故人の稲〇聖城総裁の、実孫であり、故人稲〇裕鉱会長の実子である、元、稲〇一家総長の、s49稲〇ヒデキ氏と、
若い頃から堅気の、五分の兄弟分であり、プロのキックボクサーであった。
ギャングチームは、ノーネームリーダーのS50年代リーダーの、下の名前がT氏とも、自分は仲良しだった。
◎31歳の、好健会&山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、このホームページに写真が出ている、横浜のトップキャバクラで、
在籍約100人の店のNo.1キャバ嬢で、地元が二俣川の美人のR氏と付き合っていた時、
「飲み代料金は私が払うから店に来て」と呼んでくれた時もたまにあったが、R氏は昼間も夜も両方仕事をやっており、
ハードな日常を送っていた為、付き合い始めの頃は、プライベートでよく会ってエッチもやっていたが、
段々会わなくなってきたので、自分が「仕事の量を減らせ!」とよく言っていたが、その度にR氏は
「分かってないなー」と意味ありげに言っていた。仕事を減らさないので、ある時自分が、
『よーし、そっちがその気なら俺も他の女と遊んでやる!』と横浜の別のキャバクラへ行き、
ある、身長170センチ近くの、長身絶世美女キャバ嬢を誘い、同伴をする日に自分の家でエッチをしたのだ。すると、そのキャバ嬢の
店に運悪く、たまたまR氏の妹分が居て、自分の浮気がバレてしまったのだ。
自分の家で、R氏と話し合う事になり、R氏に激しく泣かれてしまい、自分の身体を軽くだが、
連打で叩かれながら「こんなに働いているのは誰の為だと思っているの?
私は父親を亡くしているから、母の為に頑張っているの。それとあなたは不良だから、収入が不安定だから、
あなたと結婚した時に、あなたとの子供に苦労させたくないの。だから今はお互い仕事を頑張って、
将来安定した幸せな家庭を築きたいのよ!」と言われ、目が覚めた思いだった。
自分は元ホストで、水商売の女の扱いや恋愛は慣れているつもりでいたが、
この子の方が一枚も二枚も上手だった。その日は、そのシチュエーションでの、
仲直りセックスは燃えた(笑)しかし、女癖の悪い自分は、その後も浮気やら何やらの
理由でフラれてしまい、別れてしまったが、自分の付き合ってきた女の中で印象が深かった女である。
因みに、自慢ではありませんが、自分のホームグランドの横浜西口のラウンジクラブやキャバクラでは、
今までには、勿論振られた事もありますが、西口の全店の内の、
殆どの店のそれぞれの店の女一人ずつとは、付き合いました(笑)
自称日本一の女好きのスケベの自分は、チョメチョメや女遊びは一生止める事は出来ませんね(笑)
◎同じく31歳位の時に、好健会&山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、あるビジネスの縁で、自分の一歳上の地元は海老名の人間と出会い、彼の厚木の自宅へ遊びに行った。
最初は相手が何者かの素性は知らなく、外見も小柄で、髪型は直毛のサラサラヘアーで童顔で、年上だが年下に
見えて可愛らしい感じの男前だったのだが、後から素性を知ると、人は見掛けに寄らず、意外にも、巨大武闘派有名暴走族連合元、南関東CRS連合厚木スペクターで
元プロボクサーで、現在ボクシングジムを任されているトレーナーをやっている男のM氏であった!
しかも彼は、族のステッカーや 写真や写真集やビデオなどの、アウトローグッズを集めているマニアで、
偶然にも、自分(山根)が過去に出演した雑誌の切り抜きや名刺を、自分が彼と知り合う前から持っていて、大切に保管をしてくれていた山根フリークだったのだ!
最高に嬉しかった!縁と言うのは不思議だ。 性格も最高で、その後もお互いの自宅を行ったり来たりして、今では兄弟分だが、
彼は自分には非常に腰も低く、もちろん自分も年上のM氏には敬語だが、年下の自分にも敬語で喋る大人である。そしてついに、後年の現在、このジムの会長となった。 
◎同じく31歳位の、好健会&山根会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、横浜の組織の、横浜で一番極道キャリアも長く、懲役通算年数も約30年の、
横浜で一番偉い親分で、有名偉大で、横浜トップクラスのO親分とは
(このホームページでツーショット写真に写っている)
以前横浜西口で、喧嘩がきっかけの縁で、仲良くなり、自分の会社内容の名刺を見て、
「へー面白い事やってるじゃん」とか言ってくれたり、親分の組に、私をスカウトオファーしてくれたり
(自分は当時、他組織の代紋関係者だったので、期待には応えられなかったが)
自分の「自伝本が、発売したら100冊買い取ります」と言ってくれたり、
色々良くしてくれて、私の方も「右翼の看板が必要な時は、内の団体の看板を最高顧問なり、
相談役なりで使って下さい」などお互いに、持ちつもたれつだった。
外見は長身で男前で、大物で、性格も最高の大好きな親分であり、紹介して頂いた、
舎弟の方も礼儀正しく、ビッとしていた。
◎32歳の、好健会&山根会会長の時、執行猶予中の、出来事なのだが、地元瀬谷区のs48の、当時好健会理事長補佐兼山根会事長補佐の、
空手と柔道両方の有段者のツワモノで、性格も最高のイケメンS氏から、横浜西口派出所から、電話があった。
当時から彼は、スカウトマンの仕事もやっていて、スカウトの最中に、警察に捕まり、書類に一筆書く様に、迫られて、詰められてる
と言うので、私が、派出所に乗り込み「こいつに始末書書かせるなら、西口でスカウトやってる連中、全員を捕まえろ!
そうじゃなければ、不公平だろ!」怒鳴っていると、警察の偉い人間が来て、その警察と自分が口論になり、
警察は、始末書の件も、他のスカウト全員の件も、聞く耳持たず、引かなかったので、自分はつい熱くなってしまって、
相手の胸倉を殴る形で、掴んだのだ!しかし、相手と、別の警官2名の、計3名に、もみくちゃにされて、一度外に出されたが、
自分は、また、しつこく、派出所に入って行くと、また、もみくちゃにされて、奥の取調べ室に連れて行かれて、
相手の警察に「逮捕だよ!ここ見ろよ!」と、首が出血していたのだ!自分が、相手の胸倉を殴って、掴んだ時の拍子に、
相手の首を、爪で引っ掻いてしまい、首が滲んでしまったが、自分はその時には、頭に血が昇っていたので、
爪で引っ掻いてしまった事は、気が付かなかったのだ!自分は、胸倉は掴んだが、爪で引っ掻いてはいないと、
主張したが、相手は激怒していた。自分はこのままでは、傷害と、公務執行妨害で逮捕で、まずいと思い、
最初の勢いがウソの様に、トーンダウンして行き、何回も謝ったが、相手は断固として、気持ちを変えなかった!
S氏も、別の部屋で、一生懸命に、私を庇ってくれてる、大声が聞こえてた。
そして私が「自分だって、3人にもみくちゃにされたんだから、自分の事を逮捕するなら、
3人も訴えますから」と言うと、相手は「上等だよ!裁判で、はっきりさせようぜ!」と断固として、気持ちを変えなかった。
そして、所持金検査をさせられて、運転免許から、自分の犯罪歴を調べられた!当時、外見は真面目だった私に対して、
相手の警察は、少しビックリした様子で、私の意外性を、醸し出していた。
だが、それでは、益々状況は不利になり、自分はやはり、傷害と、公務執行妨害で逮捕されて、懲役3年執行猶予5年の保護観察
処分の、執行猶予中にも関わらず、地獄の、どん底に落とされた!絶対絶命のピンチとなった!
自分は、弱気になってしまい、そこで、相手に下手に出て、謝っていた!そこでも相手は、許さないの一点張りとなり、
T本署から、刑事を呼んで、自分の身柄を本署に移送する形となった!自分は『もう終わりだ・・・』と落ち込んでいると、
T本署からの刑事と、そこの西口派出所の警察が迎えに来た!すると「おー!山根じゃねーかー!どーしたー!?」と、
自分は、一瞬希望の光が見えた!それは自分の知り合いで、そこの、お偉いさんでもあった!
以前、原付きバイクの事で、揉めて、相当文句や、以降、お笑いタレントの、キャイーンの天野そっくりの警察だったので、西口で会う度に、
天野天野と、バカにしてしまっていた、対人関係は、良くはなかった、知り合いだった!
しかし、その警察は、自分の話を真剣に聞いてくれた!今までの無礼の謝罪もし、自分は、事の一部始終を説明し、
もう自分を逮捕するなら、相手の3人も、訴える話もした!そして、その知り合いの警察と、他の刑事は、S氏の別室にも、話を聞きにも行った!
自分は、どうなるかは、不安で一杯だった!しばらくすると、警察達が戻って来て、自分を逮捕はしない事になった!
しかし、私もSも、それぞれの軽い調書や始末書だけは、T本署に行き、書かされる事になったが、逮捕されされなければ、
そんなのは、お安い御用であった!
自分は、救われて、ホッとした。地獄から、天国に上がった気持ちだった!S氏が、必死に庇ってくれたらしいのと、
何よりも、知り合いの警察のお陰である!私は、首に怪我をさせてしまった警察には、何度も、頭を下げて謝り、
知り合いの警察には、何度も頭を下げて、お礼を述べた!日本の警察は、今回の事の様な、情状も含めて、
捜査機関なども、性格も優秀だし、以降警察は、敵には回したくないとも思った。
またもや、悪運強しでもあった。
S氏の彼とは、この事件の前には、S氏の仲良しの女が、東京の踊りのクラブで、知人男性とのトラブルで、殴られた
事件を、持って来たので、二人で、相手の男を、横浜西口の喫茶店に呼び出したら、母親も連れて来てて、
S氏側の女も、女友達の二人組で来たが、相手には、私が話をして、慰謝料の、示談金を払ってもらい、解決して、皆で分けたり、
その前には、S氏が、当時、地元が秦野市の、彼女と付き合っており、彼女が知人男性から、借金を要求されて、
数十万を貸してしまい、一銭も返してくれてない、計画的犯行の、寸借詐欺に引っ掛かったので、
犯人は、連絡先も変えてバックれて、自宅の手掛かりもなく、私達3人は、相手と連絡も取れなかったので、
まず、3人で相手を、秦野警察に訴えに行くと、その課の課長から、全く相手にもされない、門前払いだったので、
私は「おい!こら!詐欺被害者告訴受理を、拒否放置するなら、問題だから、俺は右翼の会長だから、K県警の不祥事として、
街宣かけるぞ!」と怒鳴ると、そこの、相手にもしなかった課長は、ガラっと態度を変えて、手続きや告訴をやってくれる様になり、
当時の右翼の会長の看板が利いたのか、最終的には、ちゃんと事件化してくれて、犯人の柄も取ってくれて、
犯人警察留置所身柄拘束中に、犯人の父親が、被害者である彼女の、代理人だった私に、連絡をしてきて、
示談要求をしてきたので、お互いに歩み寄って、折り合い付けて、騙した金プラス、示談金で示談をして、犯人も釈放となった。
因みに、このS氏は、いつも口癖の様に「山根さんのお陰で、今の僕が存在してます。」と、崇拝して慕ってくれてる、
最高に可愛い、舎弟の内の一人である。
◎30代最初の頃に、刑務所に行くキッカケとなった罪名が、暴力行為から脅迫に落ちた。
この件は、例の自分が付き合っている、地元本牧の背中に刺青の女と、山根企画の従業員の計三人で
車による交通事故の被害者となり、自分が加害者の保険屋との保障についての交渉中に、
保険屋がミスをしたり約束を破ったりしたので、、電話で相手を長時間に渡り脅かした脅迫の罪で、
逮捕されたが、逮捕された日に、たまたま山根会の魂龍会行動隊長兼山根会行動隊長のO氏と、
訳がありI警察に行ったところ、手続きの用事が中々終わらず、I警察に文句を言っていたら、
自分は知らなかったが、I警察側が自分に逮捕状が出ている事に気づき、時間を引っ張って、
当時のその事件の担当管轄の、T警察暴力団担当刑事が七人位乗り込んで来て逮捕され、
自分の舎弟のO氏が、自分の身柄が逮捕されないように、刑事達に抵抗してくれていたが、
結局T警察の留置所に移送される前に、I警察の取調室に連れて行かれ、逮捕状を見せられ、
自分が「ふんっ」と鼻で笑い「冗談じゃねーよ、そんな証拠がどこにあんだよ?録音テープに録音でもしてんのか?」
と言ったら、刑事が「おう、してるよ!」と、あっさりと出鼻をくじかれてしまった。(笑)
そしてその場で持ち物検査をされ、自分は当時小包丁を持っていたので、それを出すと
I刑事が「おお、危ねえなー」と面白い物が出てきたと言わんばかりに、言っていた。
自分は脅迫と銃刀法違反では、長い刑期になると落ち込んだ。そして自分は、あきらめて投降し、
T警察に移送され、取り調べ室で取り調べを受ける時、その刑事達の中で一番偉い
S班長に、自分が「あのー、包丁の件はどうなりますかね?銃刀法ですよね?」と
尋ねると、何とS班長は「銃刀法って?お前チャカ持ってたのか?俺はそんなもの見てねえぞ」
と、とぼけてくれたのだ。刃渡り6cm以上は銃刀法である。S班長はゴミ箱を差し出し
「それをそこに捨てろ」と見逃してくれたのだ。自分は心から感謝し、S班長に何度もお礼を述べた。
S班長は「誤解されないように言っておくけど、こんな事したからって本件を認めろという事じゃねーからな。
否認したきゃそれでも構わねーし」と言うので、自分は「とんでもないです。どっちにしろ録音されてたら
証拠になり無理ですから」と認めた。自分はS班長が見逃してくれた行為に心を打たれ、銃刀法を反省した。
銃刀法まで立件されていたら『くそー、また包丁を持ち歩いてやる』と逆に反発していたと思う。
S班長の思いやりにより、逆に反省されられた件であった。そして本件の、その後の
毎回の取り調べでは、夏の最中で喉がカラカラに乾いている時期だったので、
T警察の刑事達は、自分の取り調べの度に、A刑事を筆頭に、自腹でジュースを
自動販売機で買ってくれて、面倒見が良く、感謝しており本当に助かった。
この他、自分は暴力団担当のI刑事とは、プライベートでも仲良しの関係であった。
◎同じく30代最初の頃に、刑務所に入る前に、鶴見留置所に入っている時、ここでは様々な人間と
出会い、特にエピソードや思い出深かった時だが、まずここに入った時、夏で暑く、喉が渇いて
死にそうで、ジュース類は注文をして、そこから数日後しか手元に届かなかった為、困っていたら
この留置所に入る前に、自分の事を知っていてくれた、自分の四歳下の元、浜連鶴見死天王で
当時日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体川崎山川一家系組員のT氏が、
彼が自分で飲む為に署内冷蔵庫にストックしておいた新品コーヒーを恵んでくれて、
その時のコーヒーの美味さといったら他には無かった。彼には非常に感謝している。
後は、自分の四歳下の、地元が南区共進の、仲良しの、大好きな後輩の、当時は、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一門
横浜トップクラス武闘派砥〇組の幹部の、
後年の現在は、堅気になり、車屋社長に更生してる、男前のS氏との、その留置所での、偶然の再会や、
自分より年上の、日本トップクラス任侠組織稲〇会横須賀一家国〇組長のK氏や、
元、日本最大最強組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健組系組員だったH氏が、自分を慕ってくれて、自分の舎弟になったり、
自分の四歳下の、元川崎アーリーキャッツのの暴走族で、
当時日本トップクラス東京任侠組織住〇会のT氏が、自分がそこの留置所から保釈で出る時「おめでとうございます!」と、
コーヒーをくれた温かさなど、この時の地検同行室では、
自分の二歳下の、自分の隣町の地元蒔田の、元、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦組浅井組渋組の、N氏と知り合い
「凄く有名ですよね!」と何回も連呼してくれて、自分を盛り立ててくれた。
そこの留置所では、他の留置人達や、留置所担当職員達とも、楽しく過ごした思い出がある。
もちろん過去にも、留置所、拘置所、刑務所、地検同行室で、偶然再会した知人達や、
新たに知り合った、人間達との思い出は多々ある。その中で、主なのは
・23歳、戸部警察留置所で一緒だった、自分より年上の、過去に抗争で2人射殺した事のある、当時、日本トップクラス東京任侠組織住〇会六本木小林会相談役だったK氏。
例の女には伝言しておきました。お世話になりました。
・25歳、南警察留置所で一緒だった、自分より年上の地元が西区老松の、日本最大最強横浜任侠組織五代目山口組浜尾組横〇組組長Y氏。
留置人が布団を舎房に入れる時間を見計らって、外から留置所の窓に、うまくライターを投げられなく、
何回目かでやっとY氏に受け取ってもらってすみませんでした(笑)
・25歳、横浜地検同行室で一緒だった、当時横浜西口に事務所があった、日本最大最強任侠組織五代目山口組英(はなぶさ)組東海林組若頭の年配のN氏。
自分に熱烈なスカウトオファー有難うございました。しかしご期待に応えられなくて、申し訳ありませんでした。
・26歳、旭警察留置所で一緒だった、自分の三歳上の地元が旭区鶴ヶ峰の、日本最大最強任侠組織五代目山口組巨大ブランド当時No.1二次団体山健組鈴秀組系組員のI氏。
自分がパクられた時、励ましの電報を、誠にありがとうございました。
・26歳、同じく旭警察留置所で一緒だった、自分より年上の地元が東京の、
後に、東京名門イケイケ任侠組織松葉会直参茨城弥柳一家二次団体総長となった小寺親分。
自分は面識はないが、東京No.1愚連隊暴走族関東連合歴代一番の、大物有名人のS46川奈氏が、
元、ここの組織で、自分がK氏に電話をした時、その川奈氏のお話をした、あの後も、元気でやっております。
 ・27歳、南警察留置所で一緒だった、自分より年上の地元が埼玉の、後に日本トップクラス任侠組織稲〇会直参埼玉二次団体相ノ川一家総長となったH氏。
全身の刺青見事でした。自分の刺青も褒めてくれて有難うございました。お世話になりました。
・34歳、地検同行室で一緒だった、自分の五歳上の地元が磯子根岸の、2021年時点で東京的屋武闘派任侠組織極東会松山連合会秋丸組の秋丸組長。色々なエピソード話楽しかったです。
・34歳、東京拘置所で、赤落ちし、新潟刑務所に護送される数日前、懲役囚として確定した日、頭髪を拘置所で丸坊主にした時、
自分と刑務官二人で、廊下を歩いていると、他の順番待ちの受刑者で、年齢40代位の坊主頭で眼鏡を掛けた、極道風のガタイと恰幅の良い受刑者の方が
「健一さん?」と、つぶやいていましたが、せっかく自分の存在を知っていてくれて、声を掛けてくれたのにも関わらず、自分は刑務官が横にいたので、
反応返答出来ず、無視シカトする様な形になってしまい、悔いを残して後悔しています。もし、あの時の方がこのHPをご覧になられてましたら、
自分は本当は嬉しかったのですが、あの時そう言った訳の、しがらみがございましたので、是非ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
・34歳、新潟刑務所で一緒だった、自分より年上の日本最大最強任侠組織五代目山口組新潟源清田会系組長。
新入知能試験問題を、自ら自分の代わりにやってくれて頂き、答案用紙に
答えを書いて頂き、誠に有難うございました。
・34歳、同じく新潟刑務所の雑居で一緒だった、自分より年上の、日本トップクラス任侠組織稲〇会千葉大草一家組員の某氏。
同じく自分より年上の、地元新潟の、日本トップクラス任侠組織稲〇会新発田一家系組員Y氏、
自分の二歳下の、地元北海道の、日本最大最強任侠組織五代目山口組系誠友会一門茶屋政一家系の、組幹部N氏。
自分に色々とお気遣いや、ご配慮有難うございました。楽しかったです。
・34歳、同じく新潟刑務所で一緒だった、自分より年上の、日本最大最強任侠組織五代目山口組系組長で、有名極悪暴走族怒羅権東京葛西総本部のケツ持ちだった川口氏。
工場での仕事中に、刑務官(親父)の目を盗みながらの会話、楽しかったです。
五代目山口組貴広会会長秘書川口総業組長川口京孝氏。江戸川区西葛西の親分で、ドラゴン頭を舎弟にしている。影のけつ持ちが川口京孝氏。
・34歳、同じく新潟刑務所の工場作業での、野外での運動休憩中で一緒だった、自分より年上の、
年配の日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家金原組系最高幹部のK氏。
同じく自分より年上の、年配の日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家金原組最高幹部M氏。
お二人様は、偶然地元横浜で、共通人物などの話が盛り上がり、楽しかったです。
・他にも、工場などで話しかけてくれて、仲良くして下さった任侠組織の方々、有難うございました。
◎同じくそこの鶴見留置所に入っている時、隣の房の自分より年上の、当時45歳の中国人K氏と
仲良くしていたのだが、彼は外見が爽やかな優男で、自分に対していつもニコニコして挨拶をしてくれていた人物で、
しばらく普通に仲良くしていた。ある日、自腹で注文していたパン三個セットのパンを彼にあげたら、喜んでいた。そして風呂が一緒の日があり、
自分が「Kさん、元気?」と言うと、彼は「ヤマネサンニモラッタパンヲタベタラ、ゲンキニナッタ」と言っていた。
彼は自分に何者かや、罪名など、しばらく言って無く、どうせ中国人犯罪特有のオーバーステイか窃盗か、
何かだろうと思ってしばらく一緒に過ごしていたら、後から衝撃的な事実が発覚した。
何と彼の正体は、東京台東区上野に事務所を構える約100人の、
凶暴で有名な、チャイニーズ・マフィアのボスだったのである。
(組織は「成龍」と書いて「せいりょ」と読む。)
通りで留置所担当の職員が、彼に対してペコペコしていた筈だったし、腹に刺し傷もあった。
彼は「シュッショシタラ、ヤマネサントイッショニシゴトガシタイノデ、レンラクサキヲ、オシエテクダサイ。」と言っていた。
パン一個で日中アウトロー平和条約の兄弟分の様な縁を持った、ほのぼのとした物語である(笑)
◎同じく自分が、この留置所に入って来た時、同房の人間が
「この留置所には、人斬りのUという伝説の人間が居ます」と言っていた。
しかし自分は、自分が逮捕されたことに、精神的苦痛で、頭がイッパイで、
特に、どの房の誰とは干渉もせず、その件はあまり関知せずにいた。
ある日小柄な、弱々しい老人が自分とは別の房に入っていて、
ある日、老人と同じ房の若い男に、トラブルで、
その老人が〆られてしまい、自分は、あんな老人に手を出すなんて、
弱い者苛めなんてしやがって、と腹が立っていたが、
留置所では、自分はどうする事も出来ず、悔しかった。
その老人は、自分に会うたびに、いつもニコニコしていたので、
自分もいつもニコニコ挨拶していた。しばらく普通に仲良くしていた。
ある日その老人と地検が一緒になり、老人が、
少しだけ体に墨が入っていたので、不良だったのかと、ビックリしていたら、
老人は私の事を「俺とは比べ物にならない位墨が入っているのに、全然威張らない」
など褒めてくれていたが、衝撃的な事実が発覚した。
何と彼の正体は、元祖戦後伝説有名最強横浜愚連隊の一員であり、
当時横浜愚連隊、伝説の林喜一郎氏と共に、最強派閥の、
伝説のモロッコの辰こと故・出口辰夫氏の、側近右腕の、トップクラスの舎弟であり
『人斬りの漆(うるし)』と異名で呼ばれていた、通算懲役年数約三十年の、
伝説の人物であった。彼が例の噂の人物U氏だったのだ。
U氏には、今現在生存している、横浜や川崎などの親分衆達も、頭を下げるという程の人物である。
あの例のU氏と同房のガキも、命拾いをしたと思う。
例えるなら横浜の水戸黄門であった。おやっさん色々とお疲れ様でした。
◎自分が、30歳越えた頃に、ある事件で逮捕されて、鶴見警察から、一回保釈が通用して、
外から裁判を行い、生活をしていたが、判決が実刑となり、そのまま横浜拘置所に収監された。
毎日の様に、このMが、面会に来てくれていた。私に影響されて刺青を入れ、まだ経営のホテヘル愛和の
経営をしてない当時、風俗で身体を張り、貢いでくれてた彼女は、巨乳美人で、他も完璧に近い彼女だったが、自分が理想な身長だけが足りず、
どうしても本命には出来ずに、本命ではない事と、これから一年以上も、刑務所に入る事で、
お互い会えない辛さを説明し、手紙でも別れを告げると、彼女は、こんな自分に対してでも、
猛烈に、反対し、あきらめなかった。しかし、日が経つに連れ、徐々に、あきらめかけてたのか、拘置所の面会にも来なくなった。
自分も辛かったが、本命でもないのに、一年以上も待たせるより、彼女の新たな男との出会いに、幸せを祈ってやることが、一番だと思った。
しかし彼女は、後でわかった事なのだが、その事が辛くなり、自殺未遂までして、頭がおかしくなり、精神病になってしまったのだ。
自分はこの事にも反省したが、しかし、その後は、淋しさを埋めるため、別の男と結婚していた。←(おいおい!幾ら、俺が振ったからって、そんなすぐに結婚すんなよ(大爆笑))
そして子供まで作ったが、自分は、出所後も会い、やはり、結局は、男性とは離婚して、
自分の元に戻って来てしまったが、出来るだけの、お詫びや、精神面などのアフターケアやフォローなどを行った。
Mは、今は、徐々に調子も良くなって回復してきたが、まだ精神安定剤や、睡眠薬が必要な状態であります。
この子は、今後も、私が、この子にとって、人生の良き、パートナーとして、良い関係を保って行きます。
自分が本命に出来ない彼女なのだから、いずれ誰かとまた、結婚しなくてはならないのだから、誰かまた、良い男性が現れたら、
二人の愛の幸せを祈ります。俺が愛した女だから・・・・・・・・・・
 ◎30歳過ぎの時、日本トップクラスの東京任侠組織住〇会№1二次団体の幸平一家には、HPやブログで紹介したこともある、
自分の幼馴染であり、最高の弟分である、我が永田台小学校や永田台中学のs45年代番長であり、新日本プロレスに入門したツワモノで
あり、現在はプロレスは引退し、例の幸平一家トップクラスの東京板橋の組で、任侠道を邁進してる、日本ステゴロ最強現役極道S氏だが、
その幸平一家の、一番のイケイケ組の池袋のY睦会にも、私の小学校から幼馴染の仲良しで、中学でも同級生だった、I氏がいる。
池袋のY睦会は、あの任侠界を震撼させた有名事件の、対立組織と抗争から手打ち破りにより、
前橋スナックで乱射し、組長や組員や一般人を死傷させ、会長や幹部計3名が死刑判決となってる
組織だが、そこにI氏が長年所属して活躍して頑張っていて(現在も所属かは不明)
彼とは、小学生から家族グルミの付き合いで
性格も最高で、小学生の時に一緒に釣りに行ったり、彼もやっぱり小学生から悪かったので、
小学生時代に自分と揉めて、自分から蹴りを入れて仕掛けて、軽いタイマン張った事もある(笑)
族の浜連淋姦強姦永田一家ではなかったが、一緒に浜連の集会に参加したこともある。
自分が30歳過ぎの、最後の刑務所に行く前の、横浜拘置所の独居房前に整列してる時に、小声で「山根さん!」と呼ぶ人間がいるので、振り向いたらI氏でした!
久し振りの再会に嬉しく、早速手紙を出したら、やはり気が合うのか、彼も同時に手紙出してくれてて、当時Y睦会現役でしたが、大人の対応で敬語で文章が書いており
「有名人になりましたね!」と書いてくれて嬉しかった。
◎34歳での刑務所入所の時、自分の独居の舎房の担当刑務官や、主任は良い人だったが、訳があり、刑務所側と揉めていて、一年少しの小便刑だったが、
理不尽かつ強引なやり方に納得いかず、担当抗弁や、指示無視や、作業拒否などで、自分は悪くないのに懲罰を3回喰らい、
色々な方法で、刑務所側と戦っていたが、懲役囚は、あの中では人権無視され、身動き取れず
無駄な抵抗に終わったが、重度の睡眠時無呼吸症候群の為に、睡眠中に、爆音の如く、半端ないイビキで、約一分間呼吸も止まるのを、何回も繰り返し、
起床後には、熟睡感がなく、頭がボーっとしたり 偏頭痛や、急に睡魔にも襲われ、将来は脳梗塞は通常の四倍、
心筋梗塞は二倍を併発する可能性もある、機能障害を持っていて、
この睡眠時無呼吸症候群と言うのは、原因不明で手術方法もないと言う、厄介である!
自分の場合は医者が ノドチンコの扁桃腺が、肥大してる為が原因ではないかのことで、その爆音イビキの為に、
留置所や拘置所や刑務所では 昼夜独居に入れないと、同房の連中に迷惑をかけてしまうので、この刑務所では、強く何回も申請をしてたのにも関わらず、
何故か最初から、雑居に入れられて、予想通り、喧嘩腰ではないが、やはり同房に起こされて、その度に、その件を刑務所に申し立てると、
まず担当抗弁なる懲罰委員会にかけられて、何故か自分が悪くなり、初めての懲罰の、独居移動はいいが、一週間の正座で、ラジオや新聞もなし!
懲罰が明けると、また嫌がらせの様に雑居に入れられて、また同じ事の繰り返しで、今度は、工場の仕事など、やってられない為に、
作業拒否で、懲罰委員会にかけられて、また今度も、二回目の、10日だか二週間の懲罰!この時点で、ノイローゼや鬱病になってきて、
また嫌がらせの、三回目の雑居ではさすがに、指示無視で、懲罰委員会で、一ヶ月だったか、この懲罰期間に関しては記憶が曖昧だが、
とにかく、こんな理不尽なことはないと、その懲罰独居では、ノイローゼや鬱病になり、毎日体調が悪いことを、刑務所内の病院に申し立てると
一日中寝てて良い為に、一ヶ月間その作戦を使い、尚且つ、刑務所側に、不服申し立てを、申し立て、刑務所側との話合いも、その件は通用せずに、
懲罰委員会は全て、新潟刑務所所長の、決定権だと言うので、新潟検察庁申し立てと言うシステムまで、決行したが、職員二名と話合い
もしたが、それまでもダメで、結局は新潟刑務所と言う所は、人権まで奪われてしまう、恐ろしい場所であった!
その事で自分が落ち込んで鬱状態になっていたら、ある時、実弟との手紙のやりとりで、弟の一言「楽して生きている奴なんか居ない」と、この一言で自分は元気が出て、救われた。
確かに、今考えてみれば、当時から、普段自宅では常備してる『シーパップ』と言う吸入機を持参しなかったのも悪いのだが、
それはたまたま忘れてしまっただけだし、重度の睡眠時無呼吸症候群だと言っても、シーパップなしでの、睡眠自体は可能なのであるが、
睡眠時に、周りの人間には、多大な迷惑がかかるのを、軽視して、やりたい放題の、私の人権を無視したのだから、
生き地獄の中で、この刑務所から出所したら、懲罰委員会委員長と、新潟刑務所所長を どうにかして復讐して
やろうと、色々と考えていたが、出所当時は、シャバに出れた嬉しさで、もうてっきりその件は忘れてしまい、
しかも人生には、理不尽なことも、辛い事も、全て理由があり、自分の場合は、犯罪はもう懲り懲りとなり、ただの身柄拘束だけでは済まない、
不尽にも遭遇する刑務所には、二度と行きたくなくなったなどの、完全に更生にも繋がったので、今は気にもしてないし、
49歳の時に、新潟刑務所に、懲罰委員長と刑務所長に、一応電話でクレームや圧力だけは入れたく、電話はしたが、
もう当時の職員や刑務所長は、さすがに15年も経ってれば、退職していたし、自伝にて、こうして自虐ネタとして、書けたので、許すことにした!
『山根山口組ヒストリーは、この様に幕を閉じたのである』
25歳:日本一山健一門であった、
日本一五代目山口組全国歴代ヤクザ史上最強最悪武闘派二代目臥龍会超武闘派井上組組員。
同年、兄貴分と折が合わず、一度脱会することになる
27歳:日本一ヤクザ右翼好健会最年少会長(一本独鈷約1年間)
28歳:五代目山口組二代目臥龍会井上組好健会会長
(当時の山健一門内での、 五代目山口組最年少四次団体会長)
三重県津市本部事務所での、この輝かしい名誉ある、貫目役職座布団に、襲名就任後、
ある件で、横浜ですぐに逮捕されてしまい、横浜拘置所約7か月収監後
29歳:井上組傘下櫻井総業組長の舎弟兼山根会会長、
29歳:日本一ブランド暴走族グループ横浜連合相談役就任
31歳辺りで:大物伊藤叔父貴分や、櫻井兄貴組長や、大物井上親分が、薬物絡みで こぞって、
上部団体臥龍会から破門処分を食らい、
山根自身は再度、一本独鈷山根会会長に戻るが、当時に、
2001年二代目臥龍会超大物戸埼吉春会長が病死後、 現、神戸山口組三代目臥龍会超大物小林茂親分が、
三代目臥龍会会長に襲名する予定であり、小林親分と縁深かった、櫻井兄貴組長が、小林襲名後に、復縁予定であり
櫻井から「そしたら山根も、一緒に復帰しよう。」などと、言われており、
この時点では、今後の臥龍会での、櫻井、山根等の、処遇が保留になっていたが、
34歳2004年:山根自身も、ある件で逮捕の、新潟刑務所入所をきっかけに、 この世界から、完全に足を洗い更生となる。
櫻井兄貴は、惜しくも後年病気で亡くなる。
どっちにしろ、2005年、臥龍会名付け親の、親衛隊組織で担いでいた、 全国歴代トップラス大物有名親分である、山健出身でもある、
五代目山口組組長渡辺芳則親分が、病気で死去となり、 今考えたら、もう日本一山健や、その中でも、横並び、最強武闘派臥龍会は、
ヤクザ全盛期五代目山口組が、ダントツでの全盛期時代だったので、
この時点で、日本ヤクザ全盛期時代や、全国山口組全盛期最強勢力としては、 ピリオドとなったので、
これが運命的な、 山根ヤクザ運命シンクロニシティ炸裂にもなったのだ。
◎自分が39~40歳位の頃、横浜西口のVIVRE裏で、一人で、物思いにふけて、座っていたら、
二人組の若い、可愛らしく美人の女の子二人組が「おじさん何やってんの?」と声を掛けてきて、逆ナンパされた(笑)
当時、自分は40歳位だったが、人から年相応には見られない、若く見られるので、
お兄さんじゃなく、おじさんと言われた事はショックだったが、逆ナンされた事は嬉しかった。
しばらく世間話をして、地元も偶然にも隣の地元の六ッ川だったので、何かの縁も感じた。
そして二人の先輩の方の女の子M(当時16歳位)に「俺の立場で、協力出来ることがあれば、何でも力になるから、
困った事があれば、連絡して来な」と会社の名刺を渡した。その後も、横浜西口でチョコチョコ顔を合わせ、仲良くしてた。
すると、時がしばらくたったある日、彼女から、連絡があり、元彼と別れ話のもつれから、今までに貸した金だか、
貢いだ分の金だかを、今すぐに全部返せと詰められて困ってるから、助けてほしいと、連絡が来たので、
逆ナンしてくれた良い子だったので、お礼に無償で助けようと、その場所へ、一人で急遽向かうと、ガタイの良い、
貫禄のある東京の不良の元彼氏と、ヤンキーの子分三名がいて、近くのファミレスに話し合いの場所を移し、ケツを持ち、
長時間の話し合いの結果、一応は、話をつけて、助けた。
最終的には、相手側とも和解し、その内の子分三名は、これを機に、自分を慕ってくれて、その後も仲良くなり、プライベートでも
連絡をしてきたりの仲であった。そして42歳の3月末に、ある人気雑誌を見ていたら、
何と!Mが、話題の美人姉妹ユニットダンサー『六ッ川姉妹』と言う形で、特集を組まれていて、驚いたし、
何より、俺と良い形で、関わって行く人間達は、出世すると言う、セオリーやジンクスも、益々実感したのだ。
◎40歳の時、自分の一歳下で、地元が西区岩井原で元、プロキックボクサーで元、山根会会長補佐兼横浜成人愚連隊総長だったI氏は、
自分(山根)に対して、凄く忠誠心を持っていてくれて、実力者でもあり、自分も彼には好感を持っていたが、
彼と仲良しの、S46の地元が二俣川の、日本最大最強任侠組織山口組巨大ブランドNo.1二次団体三代目山健組現役組員兼右翼の実力者の某氏が、
自分とは面識は無いが、自分の事を知っていて、I氏を通してスカウトオファーをしてくれた。
気持ちはとても嬉しかったのだが、自分の状況が更生している身なので、期待には応えられなかったが、とても嬉しかった。
○自分が今まで生きてきて、色々な出会いや別れがあったが、全ての人間に思い出がある。
良い出会いも悪い出会いも、それも全てが自分の運命であり、何かしらの意味がある。
 現在自分は、しっかりと更生し、不良の人間達が嫌いになったわけではなく、
自分が真面目になった気持ちのケジメとして、そういう人間とは縁を切り、
一切関わってはいない。 自分のその後からの交友関係は、自分の付き合っている女性数人と、元々真面目人間や、
仕事関係の同僚や、元不良少数の、今後も付き合って行かなければならない、シガラミのある人間としか、
関わるつもりがないし、実際に関わりがない。今後も一生そのつもりである。
この前もあの、日本一のアイドルグループの、例の前出の、
ももいろクローバーZの高城レニ氏の父親で
ある、s43元浜連横浜西口剣のリーダー格で、s43年代の横浜トップクラスアウトローの、
先輩であり、仲良しの浜連仲間のTと連絡
とった時にも「警察から匿ってくれた時の件は、本当に感謝してるし、一生忘れないから」
「またちょくくちょく連絡取ろう」と、
気を使ってくれて、友好的な事を、言ってくれたのだが、自分このT氏はアウトロー的にも
認めているし、彼も更生しているし、人間的にも大好きな人なのだが、上記の理由を話して、交際を遠慮してしまったくらいである!
でも自分は、このT氏や、私が仲良しだったT氏の奥様も、いつまでも大好きなので、T氏の電話番号は大事にとっており、
その夫婦の二人は、自分の胸の中での、一生の心の友なのである!
自分には、他にも、この様なT氏との関係のシガラミが、大勢いるのである!
昔のアウトロー仲間や上下関係の先輩後輩!舎弟や若い衆や、兄貴やお叔貴!
他にも今までに知り合って仲良かったアウトロー達!大好きだった皆の事は、
今でも、これからも、全員が、T氏の様な関係のシガラミなのだ! 
◎41歳の堅気の時に、ある縁で、出会い知り合い、今では、自分を買ってくれて、出資者、スポンサーになってくれている、
地元伊勢原市の、超大金持ちの実業家資産家で、高額納税者長者番付け50歳から60歳までの10年間三位記録保持者で、
現在約70歳の渋くて、性格も良い、超大物のY会長と鎌倉の料亭「峰本」で会食をして、
ある簡単な頼み事をされて、自分が人材を派遣したり、遊ぶ女を紹介してあげたり、持ちつ持たれずでした。
この方は、まず東京中目黒に不動産店を四店舗経営していて、
他の場所で建築屋や造園業もやっており、あの六本木ヒルズの、家賃が月200万以上する部屋を6個持ってるオーナーで、
その内の一つの部屋が、不動産屋のMビルを通して、あの実業家Hエモンに貸してる部屋です。
あとは、日本トップクラス大手人気有名芸能プロダクションエイベックスグループ社長の、自分の5歳上の、地元が自分の、我が南区の隣町、
港南区野庭の、元日本一浜連上永谷レッドゾーン総長の松浦勝人氏の、生みの親で、
松浦氏がまだ、社長じゃない頃に、ビジネスに絡む海外旅行に1000万投げて、行かせてやったり、
エイベックス設立時の投資者、スポンサーでもあり、以前はエイベックスの3分の1の所有株主でありました。
自宅はアチコチに六件所有で、ベンツ三台所有で、その内の一台はベンツの中でも一番値段が高いやつです。
総資産100億以上。この超大物が「俺はもう、いい歳だから、いつまで生きていられるかわからないけど、死ぬまで、山根ちゃんには、尽してあげるから」と、
もったいない貴重な発言をしてくれて、感謝感激雨あられです。会長、とても楽しかったです。
ご馳走様でした。私も、今の、自分の立場で力になれる事がありましたら、何でも協力させて頂きますから、
これからもよろしくお願いします。後年この会長とは、急に連絡が取れなくなったが、会長自身が、お言葉に出してた様に、
お亡くなりになったと思う。残念でならないが、心より、ご冥福をお祈りします!
◎41歳の堅気の時に、とても、深いい話がありました。昔、自分がやんちゃしていた18、9歳位の時に、日本トップクラス任侠右翼団体の隊員でした。
そこの当時の自分の兄貴分だった、自分の5歳位上の永田のイケイケで男前だったF氏がいて、F氏の兄弟分の、
やはり自分の5歳位上の地元が戸塚のU氏と言う有名人がいたのだ。その二人には、随分よくしてもらい、お世話にもなったし良い人達だった。
現在のU氏は横浜で一番有名な右翼の親分に出世して、数年前にも、数社の週刊誌の最初の方のページ数枚に、
U氏の記念パーティーの特集が組まれ、日本トップクラス任侠組織稲〇会杉浦一家総長と、日本トップクラス任侠組織稲〇会浅井総長の二名の、
他、計三名も出席して、四人で仲良く肩を並べて写っていた。本日の代行のお客様で蒔田のレストランバーから戸塚まで送った人がいて、
赤のスポーツカーで中年の紳士でスーツで決めて、渋い人だった。本日は自分がお客様の車の運転をしたが、感じ良く優しくて、
気さくに話かけて来てくれて、色々と気を使ってくれた人だった。その内電話で人と会話をし始めて、自分自身の名前を言ってて、
更に不良の世界の話をしてたので、ここで自分は、そのU氏だと気付いた。でもお互いに20年以上も前からの再会だったし、
当時自分はパンチパーマだったし、今日はマスクもしていたから、向こうは、自分の事は気付いてない訳。電話が終わり、
また気さくに話かけてくれて「俺、こんな普通のアンチャンでスポーツカーなのに、今電話であんな話しちゃって悪いね(笑)退屈だったから」て
相変わらず、気さくで優しい人だった。当時が懐かしくて嬉しかった。自分は自分の身分を明かそうとも思ったが、今は真面目に堅気でやってるし、
商売での、お客様U氏と代行屋の自分での再会だったから、結局自分の事は話さなかった。到着現場で最後自分とU氏が運転を交代する時に、
いつもU氏の舎弟や若い衆にドアの開け閉めをやってもらってるU氏のドアを私が開け閉めをしようとしたら、U氏は自分自身で車のドアを開け閉めしながら
「いいよ。ありがとう」と去って行った。やはり大物アウトローは人柄から違うし、この人は、昔、自分が兄貴格として縁を持ったのが、間違いがなくて、ふさわしかったと嬉しかった。
◎自分は、やんちゃをしてた時代に、色々な罪名で、何回も警察に、逮捕されて、記録的になってしまった程の逮捕歴でした。
その際に、この両親に、散々、経済的にも、精神的にも迷惑をかけてしまいました。
例えば、自分が逮捕されて、世界遺産認定される予定の、神の国と言われている、
土地が滅法高い鎌倉長谷に、自分が25歳の時に、一軒家を建てた両親に、最初の内は、
警察署から電話をして、知らせてもらっていたのだが、その内、逮捕される度に、両親に心配かけたくなかったので、
内緒にしていたら、自分と連絡が取れなくなってしまった母親が、心配になり、
探し回ったりと『息子を訪ねて三千里』状態になってしまい(笑)(昔の人気アニメ、母を訪ねて三千里のダジャレ)
逆に「警察に逮捕されたなら、逮捕されたと、知らせてくれた方が安心だった」と言われて、逆効果や悪循環にもなりました。
内の家族や家系は、皆、元々エリートの堅物で真面目なので、自分の逮捕が、あまりにも多い為に、
母は、精神的にもおかしくなり、ノイローゼになってしまった時期もあった。
しかし慣れて行くと、慣れは怖いもので、修羅の青春記の自伝本を、企画出版(出版費用を、出版社が負担してくれる出版)して下さる、
出版社の、ゴーストライター(全体の約30%執筆協力)のK氏が、自分が30歳位の時に、家族も取材したいと言うので、
鎌倉で家族インタビューした時に、母親が「私は不良が好きなんです」と笑いながらコメントしていた(笑)
自分は、逮捕されると、何より最初の頃は、不良の心意気で逮捕上等だったが、もう自分の様に、逮捕暦が多いと、段々逮捕が、やっぱり怖くなって行く。
しかもパクられると、身柄を拘束されると言う不自由が一番嫌だし、金もかかり、シャバでの色々なシガラミも狂っておかしくなって行き、無駄になります。
今までに、自分の逮捕により、かかった費用の、弁護士費用、罰金、示談金などの全てで、約700万かかりました。
はっきり言って、ドブに捨てた様な物だが、得意のポジティブ思考で考えたら、人生経験の、高い授業料にもなった。
それらの経験があったからこそ、今の自分もある訳で、ある意味無駄には、なってもいない、自分も存在する訳ではあるが、
その後、自分は、もうこのままでは、懲役刑務所人生になってしまうことが、嫌になり、二度と、親にも、
その時その時に付き合っている当時の彼女達などにも、迷惑かけたくない理由で、不良から足を洗い、生して真面目になった。
自分が更生した現在は、鎌倉の自宅に、毎日「電話3コール切り」と言って、電話して、3コールで切っている。
これは、母親からの希望で、そうやれば、自分が逮捕されてない証拠になり、安心するとの事。
これを今までに、たまに忘れる日があるが、結局、約7年間毎日続けているのだ。
これを親が、生きている間に、続けて、今度は、微力ながら、自分が経済的にも、精神的にも親孝行に努めてる自分である。
◎ここの出版社の方々は、社長を始め、皆良い人なのですが、自分の人生が波乱万丈過ぎて、写真や人生軌跡や物語がたくさんあり過ぎて、
結局、この修羅の青春記の写真量と文章量が、半端なく多い為に、そこの、出版社は、
「こっからここまでの文章や写真の記載での出版でなら、内での企画出版で出版出来ますが、
それ以上の量となると、自費出版なら大丈夫ですが、金が相当かかり、内では難しいのです」と言う事になってしまったのだ。
しかし、やはり、どうせ出版するなら、結構自分は頑固で、こだわりと言うのがあって、自分の納得の行く、写真枚数や、文章量の分量の形で出版したいし、
人生の軌跡や物語などを、省略した状態で、出版したくないし、自分は、そこまでナルシストではないので、相当な出版費用の金を、自腹で、かけてまで、
わざわざ自費出版してまで、出版したくないので、そういう訳があって、現在は、修羅の青春記は、出版発売が保留になってしまっている。
ですが、既にこの様に、このホームページに文章は約80%、写真はほぼ100%
記載して、事前宣伝紹介してしまっているので、出版はあまり意味のない事かもしれないし、今やネット社会なので、このままネット無料書籍になってしまうかもしれないが、
やはり、この本に興味のある皆様の、手元に、本という形で、残った方が良いとは思ってはいる。
◎42歳の時に、最近父親の体調が悪く、幾つかの病気で入院した。
出身は東京千代田区で、父親の母親(私から見たら祖母)は中学校の教師だった。
父は長身男前で、慶応大学卒業し、日本トップクラス大手企業三井系列に勤め、最終的には、
旧みなとみらいや本牧で、従業員約100人の、三井系天下りで、海運会社の取締役社長であった。30年間今までに会社に休んだことがなく
優秀な真面目エリート街道まっしぐらだった!性格はプライドが高く、寡黙で、家族には一切弱音を吐いたことは一回もないが、
人間誰しも弱い部分があるのだから、無理しなくてもいいのにと思っていた。でも病気では、腎臓、糖尿、
重病の肺炎で菌に犯されており、息苦しく、呼吸困難状態が続いており「息苦しい」と初めて息子に、弱い所を見せた程重病である。
医者が何と!「もう、退院して自力で呼吸が出来る様になるのが、難しいと思います。
命もいつ落とすか、ハッキリわかりません・・・」
と言う事は、病院で、死ぬまで器具を付けてないと、ならないのか聞いたら、
「その可能性が高い、わずかながら、数年後に退院復活出来る可能性も少しある」
と言われショックだった・・・・・肺が菌に犯され原因不明だと言う!
実は、今はママも、体に腫瘍が見付かり、検査しなくては陽性か悪性かで、悪性なら命に関わり、
手術しなくては行けない所まで来ちゃってて、ママは検査や手術を嫌がってて、
陽性なら大丈夫なのに、悪性出たら手術嫌がってるので、
今度俺が無理矢理にでも病院連れて行くが、お父ちゃんは自分の病状の事は
そっちのけで、お見舞い行く度に、ママの事だけ心配してて
「早く病院に連れて行ってくれ」とそればかり!
こんな素晴らしくて、外見も中身も格好良い、父の息子で誇りに思う、夫婦で色々あったと思うけど
4、50年一緒に寄り添って連れ添って、最後もやっぱり夫婦だったんだよな!
お父ちゃん、心配ないから!ママを、さらってでも病院連れて行くから!
でも、父はもうこのまま寝たきりの生活になるそうだ!(泣)
家族を養うために、一生懸命働き、会社を一回も休まなかった皆勤賞の、
その分、体に負担がかかったのと、俺が散々迷惑や心配をかけたせいが、
理由の一つに大いにあるが、俺が思うに、横浜大洋時代から、ベイスターズにしか
興味がなく、生活の一部になっている父親は、ベイスターズが大大大ファンである!
ベイスターズに物申す!
因みに俺も昔からファンだが、お前ら弱過ぎて話にならねんだよ!この野郎!
一体いつまで単独ダントツ最下位続ければ気が済むんだ?弱小球団!
マシンガン打線の時代にいつになったら返り咲くんだよ!この横浜の恥さらし共がよ!
昔から横浜高校は歴代で日本一高校野球が強いのに、何でこんなに差があるんだよ!
お前らベイスターズは、これから毎年神奈川高校大会に出場して神奈川高校生達とやり直せよ!
横浜高校からも現役の、いい選手数人いるが、全然育たねーじゃねーか!
横浜出身の松阪や涌井などは活躍してるのによ!
いつもいつも負けでばっかりで、内の父ちゃん毎晩テレビに向かってや、スタジアムで
「馬鹿野郎!」て叫んで、ストレス溜まって弱ってんだよ!テメーらのせいで、寿命縮んでんだから、
責任取れや!責任取るとは、どう言う事か、それは、お父ちゃん死ぬまでに
お前らが優勝しなかったら、許さなねーと言う事だ!この2、3年が勝負だ!
中畑!お前も巨人が日本一Ⅴ9制覇した最強の時代の、次に巨人が強かった時代の人間だろ?
チームに明るくふるまって、雰囲気作りしてムードメーカーはとても素晴らしいが、
シーズン前に、テメーだけ一人でメディアにタレント並に目立っちゃって、
オープン戦だけ12球団3位の好成績で期待大だったのに、何なんだよ!
選手達のこの無様な体たらくはよ!ベイスターズ諸君!
俺にこんだけ馬鹿にされて煽られて、悔しいだろ?
その悔しさを、俺を恨むのではなく、勝負の原動力に変えて、他球団に勝ってくれよ!
俺や、横浜ベイファンを、もう一度見返してくれよ!
お父さんの、長年の夢だった、マシンガン打線時代優勝の後のもう一回だけ、
優勝で、人生花道飾らせて添えさせて下さい!お願いします!
自分だって、子供の頃から大ファンだった、ベイスターズの事、こんな事言いたくありません!だけどファン達の期待裏切り過ぎ。
自分も、鎌倉で、球界歴代№1伝説のエースピッチャー長身男前遠藤一彦氏との出会いや、
元大洋で、スカウトだった自宅が近所の銭湯仲間だった松岡功輔氏との出会いや、
運転代行でのお客様で長身イケメン一軍選手内藤雄太氏との出会いなどあるし、
正直こんな数々の失言は、失礼だとは思ってますが、父や実弟や自分が大ファンだからこそ、
喝を入れて、頑張ってもらいたいのですよ!ファンからの野次も宿命でしょ?(笑)
世間が見たら、たかが野球ごときに、熱くなって馬鹿みたいと思うと思うだろうけど
横浜ベイスターズに人生かけてる、俺の父もいるって事を、ベイスターズの選手達にわかって
もらいたい!俺のやんちゃの族時代の後輩であり、会時代の舎弟だった、
鑑別所5回、少年院3回、刑務所3回の、地元は上大岡(中学は笹下)元浜連伊勢佐木町ロードランナー総長で、
山根会行動隊長兼魂龍会行動隊長だった横浜s46トップクラスアウトロー小笠原順一氏
(通称おがちゃん)が、ベイスターズ私設応援団山崎一家会長を以前やってたが、
ベイの選手数人は飯を食いに行ったりしたことがあるから、知ってる選手もいると思うしけど、更生した彼も泣いてるよ!
父、死ぬまでに、優勝出来なかったら、もう横浜で呑気に野球なんてさせねーぞ!
一人一人の自宅調べて、一件一件回って玄関の前に、俺のう○こ置いて回るからな(大爆笑)
◎42歳の秋、FM横浜ラジオを聞いていたら、番組レポーターが、湘南逗子のお菓子屋からの中継で、何と!社長が、自分の暴走族時代に揉めた、
自分と同じ年の、湘南歴代トップクラス暴走族総長で、 元日本トップクラス任侠組織系平塚二次団体組幹部だった、有名な御所野一也氏でした!
自分が20歳越えた年の頃、数人で湘南連合の集会に車で出た時の事!
数十台で、湘南方面を走行中に、自分達は後ろの方を走っていた!
集団が急に止まり、しばらく動かなく、何やら先頭の方で、集団同士喧嘩、乱闘が起きていた!
自分が行くと、浜連数人いて、西口剣連中がいて、自分の仲良しだった好きな
後輩の、S48総長K氏と、 仲良しだった好きな後輩の、S48の日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家菊〇組長実子の、
K氏の二人が自分に挨拶してきて、自分の一歳下の弟分的存在だった、浜連西口剣のリーダーで私が以前所属してたその組織に、自分が辞めた後に紹介して入れた、
日本トップクラス任侠組織稲〇会当時トップクラス二次団体三代目林一家組員であった、性格も最高の好きなK氏が暴れていた!
彼は、その当時は組員ではなく暴走族だった。
そのK氏と一緒にいたのも、自分の一歳下の弟分で、
西口剣で、元横浜任侠組織双愛会系組員だった、性格も最高の大好きなF氏であった。
彼は、このホームページに、自分と3ショットで全員刺青を出して、全身見事な刺青の、同じ世界一彫師の、
三代目彫よしで、背中に羽衣天女を入れている彼だが、その全身刺青をその時に、服を脱いで出して威嚇していた。
湘南連合茅ヶ崎連中側には、後に仲良しの後輩となる、弟分的な存在の、
S46年代瀬谷地獄族総長で、元、横浜任侠組織双愛会谷戸一家斉〇組組員だった、横浜S46年代トップクラスアウトローで、自分の大好きな、性格も最高の男前の有名なS氏もいた。
自分が到着した時には、喧嘩乱闘は終わっていたが、剣のK氏は、まだ納得しておらず、暴れていて茅ヶ崎側に対して、浜連側が押していた。
自分は、茅ヶ崎のK氏は、この浜連のパーティーでの面識があったし、剣のK氏は弟分だったので、しかも、喧嘩の当事者の、双方の、浜連のK氏も茅ヶ崎の
K氏も、同じ「K松」と言う苗字だったのと、
しかも湘南連合も、茅ヶ崎連合も、浜連も同じ全日本レーシング連盟だったので、お互いの間に入り
「お互いに同じ名前なんだから仲良くしなよ」と仲裁した。
すると横から、パンチパーマに髭の、現役極道が入って来て、喧嘩腰ではなく、
フレンドリー風に「何かあったら言って来て。俺は遠○組にいるから」と言って来たので自分は彼の存在を知っていたので「俺はあんたの事知ってるよ」と言って、喧嘩が終結となった。
その彼が、自分と同じ年の、湘南歴代トップクラス暴走族総長で
元、日本トップクラス任侠組織稲〇会遠藤組佐〇組系幹部だった、東逗子エルザ総長御所野一也氏でした!
この彼の事は、以前ブログコメントにて『逗子の御所野さんを知ってますか?』とコメントも来ているし、
以前、山根企画のホテルヘルス愛和の副社長だった、自分の6歳上の元東逗子エルザのM氏と言う、
御所野氏の先輩が働いていて、彼からも御所野氏がお菓子屋をやっていると聞いていた矢先、
本日ラジオで、元不良と言う雰囲気も肩書きも一切出さずに、爽やかな対応で、
出演していてビックリして、彼も更生して頑張って店をやって、良い仕事してるんだと思った。
◎42歳の時に、母は、金沢区の横浜市大福浦病院にかかっていましたが、現在、父が入院している鎌倉の病院なら、
家族でお見舞いも出来るので、一石二鳥なので、市大病院から紹介状を書いてもらい、
そこに昨日、検査の為に強制連行しました!
二名のお医者様から説明がありました!
一人目の医師が、市大病院の時に検査した写真を持ってきて
「今日これから検査もしますが、2月の時点で、この腫瘍がこんなに大きく肥大してるなら、
すぐにでも手術しなくてはなりません!よく今まで放っておいて平気でしたね!」
母は血液B型(Bは我がままで頑固な性格。因みに父はO。Oはマイペースで我が強い。
OとBの両親から産まれたOの俺は、最強のマイペースの我がままで、我が強い頑固者(笑))
で、しかも医者の娘で、自分を産んだ女性なので(笑)
「私は医者の娘だし、自分の体は自分が一番わかってるから大丈夫です!
手術は拒否します!」←そーゆー問題じゃねーだろ!(笑)
自分は、母を怒って、医者の言う通りにする様に、たしなめた!
検査が終わり、二人目の医師
「腫瘍が7cmにまで肥大してます!この腫瘍は、5cm以上肥大すると、いつ破裂しても
おかしくありません!破裂したら、殆ど死にます!」
自分は母に、鼻での全身麻酔の手術が経験あるので、
「僕も全身麻酔の手術経験あるけど、酸素マスク当てられて「『1・2.3』と数えてくださ~い」と
言われてる内に眠りについて、目が覚めて、気が付いたらいつの間にか終わってるから
全然痛い事も、問題もないから大丈夫だから!」と説明したが、
母は医師に「体に何の自覚症状もないのに、いきなり死ぬだの、手術など言われても、
困りますよね?」
自分「市大から散々再検査する様に言われてたじゃん!」
医師は「う~ん・・・・・・・・・・・・」
母は「いいよ!だったら死ぬよ!」と開き直ってた。
最近、母が「私は、お父さん死んでも悲しまないけど、健ちゃん死んだら気狂うよ」
と言っていて、「ママとお父さん、どっちが死んだら悲しい?」と聞いて来たので、
自分は「両方共に悲しむに決まってるじゃな~い。けど、どっちかって言ったらママの方かな」と答えた。
違う場面の会話の時だが、母は「でも父さんは、私に色々やってくれたからね~」と感謝の気持ちを持っている。
自分は、両親からは愛情を深く持たれて、育てられたのにも関わらず、ガキの頃から、
やんちゃし過ぎて、両親には散々心配は迷惑を掛けてしまった。
それだけに、両親に対しての愛情や、感謝の気持ちの思いが強い。
この両親が、いなければ、自分も存在しなかった訳だし、今の自分があるのはこの両親のお陰。
だから、72歳の父と68歳の母だが、まだ寿命で死ぬには早い二人に、死なれたら困るので、
自分は母に「ふざけるな!この野郎!テメー手術しなかったら許さなねーからな!」と怒鳴ると
医師が「ちょっとすません!大きい声を出さないで下さい」
自分は謝り、母を説得した。
しかし、この後に医師が究極の選択を迫ったのだ!
「ただし、この手術は大きなリスクを伴います!心臓を止めて行う手術です!大手術にもなりますし、
10%、10人に1人が死にます!」と言い出したのだ!
と言うことは、自分が「でも先生!このまま手術しないで放っておけば、今日でも明日でも、破裂して死ぬ可能性もあるんですよね?」
医師は「そうですね!でも、ご家族の希望も大切ですが、最終的には本人の意志ですので、
お母さんは、どうお考えですか?」
母は「この病気は、何か自覚末期は無いんですか?」
自分は「実は、この病院に、父親も肺炎重症で入院しているのですが、その父は、
自分がいつ死ぬのかわからない状態で、苦しんでる中で、いつもいつも自分自身の事よりも、
この母の事だけ気に掛けていて、
『お母さんの事を、手遅れにならない様に、早く病院に連れて行って検査や手術してくれ』
と遺言の様に言われてますので、父からも怒られますから!]
この一事で、母は、父からの夫婦の愛情を感じ取り、事の重大さも察して、手術の決行を決めた!
自分は「10%の可能性なんて低いし大丈夫だからね」
母は「わかってるよ!どんな手術でもそうだよ!」と腹をくくってくれた!
明日、手術日の日取り決めと、医師団からの本人や家族に対しての、手術の説明が一時間もあると言う。
※神様!そして、父方の山根一族ご先祖様方々!母方の後藤一族ご先祖様方々!この両名を、お助け下さい!
この父と母を、救って頂だきまして、まだ生かして頂く事を、お願い申し上げます!
生還祈願
神武天皇即位紀元(皇紀)2672年 9月28日 山根、後藤一族 長男山根健一 
◎42歳の時に、某ソープに行ったら、自分のブログを昔から毎日見てくれてるファンだ、と言う嬢に会って
来ました!最初、写真指名で、身長はタイプの子がいなかったのですが、取り敢えず、やるだけなら、
タイプの子が二名いたので、店員にどっちが人気があるのか尋ねると、
今回の女性を示したので、指名すると、歌手の中島美嘉と女優の吉瀬美智子を足して2で割った様な、
美人でした!28歳の、東北地方から出てきて、昼間は歯科助手など経て、普段は託児所でも働いてる
真面目な、性格も最高の美女R氏でした!そして何と!自分のブログを昔から毎日見てくれてるファンだと 言って来て、
まさかここで会えたのが信じられないと、騒いで喜んでくれて、
昔は滅茶苦茶格好良かったと連発してくれてたが、←昔だけで、今は格好良くないのかい!(笑)
しかし自分もとても、嬉しかった!
毎日ブログを見てくれているだけに、かなりの山根通、山根マニアの山根フリークであり、
自分の名前、経歴、過去の出演テレビ、女性関係、女性のタイプ、
毎日のブログ記事内容など、とにかく詳しく、自分が忘れてしまってるブログ記事まで知っていてくれて、
凄く面白いブログだと絶賛してくれた!「私は身長が165cm以上ないのに、何で私を指名してくれたの
か」など、話は盛り上がった、チョメチョメの方も、サービス抜群で、超気持ちよく、
体の愛称もバッチリでした!
これで身長が達してたら、R氏は本命にしたかったな~!
でもR氏さえ良かったら、二号の彼女として付き合いたいです!
取り敢えず、メルアド番号交換して、プライベートでも遊ぶ約束しました!
自分は、ブログを毎日見てくれてるのは、本当に嬉しく、例の前出の、某日本トップ女性アイドル
人気グループの、人気で美人の某氏の、美人の母親が、昔からの自分の友人であるが、
この前久し振りに、彼女と電話で話した時に、自分のブログを毎日見てくれていると知らせてくれて、
マジで嬉しかった!
※Rへ、今日はお疲れ様でした!とても気持ち良かったし、とても楽しかったよ!
また機会あったら指名で行くし、今度ご飯食べようね!
この仕事はそろそろ上がり辞めると言ってたけど、色々と頑張って!
今日の俺達の出会いは何かの縁なので、これからもよろしくね!
人間の人生や運命に偶然はない。全て縁による必然である。
◎42歳の時、自分の四歳下の元、武闘派暴走族埼玉県北連合武州寄居 奇襲S48年代副会長だった、
自分の弟分のH氏は、身長約185cmの長身で、男前の
現在は、自分で肉体労働を自営業でやってる社長だが、
彼の私に対して持ってくれてる忠誠心と器量が、半端でなく素晴らしい!
毎日汗水垂らしながら、真っ当に仕事で稼いで、頑張ってる長身男前の漢である!
そして何より、彼の身に何かあったら、
どんなことでも俺は、何でも体を張って、全力でケツを持ち、助けるつもりである!
一生永遠の弟分である!H氏万歳!!
◎42歳の時、緊急告知!訃報!何と!悪夢の、父が息を引き取りました!享年73歳
 10月4日20時30分頃、弟から電話が入った。弟と俺は、普段から急用以外は、メールでやりとりを
 してるので嫌な予感がした。案の上、半泣き状態で「お父ちゃんが、夕方まで凄く元気だったんだけど、
また急に、呼吸が苦しくなってきて、容態が悪くなってきて、ICUに運ばれてる」と言う。
 自分は「マジかよ!?凄く良くなってじゃんよ!」弟「うんそう夕方までは」
 いつも、元気な弟が、細々とした声で「先生が、家族に来てもらうように言ってるけど、平気?仕事大丈夫?と気遣ってくれたが
 自分「うんそれはいいけど、マジで!?でも主治医のM先生が、もう凄く良くなってて」
 弟「うんそう夕方までは、そうだったんだよ!」
 自分「違う違う!ちょと良く聞けよ!ただ、『また一回こう低迷して下がる事もありますけど、また上がる』と言ってたんだよ!
車椅子や退院も夢じゃないと言ってた程だったのだから!」
 自分「だから、確かに、先生がまた一回低迷するからとは言ってたからな!」
 俺は21時からドッキリテレビ特集を楽しみにしてたが、それ所じゃなくなった!
自分「よし!バイクで飛ばして行くから40分くらいで!」とまず、平戸から国道一号線で
 上永谷方面に抜けて、真っ直ぐ行き、鎌倉街道に出て、全て信号無視!
時速も急加速!途中大船の手前の栄区で、スピード出して直進してる自分のバイクに対して、
お構いなしで、左のラブホテルから、不良高級車が横切ろうと飛び出して来て、
バイクのホーンを思い切りズーと鳴らして、こっちが急ブレーキでぶつからなかったが、危なかったので、
Uターンして普通に行こうとしてる不良高級車を、追いかけて、ホーン鳴らしっぱなしで横付けして
窓開けるように合図すると、坊主メガネのイカツいヤクザみたいのと、ヤンキー女だった。
自分は「ぶつかりそうになったよ!」と叫ぶと、相手極道風は「あっ?」ととぼけたので、
自分はもう一度「ぶつかりそうになったよ!」と叫ぶと、相手極道風は「そうなの?」と
謝らなかったが、引け腰だったので、自分も急いでいたので、それ所じゃなく、
最後は顔面睨みつけて病院に、向かった!
ICUでは、痩せコケて顔色も悪く、意識がなく、多数の器具に繋がれていた。
一回あんなに回復したのに、油断禁物油断大敵だったし、病気は恐い。
普段の主治医はいなく、当直体制の医師団しかいなかった。
医師は「前回のここに入って来た時の状態とは、大分違い非常に悪い状態で、
血圧が、90まで行かなくてはならない所、50、60台になっています。
この呼吸状態ですと、正直本日が山場ですね」と、申し訳なさそうに先生は言う。
俺は「必ず死ぬんですか?大丈夫になる可能性はないんですか?」
代わる代わる順番で説明に来る、どの医師も深刻な顔をしててもう無理だと言う。
俺は『嘘だろ!』テレビドラマや映画や漫画などで、身内がよく死ぬし、
こういう場面もよくあるが、自分が置かれてる立場がイマイチ把握出来ない程動揺していた。
俺はまだあきらめずに、自分と弟で、体をさすり、
弟は「お父ちゃん!聞きたい事があるんだけどな」「今日ベイスターズ勝ったよ」
俺は「こんな所で何やってるんだよ!こんな強い、俺達のお父さんがまだ死ぬ訳ないじゃん!
ママだって死ぬ訳ないって言ってたよ!これ茶番劇だろ?早く起きなよ!スタジアム行くよ!」
弟は「お父ちゃん!聞きたい事があるんだけどな」と何回も問いかけてる。
俺は「俺はブログでお父さんの、生還祈願してるし、ベイスターズにも葉っぱかけてケツたたいてんだよ!」「早く起きろよ!何やってんだよ!」
途中点滴を足したら、血圧が90台になったので
自分は「あ!先生血圧が90に上がりました!」点滴をやったから一時期的になっただけだったという。
医師が、もし脈や心臓が止まったら、心臓マッサージを家族の許可で、やるかどうか決まると言うので、
自分「可能性がある限り、最善を尽くしてもらえませんか?」と希望した。
段々と、呼吸も弱く、脈も弱く、落ちて行き、うんともすんとも言わなくなったので、
医師達や看護師達が、あわただしく動き出し、心臓マッサージをやった。
何と!一回だけ回復したのだ!しかしもう一度なったら終わりだという。
弟の表情が下を向き泣いている「お父ちゃんありがとね」と
先程の問いかけから、お別れの言葉になっている。
俺は心の中で『この状況何かの冗談だろ!?』と思って、ジーンと涙が出てきた。
俺も「今まで本当に有難うね!苦労かけてごめんね!」「でもお父さん見たいに、
真っ当に生きた人間は天国に行き、また生まれ変わるから、大丈夫だよ。
一回天国で休むだけだから、そしてまた来世ではこの家族で一緒だからさ!」
父はあまり動かなくなって行った!医師が首元の脈を抑えながら、確認してる。
俺が体を揺らし「起きろ!この野郎!」と大きな声を出すと、弟と医師に大きな声を出す事を止められた。
医師が脈を計る。「申し訳ありませんが」と、23時頃臨終を告げられた。
自分は呆気に取られて唖然と呆然としていた。
人はいつかみんな死ぬし、あんなに見た目若く元気だったので、少し早い気もするが、寿命だったと思う。
死に顔が、良い顔してた。
弟に俺は「ここで泣くのはやめよう。お互い枕で泣こう」と言った。
今回の病気の原因や死因などは、不明なので、死体解剖して詳しく検査するとの事で、
どっちにするか家族の希望を求められ、解剖を希望した。
元々鎌倉のお寺に祖父と祖母のお墓の菩提樹に入る檀家の手続きと、
葬儀屋の手続きも終えて、明けて夜中の1時になっていたが、また昼に遺体を解剖後、葬儀屋に
移動の為に、来る事となり、
 帰りに俺が250ccバイクフュージョンで来たので、弟の川崎北部までの自宅まで送ると言うと、
俺がちょっと場を離れてる隙に、わざわざ川崎北部まで俺に送らせるのを遠慮して、気を使い、
藤沢のレンタカー屋に電話してたので
俺は「何やってんだよ!いいから!俺が送るから乗れよ!無駄に金使うの嫌いだったお父さんに怒られるぞ!」と
ケツに乗せ、長い道中だが、走らせた。
その間、今回のお見舞いで、父の体調が良くなった日の会話したセリフを思い出した!
主治医が車椅子や退院などの話を出してくれた時も、医師にも父は「私は、家内の事が心配なんです」と
最後まで言っていた漢であるが、俺は、その日、父が体調が良くなった嬉しさと安心感と、無性に
腹が減っていたので、鎌倉の例の前出の卵焼き『おざわ』に行きたくて、病院に来て10分程で
「また来るから」と早く帰ろうとすると、
父が「健ちゃん、まだいなきゃ駄目だよ~帰ったらだめだよ~」と引き止められたので、
俺は「用事があるから、また来るよ。近いうち康ちゃんも来るから」と言っても
暇さや淋しさも勿論あるのだろうが、何故かこの日だけは、何か違う感じで、妙に引き止められたので、
「わかったわかったよ」とベットの前の椅子に座っていた。
そして、ちょっと散歩がてら、廊下に出て戻って来たら、
父が大きな声で「どこ行ってたんだよ!いなきゃ駄目って言ってるだろ!馬鹿垂れが!」と
怒鳴って来たので、俺は逆に、怒鳴る程元気が出て嬉しかった!
俺は「ごめんごめん!ここにいるよ」と子供をあやす様に言った。
父は「一緒にいてくれなきゃ駄目なんだよ。悪いけど少しいてくれな。」と
言い残し、頭から布団を被り始めたので、眠くなったのだと思い、起こすのが悪く、声をかけずに
そのまま帰ったのだ。しかし今思えば、父は何に関しても、とにかく鋭い人間なので、
、あの時点でもう、自分がそろそろ死ぬのをわかっていたのだと、腹をくくってたのだと思う。
だから、もう会えなくなるから、二度と会えなくなるから、引き止めたのだと思うと、
病院では、涙目にはなったが泣かなかったが、走行中に保土ヶ谷バイパス辺りで
急に泣き始め「ワーン(本当に泣く)お父さん死んじゃったよー!色々看病ありがとうな!
チクショー!悔しいよ!」と大声で泣きまくった!
バイパスの走行中の車に、自分の叫びや泣き声はかき消されてたが、
かなり大泣きしました!
弟はやはり子供を、あやすように「大丈夫だよ!天国から見守ってくれてるから!」と
励ましてくれた!弟もきっと、ツラれて大泣きしたかったと思う。
人はみんな本当の両親は、父も母も、たった一人ずつだからね。
※お父さんへ、長身で男前で、頭脳明晰、性格も男義も最高だったパパ!
人はいつかみんな死ぬし、寿命だったのだと思う。
おばあちゃんやおじいちゃんの所に行けて良かったね!
俺達家族の為に、約30年間も俺が知る限り一回も休まないで勤務して育ててくれて、
最終的には取締役で定年退職ご苦労様!
俺が刑務所に行って、舎弟達が新潟刑務所出所時には、
迎いに行くと言ってくれてたが、ありがたかったが、遠くからわざわざ悪いし、
更生してたから断ってたんだ。
そして、ママに手紙で、お父さんにも、遠いから来ないでいいからと、
口をすっぱく断ってたのにも関わらず、出所日一人だけ迎えが来てて、
お父さんが、迎えに来てくれましたね!
その様なあなたとの、お世話になったり、思い出を書くのはあり過ぎて
切がありません!心配や迷惑や苦労ばっかりもかけて本当にごめんね!
死ぬ間際まで、自分の命よりママを心配してたこと。
賞味期限切れの食品を食べてしまう事と、部屋などの衛生面では、少しだらしない所はあったけど、
それ以外は完璧な、俺にとって世界一の父親だったよ!
あなたの息子で誇りでした!
これからお父ちゃんの事思い出して、何回泣くのかな?
ベイスターズ優勝したら、この世とあの世で、また一緒に飛び上がろうね!
ママも、その内そっちに行くけど、それまでは俺と康ちゃんに任せておいて!
人間は、真っ当な人生で人間らしく生きた人間は、またいつか生まれ変わり、
現世で仲良かった物同士は、また同じ様な関係で再会するという。
だからまたいつか、来世でも再会し、同じ四人の山根家族で再会して下さいね!
安らかに眠ってね。そして天国から、俺達家族を見守ってて下さい!
いつまでも、俺の胸の中では永遠に生き続けてる父山根ヒデトシ永遠なれ!
◎何と!例の前出の、母親70歳の手術が明日決行!
血圧が高く、心臓近くの血管が切れて、7cmの腫れ物が出来てしまっていて、
5cm以上になれば、いつでも破裂して死ぬ病気である。
しかし手術をやれば、10%の死亡の可能性
やれば死亡10% やらなければ確実に死ぬ。
しかも最近、同じ病気の手術を73歳男性が受けたのだが、何と!
一生の植物人間にしなってしまったのだ!その悲惨な姿も直接見学したのだ!
もう男性の家族も誰も、お見舞い面会も来ないと言う。
一方、手術をやらないで、8年間だけは生き延びた例があるそうで、医師と家族の会議では、
母もこのまま手術はせずに、自然に死を待って「お父さんの所へ行くの!」とあきらめていました!
究極の選択に立たされた俺は!?
しかし、祖母は104歳生きたので、母の寿命ではまだ早いのだ!
そして何とか、私の激しい強制の説得により、腹をくくって手術を覚悟してくれた!
今年は祖母、父、母もこの様な体たらく。何故こんなに悲惨な運命の年なのか!?
何と!例の前出の、厄年などの星祭りは一番良い星周りなのだが、金星人マイナスの自分は、
何と!今年は、細木数子占いは、12年間の中で最悪の大殺界だったのだ!
以前から大当たりの、細木数子占い六星占術恐るべし!
手術健闘生還祈ります!お父上殿!ママを救ってね!ママがそっちへ行くのはもう少し待ってね!
神よ!母方のご先祖様方!母を救いたまえ!生還祈願!山根、後藤一族 長男 健一
母の病院お見舞いにて、深いい話!
母が完全に意識を取り戻し、喋れる様になり、ICU(集中治療室)から普通病棟移動となり、
嬉しく安心しホッとました!
手術する時に、しばらくの手術後のICUの生活中は、患者の私物荷物は、全て家族が一回引き取ることに
なっており、貴重品や衣類などを自分が預かっていました!
病院に荷物全てを持って戻しに行き、確認の為に、ママの財布の中身を見ました!
ママは父上が亡くなってから、自分達の息子の前では、一回も涙を見せなかったのですが、
何と!父上の写真が二枚入っていたので、私は思わず号泣してしまいました!
やっぱりこの二人は、最後まで本物の夫婦だったんだな!
俺と弟をこの世に生んでくれた、素晴らしく素敵な夫婦だったんだよ!(涙)
※父上殿へ、お父さん!ママを助けてくれて本当に有難う!
僕達家族は、大黒柱だった、父上殿の教育に基き、この現世での残りの人生を、
真っ当に生きて行きます!
そして燃え尽きた時は、また天国と来世での再びの再会を楽しみに待ってるから!
それまでは、暖かく見守っててね!また今週土曜日49日にて会いましょう!
◎43歳の時、例の前出の話だが、これ、例の掲示板告訴の担当の刑事さんも見てるから、あまり書きたくないんだけど(笑)
もう更生してるし時効ね(笑)以前から、暴走族っ気が抜けなくて、赤信号がイラついて、待てないタイプだし、
スピード出したり、生意気に煽ってる車が、不良の高級車のとかでも許せなくて、一般人はもっとむかつく。
そう言う車を、アチコチ行っては見付けては、前方に出ては、急ブレーキ踏んで、釜堀させて、ムチ打ちになり、
相手の保険屋から、休業保障だ、慰謝料だの、車も治させて、3年間の間に、計8回やって、わざともあれば、
本当のもあった。3:5位の割合ね。どっちが3:5かはヒ・ミ・ツね。
ある日国道一号線の狩場インター権田坂の所で、スピード出して走ってたら、横から急に出てきて、
俺も止まらずに、相手が出てきたから悪いと思って、そのまま突っ込んだけど(笑)一応急ブレーキは
ギリギリの所で踏んだから、エアバック開いたから俺は助かったけど、相手の車の横腹に突っ込んだから、
内臓破裂しちゃったの。でも横から出てくるのが行けなかったからさ。相手は入院して命は助かったけど、
スピード出しちゃってたけど、もし死んでも俺は悪くないよ!
ある日34歳の時に、その手口でやってたら、相手の保険屋がずるい所で、ミスしたり嘘ついたりしたから
「ぶっ殺すぞ!家族諸共皆殺しだぞ!」とか長時間電話で脅かしてたら(実際に寸借詐欺家族の母親を追い込みかけて、
自殺させて殺した事もある)保険会社で録音テープに録られちゃててお縄!
で、暴力行為(3年以内の懲役)の罪名で逮捕されて、結局脅迫(2年以内の懲役)で1年半懲役行ったのだけども、
その時の事件では父上はもう呆れてて、警察留置所と拘置所も一回も来なく、金銭的援助もなく、
弁護士には父が自分に「親孝行はしなくていいから、親不幸はするな」と伝えてた。
当時の舎弟達は、手紙のやり取りで、刑務所に迎えに来てくれるって、言ってくれてたんだけど、
新潟で遠いし、両親にも口酸っぱく断ってたの。35歳の新潟刑務所から出所日に、それでも父親は一人で
迎えの来てくれてたんだよね。やっぱり何があっても親子だったんだよね。
夜には高級料理も作ってくれてて・・・ただ、その日の夜にこう言われたの。
「そんな事ばっかりやってて、もうお父さんもお母さんも、後10年位したら死んじゃうんだよ?!
どうすんの!?」一人で生きて行けるのか?って意味で言ってたんだけど、すでにその時は、
二度と記録的な逮捕歴が怖くて、嫌になちゃってて、鶴見留置所の時点で更生してたんだけど、
その一言には答えたね!元気で病気一つなかったのに、死ぬって言ってて本当に8年後に亡くなった・・・
去年はよく泣いたな!これは親御さんと仲良かった方々が、体験した方々じゃないと、気持ちはわからないと思う。
俺は、両親が大好きで、色々な意味で偉大だった父上は、今でも心の中に生きてるし、
父上の為にも、ママの為にも、両親には精神的や金銭的にも、心配や迷惑をかけまくったママには
思いっ切り親孝行をしたい。父上は、何処かに一緒に出掛けて、自分が金を出そうとすると
「子供が親に金なんか出さなくていい」と言うタイプだった。
父上にはろくに親孝行出来なかったけど、
でも、出所後の数年前には親孝行のつもりで、家族全員を箱根旅行に連れて行った。
その時にも旅費は、俺に出させようとはしなかったけど、俺は無理矢理出した。
弟は、学業的にも一般社会的にもエリート優秀だったし、親にも迷惑や心配もかけた事は殆どなかった。
「親孝行したい時には親はなし・・・」
ベイスターズしか興味のなかった、父上の為のこれからの、親孝行の供養としては、
ママには、心配や迷惑をかけない事。それとプロ野球のリーグで、3位までに入れば、クライマックスシリーズと言って、
セ・パでプレーオフの日本シリーズで日本一狙えるので、今年のセは、1・2位が単独トップだが、
3位から6位までが混戦で、まだまだベイも3位狙えるので、父の為にも応援してるのだ!
お父さん!「今は、お蔭様で、ちゃんと数年前から自立して、不景気で大変だけど、悪さもせずに、
複数事業成功させて、真面目に立派に生きてるからね!ベイも今年はいい線行ってるから、クライマックスに入れたら、
日本一になれたら、パパの位牌写真持って行くから、スタジアムで一緒に泣こう!」
父方の祖父と祖母と母方の祖父と祖母にも、先祖代々にも供養感謝!
 ◎43歳の時、日本の暴走族で、マスコミにこうして取り上げられるのは、昔から横浜連合と関東連合が多いが、
例の前出の、軽い抗争から手打ち和解した井口氏や、
以前アメブロ時代に、海老蔵事件の、元千歳台ブラックエンペラー総長であり、
プロの格闘家でもある、自伝本を出したり、俳優としても活躍予定だった、現在拘留中の、
イケメン石元太一氏から、有難い嬉しい二回もコメントを頂いた縁がある。
(アメブロリンクされてなかったが、内容からして本人だと思う)
そして初公開であるが、以前数ヶ月前に、山根会社に、関東連合関係者からご連絡を頂いた。
腰が低く、ご丁寧に、インターネット掲示板2chの事で、お見知りのお電話を頂いたことのあり、
現在もお互いに電話番号をインプットしてある仲の、自分と同じ年の、長身イケメンで御曹司で、
大阪のトップクラスアウトローで、人間総合力も兼ね備えてる、東京と大阪での大物有名人であり、
多数の大物美女芸能人達との交際もしてる芸能プロダクションの関係者でもあり、
この関東連合と深い関わりを持つ相談役の一人でもある、インターネットでも話題の、
東京在住のK氏と言う人物である。私の事を、2chで色々書かれてるのは「有名だからですよ」と励ましてくれたり、
K氏との電話会話は長時間にも及び、とても気が合い、お互いにのテリトリーの横浜と東京に行った暁には、
両陣営首脳会談ではないが、機会あれば、一緒に食事でもしながら、芸能界の話や、裏社会のお話をする約束もしている。
K氏から連絡をもらう数日前にも、腰が低くご丁寧に、2chの事で、K氏の舎弟の方からも
お連絡を頂き、今後横浜に来た暁には、機会あれば、一緒に食事でもしながらとのお話もし、以後お見知りのおきとなった。
彼は現在、日本最大最強任侠組織山口組弘道会系で、元関東連合だと言っていたが、とにかく両名腰が低くご丁寧に
お話され、内容も筋を通し、当たり障りなく、とても好感が持てた。これも何かの縁であろう。
◎44歳6月、自分より少し年上の、性格も最高の、自宅の近所の、以前からブログで何度か紹介してる、
例の前出の常連である大繁盛串揚げ屋『二度と来るよ』社長から連絡があり、そのお店の常連お客様である、
最強トップクラス有名プロレスラー吉江豊氏が来店してると言う事で呼んで頂き、紹介して頂きました!
そしてツーショット撮影して頂き、ブログ記載の許可も得ました!
吉江氏はここ最近、深夜と言うか、朝方4時前後のテレビの通信販売にも、毎日出ている!
実は、吉江氏は、ご存知の通り、以前もブログ記事でも紹介しました、A(ア)運転回送にてここの社長に呼んで頂き、
従業員Wがお送りしていると言う、お馴染みの縁もあります!
何故、このお店に有名プロレスラーが来店するのかと言うと、ここの社長は、新日本プロレスのプレイヤーではないが、
関係者でもあるのでした!他の有名プロレスラーも来店するとの事。
吉江氏とは、色々とお話させて頂きましたが、私自身が接してみると、貫禄ある、人相風体の見掛けに寄らず、
腰が低くて、偉ぶらない!強がらない!性格も人柄も最高!
格闘技の中では最強を誇るプロレスリング!その中でもトップクラスに強い男!
本当に強い男程、普段からは腰が低く粋がりません!吉江氏も『二度と来るよ』や、社長の人柄もホメテました!
彼は元新日本プロで、現在はフリーのプロレスラー!例の小学生から弟分の、性格も最高のS氏も、
元新日本プロレスラーと言う縁でも、私も吉江氏も身長一緒の180センチでも何かの縁である!
社長のお陰で、以後お見知りおきとなり、ブログ記載も、最高の記念になった!
そして彼が、山根ブログも閲覧して頂き「横浜一番やんちゃ」や「有名人」や「プレイボーイ」など、
何とも、非常に暖かい、誠に有り難い、最高に嬉しい、お褒めのお言葉を頂きました!
以降は、回送を含め、プロレスの試合を見に行ったりなど、プライベートでも仲良くする様になり、
一生、良いお付き合いをさせて、頂きます!
◎44歳9月、プロ野球ファンなら、知らない人はいない、高校野球歴代日本トップクラスPL学園出身の、
元巨人軍のスーパースターで、引退後は解説者となり、2017年11月から、祝!巨人の、一軍総合打撃コーチに就任した、
超大物有名人である、あの、吉村禎章氏 55歳が、何と!運転回送のお客様でした!
この件は、Fc2ブログの有料課金制記事では、公開してたのだが、大々的には、後年2018年に、初めてなのだが、
それには、実は訳があって、彼は、長身イケメンで、性格は、割と寡黙な人物だが、最高に暖かく、男義がある人物!
女性からも、モテモテなので、当時、女性スキャンダル問題で、世間を騒がせてしまってた後の、
当時、山根運転回送利用だったので、当時、私とのツーショット撮影や、ブログ掲載は、断られてしまったのだった!
しかし、サインなどは、OKしてくれた、良い人でした!
しかし、後年2018年の、もうあれから約4年も経ち、ようやく、私も願ってた、巨人首脳陣復活して、落ち着いてると思うし、
どうしても、大々的に、お祝いの、お祝辞もしたかったので、今回に至りました!
ルートは、伊勢佐木町のスナックから→日本トップクラス高級住宅街世田谷の御自宅までだったが、
まず、付き人の方を、桜木町で降ろして、吉村氏とは、二人きりの時空は、最初の3人での時間含めて、
約1時間、一緒に時を過ごしたが、会話は、我が大ファンの、ベイが昔、この吉村氏との試合では、
吉村氏から、コテンパンに打たれていた事を、私が正直に、ベイの大ファンの話も含めて、そのエピソードを話すと、
彼は、どんな顔して良いか、気を使ってくれて、その事に付いては無反応だった(笑)
そして、御自宅に到着して、清算では、記憶では確か、料金が11000円から12000円位だったのを、覚えてるのだが、
こんな大人物だったので、サービスして、1万キッカリで良い事を伝えると、さすがに、ミスター巨人の内の一人である、
金持ちでもあるのと、懐も深い人だったので、それを蹴って、しっかりと全額も渡してくれたのだ!
ついでに一緒に、私の個人の名刺も渡したのだ!
2017年から、またカリスマ監督の原氏となるが、吉村氏は、昔から、この原氏の、一番気に入られてる舎弟であり、
首脳陣が、吉村氏筆頭に、元木、宮本、水野などの豪華メンバーのコーチ陣となる!
そして、この吉村氏は、将来の、巨人の監督となる予定の、逸材であるまでの、超大物であるので、
私は、この彼との出会いまでは、実はそれまで、亡き父親と、一緒に、アンチ巨人だったのだが、
吉村氏との出会いにより、巨人は、ベイの次のファンになってしまったのだった!
◎44歳の時、訃報!ここ数日で、私が大変お世話になってた、大事な関係者が、お亡くなりになりました。
数日前に、私が男を磨いた、日本最大任侠組織時代の兄貴分だったS氏!
※S兄貴!ご無沙汰しております!何と言ってよいのか言葉も見付からず、愕然としております!
アチコチで、トラブルや問題ばかり起こして、迷惑や面倒ばかりかけて、時にはケツモも持って、力になってもらい、
協力もしてもらいました!「山ちゃんはいい男だな」や」「山根のやっている事は、ヤクザより悪いよ」など、
ホメてもくれた言葉も、今でも印象に残っています!
上下関係や、ヤキも当たり前の任侠の世界でも、兄貴から電話では、怒られた事は何回もありましたが、自分には目の前では
手は出さずに、一回だけ、誤解により、顔面に軽~く、一発だけワンパンを食らった事はありましたが、全然痛くなかった「軽~く」は、
元ボクサーだった兄貴からしたら、自分に対しての、手加減した思いやりだったですよね!
自分が刑務所から出所して「もう更生して真面目になるから、不良の連中が嫌いになった訳ではなく、
ケジメの気持ちとして、不良仲間とは、縁を切るお話をして、兄貴とも縁を切るお話をさせてもらって、
兄貴にも納得してもらい、疎遠になってましたが、幾ら縁を切ったとは言え、色々とお世話にもなり、
自分が任侠の世界で、男を磨いた時代の、男を磨いてくれたのも、兄貴でした!
自分が「縁を切っても、自分の胸の心の中では、いつまでも心の兄貴でいて下さい」とは、
それは、兄貴との最後の会話でも、伝えましたよね!
自分は、S兄貴と出会えたから、今の自分があると言う、人物の中の内の、兄貴は一人です!
兄貴は厳しさの中に優しさがあり、美人で性格も最高の、姐さんとの共に思い出もたくさんあり、
縁を切っても、自分の胸の心の中では、いつまでも心の兄貴でした!
でも、今は本当の意味でも、自分の胸の心の中では、いつまでも心の兄貴になってしまい、複雑な心境です!
今後は、曲がった事が大嫌いだった、S兄貴魂を胸に秘め、任侠道としてではありませんが、「男」としての人生を邁進して行きます!またお互いに生まれ変わったら、再会しましょう!
男前で、地元大口の神様的存在で、横浜S40年代トップアウトローで、横浜歴代トップクラスアウトローで、
若い衆思いで、性格も男義も最高の兄貴分だった、S兄貴追悼!永遠成り! 
◎45歳の時、訃報!例の前出の、私が、凄い大物だと感銘を受けた、数人の人物の内の一人である、私と同じ年の友人である、
日本トップクラスの大物有名人日下部治郎氏が、亡くなってるのを確認し、ショックで落ち込んでます!
彼との馴れ初めは、数年前に、私の会社に突然電話を頂き、そこから、いつも温かい、激励のお電話を下さる、励ましや応援の
お電話を、しょっちゅう頂き、彼は元々大阪のアウトローだったが、家系が超エリート有名一族の御曹司の金持ちで、
本人も、仕事はエリート金融ブローカーや、大手芸能関プロダクション最高役員である関係者であった!
自宅は麻布の高級マンションで、福山雅治と同じ棟だった!
性格も最高で、とにかく腰が低く、喋り方も丁寧で、ソフトで、長身男前で、女性にもモテモテで、
過去には、有名女優や、有名アイドルなどとの交際暦もあり、私の友人の中でも、
トップクラスに大物有名人であって、同じ年という事も、生き方、境遇や環境など、似ていて、親近感が持てたし、
最高の友達が出来たと喜んでいて、近い内に、私とは、東京か、横浜か、大阪で、初対面だが、会う約束もしていたのに、
矢先の訃報で、信じられない!(泣)
様々な、噂やソースから、私も彼に、直接、携帯に何回も、電話しましたが「電波の届かない所におられるか、電源が入っていない
ためかかりません」になっていて、本当に亡くなってるのを確認し、ショックで落ち込んでます!
私が2chで、捏造誹謗中傷が酷い、と言う話をした時には、彼は「それだけ有名と言う事なんですよ!」と励ましてくれた事も、
芸能ビジネスなどでも「何か協力出来る事があれば、力にもなります」と言ってくれた事も忘れない!
彼とはお互いに敬語で、会話していて「仕事で海外にも行ったり来たりしてますよ!」と、言っていて、
イケメンタレントの押尾学氏が弟分で、仲良くしてるとも言っていました!
現在は、芸能の方では、大物小室哲哉氏と、女性グループを、手掛けてる話もしてました!
いつも、セレブ日下部フェイスブックも、見てたので、押尾学氏とのクラブでの、ツーショット画像が出た時には、
ガチだったんだ!さすがだと思い、いつも向こうから一方的に連絡をくれていたし、数日前には、今度は私の方から電話しないと
思い、こっちから電話したら、彼は少し体調が悪くて、具合が悪そうだった!風邪気味だと言っていたので、
私が「具合が悪い時に、すいませんね!また改めて連絡しますよ!」と言ったら、
彼は「大丈夫ですよ!」と、何回も言ってくれた!でも、本当は病気かなんかで、辛かったんだと思う!
その電話が、日本トップクラスの漢、日下部治郎との、最後の電話になってしまった!
彼とはもっと、早くから出会いたかったし、またお互いに生まれ変わったら、本当の色々な意味での五分の
兄弟分になろうね!それまでは、私の事を、天国から見守っていて下さい!
今では涙が出そうな程、彼の死は、切ない相手である!
 ※地元大阪!身長185 センチ!金城武風のイケメン!
※祖父は大手総合商社五社のうちの一社の創設者の御曹司!
※東京歴代トップ有名愚連隊暴走族K連合の、ケツ持ちの内の一人!
※日本最大ブランド芸能プロダクションJ事務所に並ぶ、日本最大芸能プロダクションBプロダクションのケツ持ち!
※芸能界の裏の顔!
※金融ブローカーにて、海外出張ばかり!
※女性遍歴は、有名絶世美人大物女優北○○子、有名長身絶世美人アイドル身長168cm佐○木○、有名絶世美人ハーフモデル藤○リ○などと交際暦!
◎45歳になったばかりの時、今年の運転回送の、最後を締めくくる、昨日、不思議で超能力を持つ、最高のお客様に、遭遇!鳥肌!
運転代行や運転回送の今までのお客様は、過去から今まで、素晴らしいお客様ばかりで、
運転代行や運転回送経営合わせて、かれこれ5年になるが、今まで殆ど私と従業員合わせて、
幸い、大きなトラブルも事故もないが、
昨日、今年最後に締めくくるには、相応しい、不思議で超能力を持つ、最高のお客様に、遭遇して鳥肌が立った!
地元八王子のサラリーマンで、年齢は私より少し年上!顔は渋い感じ!車は高級車!
会社の忘年会で、見送りの部下が、礼儀正しく、人柄も最高で、その上司である彼には、昔からお世話になってると言い、ペコペコしてた!
横浜西口から緑区までのお客様で、何とも不思議で、心霊スピリチュアル カウンセリンラーみたいな人で 、
人間の人生や運命には、必ず良い事も悪い事もあり
「陰と陽」「陰と光」「表と裏」があると言う!
まず、この言葉は『修羅の青春記』の冒頭での、始めにの部分での、私が書いてる事で、
一致してビックリ!そしてこの「陰と陽」「陰と光」「表と裏」は、人間誰しも体験させる為に、
悪い出来事も、死ぬ事も(死後の世界も、生まれ変わりもある)、神様が、人を修行をさせる為に、
魂を磨く為に、与えてる試練であり、
乗り越えられない試練は与えないのだと言う!「陰と陽」「陰と光」「表と裏」を体験させないと、
片寄った思考での、片寄った人間になってしまうからだと言う!他にも、色々と意味があると言う。
人間が、悪い出来事だと思ってる事も、人間が勝手に「悪い」と決め付けてるだけで、決して悪い事でも
何でもなく、当たり前なのだと言う!そして人間に、偶然はなく、全て必然であり、人間は生まれた時から、
運命は決まってると言う!私もそれらの事は、以前のブログや、90%文章も画像も載せて、完成してる、
修羅の青春HP以外での、自伝本の本編の方にも、書いてたので、更にビックリし、
素晴らしい講座に、本心から一々納得してると、何とも鳥肌が立つ事を喋り始めたのだった!
私の先祖代々凄いメンバーばかりで、その中で一番凄い人物が守護霊様が付いてると言う!
これには、驚愕した!修羅の青春記にも画像や文章も載ってる、約15年前の昔、横浜最大キャバクラの、
在籍約100人の、№1キャバ嬢であった、本命婚約者として、地元二俣川の、絶世巨乳美女Rと付き合ってた時に、
ヘルプで付いてた、地元戸塚の美人巨乳キャバ嬢であり、女性霊能者でもあった性格も最高のキャバ嬢が
いたのだが、自慢ではないが、
その彼女から「Rさんの二号としてでもいいから、私を彼女にして付き合って下さい!」と
口説かれた事もあったのだが、その彼女から何と!
「山根さんには、凄い強い守護霊が付いてるよ!」と言われたのだ!
しかも彼女は、誰からも聞いてなく、まだ15年前は、SNSも掲示板も存在してない時代だったし
何も知らないはずなのに「背中に刺青入れてるでしょ?図柄は大日如来だよね?」と
当てたのだ!鳥肌が立った!
私の山根・後藤一族や家系はエリート大物しかいないし、人生の中で、祖先の守護霊様に、守られたり、導きなどが
たくさんあると言うのは、
自分でも実感はしていたのだが、それプラス、先日ブログにアップした占いでも、それが証明されたし、
今回、駄目押しの極め付けがこのお客様からの言葉であった!
初対面で、短時間しか会ってないのに、ズバリ当てたのだ!
人間は、目には見えない何かに、支配されてる事には間違いない事は、自伝本にも書いてたのだ!
俺様には、何の部分も勝てない、相変わらずの、口だけの、取り柄なしの、無能、無力の、ダサいアンチ山根達の、
掲示板の捏造悪口なども、
「僻みや嫉妬などでの、人気者の証し」など、良い意味での、ポジティプ思考に変えてしまえば良い訳であり、
決して悪い事ではなく、人間は悪い事など、存在しないと言う!
そして、お客様に、素晴らしい数々の心霊スピリチュアル カウンセリンラーを受けたので、
お礼を言うと
「お礼を言うのはこっちだよ!君は凄い人だから!凄い人と出会えたよ!お互いに前世でも出会ってる!」
、ソウルメートだと言う!
ただし、一つだけズッコけた話があって
「間違ってたらゴメンね!俺の前世は、中国のお坊さんだから、君も前世はお坊さんだと思う!」と、
これには、少し拍子抜けした(笑)別に、お坊さんを馬鹿にしたり、差別してる訳ではないが、
心の中で「お坊さんかよ!」と思ってしまった(笑)
彼は「いやー君は凄いわ!これら、俺からの全ての言葉は、俺の意志じゃなく、君の守護霊に言わされてるの!」
言わされてる言霊だと言う!
「守護霊は、君に、君は淋しくないよ!これからも大丈夫だから!安心して!愛してると言ってるよ!」
自分が、ワンダラーや、山根良縁大出世ジンクスも、伊達ではなかった!
料金が6千と数百円だったので「数百円は安くカットさせて頂きます!」と言うと、
逆に7千円を置いて行ってくれた!部下も崇拝してた理由もわかる、このお客様マジで最高!恐るべし!
◎47歳の時、例の前出の、自分が、DeNAベイスターズに、恫喝の喝を入れた事により、
ベイの諸君が、頑張ってくれて、天国の父上や、自分の気持ちも、選手達に届き、
何と!まず、2017年セリーグぺナントレースでは、3位のクライマックスシリーズに入ってくれて、 
2位の阪神と、CS1st 2勝1敗(対阪神)
1位の広島と、CSFinal 4勝2敗(対広島)にて、優勝し、
パリーグの覇者の、ソフトバンクとは、2勝4敗で、敗れたが、ラミネス外人監督筆頭に、よくここまでやってくれたし、
大物有名選手となってる、筒香選手筆頭に、横浜高校の若手選手達も、育って伸びてくれて、活躍してるので、
もうここからは、マシンガン打線の頃の、強いベイスターズに、戻ります!
ベイよ万歳!天国の、父上の為にも有難う!次は日本一な!
◎45歳の、5月24日(日)深夜、この日は日曜日だったので、運転回送従業員は休みだったのだが、
お客様から予約のご連絡が、夜に入った!A(ア)運転回送は、時と場合に寄っては、社長の自分が自ら現場に出て、運転してるので、
この日の現場の中華街に向かった!若者の、7人程の男女で、ご挨拶した瞬間、精悍で渋くて、爽やかな色黒のリーダー格が、
私にイキナリ、ハグをして来たのだ!何ともファンキーで、人柄の良い、最高のお客様達で、東京までロングで
頼んでくれてる、大事なお客様で、その車の持ち主の、先程の最高のリーダーが、助手席に乗り、
車中、本日の成り行きを聞くと、赤レンガの、ロックフェスティバルの帰りだと言う!
私は「いいですね~!どんなアーティストがいたのですか?」と聞くと、藤井フミヤやビギーンなどと言う!
地元の話にもなり、東京蒲田だと言うので、80年代トップクラスアイドルグループのおニャンコクラブの、渡辺マリナが
蒲田の地元なので、その話をすると、本人の事に、やたら詳しく、よく知っていた!
そして、私はそのロックフェスの、テッキリ、お客様の観客の連中だと思っていたら、
何と!あの、『Def Tech』のMicro(マイクロ、本名:西宮佑騎(にしみや ゆうき)様だったのだ!アーティスト側だったのだ!
彼が「音楽を聴きましょうと」言うので、私が「いいですね~レゲエですか?」と言うと、「僕のDef Techです」と言うので、
私は「え!何ですって?」と、一瞬固まり「嘘でしょ?マジですか?!」と、疑うと、彼から「新曲を聴いて下さい」と、
新曲を聴かされ、何とも心地良い、私の大好きなハワイアンソング!
昔の、大ヒット曲の『マイウェイ』も、口ずさみ、本物のその物で、確信した!
失礼だが、Def Techの名前や、マイウェイの曲は、知らない人がいないと思うが、正直、二人組のメンバーの顔は
私は知らなくて、その事も、正直に話をした!以前角松絡みの、ブログ記事にした、大物有名歌手の、鈴木雅之氏も、
地元蒲田の先輩で、毎日、怒られてると言う!とにかく、気さくで、性格も最高で、こんなに人柄が良い、
人間はそういない!さすがは、大物アーティストだと思った!後部座席の方々は、専属カメラマンさん達であった!
写真や、ブログ記載も、気持ち良く、快く、承諾してくれた!
通常蒲田までは、1万数千円なのだが、1万ピッタリで、料金もお安くし、私のA運転回送と、私個人の名刺も渡し、
私の名前も覚えてくれて、また、機会があったら、内を利用してくれるとの事!
嬉しくて、鳥肌でした!感動感激!本当に、出会いは何かの縁ですね!
※西宮様、誠にご利用有難うございました!これぞ、本物の音楽である、とても心地良い、Def Techによる、
ハワイサウンドも最高でしたし、車中フェスティバルの様な、贅沢なひと時!車中の、皆様とのひと時、とても楽しかった。
◎45歳堅気の時に、某場所で、山根プロタレントのスカウトを一人でしていたら、何と!腕に和彫り刺青入れてるスカウトマン達や、
その連中を面倒見てると言う、不良達の計約10人に囲まれた、小競り合いトラブル発生! 
一人で全員に一歩も引かず「お宅組織の人間なの?」や「堅気相手に、組織の話すんなら構わねーよ!こっちは一人で、そっちはこんな大勢いてよ!」と恫喝して、スカウト全員蹴散らし、 
仕切ってる有名アウトロースカウトリーダーA氏との、一対一での掛け合いの、ちょっとだけ苦戦した結果は?! 
昨晩、まず横浜の東口で夜30分位、スカウトをやり、目ぼしい女性がいなかったので、 
西口に移ろうとした時に、すると、駅ビルに何やら、続々とスカウトマンが集まって来て、皆で私をチラチラ見始めた。 
私はその時には、気にせずに、またそこから西口に移動し、約30分スカウトをやり、身長169cm絶世長身美人に声を 
かけた。名刺を渡し、芸能プロに興味を示してくれて、10分程立ち話しをし、そのついでにその子をナンパもし、 
後日連絡をもらう約束をして、また東口に移動し、目ぼしい女性を物色してると、先程のスカウトマン達が、人数が増えており、 
刺青入れた不良スカウトマンや、スーツを決め込んだスカウトマンなど、総勢約10人が、ぞろぞろ私の歩く所に、 
遠くから尾行するかの様に付いて来たのだ! 
私が異変に気付き、そのスカウトマンの群に向かって行くと、一人ラフな格好して、ガタイの良い不良が 
「すいませんけど、僕はここらのスカウトマンを面倒見てる者ですけど、ここで何してるんですか?」と聞いて来たので、 
私は何事かと思い、沈黙を10秒位した後、街頭スカウトと言うのは、警察に現行犯で現認されると、
迷惑防止条例違反逮捕になり、 まずいので、ついでにナンパもしていたので「ナンパだけど」と答えると 
彼が「ナンパですか?違いますよね?スカウトやってますよね?」と言い、 
彼はスカウトマンから、山根企画の名刺を渡され「内ら、あなたがさっきスカウトした女性からも聞いてるんですよ! 
何のスカウトしてるんですか?」と言うので、 
私は「芸能プロダクションだけど、今日たまたま一時間位やってただけで、これをいつもやってたり専門でやってる訳じゃないから・・・」と言い、
自分が「お宅、僕の事見た事ないでしょ?」と答えると 
彼は「はい!」と答えた。 
彼は「でも、スカウトやってたんでしょ?やってたんですよね?」と詰め寄ってきた。 
事務所の場所や、本名かどうかを聞かれたので、本名だと言う事と「すぐそこの東口」と答えた。 
自分は「お宅は、組織の人間なの?」と質問すると 
彼は「いえ、堅気ですけど、こいつらのスカウトマンを面倒見てて、寝てたらスカウトマンから「見掛けない人間がスカウトしてるので、どうすれば良いですか?」と、 
連絡が入ったもんで、来たんですよ。この辺のスカウトマンは、みんな金払ってやってるんですよ!」と、 
シマウチの縄張りの組織に、ミカ締め料を払ってやってると言う意味の事を主張して来た。 
私は元々不良だったので、勿論、各土地には、それぞれの組織のシマウチ縄張りがあって、そこの場所も、 
何処の組織のシマウチかも知っていたし、認識はしていたが、まさか昨今のこのご時勢に、シンナーや覚醒剤などの売人など、 
非合法をやってるならわかるが、暴対法や暴力団条例により、スカウトごときで、エンソ(ミカ締め料)を払ってやってるとは思ってなかったし、
そこの組織には、元浜連の上大岡の後輩が組長になっており、元浜連の本牧の先輩も組長になっており、他にもお偉いさんも仲良しがいて、
何より、地元永田の、自分の一歳上の淋姦強姦の総長である先輩も現役である!勿論その組織より、
上の組織も多数動かせるし、 場合によっては組織の人間とのタイマンも辞さないので、 何かあってもどうにかなるとは思っていた。
今回の場合は、大義名分が、こっちが何処にも話を通さずに勝手にスカウトをやってたことだし、 
法律的にも、迷惑防止条例違反が引っ掛かってしまうことで不利である。 
しかも、自分は更正して真面目にもなっているので「わかりました。じゃあもうやりませんよ」と一回引いたのだ! 
しかし、その不良が「ちょっとマスクを取って下さいよ」と言って来たので 
「それは出来ない」と難色を示したら、 
こっちも何かあったら「ある人間も、呼ばなくてはならなくなってしまいますし」と組織のバックを匂わせて来たので 
私は大声でその不良とスカウトマン達に向かって「堅気相手に、組織の話すんなら構わねーよ! 
こっちは一人で、そっちはこんな大勢いてよ!」と恫喝した! 
すると不良は「わかったよ!開き直る立場じゃないでしょ!」「おい!お前ら向こう行ってろ!」と一括し、 
自分に向かって「一対一で話してやるよ!」と、スカウト全員蹴散らした! 
仕切ってるリーダーA氏との、一対一での掛け合いとなった! 
自分は「そうやって筋通してくれたなら、マスクは外しますよ」と外して見せた。 
「もうやらないですけど、ここは、すぐそこが自宅だし買い物などは来ますよ?」と言うと、 
彼は「もう、やらないのであればいいんですけど、話し通さないでやってたスカウトは、皆そう言ってまたやるんですよ! 
だからちゃんと二度とやらせない様に、顔写真だけ撮って、スカウトなどに回さないと行けない事になってるんですよ! 
だから、写真だけ撮らせてもらえます?」と言って来たので、 
自分は笑いながら「そこまでは無理だよ!あなたがちゃんと、筋通してスカウト連中をどけてくれたから、マスクを取れと言うから、 
こっちもマスクは取ったでしょ?」 
と言うと、すると、その不良のバックの組織である、シマウチの人間から、彼の携帯に電話が入り、 
彼は「はい!大丈夫です!もうやらないと言ってるんですけど、写真だけは無理と言ってるんで・・・」と話し一回電話を切った。 
そして自分は写真は無理だ、向こうは取らせろの平行線を辿り、その途中、相手の組織の人間から電話が二回程入り、現時点の場所の確認をしていた。 
自分は「このご時勢で、堅気相手に、組織の人間で来るなら、裏の世界的にも法的にもオオゴトになるよ!」と言うと 
彼は「わかってますよ!」と言うので、 
自分は「わかってるでしょ?」と言うと、 
彼は「そっちも電話すんの?僕はこの人と、あなたを出来るだけ会わしたくないんですよ!」と言った。 
そして彼は「その人間がもし来ても、そんな事言いませんよ。組織名も名乗らないですし、 
喧嘩になるかもしれないからと、心配してくれてかけてきてくれてるんだし」と言った。 
自分は笑いながら「でももう組織の人ってわかってるんだから、そんなの一緒でしょ」と言った。 
彼は写真だけは撮る事の主張は引かず、自分も写真撮影の許可だけは譲らなかった。 
そもそも大義名分は、こっちが何処にも話を通さずに勝手にスカウトをやってたことだし、法律的にも、 
迷惑防止条例違反が引っ掛かってしまうことで不利である。 
しかし、こっちもマスクも外し、もうやらないと言ってるのだから、そこまで相手の言う通りにする必要もないし、 
そこまでやると芋引きと一緒になってしまうと思った。 
また彼の携帯に、相手の組織から電話が入って来たので、自分が「もう帰るよ」と言うと 
「おい待てよ!」と言った。 
自分は「もうやらないと言ってるんだから、次にやってるの見付けたら、煮るなり焼くなりすりゃいいでしょ?」と言うと、 
彼は「今ここで、煮るなり焼くなりしようと思えば出来るんですよ!迷惑防止条例で警察にしょっぴく事も出来るんですよ?」と言って来たので 
自分が「脅かしてるの?」と居直って、何かの問答が続いた後、 
また彼の携帯に、相手の組織から連絡があって、状況や場所確認の電話があったので、 
自分が、腹をくくり「じゃあ、警察行っても構わないよ」と言うと 
彼は「じゃあ警察行こう」と開き直って、また彼の携帯に、相手の組織から連絡があって、状況や場所確認の電話があって「警察行くって言うので、行ってきます」と言って、 
二人で歩いて東口から西口から向かう最中に、 
自分が彼に「あなたも、スカウトマン達仕切ってるんですもんね!」と言うと 
彼は「俺はスカウトなんてやってないし、面倒見てるだけだから」と言うので、 
自分が「面倒見てるんでしょ?それも一緒だから、それも警察に言いますね。あと、組織の人間呼んでたのも言うし、 
こっちは堅気なんだから怖いですよ」と言った。←(本当は怖くはなかったかも(笑)) 
向こうは「良いですよ」と言い、二人で世間話しながら向かった。 
自分がこの世で一番怖いのは、ヤクザでも何でもない!44歳までの犯罪王、逮捕暦王、前科王、新聞記載王の 
自分が、一番怖いのは、警察に二度とパクられたくない警察なのだ! 
自分がもう一度彼に「あなたも、スカウトマン面倒見てるんだし、ヤクザの事も言うし、 
あなたもまずいでしょ?あの若いスカウトマンは刺青出してたし怖かったし←(僕タンの方が量が全然多いから、 
本当は全然怖くなかったけど(笑))と言うと、 
彼は「誰が?」と言うので、 
自分が「背の低い、腕のここまで入れてるのいますよね?」 
彼は「あいつは堅気ですよ?」 
自分は「でもこっちは怖いじゃないですか!」と言い、 
自分は「だから、お互いにまずいんだから、お互いに歩み寄って、折り合い付けた方が良いんじゃないんですか?」と言った。 
彼は「俺は警察行っても、まずいことないから」と言う! 
世間話で、彼が「この会社は系列はどこなんですか?」と言い、 
私が「いえ、個人ですよ」 
彼は「僕も東京で、こう言う仕事やってるんですよ」と言っていた。 
派出所に到着する手前で、自分が大便がしたくなったので、 
彼に「ちょっとすいませんけど、大便がしたくなったので、トイレ行って良いですか?何も、たくらんだりしてませんから、 
本当に大便するだけだから、着いて来ていいので」と言うと、 
彼は「わかりました!もう警察行くのは辞めましょう!警察行きたくないなら、そう言って下さいよ! 
ちょっとここに座って一服しましょうよ!」 
私は警察沙汰だけは勘弁なので「はい!すいません!」と言い、 
彼は「だから、もうそのマスクしたままの姿を、僕が勝手に撮って終わりにしましょう! 
それで、僕だけが保存しとくだけで、人には絶対に回しませんから!こっから走って逃げても構わないし・・・」と言って 
来た! 
自分は笑いながら「そんな格好悪い事しませんよ!」と言い、 
彼は「今日あなたと話して、あなたがどんな人間かわかりましたし、けどこれだけは決まりで、やらなきゃいけないんですよ! 
僕の立場もわかって下さいよ」 
と言った。 
自分は「あなたもちゃんと、筋通して、スカウト達もどけてくれたりもしてくれましたしね!」と言い、 
私はまた難色は示したが、お互いに歩み寄って、折り合いも付けて、もう向こうも折れたんだし、その位は良いかと 
思いながらも、少し世間話をし、年齢を聞かれたので、答えると驚いていた。 
どっちの意味で驚いてたのかはわからないが、今まで人から、年層より、上には見られた事が一度もなく、 
殆どが10歳は若くしか見られた事しかなく、若く見られた事しかないので、そっちの意味であろう。 
そして相手の名前を聞いたら、私が名前だけは知ってた、自分より10歳位年下の、有名なA兄弟の弟だった。←僕タンの 
方が有名だけど(笑) 
年が離れてるので、A氏は僕タンの事は知らなかった様だが、そこの地元の有名アウトローは、 
僕タンの仲良しが大勢いるし、A氏の兄の方は、自分の5歳下なので、間違いなく僕タンの事は知っている。 
彼が私に携帯を向けて来たので、 
自分は「駄目駄目・・・・」と、小声で相手の携帯に手のヒラを向けて 
横を向き、阻止したら、その状態で彼が3枚位撮り直した。 
自分が「どれ見せて」と言うと、 
彼が「「マスクしてる横向きですからいいでしょ?あたながもうスカウトしないと言うなら、僕だけが保存しとくだけで、 
人には絶対に回しません!」 
それなら良いと思った!自分は最後まで、画像撮影までは拒否して突っぱねてた訳だし、 
彼とお互いに歩み寄って、折り合いつけて、形だけと言う、私のマスク付きで横顔を勝手に撮り、 
人には絶対に回さないと言う約束で、和解手打ちになったんだから、どっちが引いた引かないとか、 
どっちが勝った負けたの話でもなく、お互いに良い形での落とし所があって終了した。 
握手して、 自分が「ご迷惑おかけしてすいませんでしたね!」と言うと、 
彼が「もし、今後スカウトやりたいなら、その辺のスカウトマン捕まえて、自分を呼び出して下さいよ!」 
自分が「ゼニ払ってねえ」と言った。 
彼は「トイレ行って下さい!生理的にしたいなら・・・」と言って 
自分が少し照れながら、笑いながら「はい!どうも!別に何か企んでる訳じゃないので」と言って、別れた! 
さすがに有名人だけあって、中々手強い相手だったが、さすがに大勢のスカウトマンを面倒見て仕切ってるリーダーだけあって、統率力もあり、 話のわかる人間だった! 
でもやっぱり、街頭スカウト行為は、犯罪であるので、悪い事は出来ないと思った(笑)
◎46歳の12月に、夜中の2時に、関内で、最高の親友の内の一人の、各分野有名人日本一多数輩出中学の、偉大なる、永田中学同級生で、番格で、
浜連淋姦強姦永田一家二代目の同士で、横浜s44年代トップクラスアウトローの、カリスマ性もある、大物有名アウトローの、
顔付きは、地元アメリカの、自分達の6個下の、フロイド・メイウェザーそっくりで、世界一イカツく、
身長も173cm位の、喧嘩も、同じ位強く、自分には性格も良い、大好きなℕ氏と、偶然関内にて、約26年振りに再会したのだ!
本日の夜中2時位に、用事で、人と二人で、関内を歩いていたら、バリバリの、ヤクザ風の二人組の内の一人が、
ニコニコしながら
●「山根君~!誰だかわかる?」と声を掛けられたので、良く見たら、Ǹ氏だった!
●私は、懐かしくて、元気にしてるのか、気に掛けてた内の一人の、最高の親友であるH・Ǹ氏だったので、
「Nちゃん?!H君!久し振りだね~!と、歓喜すると、
●向こうも「懐かしいね~!」と言っていて、私は握手をした!
●N氏の連れの、後輩のお方が「山根さんって、有名ですよね!」「アチコチで、聴きますよ!」と、言ってくれて、
●私は「有難うございます!」とお礼を言った。
●N氏「Kが、最初気が付いたんだよ!しかもマスクしてるのによくわかったな!」
●私「そうだね、マスクしてるのにね!」
●すると、Ǹ氏の携帯電話が鳴り「ちょっと今、友達と会ってるから、後で掛け直す!」と言って切ろうとすると
「え?女じゃねーよ!(笑)」と、電話口のお相手に、勘繰られてた様で、相手のお方は、どうやら女性の様で、
相変わらず、モテモテだった!
●後輩のお方が、私の連れにも「山根さんって、有名ですよね!」「アチコチで、聴きますよ!」と言ってくれてて、
お礼を言った。
●N氏が、携帯電話を切る。N氏「何やってんの?」
● 私「ちょっと仕事で・・」
●私「彼は番長だからね。親友だったんですよ!」と、後輩のお方に説明。
●N氏照れながら「番長ってな~に~(笑)」
●私がN氏に「一番喧嘩も強くてね~!」と言う。
●N氏「俺のネットに載せちゃダメだよ~(笑)」と、愛嬌で言ってくれて、
●またN氏の携帯電話が連打で鳴る。相手の女性に
「うるせーな!オメーよ!」と、相手に怒鳴る。
N氏電話を切る。
●私「ネット勝手に載せちゃってゴメンね~」と謝る。
●後輩「同級生なんですか?」
● 私「そうなんです!中学の同級生なんですよ!」
●後輩「山根さんが番長じゃないんですか?」
●私「いえいえ、そんな事ないです!」
● 後輩「じゃあ山根さんは、二番ですか?」
● 私「いえいえ、自分なんか、全然ですよ!」
● 私がN氏に「H君H君って、大好きで、連るんでたんだよ!」
「俺はもう、永田から、引っ越しちゃったからさ~。H君は、まだ永田にいるの?」
● H氏「お前が、俺をネットに載っけてる、あの単車の前が、まだ実家だよ(笑)」
※ここから、少しトラブル発生。
後輩のお方も、お酒が、入っていて、少し酔ってるのもあり
●後輩「じゃあ、山根さんを、ぶっ飛ばしてもいいですか?」と、最初は、私もN氏も冗談だと思い
●N氏が後輩に「Kじゃ勝てねーよ(笑)」と、私を立ててくれたが、
もう一回、後輩が、同じ事を言ってきたので
●N氏が後輩に「テメー辞めろよ!」と本気でキレる。
●後輩「俺の後輩も、このブログに載せられてるんですよ!」と、
私は好意で載せた記事を、私が誹謗中傷記事にしてると、勘違いしているらしい。
●私がN氏に「また機会があれば、永田ででも、会おうね!」
 ● 後輩「Pは(貴方と)知り合いじゃないですよ?」と
●私「ネットでの、やり取りがあったんですよ!」と言う。
後輩は、そのまま無言でN氏と去る。
私は、まず更生してる身で、相手はN氏の連れの後輩だし、最初は私に対しても「有名有名」や「アチコチで聴く」と
ホメテくれてた相手だし、しかも酔ってる相手に、マジになりムキになって、喧嘩を、おっ始める事は、当然しなかった。
しかし、何より、相変わらず性格も最高で、男義もあり、私の人生の中でも、同級生のトップクラスに、大きな存在であり、
トップクラスに大好きな、N氏との再会は、あの場所での偶然の再会は、何かの縁での、運命的な、神様のお導きなのであり、
そこまで、私的には、 嬉しく、今回も、大きな出来事であった!
◎47歳の時の、関内キャバクラで知り合った、歴代山根ガールズである、
例の前出の、自分の約二十歳下の、地元鶴見の、身長170cm以上の、
当時関内キャバ嬢である、現在アメリカ在住通訳者である、絶世長身美女であるN氏
元、遠距離恋愛の二号の、当時の関内キャバクラで、ヘルプに着いた時の、
ブログタイトル「地元が我が、南区蒔田中学出身の、20代の、日本トップクラス女性アイドルグループ『AKB48』研修生の美女と、
現在の、J事務所日本トップクラスアイドルグループ某氏との、面白い、渋過ぎる逸話に乾杯!」との
ヘルプに着いた、地元が我が、南区蒔田中学出身の、20代の、元AKB48研修生の美女が、
以前、渋谷のキャバクラで、働いてた時の、面白い、渋過ぎる逸話であるが、
彼女は当時、あの、AKB48研修生として、イベントやライブコンサートやテレビにも、
ちょこっとだけだが、出てたので、来るお客さん来るお客さんに、その事を、自慢してたら、
ある日、数人で来た、男性のお客さんの内の一人も「へ~!そうなんだ~!俺も、そうなんだよね~!」と、言っていて、
彼女は当時、その男性の事は全く知らなかったので、知らずに、自分の事を自慢をしていたら、
ある日テレビを、見てたら、
何と!『Hey! Say! JUMP』結成デビュー当時の、岡本圭人氏だったそうだ!
彼は、現在はJ事務所の役員の、
「僕タン16歳の、日本一ブランド芸能プロジャニーズ合宿所にて、
就寝睡眠後、次の日に、午前中に目が覚めると、自分の隣に寝ていたのが、
当時トップクラスJグループだった、男闘呼組の、トップアイドルだった、
自分と同じ年の、イケメン岡本健一氏であった。
彼は、自分と同じ年の上、名前が自分と一緒の健一の為、何かの縁だったに違いない。
【修羅の青春記抜粋】

この岡本健一氏の実子で、彼女は、自分が恥ずかしくなったとの事!
何故、恥ずかしくなったとのか聞くと、彼女はまだ研修生だったし、
僕タンから言わせたら、研修生でも凄いし、モー娘、ももクロ、AKB48、乃木坂48などの、
日本トップの、横並び女性アイドルグループの一員だが、
やはり、天下のJ軍団には、かなわないし、
圭人氏はあまり自慢はしてなく、そんな相手に、自慢してた自分が恥ずかしかったとの事!
それで、撃沈したそうだ(笑)
天下のJ事務所、岡本親子!色々な意味で、渋過ぎて、恐るべし!
◎48歳の時、見事な美しい、スピリチュアル現象発生!鳥肌感動!本日夜から、運転回送経営の為に、昼過ぎから、夜まで睡眠をとろうと、
毎日、耳元に、ラジカセで、FM横浜を放送付けっぱなしか、角松CDを、かけっぱなしで、
子守唄代わりに、床について寝ているのだが、18時30分位に、急に意味もなく、目が覚めて、
FM横浜が流れてて、自然に入ってくる話に、何と!ちょうどパーソナリティーが、この上記の文章と、
全く同じ体験をした話をしてたのだが、このパーソナリティーが、タクシーに乗ってたら、
運転手が「お客さん、もし違ってたら、すいませんが、腰が悪くないですか?」と、声を掛けられて、
「この私の話は、貴方の守護霊からの、言葉です!」と言われて
修羅の青春の方では『彼は「いやー君は凄いわ!これら、俺からの全ての言葉は、俺の意志じゃなく、君の守護霊に言わされてるの!」』言わされてる言霊だと言う!
運転手に「もし腰が悪いなら、骨の噛み合わせが悪いから、腹筋をやってください!」や、
パーソナリティーが急いでると言うのに、現地に到着しても、10分位、話込まれて、
最後に、運転手が、守護霊からの言葉を「僕は元気だから、大丈夫だよ!」と言って、涙をボロボロ流してて、
パーソナリティーは、鳥肌が立ったと言ってたのだが、
修羅の青春の方では『「守護霊は、君に、君は淋しくないよ!これからも大丈夫だから!安心して!愛してると言ってるよ!」』
まず、この話は、そのタクシー運転手や、このパーソナリティーが、修羅の青春記を、たまたま読んでて、
真似してるとは思わなかったのは、そんな事しても、両名が、別に得がある訳でもないし、
話の内容に、信憑性があったのと、もっと驚いて、鳥肌が立ったのは、
この話は、実は、何と!僕タンの、現在の、最高の、複数の守護霊の内の一人である、父上であろう人が、
僕タンを、起床させて、このラジオを通して、話してきたのに、気が付いたのだ!
何故なら、僕タンは、割りと最近、ブログでも記事にしてた通り、腰痛が酷くなり、救急車を呼んで、
病院に行った話を記事にしたからだ!
で、もう腰は治ってはいるのだが、まだたまに、ちょっと痛くはなるので、
この事に、一致してるのと、いつも父上を、心の中で、気に掛けて、生活しながら、生きているので、
「僕は元気だから、大丈夫だよ!」と言って、涙をボロボロ流してたのも、父上に間違いないのだ!
で、試しに、腹筋を何回かやったら、腰は、やっぱり絶好調!
思わず、目頭が熱くなり、泣きそうになった!
今、この記事を書きながらも、部屋の中では、普段は一回も聞いた事もない、ラップ音が、合計4回も、
台所や部屋から鳴っている!
※父上殿!本当に、色々な意味で、有難う!
元気そうで、安心したよ!
ベイも好調だし、今年のお墓参りは、康ちゃんの出番だと思うから!
これからも、家族を、暖かく見守っててね!
48歳の時、福田財務次官による、テレビ朝日女性記者に対する、セクハラ問題で、福田辞任!自分も昔同じケースで、チョメチョメしちゃいました(笑)
自分が、30歳位の、好健会会長時代に、地元大阪で、好健会幹部の後に、年下の、元、五代目山口組二代目吉川組系組員だった、
自分に大きな忠誠心を持ってくれてて、色々な形で尽くしてくれた、最高の若い衆だったY氏から、
当時、何処の社の、何の記者で、何の案件を取材されたのかは、忘れたのだが、
ある、女性記者を紹介されて、彼女から取材を頼まれて、
彼女が、私の自宅に、一人で来たのだが、
若くて、ショートカットの、何とも、スタイル抜群の絶世長身美女の記者だったので、
この今回の、セクハラパターンと一緒で、世界一内容自伝本修羅の青春記は、自己紹介がてら見せたが、
僕タンも、取材のやり取りは、どうでも良い、そっちのけで、チョメチョメと交際を、迫っていたら、
僕タンと福田との、違いは、向こうは、幾ら財務次官と言う肩書きの、社会的には、トップクラスの、超エリートの地位でも、
それを抜かせば、ただの老人なので、セクハラで訴えられたが、
僕タンも人間なので、勿論格好悪い事も、みっともない事もあるが、
また自画自賛の、自慢になってしまうが、いつも、有りのままの、僕タンの、自他共に認められてる表現と、物語を、
事実を伝えるだけなので、理解して欲しいのだが、
方や僕タンは、当時30歳と若く、世界一超絶長身イケメン(笑)で、
反社会勢力の、最強アウトロー組織のボスと言う、権力者であり(笑)
世界一モテモテで(笑)人間総合力世界一(笑)でもあったので、
彼女も、僕タンの事を、感銘を受けてくれて、彼女は当時、彼氏と婚約してるとの事で、
初日は、しかも初対面だから、エッチは出来ないが、フェ○だけならと、フェ○だけやってくれて、
交際も口説いていたが、その日は一旦帰り、婚約者と別れる事や、僕タンと付き合う事も、考えてくれて、
僕タンを惚れてくれて、また後日、僕タンの自宅に遊びに来て、今度は正式にチョメチョメもしましたーーーー!
結局お互いが、好意を持って、遊んでいたので、フェ○もチョメチョメも、そこには、金銭の介在もなく、
取材など、そっちのけで、ろくに受けなかったと言うか、彼女も取材はどうでも良かったみたいで、そっちのけ(爆笑)
最高に気持ち良かったし、彼女の方も「あ~!強烈~!」とか、感じてたし(ブログで、官能小説っぽい、下ネタで失礼)
性格も最高で、色々な意味で、最高に良い女だったな~!結局婚約中には勝てず、付き合えなかったのだが、
元気にしてるか、懐かしいな~!
財務次官福田や、同時ニュースで、新潟知事米山が、買春、援助交際事件で辞任だの、下ネタニュースが、昔から頻繁で、
「こんなお偉いさんがどうして!」などの、世間の声が多いが、以前から僕タンも、ブログなどで、公言してるが、
「人間の下半身に、人格はなし」と言って、特に男性の方は、どんな人間でも、誰でも、スケベであり、性欲の強弱は、
個人差はあるとしても、男女の、みんな、いやらしい事を、考えてるのが、人間なのであるからして、綺麗事では済まず、
人間の本能なので、それを、あからさまに、出す人間と、出さない人間の違いなだけで、出さない人間はムッツリスケベとなる!
だから、仕方ないことだし、後は、社会的立場のある人間は、どう、その本能を制御しなきゃいけない、抑えなきゃいけない
のが、問題なのである!
僕タンは、相変わらず、昔から、酒・タバコ・ギャンブル・薬物を、一切やらない分、世界一スケベで、
女やチョメチョメ好きなので、そっちの方は、一生現役で、本能の、おもむくままに、制御不能(爆笑)で生きて行きま~~す!
◎48歳の時、例の、自分の唯一の、症状の、睡眠時無呼吸症候群(重度)で、横浜西口の、専門病院へ!
睡眠時無呼吸症候群と言うのは、まず睡眠中には、イビキが、爆音の様に半端なくうるさく、約一分ずつ、
呼吸が止まり、起床しても、頭がボーとしたり、イキナリ睡魔が襲うのである!
自分は、20年前位から、睡眠時無呼吸症候群に陥ってるが、当時病院で、一日入院検査で、頭や顔面に、
多数の、専門異物などの、線などを貼り付けて、夜から朝まで寝ながら、データー検査するのである!
結果は、重度の睡眠時無呼吸症候群だった!
この症状は、肥満か、顔面の輪郭による物が原因となってるが、
自分の原因は不明で、20年前は、今よりも、結構痩せてたので、肥満は原因にはならず、医者に輪郭を見てもらうと、
扁桃腺が肥大してるから、それが原因かもしれないと、ハッキリとはわかってはいなく、睡眠時無呼吸症候群は、
手術方法も治療方法もないので、そのままの状態で、数十年放っておくと、脳梗塞や心筋梗塞が、併合されるリスクが高くなる
と言うので、このシーパップが武器となるのであるが、
これが、中々上手く行かず、寝てる最中に、装着が、無意識に外れてたり、元々レンタルされた時からは、全員が、
空気圧の、度数が、合ってないらしく、それはしばらく使用しないと、わからなかったと言う、何とも、色々な意味で、
厄介で面倒臭い症状である!  
なので、本日、睡眠時無呼吸症候群専門病院に行った!
9月に、もう一回、一日入院検査となった!
因みに、今回の医院長先生から、良い事聞いた、豆知識なのだが、
睡眠時無呼吸症候群で、シーパップが上手く作用しない時に限り、
酸素が完全に回っていない状態なので、ジムなどの、運動では、
体力やスタミナに影響して、その日は、体力やスタミナが落ちる事(どおりで、心辺りがある)や、
携帯や、スマフォや、タブレットなどを、長時間により、使用するのは問題ないそうなのだが、
寝る前に、携帯や、スマフォや、タブレットなどを、使用してて、そのまま眠くなり、
就寝の睡眠に入るのは、脳の、アルファ波の関係で、良い睡眠が、とれないとの事で、勉強になった!
それと昔、10代の港高校定時制高校時代に、中華街の占い師に、学生割引サービスだと言うことで、安い500円で
手相を見てもらうことになったのだが、その占い師は「一生、満足に睡眠が取れない。」と言ったのである!
何と!自分は、後に、はまさしく後年睡眠時無呼吸症候群に、悩まされる日が来るのであったので、
まさに、その占い師や、運命や宿命は恐るべし!
◎48歳の時に、不景気で、人件費や車の維持費削減の為に、運転代行から、運転回送に形態を変えてから、3、4年になるが、
一応従業員はいるが、本日、私が自ら運転手で行ったのだが、
本日は、みなとみらい近くの、素敵な、結婚式場から、スラっとしたイケメン男性と、絶世美女タレントスザンヌにソックリ美人の、
素敵な新郎新婦を、山下公園のホテルまで、送ってる最中に、結婚式場や車内では、夜で暗くて、お互いに誰だかわからない状態で、
地元の話になり、新郎様の方が、偶然にも、例の永田団地の1-1号棟出身で、永田中学s43だと言うので、ビックリして、
共通人物の話で盛り上がったが、
各分野有名人日本一多数輩出永田中学の一個上の年代と言うのも、ヤンチャが多い年代なのだが、
新郎様は、そのヤンチャの中の内の一人らしく、顔も広く、不良の同級生の名前を、数名言ってきて、現在の素性も話していて、
まず、やはり、私を、硬派武闘派淋姦強姦永田一家二代目総長に任命してくれた恩人である、硬派武闘派淋姦強姦永田一家
初代総長で、現在日本トップクラス任侠組織の、横浜s43年代トップクラスアウトローである、奥〇氏の事を、一番眼中にしてて、凄いと言ってまして、
新郎様の一個上の名前を、新郎様が一番真っ先に、出した名前は、何と!やはり、
例の、幼馴染の大先輩で、ネット守護神の、我が命の、元暴走族の超大物有名人リーダー、現役の日本トップクラス任侠組織名門№1二次団体H一家六代目総長が確定してる、
超大物親分の、日本トップクラスアウトローの、超大物有名アウトローの、実業家の、人類史上人間総合力トップクラスの半端なし抜群の、モテモテ、悪で、喧嘩も強くて、イケイケで、統率力抜群の、 
性格も最高の、長身イケメンや精悍の、山根健一親衛隊様こと林(旧姓:榎本)政治様の名前を出して、
彼は「先輩」だと言っていた!
改めて、政治さんの、知名度や偉大さを、実感して、見直した!
そして、僕タンは、運転回送のお客様には、これまで約7年間、偶然私の事を、知っててくれてたお客様以外には、
全員に、自分の過去のヤンチャなどの素性は、一切隠しており、一々自慢したり見栄を張ったりしないので、言ったことはなく、
今回のお客様にも、新郎様が、永田や六ッ川や南中出身の、アウトロー同級生達や、アウトロー先輩達の名前を話して、
言う事に、合ずちを打ちながら、自分は「名前は知ってます!」と言って「自分は、そう言う不良とかじゃなかったんですけど、
友達にはいて、そう言う情報は聞いた事があるんです!」と言ってたら、
新郎様が「一個下って言ったら・・・」と言って来たので、
私が「中〇とか土〇とか!」と言ったら、
新郎様は、何と!何と!「淋姦強姦ね!山根とかね!」と言ってくれたのだ!
以前誰かが、爆サイに立ててくれた、このスレが、伊達ではなかったのだ!!

神奈川不良・族を見てる人にオススメ! ⇒ 神奈川雑談総合/ 不良・族全国/

NO.4894143 2016/07/27 23:27 

我等無敵乃永田一家

榎本政治、奥海一義、山根健一
天下無敵永田中学校
[匿名さん] 
ただし、自分は思わず、何て返答して良いのか、わからなかったので、
一応「その名前も、聞いたことはあります!」と答えたら、
このセリフには、ズッコケたのだが「あいつ、殺されちゃった噂があるんだよな~」と言ってて、それには、さすがに
拍子抜けした(笑)
そして、丁度ホテルの駐車場に到着すると、料金清算の計算をしてると、
新郎様が、運転席の前に来て「名前は何て言うの?」と聞かれたので、
私は「あっ!僕は、そう言う連中とか違ったんで!」と言うと、
新郎様は「うん!いいから、名前は何て言うの?」と再度聞いてきたので、
私は「山根と言います!」と、答えると、
新郎様が「えっ!?山根!?何やってんだよ!俺はベッカだよ!」と、ビックリしてニコニコしてて、
約35年振りだし、夜で暗くて、マスクもしてたし、昔より太ったから、気が付かなかったらしく、
私は「あっ!ベッカ先輩ですか!どうも!ご無沙汰してます!」と、幼馴染の、気さくな、好きな先輩だったのだが、
こっちも、何せ中学生以来の、約35年振りの再会だったので、私も気が付かずに、言われて見れば、懐かしい面影で、
彼は「な~んだよ!おかしいなと思ってたんだよな~!」と、ベッカ先輩は、以降は腰が低く、敬語交じりの、
大人の対応になってくれてて、5分位、色々な世間話をして、盛り上がり、
自分が、殺された噂を聞いてたから、生きてて安心してたのと、と言う事は、山根ブログの方は、閲覧してないみたいだが、
ネット掲示板に、色々書かれてる事と、刺青を入れてる事だけは、知っててくれていた!
彼は今回は再婚で、今は東京に住んで、会社社長に出世してて、自分同様に、まだ永田団地は所有してて、
永田の某スナックにて、永田時代の同級生達とは、定期的に、飲み会をやってるそうだ!
彼が最後に「じゃあ!山根君!またね!」と、別れの言葉に対し、
私もお礼と、別れの挨拶の「有難うございました!また機会あったら、よろしくお願いします!お元気で!」と、
何かの縁で、懐かしくて嬉しかった!
※ベッカ先輩へ!本日は、中学生振りで、奇遇で、ビックリしました!
色々と有難うございました!凄く楽しかったです!
また機会があれば、何処かでお会いし、よろしくお願いします!
性格も最高で美人の奥様と、お幸せに・・・
◎49歳の時、まず、5月27日の22時30分過ぎに、回送電話に電話があり、
自分が「もしもし!有難うございます~!」と、冒頭の挨拶すると、
女性の方が「もしもし~!今電話変わりますね~!」と言うので、
自分が「はい!どーもー!」と、言うと、
男性お客様から「もしもし!」と言うので、
自分が「有難うございますぅ!どちらから、どちらまででしょうか?」と言うと、
「健ちゃん?お久し振りです!し○やです!」と言うので、
自分は、5秒程無言で、失礼で、申し訳なかったのだが、そのまま電話を、切ってしまいました!
と言うのは、ブログでも再三告知してる通り、
不良の連中が嫌いになった訳ではないが、ケジメの気持ちとして、
以前の不良仲間とは、殆ど縁を切ってしまっており、殆ど関わっていなく、
男性は、付き合ってはいかなくてはならない、シガラミのある、元不良少数だけで、
後は、本妻を筆頭に、複数の二号だけしか、関わってないので、
この今回電話をくれたI氏は、最後会ったのが、自分が27歳の、地検同行室で、
もう、かれこれ、23年も連絡も、会ってもない、凄く久し振りで、元気そうで、嬉しかったのだが、
例の、日本トップクラス任侠組織稲〇会の当時トップクラス二次団体林一家時代からの、
日本一浜連元大口羅漢s43総長の、林一家最高幹部の組長クラスの、
現在日本トップクラス任侠組織名門山瀬一家最高幹部の、横浜s43年代トップクラスアウトローの、
最高に優しい、人柄も最高の、大好きな、最高の、一生の心の兄貴分である、有名アウトローのK氏から、
数年前に、わざわざお電話を頂いた時にも、この上記の理由で、お電話を、失礼ながら、
無言で切ってしまってて、
この今回の、I氏と言う人物は、地元港南区野庭の、元林姦強姦野庭支部総長の、
年齢は、私よりも一個下の、最高の後輩であるが、
自分が19歳や20歳の時に、男を磨いた、H一家Y組に入る、
すでに前から、H一家の別の組だが、N組に入っていた、
言わば、H一家では、先輩に当たるのである!
彼も、現在は、堅気で更生してるが、K兄貴同様に、その、元H一家であるので、
K兄貴やI氏などは、人間的には最高だし、
I氏は、昔揉めた事はあるが、以降は、
私の事を、当時レギュラー出演の伝説のティーンズロード見て感銘受けてくれたり、
「人望が厚い」など、ホメテくれたりなど、
しかも二人共に、大物アウトローなので、失礼で、申し訳なかったのだが、
また以前みたく、二人共に、仲良く関わりたいのが、山々なのだが、
K兄貴や、例の、同じくH一家の大親分である、
我が命である、ネット守護神の、幼馴染の、偉大なる、実業家の、大物親分の、伝説カリスマアウトローの、
性格も最高の、一生の心の兄貴分である、山根健一親衛隊様こと林(旧姓:榎本)政治さんも、
リアルでは、交際は、お断りさせて頂いてる程、徹底してしまってるので、
K兄貴や政治さんに対して、その様な対応してるのに、I氏と、関わってしまったら、
筋が通らない、おかしな事にもなってしまうので、
I氏に対しても、決して、変な悪い意味ではなく、先程、彼の携帯には、ショートメールで、
挨拶やお詫びの文章を、入れた通りなのである!
彼は、イケイケの武勇伝だらけで、顔はイカツく、中学時代は、不良仲間と、全国恐喝の旅に、出掛けたり、
少年院の大将で、年上ヤクザも上等で、H一家時代に、S一家の年上幹部を、福富町で〆ちゃったり、
30代か40代での、堅気の時に、女絡みのトラブルで、一人で、藤沢HO一家本部に乗り込んだりと、
まさに、イケイケ有名アウトローの、横浜S45年代トップクラスアウトローだったが、
私には、一切見栄を張らずに、某氏に、〆られた話など、包み隠さず、自ら話したりもする!
日限山中学での、この岩〇不良三兄弟の、自分の二歳下の性格も最高の、美人の妹M氏と、
自分の三歳下の、性格も最高の、元東京任侠組織松葉会の、極道の弟とも自分は仲良しだった。
数年前に、偶然見付けた、彼の、ツイキャス配信やツイッターにて、
現在は、更生し、美人の彼女さんと、交際しながら、SNSや、配信に目覚めて、
薬物撲滅運動もやってて、SNSや、配信も、非常に面白く、
今は、数日前から、ツイッターアカウントが、消えてるみたいだが、また復活を楽しみにしてるし、
今後、益々の、健勝、発展、活躍を祈り、陰ながら応援している!
※し○やちゃん!
わざわざ、電話を有難うね!
あの様な対応は、例の諸事情で、申し訳なかったです!
元、日本一浜連日本一硬派超武闘派チーム、淋姦強姦同士の、元、H一家同士の、
一生の絆の、戦友よ、永遠に!
元気でね!
そして、2022年に、念願の、陰で楽しんで見てた彼のツイッターが復活し、
何と!川崎の、日本トップクラス稲〇会トップ二次団体山〇一家の、ヤクザに復活してるのだ!
すでに、薬物を撲滅する、気持ちになっただけでも、十分な更生だと思うし
やはり彼は、下手に、堅気で真面目にやるより、今はもう、逆風ではあるが、
任侠道に、とことんまい進した方が、似合うと思うから、こっちに戻って正解だし、
自分は元々の、男性交際制限と、コンプライアンスの問題などで、益々リアルでのお付き合いは、
出来なくは、なるのであるが、彼のツイッターもたまに、覗きながら、
いつまでも、健勝と、活躍と、発展を祈り、陰ながら、応援してるので頑張ってください!
◎49歳の時に、何で世界一の角松ファンで、いつも角松角松と言ってるのかと言うと、
10代から、いつも角松の色々な曲が、恋愛に連動していたことが、一番大きいことと、
10代の時に、横浜東口ポルタに当時あった、洋服屋勤務の時に、当時店のラジカセに、そこの従業員が、
自由に、好きなカセットテープを持って、勤務中に、その音楽をBGMとして、かけて良かったシステムだったのだが、
自分は角松中心含めた、80年代の、邦楽や洋楽の、数曲を録音で吹き込んだ、ベストカセットテープを、持参してたのだが、
そのカセットテープが、店長や他従業員達から、大好評で、
年上のサーファーっぽい、イケメン従業員が「えっ?角松聴いてんの?」と10代なのに、増せててセンスがいいと言う意味で、
驚いてたし、仕舞いには、そのテープが気に入った、他の先輩従業員の、地元大和の年上が、
この部分だけは、ハッキリとは覚えてないが「このカセットテープ俺に貸してくれよ!」だか「このカセットテープ俺にくれよ!」の
どっちかで、確かあの時は、気に入ってくれたのは嬉しかったが、貸すのではなく、欲しがってたから、
自分が難色を示して、拒否をしながら、何だかんだ結局持って行かれてしまった記憶があるので、
あげてしまった形だったのだろう(笑)
それ程に、当時から人気があった、恐るべき角松!
そして極め付けが30歳の頃に、角松社長音楽事務所のエメラルドスプラッシュに、
当時にラジカセに角松の大好きな曲の『クレセントアバンチュール』をカラオケ録音して、
ファンレターとして、送ったのを、キッカケに、角松はそれに目と耳で、通してくれたと思うが、
当然返事は来なかったが、その10年後から、SNSや自伝ホームページが普及してから、
私の、自称世界一角松ファンアピールの、怒濤の掲載が、始まってて、いつしか、角松も暗黙の了解で、
私の存在を認知してくれる様になり、それだけではなく、何と、奇跡的なことだが、
角松ラジオ番組放送や、コンサートトークや、CDアルバム歌詞などで
私のSNS発言などを、遠回しに共感してくれたり真似たりなど、意識してくれてるのを、発見してしまったのだ!
それらは偶然の一致では済まされないことばかりで、今ではもう、それが当たり前の様に、多々あり、
言葉では表せれない程に、有り難く、感謝感激雨アラレである!  

その中の一部の例は

2019年発売のアルバム『東京少年少女』では、

まずは、4曲目 恋ワズライ

僕タンが、世界一ブログ世界一絶世長身美女本妻チョメパコ記事にて、
「もう言葉はいらない」と、以前からたまに書いてるのと、

※「言葉なんかじゃない 周波数で 伝えられたら どんなに素敵」と言う角松歌詞!

6曲目 Its So FarAway 角松男女のバラードデュエット

世界一自伝hp修羅の青春記の冒頭の『はじめに』の部分に、
「格好悪い事や、みっともない話など、色々な壁にぶつかりながら、今の自分があり、
今は、それを、こやにして生きている。
しかしこの様な悪い出来事は、人間誰でも、必ず体験する事であり、」に対して

※「全て素敵なことばかりじゃない 誰もがみんな通り過ぎる」と言う角松歌詞!

偶然では済まされない、この、誠に嬉しい事実!
全然関係ない奴に、これらの山根語録の言葉を、引用されてたら、パクられたと思うだろうが、
例の、同じ年の、ちょっとした友人である、地元磯子の、エグザイルリーダーの、
大手芸能プロダクションLDH最高顧問の、超大物有名人の、イケメン五十嵐HIRO氏や、
平成の、現代のホストの帝王、長身イケメンローランド氏も、HIRO氏と同じく
自伝本にて、修羅の青春記「はじめに」などの部分から、僕タンを意識して、
山根語録を、参考に真似して拾って、
引用してくれた事もあり、その時も、山根ブログにも記事にもしたが、
こうして、今や、芸能界のトップクラスの、五十嵐HIRO氏や、ローランド氏や、
我が崇拝する、角松様からなら、喜んで、大歓迎と言うか、寧ろ鳥肌もんで、嬉しいのであ~~~~~~~~~~~る!
超大物達からも、僕タンが、色々な意味で、認められてると言うことだし、
そうする事により、お互いの向上心に繋がれば、これ程、素晴らしいことはないのであ~~~る!

やっぱり、角松神様と僕タンは、生まれてから、運命の、赤い糸と糸で、繋がってるんだなと、
益々、実感しましたーーーーーー!
運命の、赤い糸と糸って、普通は男女の恋の事だけどね(笑)


我が角松ラジオ放送にて、角松の、元恋人である、絶世長身美女の超大物歌手杏里氏が出演だが、何と!今度は、杏里氏が山根ブログやHP見てくれてた証明が!嬉しくて、感動感激で、鳥肌立ちました!
http://ameblo.jp/kinopeeeeei/theme-10055091079.html
まず、角松ファンブログにて、毎週の、角松ラジオ番組を、聴き逃しても、いつでもバックナンバーが聴ける、
有り難いブログにて、例の、長江健次ゲストの次は、昨日と来週との、二週に渡り、杏里氏だが

山根ブログで、過去に何回も、杏里の【タイムリー】と言う、女性歌手史上一番好きなアルバムである、角松プロデュース作品を
紹介して一推しにしてきたが、その中でも一番好きな曲が『ラストラブインザレイン』や『ウインディーサマー』のユーチューブを、
何回か、山根ブログにもアップして来たが、

そして例の洋楽グループで一番好きな、海外アーチィストの中では、世界一に好きな【CHAPTER 8チャプター8 】と言うグループの
二曲を、先日のブログ記事でユーチューブ紹介したが、洋楽の、海外アーチィストの個人の曲で、一番好きな曲は【ジョニーギル】の『マイマイマイ』と言う曲なのだが、
それも修羅の青春記HPや、以前のブログコメントなどでも、掲載しているが、
今回の、杏里NEW ALBUM「Melodies-Smooth & Groove-」の中に、何と!ジョニーギルとデュエットや、ウインディーサマーを初めとし『タイムリー』の中の大好きな曲もあり、
これは、杏里氏が、私が大の、世界一角松ファンや、杏里曲ファンと言うのも、
ネットで知っていて、今回、私を意識してくれてたに間違いないのは、こんな偶然は、重なる事がないのも証拠だし、
それらの内容を、元恋人同士の、昨日の角松番組で、放送してくれたと言う、新盤ウインディーサマーもかけてくれたし、
何とも、粋なシチュエーションであるだろうか!
世界トップクラスに、素敵なお二人の、おはからいにも、感動感激で、鳥肌が立ちました!

しかも、もっとビックリしたのは、例の最高の親友の内の一人である、地元希望が丘のO氏記事を載せたとたんに、
杏里氏は、地元大和で、高校が希望が丘高校定時制出身であり、O氏も、希望が丘高校定時制出身である!

数々の有名歌手の、バックバンドとしてのピアノ、キーボードプレーヤーで活躍しているカリスマ名ピアノ、キーボードプレーヤーの、友成好宏氏。
自分が、16歳から聴いているアーティストの中で、一番超大好きな音楽の、大ファンのミュージシャン兼音楽
プロデューサー兼音楽プロダクション社長の、音楽界のカリスマ角松敏生氏の専属でもあり、角松ファミリーの一番星。
(彼が出ている角松敏生 RAIN MAN (THE PAST& THEN) 動画はこちらをクリック )因みに角松曲はロマンチックで素晴しい曲が沢山ある
中で、自分のベスト3は何万回聴いたか分からない程一番好きなのは「Melody For You」(角松敏生 Melody For You動画はこちら)で二番目は
「Summer Emotions」で三番目は「OFF SHORE」でこの三曲は感動して泣けます。四番目は「MIDNIGHT GIRL」
五番目は「AIRPORT LADY」で六番目は「PINK MOON」で感激します。角松曲は毎日聴いてる自分にとって人生や生活の一部になっています。
そして角松プロデュース曲で好きなのは、杏里「LOST LOVE IN THE RAIN」「WINDY SUMMER」(WINDY SUMMER/
杏里 動画はこちらをクリック)中山美穂「Leave Me Alone」「You're My Only Shinin'Star」酒井法子「No End Summer」「BEACH'S WIDOW」VOCALANDの連中の曲も大好きでこれらも最高です。
因みに、洋楽グループで一番好きな、海外アーチィストの中では、世界一に好きな【CHAPTER 8チャプター8 】で、洋楽で好きな曲はジョニー・ギルの「MY,MY,MY」で感動で、
アニタ・ベイカーやホイットニー・ヒューストンの「Saving All My Love For You」「You Give Good Love」「I Have Nothing」も大好きです。
後はマイケル・ジャクソンとポール・マッカートニーとのデュエット「GIRL IS MINE」とビージーズの「How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に)」は、自分が中学生の時に毎日聴いてました。
他にも好きな洋楽アーティストや曲がありますがこれらが主です。
【修羅の青春記抜粋】

この結果

NEW ALBUM「Melodies-Smooth & Groove-」
2016年8月3日 アイビーレコードよりリリース決定

豪華アーティストとコラボした洋楽テイストの楽曲やスムース&グルーヴな楽曲をセレクト!
洗練されたメロディーとアーバンなサウンド・・・
杏里の魅力を凝縮したコンセプトアルバムです。


Melodies -Smooth & Groove-
2016.8.3 On Sale
QAIR-10042 ¥2,500(税抜価格)+税


Groove & Mellow side>>

01. MOVE ME (duet with Johnny Gill) [from 16th Summer Breeze]
ジョニー・ギル(元ニュー・エディション)とのデュエットナンバー
02. Eyes On Me [from Smooth & Groove]
80'sのブラックコンテンポラリーを意識したオシャレなR&Bナンバー
03.You Drive Me Crazy [from Smooth & Groove]
グルーヴ感漂うフローR&Bチューンにお洒落なAORテイストをプラス
04.Fall In Love [from Smooth & Groove]
最新アルバム『Smooth & Groove』収録のメロウでダンサブルな人気曲
05.悲しみがとまらない [from 16th Summer Breeze]
'83年の大ヒット曲をファッショナブルにSMOOTH JAZZ系アレンジで演出
06.WINDY SUMMER [from Surf City]
角松敏生がソングライトしたナンバーをクールなAORサウンドで新録音
07.Groove A・Go・Go [from Surf & Tears]
'89年のグルーヴ感溢れる楽曲をアルバム『Surf & Tears』で新たに録音
08.Grooving Life [from Smooth & Groove]
80'sディスコをテーマにノリとグルーヴで押しまくるダンスナンバー

Smooth & Mellow side>>

09.VOICE OF MY HEART (duet with Peabo Bryson) [from 16th Summer Breeze]
ピーボ・ブライソンとの夢の競演!エモーショナルなデュエット王道曲
10.Before Full Moon [from Smooth & Groove]
杏里が吉元由美との黄金コンビで書き上げたナンバーは大人のラブソング
11.In Tears [from Smooth & Groove]
最新アルバム『Smooth & Groove』収録のスムース&メロウな極上のR&B
12.I CAN'T EVER CHANGE YOUR LOVE FOR ME [from 16th Summer Breeze]
角松の楽曲をネイザン・イーストほか豪華ミュージシャンが完璧にプレイ
13.YOU ARE NOT ALONE [from OPUS 21]
80'sの名曲をロビー・ブキャナンがアレンジとプレイでパーフェクト演出
14.GOOD-NIGHT FOR YOU [from OPUS 21]
角松作品をグレッグ・フィリンゲインズほか豪華な面々がアーバンに表現
15.SUMMER CANDLES -Piano Version- [from Surf City]
杏里とデイヴ・グルーシンがスタジオライブで一発録音した超豪華な作品
16.オリビアを聴きながら [from 16th Summer Breeze]
デヴィッド・フォスターのピアノの魔法と名曲が奏でる豪華なハーモニー
◎49歳の時、運転回送のお客様が、悪の巣窟、泉区上飯田s43の、昔揉めて、手打ちになり、現在は、
日本トップクラス任侠組織稲○会名門堀○一家幹部の、保土ヶ谷シマウチ二代目池○組長兼、若い頃から、任侠右翼政治結社石稲塾会長に出世してる、
横浜有名アウトローの、性格も最高の、斎○武○氏でした!そして、彼の振る舞いに、圧巻と感激!
早朝4時30分!弊社に電話が鳴った!
この時間帯は、他社は、平日は21時から2時までの営業の為、
弊社しかやってないので、全てのお客様は、弊社にかけることになる!
カラオケボックスの、店員さんからのお電話で、行き先は泉区!
車は、ヴェルファイアかアルファードかエルグランドの、
どれかの名前を言ったのだが、
私は、車にはあまり興味がなく、正直忘れてしまったのだが、
この時間帯で、場所柄泉区で、その高級車だと、直感で、不良だと悟った!
野毛のカラオケボックスに到着すると、
私よりも年上だろう、案の上、外見や身なりで、極道3名様とわかり、
お一人様は、刺青がTシャツからはみ出てて、一人だけ女性の、キャバ嬢かクラブホステスだろうか?
長身の絶世美女を連れていた!しかも、刺青のお客様は、どっかで見た事もあった!
駐車場に向かう道中、4名様の会話で「若い衆」との言葉がかわされたので、間違いなく、その筋と確認出来た!
駐車場に到着すると、白の、格好良くて渋い高級車!
その内のお一人だけを、泉区まで運ぶのだとのこと!
連れのお方が、幾らくらいか聞いて来たので、3割増しの、大体の値段を言うと、
15000円を渡してくれたので、私が「お釣りが出たら、同乗のお客様に返します!」と言った。
そして、車に乗り込む時に、連れのお方が、刺青のお客様に「じゃあね!ミー○○」と、あだ名で呼んだ時に、
間違いなく、この世界一自伝HP修羅の青春記にも掲載してる、この方だと確信した。
◎30歳の頃、好健会会長兼櫻〇総業組長舎弟での時、自分と好健会行動隊長のI氏と二人で戸塚のキャバクラに飲みに行った時のことだが、
当時は厚木で、日本最大最強任侠組織五代目山口組弘道会吉田総業と、日本トップクラス任侠組織稲〇会堀井一家勇組と、交通トラブルによる、抗争事件があって、
堀○一家に死者が出た時期であり、山口組と稲川会がピリピリしてた時期であったために起きたトラブルだが、
隣の席で三人組が刺青を出して飲んでいたので、自分がチラチラ見ていたら、向こうも自分達をチラチラ見ていて、
I氏が待ち受け画面が某組織の代紋だった上に、キャバクラの女にI氏が見せていたので、キャバクラの女がその三人の極道に話をしたらしく、
何やら一人が携帯電話をしに、席を離れたのだ。
自分は応援を呼んでるなと、睨み、しばらくしたら案の定、数人の極道達がドカドカと店に入ってきて
自分達は囲まれた。この時点で、自分達は二名vs相手七名程の、多勢に無勢だ。
相手のリーダーが「お前ら山口か?」とI氏に聞いていて、自分は相手が酔っ払っていたので相手にしていなかった。
しばらくそんな状態が続くと、遠方から「○○やめろ!」と極道のお偉いさんが、止めに入ったが、その
リーダーは酒が入っていた為に、普段は、リーダーが後輩で、地元上飯田で、その止めてくれた方の、先輩の方は、
地元中田の、泉区の先輩後輩の関係らしいのだが、後輩S氏が「うるせー!」と、先輩Y氏に、山を返したのだ。
するとY氏が「おっ?何だとこの野郎!やんのか?」となり、自分達も全員で相手と表で話をすることになり、
その移動中に「山根さんですか?」と声をかけてきた背の高い、イケメンで、貫禄のある幹部がいた。
自分が会釈をすると「自分船○の後輩の田○と言います」と、例の、前出の、自分の二歳下の仲良しの後輩で、
悪の巣窟、上飯田中学出身の、元、全日本麗心愚連盟戸塚音総長で、当時任侠右翼最高幹部と、
当時は日本トップクラス任侠組織稲〇会相模一家黒田組若頭の、横浜S46年代トップクラスアウトローのF氏の、T氏が後輩だった。
F氏とは、以前揉め事から仲良しになった仲で、性格も最高で、悪で喧嘩も強く、戸塚、大和市方面では『泣く子も黙るF』有名人であった。
以降好健会事務所に、毎年の様に、彼の任侠右翼団体S塾の代紋入り暑中見舞いなどの状を送ってくれたり、
街宣活動に誘ってくれたり、F氏が経営始めたと言う飲み屋も誘ってもらったりしていた仲である。
その自分の三歳下のT氏も、上飯田中学出身の、元、全日本麗心愚連盟戸塚音総長で、横浜S47年代トップクラスアウトローの、
その日本トップクラス任侠組織稲〇会堀井一家系の組でお偉いさんだった。
自分は小声で「あ~!名前聞いてます!」と話をして、一方では先程の店で自分達と揉めたリーダーS氏が、先輩Y氏に説教をされていて
「山口の人間だったら何だよ!山口でも堅気でも、ちゃんと金払ってくれるお客さんだろ!こないだの例の抗争で悔しいのはわかるよ!
俺は過去に、人殺して、身代りに懲役行かせたズルい人間だよ!お前らの店だってのもわかる。けど相手はどう見たって小僧じゃねーかよ。
相手の上の人間呼べよ!そんなに喧嘩してーなら外でやれよ!店に迷惑かけんなよ!他のお客だっているんだしよ!」と
言ってることも筋が通っていて、喋りも、説教も、しっかりしていていた。自分達は看板は何も出さなかった。小僧に見えたなら仕方ない。
自分もI氏もどっから見ても外見は堅気だ。自分はT氏に「F氏によろしく伝えておいて下さい!」と言った。
するとI氏がS氏に「自分達が何かしました?何もしてないですよねー」と言うと、S氏は謝っていて、
このリーダーS氏は、当時は自分の一歳上の、堀井一家系の、最高幹部だったが、シラフの時には、性格は良く、
男義がある人らしい。彼は後に、保土ヶ谷シマウチの、堀井一家二代目池○組長に出世している。
皆で和解し、自分達が飲み代金を払おうとすると、そのY氏は
「いいよ!その代わりまた飲みに来てくれよ!来なかったら幾らも行かねーよ」と言うと、
自分達は、お礼を言い、S氏は笑いながら「自分達のもお願いします(笑)」と言うと、
Y氏は、笑いながら「俺が払うの?(笑)」と和やかな雰囲気になり、自分達とS氏達の分まで払ってくれていた。
自分は、このお偉いさんY氏とT氏には、良い意味でシビレた。偶然自分を知っててくれたT氏と、このY氏が、
この現場にいなかったら、トラブルは、オオゴトになっていたと思う。
だから人間は、自分の様に、世界一級の顔の広さや、世界一級の知名度も、必要なのである。
そして縁というのは不思議で、後日南区坂東橋の、レンタルDVD屋「ツタヤ」で偶然そのY氏と会い、
その時のお礼と、自伝本に文章を載せさせて頂くお願いをしたら、快く了解してくれて、相変わらず良い人だったが、
彼は、S氏やT氏などの、某組とは別の、林一家周○組のお偉いさんY氏だったが、
そこの周○組長が、集団殺人事件で、訳ありで破門となり、Y氏もどうしてるのかわからないが、
器量のある、通りすがりの、渋い極道だっただけに、淋しい限りである。
T氏の方は、後年インターネットの2c○にて、長文にて、当時の私の対応を、ホメテくれて、好健会の事も、
「なるほど、あれだけの大きな組織を、率いてるのは、伊達じゃないんだと、思いました。」など、
絶賛してくれて、感謝感激雨あられでした!現在も、任侠道に、まい進している様で、心より、彼の益々の、ご発展、ご活躍、ご健勝を祈り、陰ながら応援したい。
堀井一家のエピソードと言えば、希望が丘のキャバクラに、好健会の若い衆と行った時に、たまたま飲みに来てた、
そこの店をケツ持ってた、地元戸塚区平戸の、自分の七歳下の、堀井一家希望が丘金○組最高幹部の、精悍のE氏が、
自分を一方的に知っててくれて、わざわざ席に、ご丁寧な挨拶をしに来てくれて、立派な、任侠名刺も、渡してくれた!
堀○一家は、九代目堀○一家総長である、伝説の、故人谷○親分の、孫である、性格も最高の、谷○ゆい氏は、
後に、山根プロダクション所属タレントに、一時期在籍してた、歴代山根ガールズとなった。
【修羅の青春記抜粋】

この任侠右翼政治結社石穂塾会長でもある、斎○組長と、二人で車に乗り、見送りの3名様と、みんなでお互いに、別れの挨拶をかわす時に、
後ろの席に座っている、斎○組長に「後ろ窓開けて?」と言われたので、
私が、運転手側の、右下で操作する、ボタンを押しても、ロックがかかっちゃってて、窓が開かずに、
ロック解除も出来ずに、アチコチをイジッてしまい、カチャカチャと、アタフタしてると、
料金を出してくれた、見送りのお方が、お酒も入ってるので、少し強めに「大丈夫かよ?」と、言って来たので、
連れの美人女性が「いいから!そうやって、圧をかけないの!」と、フォローしてくれて、
斎○氏も「ロックかかっちゃてるね。いいよもう!」と言ってくれたのだが、斎○氏の様子だと、
その時点で、私の事を、覚えてるか覚えてないのかはわからない、
私の普段のお約束の、マスクもしてたし、
ただの運転回送運転手だと、思っていたであろうなのに、普通のお客さんなら、堅気でも「何やってんだよ!」と、怒る場面だが、彼は、穏やかだった!
ここの堀○一家初代池○組は、数年前に、藤沢で島荒らししてた、日本トップクラス任侠組織住○会の東京ナンバー1幸○一家の
(例の、小学生からの、一番の弟分である、元新日本プロレスラーの、日本現役極道ステゴロナンバー1のS氏の組織)
人間を、サラって〆て、抗争になり、初代池○組長が、集団リンチにより、死亡したと言う、壮絶な戦いの末に、
この斎○氏が、二代目の跡目を継いだと言う、武闘派組織である!そんな彼が組長だが、優しかった!
車中では、会話は、あまりしなかったのだが、私が、当時の話でもして、お互いに、懐かしがりたい気持ちもあったが、
数年前にも、ブログ記事にもした、以前の、お世話になった、地元戸塚の、日本トップクラス任侠右翼大○社横浜支部長内○氏が偶然、運転回送のお客様だった時や、
その他、数名の知人の時の様に、仕事中だし、敢えて、そう言う話は控えた!
到着間際に、ナビ通りに、中田辺りで、左折しようとすると「真っ直ぐ行っちゃって下さい!」と、敬語も使ってくれる!
私は、先程の、後ろ窓の件を、再度謝ったら、彼は「あっ!いいよ。だってロック・・・」と話の途中で、
私が「そうなんですよ!多分ロックかかっちゃってて、解除の、何処かもわからなかったもんで!すいません!」と言った。
彼が 「その先のコンビニでいいから!」と言ってたので、
私が「はい!コンビニで!ではコンビニで!」と、私はもうここで結構なんですね?と言うイントネーションのつもりではなく、
一回コンビニに停車して、待ってるつもりだったが、
彼は「もうコンビニで大丈夫だから!」と、後は自分で運転して帰る意思表示を、示してきたので、
お酒が入ってるし、自宅まで送らないと、何かあっても大変だし、マズイと思ったので、
私が「いえ!コンビニで全然待ってますよ!」と言うと、
彼は「いや、ここで大丈夫!」との事でした!
私は、再三「自分は、幾らでもコンビニで、待てるのですが、わかりました!」と言って、
ここまででも、これまでの、彼の温厚な、人柄の良さに、感銘を受けて、痺れてたのに、
彼の、ダメ押しの、優しさに触れる、最後の言動にも、圧巻だった!
料金を計算すると、19Kmで、3割増しで、11245円だったので、半端な245円は、サービスカットする話をして、
先程の連れの方から、すでに15000円貰ってるから、そっからお釣りを、4000円渡す話をすると、
彼は、何と!「いいよ?もうそれ!」とまで言ったのだ!
彼は、4000円もの、チップをくれようとしたのだ!
幾ら、連れが出してくれたにしろ、自分が4000円儲かるのにも関わらず、
お釣りを受け取らない言動をしたので、
私は「いえ!とんでもないです!」と、ちゃんと4000円は渡したのだ!
ただでさえ、ロングで11000円は儲けさせてくれてるのだから、それだけでも、恩の字である訳だし!
この組長の器量には、脱帽した!
更生して、距離を置いてる、その筋の、人間達の内の一人だが、、これはあくまでも仕事上だし、
こんな行儀の良い極道なら、また機会あれば、弊社を使って欲しいので、A(ア)運転回送の名刺を渡した!
※注)尚、今回、この登場人物は、斎○氏達で、間違いないとは思いますが、
私が、あだ名を、聞き違えてしまい、もし、全くの別人でしたら、
失礼して、この場で、お詫びさせて頂き、即刻、この記事は、削除は致しますので、悪しからずです!
斎○氏本人なら、このまま記事は、保存で、何かの拍子で、他人だった場合を、気が付いた時には、そうします!
◎今や、世の中がネット社会になっており、2ちゃん・5ちゃんねるや、掲示板サイトと言うのは、書き込み内容によっては、喜ばせる事にもなるが、
人の心を傷つける事もある、凶器にもなる有害物でもある。以前、自分が尊敬している、世界一の彫り師と言われている方と、
2ちゃんの話をした時に、彼がこう言ったのだ「2ちゃんねるに悪口を書かれる様になったらイチワリ(実力者や大物など良い意味)だよ」と名言だと思った。
やはり超大物が言う事は違うなと。後は、数々の、名誉毀損、捏造誹謗中傷に、相手を捕まえようと、警察に二回告訴した事があったのだが、
ハイテク捜査班などで結局二年捜査したが、二年ごとに時効が来てしまい、終了になってしまうので、結局犯人が見付からず、
警察の課長が「山根さんは、そこまで有名だから仕方ない。有名人なんだからいいんじゃないの?」と、
そーゆー問題じゃねーだろ(笑)と思ったが(笑)しかし自分は2ちゃんは普段は、あまり関わってはないのだが、書かれてると、知人から聞かされ、見た時に、
自分の中傷が、ほとんどが、作り話とデタラメと現実逃避しかなかったので、それには、憤慨した。もし実話での真実で悪口を書かれるならば、それは本望だし、
それが書かれる人間の器量なんだから仕方がない。しかし嘘は見た人間が信じてしまう恐ろしさが付きまとう。弁護士に訴えて、
二十万も費用掛けて、犯人開示請求を行った事もあったが、これもダメだった。まーだけど、これも、
彫り師先生が言われてた有名税と割り切り、所詮は誰でも匿名で安全に書ける、掲示板サイトなんて便所の落書きで、次元やレベルの
低い世界なのだから、気にしていたら、切りがない。2ちゃんで俺の事を捏造で中傷してる連中に告ぎます
『文句や嫉妬があるなら、現実社会での器量や実力や喧嘩などで、勝負して下さいね。ネットでコソコソ何を書こうが現実は変わりませんよ』
◎50歳の時、緊急事態!大大大ニュース!とうとう念願の、世界一被害に遭ってる、20年間ネット掲示板山根捏造誹謗中傷違法書き込みや、
山根捏造長文コピペ貼り犯人が、祝祝祝!最高に優秀な、日本国家某警察署の、最高の刑事さん達により、犯人開示特定判明や法的処分中されましたーーーーーーーーーー!
複数の占いで、50歳以降、人生史上トップの、幸運運勢の内の一つが、大炸裂!!!!
少数アンチ山根の、20年間毎日睡眠時間以外、 傷の舐め合いの、憩いの場所である、便所の落書きの、ネット掲示板など眼中なく、
私には、何も勝てずに、足元には及ばず、歯も立たない、リア充ぶりも、 羨ましくて、悔しくて、嫉妬狂いなどの動機なので、
寧ろ、可哀想な連中として、哀れんでるが、 20年前から、アチコチ非合法タイマンも、世界最強vs恐怖の死の渋谷ジム合法タイマンも、
ビビッて、バックれて、逃げ回ってるので、 こいつらが、いつまでも、この様な、匿名安全だからって、いつまでも、理不尽なイタズラが、
まかり通る、世の中には、させない様に、芸能人よりも、20年間世界一、捏造誹謗中傷の被害に遭ってる、 精神的苦痛も半端ではない、私の事態を、重く見てくれてる、
警察や司法の、お上が、法的にも、 違法書き込みを、複数、受理してくれて、 過去何度か、時効になってますが、この繰り返しを、一生逮捕、開示、判明されるまで、 あきらめず、続けたいと思います!

以前、ブログに書いてた、この熱意が、 とうとう神様から認められて、念願の違法書き込み、
犯人開示特定判明逮捕に至りましたーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
こいつらが、いつまでも、この様な、匿名安全だからって、いつまでも、理不尽なイタズラが、 まかり通る、世の中ではないことも、証明されましたーーーーーーーーーーーーーーー!
20年間本当に目障りで、精神的苦痛で、辛かったので、本当に良かった-----------! 世界一優秀な日本国家警察の、世界一優秀な横浜西区の、
某所轄警察の、世界一優秀な某刑事さん二名に、 やっとこさっとこ、救われましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
この開示に協力してくださった、プロバイダーや5chの運営などの、関係者各位様も、本当に、心から感謝します!
今後、この犯人だけじゃなく、少数アンチ山根全員を、ドンドン、開示特定判明逮捕や法的処分して行くので、
どのネット掲示板の、どのレスで、この様に至ったかは、内密にして、少数アンチ山根達に、恐怖感を味あわせます!
偉大なる、山根健一親衛隊様こと林(旧姓:榎本)政治様!とうとうやりましたーーーーーーーーーーーーーーーー!
今後は、こいつに対して、以後、民事でも金を取るし、対面の機会もあるから、色々な意味で楽しみだぜ! 武力行使の、渋谷ジム合法タイマンなど、
俺を苦しめた分、絶対に許さねーからな! まだ、検察庁からの、法的処分の決定も、これからなので、大きな動きがある以外は、 犯人に、手の内明かす事になるので、
ここには、内密で伏せて、ガッチリ動いて行くぜ! 世界一優秀な日本国家警察の、世界一優秀な横浜西区の、某所轄警察の、世界一優秀な某刑事さん二名万歳!
※尚、この件は、全世界レベルの大ニュースなので、 マスコミ各社に方々は、テレビや雑誌や新聞などの、取材は喜んで受け付けます!
山根携帯電話070-6460-3371 山根メルアドkenichiyamane@wm.pdx.ne.jp ラインIDyamanekenchan
◎50歳の時、何と!各分野有名人日本一多数輩出中学の永田中学時代の、担任の先生から、
ブログコメントにて、非常に暖かい、そして切ないコメントが・・・

贈る言葉
山根

お前、卒業後、色々大変だったな。
私も今は末期癌を患う身だが。
私だけは、生涯、お前の事は忘れないからな、色々、ありがとうな。

横浜市立永田中学校の元担任より
横浜市立永田中学校の元担任│URL│2020/06/27(Sat)06:42:46│ 編集

横浜市立永田中学校の元担任様へ 山根です
お世話になっております!

ブログ閲覧と、非常に暖かい、誠に有り難い、最高に嬉しいコメントを
有難うございます!

でも、成り済ましじゃなくて、本当に、横浜市立永田中学校の元担任様の
誰かですか?

いずれにせよ、懐かしくて胸一杯ですが、

記憶にあるのは、私は入学してからは、
一年では、大柄で温厚な、沢木先生で、
二年が記憶がなく、忘れてしまい、
三年では、メガネで、スマートで優しかった、大谷先生でしたが、

この大谷先生なら、当時教室で、
僕が、隣の席だった、長身絶世美女の某氏と、
不良生徒で、アイパーをかけてて、卒業後、任侠の世界に行った、
幼馴染のI氏や、真面目な生徒の合計6人で、
僕が、真ん中の中心で戯れてる時に、
先生が、それらを、カメラで、写真を撮ってくれて、その写真を後日、
渡してくれたのですが、その写真を、訳あって捨ててしまったので、
今となっては、SNSに載せたく、どうしてもその写真が、欲しいので、
大谷先生なら、当時の思い出画像として、アルバムに残して
ませんでしょうか?

もしあるなら、今大谷先生のお住まい、もしくは入院してるなら、
その写真を、取りに行きたいがてら、中学時代お世話になったご挨拶と兼ねて、
お見舞いに行きたいのです!

もし入院していて、写真が自宅にあるなら、ご家族のお方に、
頼んで渡してもらえたら、僕がそこまで取りに伺えますし、幸いですので、
どっちにしろ、お見舞いには行きますので、
どうか、よろしくお願い致します!

人は誰でも、いずれ死にますし、
不謹慎ですが、僕が、先生を、最後に看取ることも、視野にも入れてますので!

但し、やんちゃや、真面目な生き方は、それぞれが別として、
僕や先生の様に、ちゃんと人間らしく、性格が良く(やんちゃ=性格が悪いとは限らないので)しっかり、生き抜いた人間は、

また同じ様な、容姿、性格、家族、恋人、結婚相手、国、環境などで、
同じ様に、時代が変わるだけで、また生まれ変われますので、
死後、二週間から200年以内と言われてます!
(これは、もう物理的にも、科学的にも証明されてる、超奇跡の、幸運な現象)
また、お互いに生まれ変わったら、各分野有名人日本一多数輩出中学の、
永田中学での、担任になってくださいね!

でも、その喋り方の口調が、どっちかと言うと、沢木先生の口調で、
大谷先生は、優しい、丁寧なソフトな口調なので、誰かはわかりませんが、
もし、成り済ましじゃない大谷先生なら、アルバムに、お写真が残ってるなら、
良かったら、直接、ご連絡をお待ちしてます!

お身体お大事に!

メルアドkenichiyamane@wm.pdx.ne.jp
ラインIDyamanekenchan
携帯番号070-6460-3371
山根健一│URL│2020/06/27(Sat)11:57:18│ 編集
◎50歳の時、元々お互いに面識のなかった、地元大船の、自分の15歳下の、日本一元浜連の、日本トップクラス任侠組織の、
胸に組織の代紋刺青入れてる、現役若手イケイケヤクザW氏と、女絡みで、トラブルになりましたが、手打ちとなった、
非常に暖かい、誠に有り難い、最高に嬉しい、メール文章!

【相手のW氏からの、非常に暖かい、誠に有り難い、最高に嬉しいメール文章】
受信トレイ

×x

6:29 (0 分前)

ありがとうございます、流石、伝説の男と言われる人なのか
スマホは早めに送ります、通帳、カードはマナカホテルでは、嘘ついてません。
先輩の言葉、信じて良いんですよね。
では、失礼します
◎50歳の時、3年半前に、山根vs究極のブスである、戸●玲奈 59歳(戸●光雄 元稲●会組織委員長 鉱●一家総長 当時 鉱●一家総長の本妻)と、
喧嘩勃発で、話題沸騰で、他人作成のユーチューブにまでなった、プチ抗争が続いてて、最終的に民事裁判での、勝訴30万支払い命令から、
当時の妻の住まいの、戸塚のボロアパートも夜逃げして、夫婦でバックれてる最中に、山根悪縁夫婦大災難ジンクス発生しましたー!
もう更生もしてるし、SNSなどに、もうなるべくアウトローネタや物騒ネタも、掲載は控えたいのだが、何故か付き纏ってしまうので!(笑)
https://article.auone.jp/detail/1/2/2/16_2_r_20200818_1597717121736894
小田原で発砲事件か 破門された元幹部宅に銃弾?の痕
銃弾が撃ち込まれたような痕が見つかった住宅近くを調べる神奈川県警の捜査員ら=2020年8月18日午前11時47分、
小田原市南町2丁目、林知聡撮影
 18日午前5時半ごろ、神奈川県小田原市南町2丁目の住宅で、「窓ガラスが割れている」と関係者の男性から県警小田原署に
通報があった。捜査関係者によると、住宅には銃弾が撃ち込まれたような痕が少なくとも2カ所あった。県警は発砲事件とみて、
器物損壊容疑などで捜査を始めた。けが人はなかった。
捜査関係者によると、この住宅には、指定暴力団稲川会を数年前に破門になった70代の元幹部が住んでいるという。
住宅内にいた男性が同日午前2時ごろ、発砲音のような音を聞いており、関連を調べている。
現場はJR小田原駅の南約1キロの住宅街で、近くには幼稚園や産婦人科医院などがある。(小寺陽一郎、林知聡)
【この山根vs戸●玲奈 59歳(戸●光雄 元稲●会組織委員長 鉱●一家総長 当時 鉱●一家総長の本妻)と、
喧嘩勃発ユーチューブ内キャプション】
有名アウトローや芸能界ネタ中心に、動画作成してる『HKG48』様が、一回この動画を作成してくれましたが、
戸●玲奈本人からの動画コメントで「また山根がアップしてるのか?警察に通報だな!」との、クレーム圧力により、
『HKG48』様が削除をしてしまって、残念なので、最高傑作だし、再生回数の伸びの勢いも半端なく、一日で約1万再生されてたので、弊社のアカウントで、
もう一回BGMを変えて、後は殆ど以前と同じ様な、真似の内容で、アップロードし直させて頂きました!
山根健一
元、ジャニーズジュニア研修生 、元、横浜連合淋姦強姦永田一家二代目総長、元、稲川会三代目林一家(山際組行動隊副隊長)
元、山健一門であった、五代目山口組二代目臥龍会井上組組員、元、井上組傘下櫻井総業組長の舎弟、
元、任侠右翼好健会&山根会会長、元、横浜連合相談役、他等々
※事件番号
【山根健一ブログ2017年3月1日分記事抜粋】
私がネット掲示板に、この女の誹謗中傷を書いてると、勘繰って来て、山根会社に直接、クレームの連絡が来た時から始まって、私もそんなこと知らないので、否定して「お前失礼だろ!
何処の誰知ってんだか知らねーけどよ!」などとクンロク入れて、
口論にはなったが、最終的には誤解も解けて、一回は和解したのだが、
この女の、顔画像を確認したら、凄くブスだったので、ブスには用はないので、関わりたくないと思ってた矢先に、
また爆サイの方に、この女の悪口が書かれたのを、また私の書き込みだと勘繰って、また私の悪口を、
こいつの書き込み特徴癖で、わかる様に書いてた後、また、普通に電話をしてきたので、
ショートメールで「他の女と連絡取ってると、本妻が嫌がるのと、また爆サイで、僕の悪口書いたので、もう縁を切ります」と送ってから、ネット掲示板、自身の戸〇SNS、山根携帯メール、
山根携帯留守番電話、山根会社訪問、ストーカー行為など、
怒涛の攻撃で、引っ掻き回されました!(笑)
何だか、本妻だと公言してる、日本トップクラス任侠組織の、この前破門になった、 小田原の一家総長がバックで、強がってるのもあるから、彼は、まだ堅気にはなってなくて、独立組織のK一家の長として、
極道なら、その彼が夫なら、この妻を、
どう言う教育してるのか聞きたいし、文句あるなら、被告人は、裁判当日に、裁判所に連れておいでよ! 法廷場所以外の、
下か何処かで、話でもしようよ!これらの事件を、知ってて黙認してたり、
後ろからケツ掻いてるなら、お宅の過失の責任だよ? 妻の下手打ちは、夫の下手打ち同然だよ?
俺はブログなどで、再三告知や公言してるが、昔から一切、ネット掲示板には普段は、関わってないく、身長170cm以上
絶世長身美女キャバ嬢二人を、片想いから、俺に取られちゃった、キモ鴨客の、例の一番のアンチ山根の、現在指名手配してる、元介護士風情福井筆頭の、自称福富町在住や、
現在は、もうアンチ山根は少数だが、誰も俺様には、何の部分も勝てない、それらの嫉妬による、捏造や出鱈目や妄想や脚色や過小評価や現実逃避やハッタリなどの、
負け犬の遠吠え書き込みに対して、法的処分する為の資料集めの為に、たまにチェックはしてるが、その程度だし、戸●誹謗中傷なんて、書き込みなんてしてなく、証拠もないのに、
一方的に決め付けて、ネット掲示板、自身の戸〇SNS、山根携帯メール、山根携帯留守番電話、山根会社訪問、ストーカー行為など、こんだけ引っ掻き回されてるんだからさ!
大義名分が、どっちが筋が通ってるのか、考えろよ?
喧嘩なら、堅気相手に、色々な意味で問題にもなるし、俺はもう、更生してる堅気だし、組織コネクションで抗争でも、やろうもんなら、絶対にお縄になっちゃうから、それだけは二度と勘弁だから、
お互いに代紋抜きで、後腐れなしで、男同士正々堂々と
『渋谷ファイティングジム』に予約取って、合法タイマンやろうよ! お互いに誓約書に一筆とって、レフリーも用意して、
ハンディーカム回して(ユーチューブアップ)、お互いに、ボクシンググローブと防具着用すれば、お宅も安全だろ?でも、
処分された組織の、本家本元の、シマウチの裁判所周辺には、あまりウロウロしない方が良いとは思うがね(笑)
一家解散して、堅気になって、おとなしくしてれば、お咎めもないのに、山梨みたいに、破門されてるのにも関わらず、
そのまま、一家存続させて、跳ねてるんだから、上部組織に上等切って、弓引いてるのと一緒だからな?
この裁判は、勿論100%私が勝てるが、被告人は、もし裁判にバックレたら勿論不利になるし、慰謝料の支払い命令で、貧乏で金が払えなくても、差し押さえや、他の方法も考えるし、
民事勝訴書類は、今度は刑事事件の、有利効力書類にもなるからな?色々な意味で、迷惑やお世話になってる所轄の当局には、もう面倒はかけたくないけどね!
【2017年3月1日山根健一ブログ記事抜粋】
【2017年7月3日山根健一ブログ記事抜粋】
第一回目裁判を欠席した被告人は、今回は、出席はしたのですが、具体的に、詳しくは書けませんが、傍聴人として来てた、私の、複数の内の一人の、最高の親友の某氏と、被告人とが、
法廷場所で、ひと悶着あり、被告人から110番通報されてしまい、警察が、約20人総動員で賭け付ける、オオゴトになってしまいました!
結果、逮捕者は、誰も出てません!第三回目の裁判は、9月です!
【2017年7月3日山根健一ブログ記事抜粋】
【2017年12月20日山根健一ブログ記事抜粋】
本日、第四回目の裁判で、今回は一人で行きましたが、裁判所内の事や、裁判中の事は、あまりSNSには、禁止だと思うので、重要な部分だけ、簡潔に説明しますが、
法廷前の待合室で、一人で待っていると、室内は、私一人でしたが、裁判開始の、10分前位に、例の女性被告人も、 一人で入って来まして、入ってくるやいなや、
相手が「クセー!この部屋臭いな~!」と、臭くもないのに、挑発して仕掛けて来たので、最初は無視してたが、同じ事を、繰り返して、しつこかったので、いずれ宣戦布告しようとしてた事を、良い機会だったので、
「お前よ!」と、話を続けようと思った瞬間、相手が、すかさず、携帯を取り出して、110番して
「もしもし!山根健一から、裁判所の待合室で、因縁付けられてるので、大至急警察官寄越して!」と、
ふざけた虚言の、言動をしてたので、
私が、被告人が電話中に「噓付け!」と、怒鳴り否定し、こっちは何も悪くないので、警察が来ても、問題
ないので、 電話を切るまで待ち、電話が終わったら、
「お前ってブスだな!気持ちわりー顔してよ!」と、こっちもバカにして、
被告人は「うるせー!」や「そっくりそのまま、返してやるよ!」と、思ってもない、負け惜しみを言い返してきて、
私が本題に入ろうと「お前よ、」と、話を続けようとすると、
相手が「お前じゃねんだよ!私をお前と言うな!」と熱くなり、
私が続けて「俺は、何も悪くもないのに、こんだけ上等切ってんだからよ、裁判全てが終わったら、
渋谷ジムで、合法タイマンやろうぜ!」と、宣戦布告すると、
被告人は、焦った態度になり、ビビりながら「渋谷の何処の住所なんだよ?」と聞いて来たので、
私が「渋谷ファィティングジムだよ!」と言うと、
また相手が「渋谷の何処の住所?」と、同じ事聞いて来てたので、住所なんてどうでもいい事なのに、
訳わからない質問で、これはビビッて誤魔化してると思い、
私が「心配するな。安心しろ。お互いに同意書の誓約書書いて、お面被って、レフリー付けて」と言った時点で、
「何処の住所?」と、相手がまた聞いてきて、
私が「住所は置いといて、お面被って、レフリー付けて」と話を続けてると、
また「何処の住所?」と、大きな声で、誤魔化して、話を被せてきて、話を前に進めない状況に誤魔化してて、
その時点で、裁判所の女性職員二人が、騒ぎを聞きつけて、待合室に、入ってきたて、
私と被告人で二人で、事情を説明して、
被告人は「誰もあなたの事臭いなんて、言ってなく、この部屋が臭いと言ってただけだろ!」と言い、
職員のお方は「二人でいると、あれなんで、山根さん、こっちの法廷場に移って、待っててください」と言われましたが、
私は被告人に対して、まだ渋谷ジム合法タイマンの話が終わってなかったので
被告人に「お面被って、レフリー付けて、ハンディカム撮影で、ユーチューブアップでやろうぜ!」と言うと、
相手が「お前となんてやらねーよ!気持ち悪い!」と、とうとう本心での、恐怖の、山根渋谷ジム合法タイマンを拒否して
きましたーーーーーーーーー!
私は「わっははははははははは!」と、爆笑しながら「お前って臆病者だなぁ!口だけでよ!」と、罵倒し、
とうとう降参して、山根不戦勝となり、武力行使では、勝ちましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
女相手だから、勝って当たり前だから、この宣戦布告はするつもりはなかったのだが、こいつは、武力行使しないと、大人しくなるタイプではないので、仕方ありませんでした!
でも、この被告人は、まだ調子に乗るタイプなので、私だけ、法廷場に先に移る時も、
釘を打ち「わかったか!逃げるなよ?」と、捨てセリフを吐いて、裁判に臨み、
裁判が終わり、裁判が終わるまで、法廷場前で待っていた、警官達との、話が、それぞれの場所で、事情を聞かれましたが、
もうこの被告人は、アチコチで、トラブル起こしては、110番して警察呼ぶ、トラブルメーカーの、名物女と
して有名らしく、 警官達は、またあんたかと言う、表情だったし、
私は「頭がおかしいキチガイなんで、相手にしないでください。僕が、この裁判の原告で、相手から、色々と被害を受けてるので、 訴えた側の人間です」と説明し、
「待合室で待っていたら、相手も入ってきて「この部屋クセークセー」と、挑発してきて、最初は無視をして
いたのですが、 しつこかったので「お前よ、」と言っただけなのに、110番しただけですから・・・」などと
説明すると、
担当のお廻りさんは「この様なケースを、アチコチでやってる人なんで、大体わかりますよ!今、相手に
事情聞いてる警官も、以前、彼女を取り扱ってますから!」と、苦笑いしてましたーーーーーーーーーーーーー!
そして、帰りの外で、被告人と警察複数と話してましたが
被告人が「そいつ連行して!絶対返さないでよ!」と、叫んでましたが、被告人に事情聞いてるお廻りさんが、
こっちに来て「この警官と一緒に、バイク押して、行っちゃってください。連行したりしませんから」と言って
くれたので
「はい!わかりました!あいつは、頭おかしいキチガイなので、相手にしないでください!どんな人間か知ってますよね?」と言うと、案の定お廻りさんも「はい!」と、
うなずいて「わかってますから!」と、全てを、お見通しでした!
担当お廻りさんと、二人で、自転車とバイクを押して、離れた場所へ行くと、
お廻りさんが「二人を、またブッキングさせちゃうと、トラブルになっちゃうんで、こっちに誘導しました!」と言ってて、
すると、被告人が車で、横切り、警察署に行って、事情説明するらしく、
その時も、被告人は「そいつ連行して!絶対返さないでよ!」と叫んでましたが、
お廻りさんは、無線で、警察署の人間と話をしてる最中に
「山根さん、これから時間はないですか?山根さんが悪くないのは、もうわかってるんですが、相手が騒いでるので、一応署までは、同行出来ませんか?」と言うので、
私は、無線の警察相手にも聞こえる様に「いや、時間もないし、僕が悪いなら同行しますけど、悪くないので、帰ります!」と言うと、どうやら、警察的には、
もう私は解放なのだが、被告人が騒ぐことに対して、手を焼いてるらしく、
お廻りさんは、無線でもう一回話をし、話が終わり「山根さん!わかりました!もう帰って結構です!
ただ、また何か聞きたい ことなどあれば、連絡しますので、お願いします!」と言うので、
納得して、解散となりました!先程の、お廻りさんの無線で、先方の警察との会話を聞いていたら、
被告人の事を笑いながら「車で、署まで向かいましたが、また騒ぐと思うので、すぐにわかると思います!」と言っていて、
警察達の間でも、陰でバカにされて、笑い者になってる、名物女の被告人に、僕タンも、爆笑してた!
この被告人とは、勿論アウトロー度も人間総合力も、比べ物にもならずに勝ってるが、
今回で、武力行使では、不戦勝で勝ったので、後は裁判で勝つのみ!
【2017年12月20日山根健一ブログ記事抜粋】
緊急発表!例の裁判の、ストーカー行為や、女性被告人SNS等による、山根ねつ造誹謗中傷、名誉毀損等による、
判決が出ました!結果は!?
こちらをクリック!

http://yamanekenichi.blog.fc2.com/blo...
【山根健一ブログ2018年3月28日分記事抜粋】
◎51歳の時、
自宅の所轄の、某お上さん達も、僕タンのことは、みんな知ってて、嬉しく感無量!
まず、この現在の住まいの、2016年の、ある件でお世話になった、
性格も最高だった、部署のお偉いさんの、N班長とお会いした時には、
「僕は山根さんと、ほぼ同年代ですが、山根さん有名人だから、この署の同年代は、山根さんのことは、みんな知ってます。」と
「僕は山根さん程ではないが、昔はやんちゃだった」と、ブログや自伝hp修羅の青春も見てると、
当時その署には、加害者でも被害者でも、お世話になったこともない、
その署には、大分昔の、23歳の時の、寄せ場に入所しただけだったので、
我ながら大物有名人の僕タンで、感服してて、
49歳位の時にも、愛車フュージョンのことで、ある件で、お会いした時の、
お偉いさんのOさんは、私と会うや、いなや「山根さんですよね。僕は知ってるんですよ!元ジャニーズだったり、
浜連のチームの総長だったりなど、色々と知ってます。」と、ブログや自伝hp修羅の青春も見てると、
言ってくれて、人柄も最高だったし、
我ながら大物有名人の僕タンで、感服して、
極め付けだったのが、昨日、自宅マンションの郵便ポストから、ビラ配りの人間か誰かから、
ある物が盗まれた、盗難事件発生して、駆け付けてくれた、地域課の御巡りさん二人も、性格も最高で、
二名共、修羅の青春もユーチューブも見てくれてるとのことで、
我ながら大物有名人の僕タンで、感服したが、
私は、以前からの公言通り、この地域が世界一大好きだし、住み易いので、
世界一絶世長身美女本妻とは、二年後スタートですが、
この街には、一生骨を埋めるので、今後も、加害者としては、一生なしは勿論のこと、
被害者としては、例の世界一の被害者であります、ネット掲示板のことでは、
仕方なく、再度お手数を、おかけすることは、多少は、あるかもしれませんが、
それ以外は、なるべくご迷惑は、お掛けしない様にしますので、
お上の皆様、以降も、暖かいお見守りと、お見知りおきを、よろしくお願い致します!
◎51歳、更生したケジメで、以前の不良仲間とは、殆ど縁を切ってしまい、関わってなく、付き合っていかなくてはならない、
シガラミのある人間としか、関わってない状況は、一切ブレずに、変わってない中で、色々なシガラミから、
付き合って行ってる、20年以上の、出会いと付き合いにもなる、最高の、複数の内の一人の、
トップクラスの弟分の某氏がいるのだが、彼とは、昔から、固い絆で結ばれていて、持ちつもたれつで、
彼が堅気の、会社社長時代には、僕タンの企業舎弟でもあって、
中学時代から、イケイケなので、企業舎弟時代は、アチコチの不良や右翼やヤクザと、揉めては、
当時好健会含めて、日本一の組織の看板背負ってた、自分も力になり協力して、ケツ持ってて、
逆に彼は、毎月の顧問料含めて、金銭的に、サポートしてくれてて、一番の大金を尽くしてくれてて、
現在は、自分が更生した堅気で、彼が会社社長兼日本一の某組織の看板の、更にお偉いさんの看板背負ってるので、
自分的にも、今の時代の、コンプライアンスの関係と、某氏の彼本人からも、ブログなどはNGが出てるので、
どっちにしろ、SNSなどでは、彼の画像や素性なども、大っぴらには出せないのだが、
先日、自分が「俺はもう更生してるし、今時ヤクザとなんて、揉めたりもしないし、もし仮に揉めても、自分で対処出来るし、
お互いに代紋抜きでの、渋谷ジム合法タイマンにも持ち込んじゃうけど、
でももし何かあれば、力になってもらい協力頼むことも、あるかもしれない」と言うと
彼は「何でも言ってください!昔よく、健さん兄さんには、助けられたから!」と、
何とも、ジーンと来る、Ⅴシネマや任侠映画張りの、ワンシーンに使える、感動シーンであった!
自分は「有難う!心強いし、力強いよ」と言った、現在の彼とは、ここ最近は、コロナ不景気の中でも、
彼の表の会社で、景気良く稼いでて、
運転回送を、専属で呼んでくれてるし、個人的にやってる、山根ガールズ人材派遣(事務作業や他←ご想像にお任せ笑)
の事業の方も、お客さんになってくれて、弊社の売り上げに協力してくれてる、
この良好な関係は、一生の永遠の、運命共同体の、兄弟分の絆であるのだ!
今年中に決行の、世界一絶世長身美女本妻&最高の弟分達との、横浜東口ウナギ食事会メンバー決定!
◎51歳の時、米軍vsISIS戦争!相変わらず、傍若無人のISISに、イケメンバイデンが報復開始!やはり、一国の長である大統領は、
イザと言う時に、これ位、イケイケでないとね!日本と兄弟国の、アメリカ万歳!
:
米軍、ISIS系組織に空爆 バイデン大統領が攻撃承認
バイデン氏の承認の下、米軍がISIS系組織への空爆を行った/Drew Angerer/Getty Images
(CNN) 米中央軍の報道官は27日に声明を出し、過激派組織イラク・シリア・イスラム国(ISIS)の分派組織「ISIS―K」を標的とした空爆を行ったと発表した。
アフガニスタン首都カブールの空港付近では26日に自爆攻撃が発生。米国側ではこれより前に、ISIS―Kに対し、空港を狙った攻撃を計画しているとの見方が出ていた。
空港での自爆攻撃では170人以上の死者と200人以上の負傷者が出たほか、米兵13人も死亡した。
中央軍報道官の声明によれば、米軍による空爆はアフガニスタンのナンガルハル州で無人機を使って行われた。初期段階の分析では攻撃立案者を殺害したとしている。
民間人の犠牲者は出ていないという。
当局者の一人によると、バイデン大統領は今回の空爆を承認した。
一方、カブールの米大使館は、空港の複数のゲート付近にいる米国人らに対し、「直ちにその場を去る」よう改めて警告。安全上の脅威があるとして、
空港に向かったり、空港のゲートに近づくのを避けるよう呼び掛けている。
※昔の太平洋戦争とは、この戦争は、規模や戦闘手段も違うが、
【太平洋戦争WIKIの一部】
日英米蘭の開戦までの国策
アメリカの太平洋戦略
アメリカはアメリカ・メキシコ戦争に勝利してカリフォルニア州を獲得して太平洋に面する広大な領土を手に入れ、ロシアからはアラスカを購入した。
太平洋ではハワイ王国併合に続き、米西戦争(アメリカ・スペイン戦争)勝利によりフィリピン、グアムなどを手に入れると、アメリカ・フィリピン戦争を経て
フィリピンを植民地化することにより太平洋への覇権を確立した[36]。
:
日本は戦勝国となった第一次世界大戦後、国際連盟からドイツ帝国領であったパラオやサイパンなどの太平洋の島々の委任統治を委ねられるようになり(南洋諸島)、アメリカの勢力圏と接するようになった。
アメリカの呼びかけで行われたシベリア出兵では、日本はアメリカ軍の撤兵後も駐留を継続するなどアメリカの利害とずれが生じるようになっていた。
とはいえ、1920年代は日米ともに東アジア・太平洋地域における平和的な国際体制であるワシントン体制下で協調外交を行っていた。
1921年に結ばれた四ヵ国条約では太平洋における日英米仏の利益を相互に認め、現状維持を確認し、この条約の中に日英同盟は発展的解消を遂げた[37]。
1922年にはワシントン海軍軍縮条約が結ばれ、列強間の建艦競争に歯止めをかけた。

「日本は戦勝国となった第一次世界大戦後、国際連盟からドイツ帝国領であったパラオやサイパンなどの太平洋の島々の委任統治を委ねられるようになり
(南洋諸島)、アメリカの勢力圏と接するようになった。」
:
僕タンは、過去に海外旅行は、4回の、然程遠くには行ったことはないが、
南国の海が好きなので、
南太平洋の、小学生時代に、家族でグアム、サイパン、
定時制高校時代に、サイパンに一人旅と、
40歳過ぎには、歴代山根ガールズトップクラスの、絶世長身巨乳美女の愛人と、
パラオ旅行に行ったが、
当時、この上記の、第一次世界大戦の、太平洋戦争の、詳しい状況は知らなかったので、
この僕タンの、旅行の現象は、当時のブログパラオ記事にも書いたが、
元、世界で一番の、任侠右翼の長として、間違いなく、
戦勝国となった、日本の英霊達に、促されて、招かれて、自然に旅した、最高の旅行となったのた!
それが証拠に、当時ブログアップしてた、彼女との、ナイトカヤックの、カヌーから撮影した海で、
当時の日本兵や鎧(よろい)をまとった、二体の男性の、心霊写真にて、くっきりと、写ってて、
不思議とその画像は、怖くなかったし、その件についても、誰も触れなかったと言う、不思議な現象だった!
残念なことに、その貴重画像は、その後、訳ありでブログ自体が、バンされてしまい、もう画像も残ってないが・・・
:
第二次世界大戦は、日本は負けたが、日本の英霊達は、みんな、陸や空や海にて、
命を捨て身の、人間魚雷の特攻隊で、死ぬつもりで突っ込んで行ってるので、
中には、ヒロポン打って、正常な精神状態ではない、人間もいたらしいが、
海外の連中は、日本はイケイケキチガイだと、戦闘っぷりを、敵ながら絶賛してたらしい!
◎52歳の時、例の前出の、我が、各分野有名人日本一多数輩出中学永田中の、
同級生山根ガールズ11人衆の、卒アルの画像を、どうしてもアップしたく、
もう無くしてしまった卒アルなので、未だに永田の地元に、住んでるであろう、
もしくは、商売やってる店の、同級生友人の、居場所に行く為に、
最近も、相変わらず過食症で、ジムもサボりがちで、運動不足なので、
しかも例の痩せ薬の、注文のタイミングも悪く、届いてない、日にちの間、やはり太ってしまい、
何と!4kgも太ってしまい、自殺もんの、悩みなので、自宅の、横浜東口から、
この炎天下の中、日焼け止めスプレー吹いて、永田まで、歩くダイエットも兼ねて、行って来ましたー!
まず、同級生で、井土ヶ谷で長年、バイク屋の社長やってるH氏が、早目に店が開いてて、ラッキーで、
遭遇することが出来て、超懐かしい、
何と!37年ぶりの再会で、勿論僕タンの事は、覚えててくれてたが、
中学卒業後は、全く付き合いがなかったので、何とも不思議な感覚だった!
現在は本牧に住んでるが、残念ながら卒アルはないので、友人に聞いてみたり、
見付かったら、また連絡はくれるとのこと!
彼から聞いた、爆笑もんの、面白いエピソードは、
彼は中学時代は、どっちかと言うと、真面目な生徒だったのだが、
卒業後は、当時の、偏差値も低く、アチコチから不良が集まる、
不良高校で有名な、磯子高校に入学したので、
何処何処中学の番長なども、数名いた不良高校だったらしく、
H氏は、舐められちゃいけないとの事で、不良の振りして、
パンチパーマをかけて、3年間通ってたが
でもやはり、根っこは不良じゃないので、悪さや喧嘩は、一切はしないで、
高校同級生たちとも、一切連るむのも、御免だとのことで、
ただの「格好だけの、フェイクファッションエア不良学生」を通して、卒業したとのこと!(笑)
でも、これを正直に、話が出来る、彼に感銘を受けたし、
まさに、少数アンチ山根一番の福〇など、10代も、今日までの人生が
本物の「格好だけの、フェイクファッションエア不良人生」そのものなのに、
この不良デビューも、一番早かった、自他共に認める、人類史上最強説の、
世界一アウトローの俺様を「中学卒アル」で「高校デビュー」判断すると言う、
何とも単純馬鹿で、プラス扱いしてる、お笑いインチキ野郎で、
無駄に、身の丈に合わない、等身大じゃない、22年間少数アンチ山根一番の、
アベコベを繰り返してしてる、言動で粋がってる、恥ずかしい輩なので、
是非とも、自分の、世界一の醜態を、このH氏の様に、素直に正直になり、この永田のH氏を、見習って欲しいぜ!
そして二件目の、同級生の自宅は、仕事で本人は留守で、
実兄が対応したので、僕タンの名刺を渡し、仕事から帰って来たら、連絡待ち!
そして三件目の、同級生の自宅も、本人は留守で、
母親が対応したので、僕タンの名刺を渡し、連絡待ち!
卒アルが残ってて、借りれたら、速攻で、絶世美女陣ブログアップが楽しみ!
我が、元祖地元の、故郷である、永田街道!
例の、少数アンチ山根でさえも、認めてる【世界の山根】を、形成し生み出した
我が人生の、第一歩を踏み出した、運命の地元!
そこの風景は、あまり変わってない気もするが、よく見ると、やはり数店舗が入れ替わってる!
帰りは、さすがに歩きは、シンドかったので、バスで横浜駅行があったので、3、40分ほど
横浜西口にある、行き付けの、ジョナサンに!
10時だったので、まだモーニングしかやってなく、
10時30分からの、本メニューが待てなかったので、
何とか、店員さんと調理の方にお願いして、有難い特別に本メニュー!
僕タンは、肉は国産しか食えないので、
タスマニア島ビーフ100%ハンバーグと、北海道産帆立のバター醤油ソース!
このメニューは迷ったが、普通の外国産の肉より、高級だとことで、試したが
和牛国産には、かなわないが、これと言った、
得意の僕タンの、これがあると、キモくて、食事を中止にしてしまう
「コリコリ噛めない筋」もなく、味はまあまあでした!
結局、ダイエットの方は、有酸素運動は、20分以上からじゃないと、効かないので、
東口から永田までは、徒歩40分以上はかかるので、この暑さで汗だくだし、
相当歩いたし、最低でも1kgは、確実に痩せてるはず!
でも結局また、このカロリー摂取しちゃったので、変わらないやろうがい!(爆笑)
◎52歳の時、鎌倉のママは、すでに79歳となるが、以前転んで、足を骨折して、手術後に、リハビリをやってなかった為に
今は、歩行不能になってしまっていて、リハビリ設備のない、鎌倉施設生活になってしまっていて、
他の部分は、ピンピンで元気なのだが、今はその様な、悪循環で、
以前の、数か月前の、山根家族記事にも書いたが、一時期は、某山根ガールズの自宅で、
彼女と僕タンとで、リハビリ兼ねての、仕事として面倒見ることになり、
今は例の、港区青山会社大物有名社長の、長身イケメン実弟康〇が住んでる、
家族所有の、生前遺産分割、生前遺産贈与として、
鎌倉一軒家を、そのまま、売却予定だったのだが
(築年数が古い27年間の、家屋はあまり値段は付かず、土地がメチャ高いと有名な、長谷の、
それでも、割と安い査定価格だった、現時点で、土地代含め、約4500万)
合計一か月くらいは、面倒見てたのだが
普段はオムツも履いてるし、昼間に関しては、何も問題ない、仲良く共同生活は出来てたのだが、
やはり、歩く事が出来ないので、夜中のトイレに、何回も、彼女が起こされてしまい、
彼女がストレスになってしまい、ママも、他人に迷惑になると、気も使い、ストレスになり、
歩くことさえ出来れば、、何も問題がなかったのだが、
結局は、この山根ファミリーベントプロジェクトは、中止となってしまい、
鎌倉自宅売却も、やはり、ママが死んでからになり、
割と、仕事とビジネスで、収入も順調だし、
勿論金よりも、余命少ない、ママの命の方が大事なので、
鎌倉売却は、保留でいいのだが、
医師曰く、年配による、足骨折の手術後は、本人に歩く意欲や、やる気がないと、
もう一生、歩行不能となるらしく、ママ自身は、いずれは歩けるとは、言ってるが、
このまま、死ぬまで、寝た切りの、車椅子での、鎌倉施設生活にならないかが心配で、
たまに、康〇が、鎌倉施設に面会に行ってくれてて、
そっから彼の携帯電話での、連携プレーで、ママと会話してるが、
その点だけが、悩みの種であるが
父上殿が生前に、築いて残してくれた、この最高の環境である、
この鎌倉の地に、山根ファミリーは、結局はママが死ぬまでは、
縁が続くと言う、状況にも、なってるのである! 
もう、言わずと知れた浸透してる、世界一女好きや 世界一チョメパコ好きの、
普段、頭の中は、殆どが、美女やセッ○スのことしかない、
チョメパコ依存症の、変態の、僕タンなのは、周知の事実ではあるが、
まあ実際は、世の中は、綺麗こと抜きで、この様な症状の男性が殆どで、
スケベしかいなく、多いのだが、僕タンは、それに輪をかけての、
特に一番だと思うし、そんなことは、自慢にもならない、この症状なのだが、
ある彼女からは「あんたも好きねー」や、友達からは「好きだねー」との声も挙がり
従って、毎日の様に、チョメパコかセ○ンズリオ○ニーで、
例の先日記事の、埼玉伝説の、色男アウトロー有名人故人鬼丸風の、
自分の明太子から(笑)白いカルピスを抜かないと、
落ち着かずに、イライラする病気なのだが、
例えば三日後に、本妻か一夫多妻と、チョメパコ予定だとしたら、
その、セ○ズリオ○ニー以外の、生身のチョメパコの場合は、
最低でも、中二日間は、全く抜かずに我慢して、性欲温存した状態で、
カルピスを溜めた状態で、臨み、思い切りプレイに、楽しみたいのだが、
でも、その二日間でも、全く抜かずに、我慢してると、それ自体が、
もう頭の中、女しかない、やりたい病の、重度のストレスになり、
毎回、生身のチョメパコ日の前に、イライラもするので、
格闘家の減量と同じの、それらの葛藤の日々とも、戦っており、
かと言って、毎日抜いての、生身チョメパコは、それはそれで、
仮に、バイアグラ服用だとしても、やはり性欲は半減での、
プレイとなってしまうので、交際相手が、多ければ多いなりや、
世界一絶倫での、贅沢ではあるが、その悩みが、20代から始まり、
今後も一生続くであろう、メッチャ気持ち良さの行為の裏に、
隠されてる、悪循環デメリットでの、悲しい時ーー!
◎53歳の時、芸能界の、衝撃裏事情 大ニュース速報!芸能界にまつわる、私が男を磨いた、日本一五代目山口組関連!
まずは、私が男を磨いた、五代目山口組の歴史の説明と、どんだけ最強組織なのかの説明!
日本ヤクザ全盛期に、武力と人数と経済力で、抗争や外交を重ね、
広島と沖縄以外に、各都道府県に、全てに事務所を置いてた、
総勢3万人以上での、全国制覇した、日本一五代目山口組!
私が、最後の刑務所での、その世界からも足を洗って、
新潟刑務所から出所して、間もなくの、35歳の時である
18年前の、2005年(平成17年)
五代目山口組組長だった、渡辺芳則親分も、体調不良により引退した。
この時点で、全国ヤクザ全盛期時代の、山口組全盛期も終わってるのだが
この当時、山口組3万人以上の内の、右翼や準構成員なども含めると、約3分の1が、
当時、日本最強トップブランド二次団体、三代目山健組本体と
三代目山健組から、五代目山口組の、直系組織の、直参昇格した、
山健一門で占められており、
内は、三代目山健組舎弟頭だった、超武闘派金澤組から、名称変更、臥龍会として、
山口組の直系組織として、直参昇格したのが、
例の、元山健アウトローユーチューバー数名も
「とにかく臥龍会は、イケイケで、恐れられており、ややこしくて、面倒臭い輩が多く、
組員も多く、当時は一番、うるさい組織だった」と、
口を揃えて、絶賛して取り上げて頂いてる、
日本ヤクザ史上一番トップ武闘派三羽烏であった、
健竜会、中野会、そして泣く子も黙る、臥龍会である!(山根ブログ記事も多い)
(今は、名古屋弘道会や、北九州工藤会も、トップ武闘派)
私が男を磨いた時代は、そこの二代目臥龍会である、山健一門と呼ぶ)
ここは当時の、五代目山口組組長親分である、テレビや週刊誌などでもお馴染みの、
貫禄と風格のカタマリの、地元栃木県の、故人渡辺芳則親分が、
一番気に入ってて、可愛がってた直系組長が、
この臥龍会会長の金澤庸一会長であり、身長180センチくらいの、ガタイもよく、
若い衆を〆て、片眼を失明させてしまったり、
当時の山口組や、山健の、他の組がどっかと、戦争になると、
自ら率先して、金澤親分や、臥龍会が、加勢もしてたのだ!
歴代山口組で、一番恐れられてた親分とも言われている!
臥龍会名称は、渡辺名付け親でもあり、
中国三国志の「世に埋もれた、あまり知られてない、野に隠れた大人物」との由来で
この意味を知った時には、鳥肌が立った!
自分で言うのは、おこがましいが、まさに私のことだと、驚愕と安堵もしたのだ!
ここの組織に、縁を持ったのは、運命だったのだ!
従って、臥龍会初代も二代目も、渡辺親分の、親衛隊組織でもあったのだ!
そりゃ当時は、天下無敵だろーよ!
後年、金澤親分は、高速道路での、不慮の、交通事故で亡くなってしまうのだが、
葬儀での渡辺親分は、泣きながら、棺から離れなかったらしい!
但し当時、二代目臥龍会超武闘派井上組である、
内が唯一、少しだけだが、喧嘩で手こずった同門が存在した!
例の三羽烏に、名前が挙がってる、超有名中野会である!
やはりここも、中野親分が、渡辺親分に可愛がられてて「喧嘩太郎」と異名を取ってる、
中野太郎率いる、中野会であり、身長180センチ位の、痩せ型ではあるが
少年時代は、傷害致〇などでもパクられてる、直系組長の中でも、金澤親分と並び恐れられていた!
当時井上組時代に、私の、故人叔父貴分と、故人兄貴分と、
まだこの世には健在の、元気にしてる、タメ年の、五分兄弟分の話ではあるのだが
当時の、井上組横浜部隊の、複数の内のシノギの内に、風俗で
品川区五反田の、当時の電話ボックスなどに、貼られていた、
その風俗の、チラシに使ってる、モデルの女性が、
「中野会関係者で、勝手に使ってる」とのことで、
その、内が面倒見てる、ケツ持ちしてた店に
先方から、イチャモンを、付けてきたのだった!
その、モデル女性の画像を、女性本人やプロダクションや、
バックに付いてる、不良男や組織には、通さず、勝手に使用してたか、
そうじゃないかどうかの、大義名分や筋の、そこだけは、結構肝心な部分なのだが、
それは当時の、当事者に聞いても、そこだけは忘れてて、不明であるが
とにかく「中野会の女だ」と主張してきたので、最初は内の組の人間が、
電話で双方、口論になったらしいが、
全国ヤクザ同士の、トラブルと言うのは、まず大体、事の良し悪しの、揚げ足の取り合いとなり、
大体最初は、トラブルの大義名分や、筋などにもよるのと、次に、
その組織の看板の、名刺ジャンケンになるのが、通常であろう!
これまで臥龍会は、トラブル大義名分や筋などは、置いとくと、
殆どが、引く組織が多かった中、ここだけは、引かなかったのだ!
でも内も、日本一イケイケの自負もあったし、
実際に、臥龍会井上組横浜部隊は、超イケイケやツワモノばかり!
当時港区赤坂にあった、あのイケイケ中野会の事務所に、
私の、故人兄貴分と、私の五分兄弟分が、たった二人で、
五代目山口組中野会三笠組神戸総業に、掛け合いに行ったのだ!
相手事務所には、3人程の待機で、
その相手が、何と!
その内らのトラブルから、後年に世間を震撼させた、
インテリ風親分の、当時五代目山口組ナンバー2である、若頭の超大物宅見勝親分の
神戸ホテルラウンジ射〇事件の、実行犯となった、
刑務所服役20年もの間に、宅見〇害や抗争の、自伝本まで出してる、
掛け合い当時47歳の、稼業名か本名のどっちかの、
イケイケ一本松喜代春(中保喜代春)若頭補佐だったのだ!
『1997年(平成9年)7月、当時の中野会若頭補佐の吉野和利が総指揮をとり、
東京都赤坂にあった、神戸総業と、大阪府の中野会傘下組織から、
宅見の動向を探るための偵察部隊と、襲撃するための襲撃部隊をそれぞれ選抜した。
8月28日午後3時20分ごろ、宅見・岸本・野上の3人は、ティーラウンジの一番奥まったテーブルに着いた。
その直後、襲撃犯が38口径と45口径の拳銃で宅見を銃撃した。
宅見は7発の銃弾を受け、救急車で神戸市立中央病院に緊急搬送されたが、
約1時間後の午後4時32分に同病院で死亡した。
宅見と同席していた岸本・野上の2人は無事であった。
襲撃の際、ラウンジの隣のテーブルに座っていた歯科医師の男性が流れ弾に当たって負傷し、
病院へ運ばれたが、事件から6日後の9月3日に死亡した。』
この様に、今考えたら宅見組全体はおろか、五代目山口組全盛期総勢3万人の、
山口組の直系組長の、しかも若頭の座布団である、ナンバー2を、弾き殺しちゃうような、
キチガイの組なので、お互いに、幾ら山健一門の同門であろうが、
お構いなしであったであろう、敵との敵地で、
そこの武闘派なので、掛け合いでは、一歩間違えれば、
袋叩きリンチや、平気で、射〇してくる相手なのだ!
しかし内は一歩も引かずに掛け合い
兄弟分は結局、ただ銭を、一方的に払うだけじゃ、格好付かないので、
面倒見てる、風俗店にも過失があったらしいので、
その店から、無理のない額の、20万を取って、
それを、井上組と神戸総業の、双方折半の半分ずつ分ける話で
落とし所に、機転を利かせて、
実際に店から、20万だけを取って
それにより、神戸総業にもケジメも付いて、相手の顔も立てて、
こっちも只ではないと、面子も立ったのであった!
頭脳明晰での、掛け合い術の、アッパレであったのだ!
「中保喜代春自伝本プロフィール」
1950年富山県生まれ。山口組中野会神戸総業若頭補佐だった97年、
山口組5代目若頭・宅見勝宅見組組長を射殺。
98年10月逮捕。一審、二審とも懲役20年の判決。大阪拘置所に収監。
尚、当時の、彼の顔画像は、現在も山口組から命を狙われてる為に、
全ての顔画像が、ネット上から削除されてて、一枚も残ってない!
※こっからは、今回の、ブログ記事本題の、芸能界の、衝撃裏事情大ニュース!
70年代の、伝説のトップアイドルだった一人の、身長183もある、長身イケメンタレントの
故人ではるが、西城秀樹のことは、知らない人は、あまりいないと思うが
その実の、お姉さんである、木本絵里〇氏が、何と!
この渦中の、宅見親分の愛人だったのだ!
そのことは、以前からも知ってはいたが、
本日テレビ見てたら「宅見」と言う、珍しい名前で、聞いたこともないタレントが
海外でも、最も権威のある、グラミー賞受賞速報が流れたので
よく見ると「西城秀樹の甥っ子」だとの記載で、間違いなく、辻褄が合ったのだ!
でも、愛人であれば、姓が「宅見」とはならないから、よく調べたら、養子縁組もしてるので、
名前もそうなった、愛人の子供として出産もしてる、れっきとした血の繋がってる親子での、
故人ではあるが、あの偉大な極道アウトローの、
宅見親分の実子であり、西城の甥っ子と言う、タレント宅見将〇氏だったのだー!
アイドルと極道との、それぞれ故人ではあるが、
両方の、トップクラスの血を引いてる、とんでもないサラブレットタレントが、
いたのは知らなかったし、でもこれって、コンプライアンス問題は平気なのか?
日本芸能界だけじゃなく、海外ハリウッドスターだらけの、グラミー賞受賞だぜ?
そして話が長くなってしまったが、話は変わり最後に
今の六代目山口組は、世の中の時代が違うし、逆風でもある為に、
上納金問題などで、大きく分裂もしてしまい、
六代目本体から、出て行って仲の悪くなってしまってる、
山健グループの内の一部に、
例の、私のことを、気に掛けてくださってる、非常に有難い、
たまに、ブログ記事でも、陰ながらの、応援エール記事もアップしてる、
超大物、三代目臥龍会会長である、小林茂会長であるが、
もう私はすでに、20年前に、ヤクザや右翼業界からは、
完全に足も洗い、堅気の立場で、
現役相手に、偉そうに、講釈垂れる訳じゃなく、
以前も公言してるが、弘道会や、六代目山口組側にも、
弟分や兄弟分や、仲良しや関係者もいるので、
今の、六代目山口組vs神戸山口組の、
双方のどっちの、肩を持つとかもなく、
純粋に単純に、伝説の、二代目臥龍会残党である、生き証人伝達者として
今のネット社会での、エンタメパフォーマンスもあり、
ただ、自分がいた組織の、贔屓目になりがちなのは、綺麗事抜きで、
当たり前で仕方ないのは、ご理解頂き、
山口組の歴史や、現状の感想などを語り、ブログ記事にするだけであります!
今は山口組は、名古屋弘道会体制の為に、臥龍会は
通称「冷や飯状態」には、なってしまってるのだが、
多くの組織が、六代目山口組から出て行って、
今やこの時代に、抗争も重ねて、それは双方が、
さすがは山口組で、気合が入ってると思うし、
但し、結局白旗上げて、神戸山口組から、
再度、元のサヤに戻った、山健グループ含む、他、神戸山口組も多い中、
四代目山健組組長時代からの、本筋の山健組の長である、
超大物有名井上邦雄親分率いる、今は神戸側は「山健」の看板の、名称は使用禁止になってるが
そんな最悪の、悪条件の中、まだ続いてる渦中の、抗争最中に、
残り少ない組員と共に、まだ突っ張って、上等切って、降参もしないで、白旗上げずに、
命賭けて、堅気にもならず、どっかに逃げることもせずに、
残りの生涯、寿命か抗争で、〇ぬまで、山健魂の結束で、ヤクザで根性見せてる、
井上、小林率いる、神戸陣営は、それはそれで、よっぽどイケイケで、根性が入ってると思います!
さすがは〇ぬまで、五代目山口組時代には、圧勝圧倒してた、最強山健組魂を、
死守されてる男義は、勿論この両名と比べたら、
私はヤクザ歴などや、貫目も座布団も、こんな若輩者とは違いますが、
青春時代に、男を磨けた、色々悪いこともあったが、
人生経歴史上横並びトップの収穫だった
元、山健臥龍会の、端くれとして、山健一門残党である私は、
この抗争の件については、誇りに思うし、恐れ入ってますから!
白旗上げて、弘道会や、六代目山口組側に、詫び入れて、
いつでも本体に、戻れる状態なのにも関わらず、
何か、自分たちの信念があって、意地や根性見せてることに、感服してるのです!
日本歴代ヤクザ史上、今や、横並びトップ武闘派二大巨頭になった、
山健&弘道会万歳!
いつかは双方仲直り手打ち希望!


◎53歳の、2023年複数占い人生史上トップ幸運運勢の内の、一つ炸裂
全国所轄当局本日、具体的な詳しいことは、言えないのだが、
神奈川県県央地区の、某所轄の、お上さんの方から、訳あって、
「注意勧告」を、受けた事案があるのだが
その内容自体は、良いことではなかったのだが、
「雨降って地固まる」で
それにまつわる、自分的に、滅茶苦茶嬉しかったことがあったのだーーーーーー!
僕タン「山根健一」と言うのは、もうすでに、
神奈川県や全国の所轄の、当局の間のデーターでは
一般人ではない「著名人」認定扱い、されてるとの、ことでしたーーーーーーーーーーーーーー!!
例えば、一般人と、芸能人や著名人などの有名人とは、
事件や犯罪を犯した場合の、扱いが、どう違うのかと言うと、
マスコミや報道の窓口になってる「広報」と言う機関があって、
そこに、この認定されてる「一般人ではない、芸能人や著名人認定、扱いされてる、人物たちの場合は
広報に対して、所轄のお上さんは、速やかに、ちゃんと確実に、
事件の概要などの、詳細を、知らせないとならず
それを怠った場合は、広報機関から「警〇は、内緒にするのか!」と、
クレームや圧力がかかる程であり、なにしろ、一般人とは違い、
もう事件や犯罪の、扱い自体が、オオゴトになり、騒ぎが大きくなるとのこと!
当然、普段から、目立ってる分、誰も知らない、一般人よりも、
当局から、目も付けられてる、リスクも生じる訳である!
だから、気を付けた方がいいと、釘を打たれました!
でも、もうここまで来ると、僕タンの「著名人」認定と言う、
身分や立場や、肩書きや、知名度と言う物が
滅茶苦茶立派な、イチワリになりましたーーーーーー!万歳!!
幸せ幸せーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
我が人生に悔いはなしーーーーーーーーーーーー!!

※このページは、ここまでですので、【進む】をクリックして次へ進んでください※


進む

inserted by FC2 system